ひとこと

  •  急に寒くなりましたね。気候の変化に体調が追いつかず、風邪をひいてしまいました。ああ、ノドが痛い(涙)。
2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合は必ず“名前”の欄にハンドルネームをご記入ください。ココログ的には、コメントの際の名前の記入は任意となっていますが、このブログでは必須としますので、ご了解ください。また、その時に使用されるハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

カテゴリー「金魚」の記事

我が家の金魚水槽の話です

2018年12月 8日 (土)

タニシを150匹迎え入れました

 以前、タニシは1年に1回、真夏の時期に100匹ほど水槽に入れて、それで終わり…ってやっていました。

 真夏のタニシは、かなり大きいです。たった100匹とは言え、量的にはかなりあります。それを金魚たちが長期に渡って食べていくのですが、8月に入れて…だいたいゴールデン・ウィーク前後まで保ちました。で、その後の2~3ヶ月、タニシのいない時期があって、そこは水槽の水草がやたらと食べられてしまったり、もうどうにもならなければ石巻貝を(エサにするには高価だけれど)購入していました。

 なぜ8月にタニシを入れていたのかと言えば、知り合いの農家さんからタニシを分けてもらっていたからです。ちょうどその頃なら、私にも時間があるし、農家さんの方も余裕があったので、それができたわけです。

 でも、その農家の方も高齢のため、牛飼いと田んぼを止めてしまった(畑は今でもやっています)ので、タニシをいただく事ができなくなり、今は業者からタニシを購入するようにしています。

 で、今回、水槽の中のタニシが寂しくなったので、業者さんからタニシを150匹購入したわけです。なぜ、150匹なのかと言うと…業者さんのタニシは、田んぼのタニシと比べると、かなり小ぶりなので、業者経由の150匹でも、田んぼの100匹よりも少ない感じがするからです。かと言って、200匹のタニシを購入するってのも…なんだかなあ…って思ってますので、150匹にしています。

 150匹のタニシは、申し込みの翌々日の夕方に宅急便で届きました(早い!)ので、すぐに(米を研ぐような感じで)洗って、一晩、濃いめの塩水と抗生物質水に漬け込みました。貝殻の表面についている雑菌を排除するためです。で、一晩たったら、今度は半日ほど真水に漬け込みます。思いっきり排泄してもらって、タニシのお腹の中を空っぽにするためです。それらを終えてから、ようやく我が家の水槽に入れます。

 150匹のタニシが入って喜んだのは、ルデンとシズカの、タニシ大好きコンビです。さっそくもぐもぐ食べてました。さあ、今度のタニシはどれくらい保つかな? 一年とは言わないけれど、せめて半年は保ってほしいなあ…。

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

2018年12月 1日 (土)

金魚水槽の水換えは、もう少し頻繁に…

 つい先日、ようやく金魚水槽の水換えをしました。今回の水換えは、前回の水換えから、なんと8週間も空いてしまいました。つまり、丸二ヶ月、水換えをしなかったわけです。

 とりあえず、病気などは発生せず、金魚たちは健康に過ごせましたが、本来やるべき事を溜めていたので、あれこれ大変でした。

 まずは、金魚が食べ終わったタニシの殻を回収して捨てるのですが、今回コップに二杯分のタニシの殻を捨てました。いやあ、大変。いやあ、たくさん。タニシは金魚の生き餌なので、食べるのは全然かまわないのですが、それにしても食べる量が多くて大変でした。

 実は今回の水換えをしなかった期間、一度水草が無くなってしまった事があります。ナゼ無くなったのかと言えば、金魚たちが食べちゃったからです。金魚は、普段、おやつとして水草を食べています。水草は食べやすいので、まずはここから減るわけです。で、それを食べ終わると、次にタニシが食べられます。タニシは(金魚的には)美味しいようですが、水草と比べると、食べるのが大変なので、水草を美味しく食べられる時期は、あまりタニシは減りません。水草を食べ尽くしてしまうと、面倒臭さを乗り越えて、タニシが減り始めます。まあ、そんなモンなんです。で、今回は水草が無かった時期が少々あったので、それでたくさんのタニシが食べられてしまったわけで…その片付けが溜まってしまっていたわけです。

 ポンプのフィルターの汚れがすごかったですね。ま、当然と言えば当然なのですが、本当にめちゃめちゃ汚れきっていました。

 水を替えなかったので、水槽の砂利の汚れもすごかったです。砂利の掃除にも手間がかかりました。

 というわけで、人間にとっては、水槽の水換えは、溜めてしまった分だけ手間暇がかかりましたが、金魚にとっては、水を含めて、様々な環境が激変したわけで、本当はその変化を最小限にとどめてやらなければいけないわけで、そういう意味でも、水換えはこまめにやるべきなのです。

 でもね、ここ二ヶ月は、本当に忙しかったんだよ。

 次は年末に大掃除を兼ねて、水換えをしてあげるつもりです。

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

2018年11月17日 (土)

メダカがいなくなりました

 お正月に、メダカを200匹ほど購入しました。メダカラブな方々には申し訳ないけれど、金魚たちへのお年玉の“生き餌”として購入したわけです。そのうち、199匹はあっという間に食べられてしまったのだけれど、最後の1匹には、なぜか誰もクチを付けずにいました。

 最後の1匹は、まるまると太ってしまいました。よく金魚の鼻先を泳いでいましたが、誰もこの子を食べようとはしません。メダカも、たくさんいる時はエサに見えても、1匹しかいなくなるとエサには見えないのかな? このまま、このメダカは金魚と共存していくのかな?…と思っていました。

 それが11月のある日、忽然と見えなくなってしまいました。

 11ヶ月間、誰も手につけなかったメダカを、ついに誰かが食べてしまったわけです。

 なんか残念。とても残念。しかし、誰も責められません、だってエサとして購入したメダカが食べられただけの話だもの。食べられる時期が先送りになって、愛着が湧いて、ちょっぴり可愛く感じていただけの話だもの。

 なんか、いつのまにかメダカも水槽の住民になっていたんだよね。そろそろ名前をつけちゃおうかな…なんて思っていた矢先の話です。

 しかし、これでまた、来年の金魚たちへのお年玉はメダカ200匹と決まりました。楽しみに待っていてくれたまえ>金魚たち

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

2018年11月10日 (土)

忙しくて水替えしていない(涙)

 さて、本日はクラシックコンサートの本番です。頑張ってきますので、心の中で応援していてください。記事の方は、少し落ち着いてから書きますので、しばらく待っていてください。

 で、金魚の話です。とにかく、日々、忙しいです。で、最近、金魚の水替えをサボっています。

 以前は…だいたい週1ぐらいで水槽の水替えをしていましたが、昨今は、それが月1ぐらいにまで頻度が落ちています。いつぐらいからかと言えば、ヤヨイ体制ができてからぐらいでしょうか? つまり、今の子たちにとって、水槽の水替えは月に1度のイベントって感じなのですが…実は先月は水替えをしていません。

 今まで、4週間おきに水替えしていたのが、すでに水を替えなくなって、もう6週間。さすがにやばいんじゃないかと思ってますが…なかなか週末、時間が取れません。

 金魚の水替えって、思い立ったからと言って、すぐには出来ないのが、水替えの頻度を下げる原因なんですよね。

 水替え作業の前に、浄水器で金魚用の水を作るのですが、量がたくさんと言うこともあって、この過程でだいたい半日使います。で、水は水替え作業の直前に作るのが良いので、そのタイミングも難しいです。で、水替え作業自体は、一緒に水槽の掃除もするので、2時間弱って感じかな? 平日はもちろん、そんな時間は取れません。休日の昼間、まるまる空いていると水替えができるのですが、なかなか時間を確保できません。

 一応、優先順位的には、金魚の水換えよりも、人間たちの生活が優先ですから、人生に余裕のある暮らしができれば、金魚にも時間を割くことができますが、人間たちがキツキツの生活をしていると、なかなか時間を確保できないのです。

 というわけで、金魚たち、ごめん。また今週も水替えは難しそうだ。

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

2018年11月 3日 (土)

金魚も“主”化する?

 よく“池の主”とか“沼の主”とか言って、池とか沼などには、やたらと大きな魚が1匹だけいるものです。

 あれと同じ事が水槽でも起こるのかな? なんて最近思うようになりました。

 で、ヤヨイの話になります。

 ヤヨイはなかなか美形で美しい金魚です。基本的には安いB級金魚なので、品評会的なカタチとか美しさとは無縁なのですが、普通に魚としては美形で美しい子です。つまり健康で元気な子なのです。でも、その美しさに騙されてはいけないわけで、ヤヨイは気が強く、性格はかなり悪どい子です。

 過去記事でも何度か書いていますが、ヤヨイは日々の行動があまり褒められたものではありません。彼女は自分よりも小さな魚に関しては、眼中にないらしく、軽く無視をしていますが、自分よりも古い子や大きな子、同じくらいの大きさの子に関しては容赦がなく、攻撃を加えて怪我をさせたり、時には、やりすぎて殺しちゃったりします。

 きれいな外見に似合わず、かなり武闘派なのがヤヨイなのです。

 我が家の水槽の歴史は、ヤヨイ以前とヤヨイ以降に分かれます。

 これまでは、金魚の入れ替えはあったとしても、必ず、誰かしらが水槽に居続け、金魚なりに、それまでの水槽のルールとか文化とかを次の世代の子たちに引き継いできました。例えば、王様の座席ルールとか、エサねだり係の存在とかね。

 それがヤヨイが水槽に来てから、それまで水槽にいた子は病気や怪我であれよあれよと死んでしまい、ごく短期間でヤヨイが一番古い金魚になってしまいました。ヤヨイが先輩方を粛清しちゃったわけです…ね。

 また、その頃は、金魚の定着が悪く、古い子たちがどんどん星になる一方、新しく入った子も、あっという間に死んでしまうという事もたびたびありました。ヤヨイが気に入らない子をドンドン粛清していったんだと思います。

 それが落ち着いたのは、シズカが我が家に来たあたりからです。

 今や、ウチの二大大型魚は、ヤヨイとシズカなのですが、シズカはこれで案外タフです。今も昔もヤヨイに攻撃をされていますし、最近もヤヨイに大怪我させられましたが、それでも毎日元気に生きています。たぶん、他の子だったら、とっくの昔に、いびり殺されていたかもしれません。

 とにかく、シズカが避雷針のような役目を負い、ヤヨイの攻撃を一手に引き受けるようになったので、水槽が落ち着いたわけです。シズカ的には散々な話ですが、それが事実なんだと思います。

 ルデンが急に大きくなったという話を先日しましたが、このルデンが最近、尾びれ付近を大怪我をしました。これに関しては見ていないので、確証はないのですが、おそらく、ヤヨイがやったのだと思われます。

 ヤヨイの武闘派な性格は、金魚には珍しい性格だろうと思います。で、なぜヤヨイはこんな事をするのかと…と考えてみたのだけれど、もしかしたら彼女は“水槽の主”になろうとしているのかなって思うようになりました。

 自分が一番古くて、一番大きな魚でありたい。これが魚の本能なのか分からないし、今までのウチの水槽の子たちにはなかった傾向(ウチはこれまで巨大魚が共存していました)なのですが、ヤヨイが願っているのは、オンリーワンな水槽の主になりたい…のではないかと思うようになりました。

 となると、目障りなのはシズカなんだよね。だからシズカを集中して攻撃する。でも、シズカはあれで案外タフだから、なかなか排除できない…そこがヤヨイにとって悩ましい事なのかもしれない。で、シズカを排除できないまま、数年が経ち、新入りのルデンも目障りになってきた…という感じなのかもしれません。

 ちなみに、ヤヨイはシズカを攻撃しますが、シズカは誰も攻撃しません。メダカの食べ方を見ても分かりますが、おそらくヤヨイとシズカ、本気で戦ったら、シズカが勝つと思います。それくらいシズカは強い子です…が、性格が温和なので、無抵抗主義で、ただただヤヨイの攻撃に耐えているんだろうと思います。

 ちなみにシズカの顔つきはかなり悪いです。いつも何か不満があるような、ブータレた顔をしていますが、それは長年ヤヨイによるストレスを受け続けた結果なのかもしれません。

 とにかく、ヤヨイの“水槽の主”への道は、なかなか厳しいみたいです。しかし、今までいた“水槽の王様”たちは、もっと友好的な態度だったんだけれどなあ…、ヤヨイ、ヤンチャすぎです。

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

2018年10月27日 (土)

ルデンは大きい

 つい先日の事です。ついに私、気が付きました。

 ほんの先日まで、本当に小さかったルデンです。ヤヨイの頭くらいの大きさしかなかったほど小さかったルデンですが、わずかな期間にみるみる成長してしまいました。

 この前は、ベルちゃんよりも大きくなった…かな?と書きましたが、今では確実にベルちゃんよりも大きくなりました。それどころか、アセビよりも大きくなってしまいました。いや、体長的にはアセビと変わりませんが、カラダの厚みが全然違います。どうみても、ルデンの方が、アセビやベルよりも大きいのです。

 現在の我が家の巨大金魚ランキングは、

 第1位 ヤヨイ
 第2位 シズカ
 第3位 ルデン
 第4位 アセビ
 第5位 ベル

 となってしまいました。つい先日、我が家に来たばかりの新参者のルデンなのに、この成長スピードには驚きです。この速度のまま成長しつづければ、やがてシズカやヤヨイも抜いてしまうのではないか…と心配しています。我が家にはかつて、ブヨという超巨大魚がいましたが、このまま順調に育っていけば、あれくらいの大きさになりかねません。いやあ、心配心配。

 ルデンは雑種な金魚だから、フィジカルがたくましいのかもしれない。

蛇足 先日、道を歩いていたら、庭で金魚を飼っているお宅を発見。庭で飼っているので、どの子もめちゃめちゃ大きいのですが、その家の黒出目金が、まるで大根のような大きさだったのにはビックリしました。大きさ的には、すでに金魚じゃなくて、鯉のサイズだし、出目金だったので、目がとても大きくてビックリでした。ほぼ、ピンポン玉だったよ。あんな金魚、見たことないです。でも、金魚は、あんまり大きくない方が、絶対にかわいいと思うよ。

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

2018年10月20日 (土)

最近は、楽屋に引っ込んでいる事もあります

 “楽屋”と言うのは、水槽中央奥のオブジェの裏側の場所を指して言います。疲れた金魚たちが、その楽屋に入り込んでは居眠りをしている事が結構あります。それも一匹二匹ではなく、たまには集団になって眠りこけております。

 最近は水槽の中央部に水草が固まっています。水槽の電灯は水槽の手前側になるので、ちょうど楽屋の付近は、水草の塊の陰になるようで、電灯の光が直接刺さない場所なのです。

 金魚って、まぶたが無いので、いつも目が開っきぱなしなので、眩しいのに弱いみたいなのです。特に眠たい時は光を避ける傾向があります。で、色々な場所に頭を突っ込んで光を遮るのですが、最近は楽屋に入る事で眩しさから逃げられるようで、よく楽屋に引っ込んでいるのです。

 それにしても金魚たち、蛍光灯の頃よりも、LEDにしてからの方が日陰に入りたがるようになりました。蛍光灯よりもLEDの方が眩しいのでしょうね。人間には分からない金魚たちの悩みのようです。

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

2018年10月13日 (土)

お皿に残った最後の一つには、手を出しにくい?

 そう言えば、金魚たちって、エサを必ず食べ残すんだよね。

 典型的な例がメダカです。たまに生き餌としてメダカを百匹単位で水槽に入れると、喜んでメダカを食べます。あっという間に、そのほとんどを食べてしまうのだけれど、残り数匹になると、誰も手を付けず生き残るメダカがでてきます。お正月にあげたメダカが、実は今も一匹、残っています。もう10ヶ月も生き残っているので、まるまると太ってしまいました。そんなまるまると太った、動きの鈍くて、平気で金魚の鼻っ面を泳いでいるメダカを誰も食べないのです。

 また水草もそうです。水草がたくさんある時はバクバク食べるくせに、残り僅かになると、急に食が細くなって、水草がいつまでも残っているんです。とは言え、水草の場合は、葉が本当になくなって、茎だけになると、別のモノという認識なのでしょうか? そこからまたバクバク食べ始めたりします(笑)。

 通常のエサもそうで、必ず食べ残しがあります。まあ、金魚がエサを食べ残すので、それをドジョウや貝たちが食べられるという事もあるのですが…それにしても、金魚って、本当によくエサを食べ残すんです。

 エサを必ず食べ残すというのは、金魚の習性なのかしらね?

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

2018年10月 6日 (土)

ルデンの近況

 ルデンは、ウチにやってきた当時は背中が漆黒で、腹が輝くばかりの金色という、実に美しい金魚でした。それがやがて退色の変化が生じて、お腹の金色は残っていますが、背中の黒かった部分は、赤みがかった金色と言うか…正直オレンジ色になってしまいました。かつてはかっこよかったルデンが、今ではパッと見“オレンジ色”の金魚になってしまいました。ああ、残念。いや、オレンジ色に見えるかもしれないけれど、これは赤みかかった金色の金魚なんだと思うことにしています(強がり)。

 それにしても、ルデンは、全く違う金魚になってしまったわけで、なんかタチの悪い詐欺にかかったような気分でした。

 まあ、ルデンは稚魚だったのだと思います。おそらく、栄養状態が極めて悪くて、成長がかなり遅れていた子なんだと思います。当時は、稚魚の印である黒い体色も残っていた上に、まるで木の葉のように薄い体でしたから。

 それが大人の体色(オレンジ色:涙)に変わっただけでなく、体がだいぶ分厚く、丸くなりました。ルデンは雑種金魚(お店では“MIX金魚”という名称で売られていました)ですが、基本形はらんちゅうだと思います。つまり“らんちゅうの出来損ない”って奴です。らんちゅうには無いはずの背びれがあるし、顔はらんちゅうというよりも肉瘤のないオランダって感じです。なので、全然らんちゅうっぽく無いのですが…まあ、いわゆる“ハネもの”というヤツです。

 そんな雑種なルデンですが、我が家に来てから、むくむくと大きくなり、当初はただのチビ助だったのですが、今やベルちゃんを明らかに追い抜き、おそらくアセビも抜き去ってしまうほど、大きく成長しました。ヤヨイやシズカと言った二大巨魚にはまだまだ追いつきませんが、確実に第三位をキープするほどになりました。

 とにかく、ルデンはデカいのよ。

 ルデンは、なんでそんなにデカイのか…と言えば、しょっちゅうタニシを食べているからです。タニシ食いと言えば、シズカの専売特許だったはずですが、最近は、シズカよりもルデンの方がたくさんタニシを食べています…ってか、二匹でタニシをバクバク食べているので、タニシの減りが本当に速いのです。このペースでは、タニシは一年と持ちません(涙)。

 と、図体ばかりデカくなったルデンですが、行動そのものは、まだまだ子どもで、あっちこっち可愛い仕草を見せてくれたりしています。どんな動物も、子どもは可愛いんだよね。

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

2018年9月22日 (土)

シズカに白いカビが生えてます

 別に今に始まったわけではなく、だいぶ前から、シズカの赤い魚体に白いカビが生えております。

 最初は“白雲病”かと思ったのですが、どうもそれとは違うみたいだし、本魚は元気なので、放置しておりました。

 で、このカビ状のもの。シズカの背面に主に生えています。で、徐々に増えるのですが、ある一定のところまで増えると、他の子たちが食べてしまって、だいたいキレイになります。でも、彼女たちは別に、シズカを治療しようという気持ちはなく、単純に美味しそうなモノがあるから食べているだけで、全部をキレイに食べるわけではなく、いつもある程度の食べ残しがあるので、やがてその食べ残しからカビが増えて、かなりたくさんになると、また他の子たちがそのカビを食べる…という繰り返しで今日まで来ています。

 シズカ的には、たとえカビとは言え、自分が食べられてしまうわけなので、食べられるという行為そのものは苦手のようで逃げ回るのですが、結局は食べられてしまいます。

 で、カビを食べられるついでにシズカが怪我をするとかはないので、飼い主としては放置して見ているわけです。つい先日もシズカは他の子たちに追いかけられて、カビを食べられてしまったので、今は割と濃い赤めのボディでいい感じです。

 体にカビが生えるなんて、お前は全身水虫か!とシズカに突っ込んでみました(笑)。

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

より以前の記事一覧

フォト

↓参加しています

  • 人気blogランキングへ にほんブログ村 クラシックブログへ

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2018 すとん