ひとこと

  •  暑い…暑すぎる。なのにまだ仕事服は春秋モノを着ています。だって、衣替え前だもの。通勤時は上着着用、汗だくです。もっとも、オフィスに入ってしまえば、冷房が効いていて、むしろ上着がないと寒いくらいなのですが…。世の中、ままなりません。
2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合は必ず“名前”の欄にハンドルネームをご記入ください。ココログ的には、コメントの際の名前の記入は任意となっていますが、このブログでは必須としますので、ご了解ください。また、その時に使用されるハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

カテゴリー「金魚」の記事

我が家の金魚水槽の話です

2019年5月25日 (土)

気がつけば…一番デカイ

 なんの話かと言えば、ルデンの事です。

 ルデンなんて、つい最近(とは言え、実は1年半前に)、我が家にやってきた金魚で、一番のおチビさんだったはずなのに、あれからブクブク大きくなり、体色も変わり、今では、おそらく、我が家の水槽で、一番大きな子になりました。

 いやあ、シズカはもちろん、ヤヨイよりも大きいのよ。いや、体長的に、胴体の大きさだけなら、この三匹は大きく変わりません。ヒレの長さは、ヤヨイやシズカが圧倒的に長い(ルデンは短尾なんです)ので、バッと見ではまだまだヤヨイやシズカの方が大きく見えますが、実のところ、よくよく見ると、ルデンって太いんですよ。ヤヨイは案外スリムで、大きいけれど太くはないのです。まあ、シズカは太いのですが、それでも背部は割と筋肉質でスッキリしています。ところがルデンは、どこもかしこも丸くて太いのです。なんか、太巻きか握り寿司が泳いでいる感じなのです。

 体重的に、一番重いのは、明らかにルデンなのです。それくらいに、デカイのよ、ルデンは。

 まあ、雑種金魚だからね…雑種って強いし健康なんだよね。だから、ここまで短期間で大きくなれたのだろうと思うけれど、あんまり短期間で巨大化した子は、健康面で不安が残るので、ちょっと心配です。とは言え、今の所は全然元気です。

 ルデンはまだ若い金魚なので、まだまだ大きくなるかもしれません。もしかすると、以前、我が家にいた、ブニョのような大きさに育ってしまうかもしれません。それは、ちょっとカンベンです。

 一番の新入りなのに、一番態度がデカいルデンでした。

 

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

2019年4月27日 (土)

ガボンバにも、味の差がある?

 ウチに今いる金魚たちのクチは、あまりおごっていない事は、今まで何度も書きました。実際、安いガボンバをよく食べますし、ガボンバが無くなってしまえば、アナカリスだって食べてしまいます。それほど、安い水草でも平気なのです。

 …と水草なら何でもいいんだろうなあ…的に考えていた私ですが、そんな彼らにも、彼らなりのこだわりと言うか、好き嫌いがある事が分かりました。

 実は先日、いつものスーパーでガボンバを買おうと思っていたら、その日は品切れで、やむなく、別のホームセンターでガボンバを少量買ってきて、水槽に入れました。

 そしたら、全然ガボンバに見向きもしないのです。いつもなら、入れた途端に食いつくのに、なんか、水草から微妙な距離を保っているのです。

 数日して、いつものスーパーにガボンバが入荷したので、購入して水槽に入れたところ、いつものように食いつき始めました。なんなの、これ?

 実はホームセンターのガボンバとスーパーのガボンバ。同じガボンバでも、人の目で見ても分かるほどに違いがありました。スーパーのガボンバは明るめの緑色、一方、ホームセンターのガボンバはかなり濃い目の緑色なのです。おそらく、スーパーのガボンバは新しいけれど、ホームセンターのガボンバは、少々古いのではないかと思われます。

 古いガボンバって、美味しくないのだろうか?

 あれから数日たっていますが、ドンドン食べているのはスーパーのガボンバで、ホームセンターで購入したガボンバは、全然食べられていません。丸々残っています。

 で、スーパーで買ってきたガボンバは、そろそろ無くなりますので、そうなったら、金魚たちは、何を食べるのでしょうか? ホームセンターのガボンバでしょうか? それとも、スーパーで(日陰用に買ってきた)アナカリスでしょうか? 実はウチの金魚たちは、アナカリスがあまり好きではありません。なので、いつもはガボンバを食べつくすと、やむなくアナカリスを食べているようですが、今回は、まだまだホームセンターのガボンバが残っているわけで、金魚的には、どちらを先に食べるのか、ちょっぴり楽しみだったりします。

 

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

2019年4月20日 (土)

目が覚めたら、朝なんだよ(By しずか)

 我が家の金魚たちの食事タイムは、朝です。

 朝になって、夜のウチは暗くしていた水槽の電灯をつけてやると、それまで熟睡していた金魚たちが起き出して、騒ぎ出すので、そのタイミングで、毎日、エサを与えています。ちなみに、エサやりは一日に一回だけです。

 つまり、金魚的には、寝て起きると朝なんです。とは言え、金魚も動物だし、体内時計というのがあるので、昼寝をして起きても、普通は騒ぎません。まだ朝ではないと知っているようなのです。

 そこが鈍いのが…シズカなんです。うたた寝ぐらいでは、さすがに勘違いしませんが、熟睡した後は、それが昼だろうと夜だろうと、どうやら朝だと思ってしまうようなのです。ですから、熟睡して目覚めた後は、元気よくエサをねだります。

 「朝だ、朝になったから、エサをおくれよ」

 まるで、こんな感じなんです。でも、周りの子達は「まだ朝じゃないから、いくら騒いでも、ウチの飼い主は絶対にエサくれないぜ…」って感じで覚めております。

 ああ、目がくらむくらいに、おバカなシズカさんです。でも、そんなバカなところが、可愛かったりするんですよ。

 

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

2019年3月30日 (土)

シズカは人間が好き

 魚類は基本的に人間に興味がありません。強いて言えば、給餌マシーンとしての人には興味があります。ですから、池の鯉が人影を見ると集まってくるのは、人が来たから餌がもらえると思って集まるだけで、人が来たから集まると言うよりも、エサが来たから集まる…というのが真相に近いでしょう。

 金魚も似たようなもので、エサの時間になると、エサ投入口に集まったり、人影を追いかけたりするのも、人を追いかけているというよりも、エサを追いかけているに過ぎません。

 金魚にとって、人はエサなのです。ですから、エサとしての興味しか無いのが普通です。

 しかし、どうやらシズカだけは、エサとしての人ではなく、コミュニケーションができる相手としての人が好きみたいです。

 シズカにとって、人はエサだけれど、エサだけでなく、自分のそばにいつもいる他の生き物…という認識はあるみたいです。なので、エサ以外の時でも人には興味津々です。

 シズカはよく人間を観察しています。人間の食事風景もよく見ていますし(水槽は食卓の上にあるんです)、テレビも見ています。人間同士の会話にも聞き耳をたてているようだし、水槽のガラス越しにかまってやると、きちんと反応します。

 他の子じゃあ、こうはいかないのだよねえ…。

 シズカは、他の子たちよりも、ちょっぴり賢いのかもしれません。

 それと、シズカって、いつもいじめられている事もあり、他の金魚があまり好きじゃないんだよ。それで人間と関わりを持とうとしているのかもしれません。

 

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

2019年3月23日 (土)

ガボンバだけでなく、アナカリスも食べ始めた!

 ウチにいる今の金魚たちは、あまり贅沢ではありません。以前いた子たちは、案外贅沢で、水草はマツモグサしか食べませんでした。あれは高いんだよね。普通に安く売っているカボンバやアナカリスは絶対にクチにしませんでした。

 ところが、今の子たちは、もちろんマツモグサも食べますが、ガボンバも喜んで食べます。ガボンバを食べる以上、高いマツモグサを買う必要もないので、最近はもっぱらガボンバを水槽に入れてあげました。

 で、そのガボンバがとても気に入ったらしく、毎日毎日すごい量を食べるので、次から次へとガボンバを買い足さなければならず、結局、お値段的には、マツモグサを買い与えているのを同じだけの出費を強いられるようになりました。

 でも、同じ量のマツモグサを買わされる事を考えれば、だいぶ安上がりである事には間違いありません。

 で、そんなガボンバ大好きな子ですが、同じ金魚藻でもアナカリスは食べませんでした。まあ、アナカリスは葉も厚いし、茎も太いし、まあ食べやすくはないです。ですから、水槽の中にはカボンバとアナカリスが入っていますが、専ら食用なのはガボンバで、アナカリスは繁茂して、日陰を作る役割を果たしていました。

 で、先日、大好きなガボンバを食い尽くしてしまい、次のガボンバを買ってきてやろうと思っていたところ、店のガボンバが品切れだったので、次の入荷日まで待たないといけない事になりました。金魚たちも、食べるべきガボンバが入らずに困っていました。

 ガボンバを食べると言っても、普段はガボンバの葉を食べるのですが、葉を食べ尽くしてしまったら、次は茎を食べ始めました。で、ガボンバの茎も相当食べたところで、ふと気がつくと、アナカリスの葉が食い尽くされていました。

 そりゃあ、茎を食うよりも、葉を食うよなあ…。

 しかし、アナカリスまで食べてしまうとは…。前の子たちは、ガボンバやアナカリスには絶対にクチをつけずに、マツモグサしか食べなかったのに、今の子たちは、まずはガボンバだけれど、無くなれば、アナカリスでもいいみたいです。

 とにかく、クチに入って栄養になれば、なんでもいいみたいなのです。たくましさを感じると同時に、なんか意地汚いなあ…と思いました。まあ、それか生きるって事なんだけれど…ねえ。

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


2019年3月16日 (土)

子どもの頃は何でも可愛い

 子どもって可愛いです。人間の幼児も可愛いけれど、ペットたちも子どもの時代は可愛いものです。仔犬、子猫…可愛いですね。雛鳥も可愛いですよ。爬虫類や昆虫類の子どもは…個性が強いので、人それぞれに感じ方が違ってくるかもしれませんが…やっぱり可愛いものです。毛虫なんかも、よく見ると、案外、可愛いんですよ。

 で、魚類の話。魚類も子どもの時代は、かなり可愛いですよ。

 哺乳類と違って、容姿は単純に成魚たちと比べて小さいってだけで、特に可愛らしさはないかもしれませんが、動きが、やっぱり子ども子どもしていて可愛いです。

 ルデンも体が半分黒かった時代(稚魚の時代ですね)は、かなり可愛かったものです…もっとも彼女の場合、あっという間に成魚に成長してしまい、今ではむしろでっぷりと育ってしまい、ふてぶてしいぐらいです。

 現在、我が家の水槽で、とっても可愛いのは、2匹の緋ドジョウたちです。体長が5cm程度の、まだまだ子どものドジョウなんです。

 体も小さくて可愛いのですが、動きが実に子供っぽくて、幼さがあって、本当に可愛くてラブリーなんです。妻なんか、もうメロメロですよ。

 たかが、ドジョウなんですが、本当に可愛いし、見ていて飽きないです。このまま、ずっと子どもでいてくれたら、可愛いし、嬉しいのですが、やがてこの子たちも成魚になってしまうのだと思うと、ちょっぴり寂しいです。可愛い時期って…そんなに長くは続きませんからね。息子くんを見ていると、ほんと、そう思います。あんな彼も、幼児期はとても可愛かったんですよ。

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

2019年3月 9日 (土)

実はルデンの尾ビレは折れています

 ルデンの右の尾ビレは、折れています。途中で、クシャッと曲がったままになっていて、曲がり口は白くなっています。あの白いのは、いわゆるカサブタであって、つまり、尾ビレが折れた箇所から、常に体液が出ているってわけで、開放性の骨折をしていると言えます。

 痛そうだなあ…人間なら、痛くてたまらないでしょうが、金魚には痛覚がないので、全然平気みたいです。

 ルデンが尾ビレを折ったのは…おそらく我が家に来てからでしょう。まだゴールデン金魚だった頃のルデンの尾ビレは健康でしたもの。そこから今に至るどこかで折れてしまったようです。

 なので、ウチの赤い金魚は2匹ともキズモノです。もう一匹の赤い金魚であるシズカは、右の尾ビレの下半分がありませんし、左背中には、大きな傷跡がありますし…。シズカの体型は、図鑑に載ってもおかしてくないくらいに立派なカラダなのですが、そんなキズモノなのが残念です。

 ちなみに、我が家で怪我がなくて、健康自慢なのは、アセビとヤヨイです。この子たちのカラダに傷はありませんし、毎日元気たっぷりです。ベルはキズこそありませんが、時折死んだふりをしているので、とても健康な金魚とは言えません。

 怪我があってもなくても、みんな可愛い我が家の金魚ですが、怪我をしている金魚は、正直、見ていて、痛々しいです。ほんと、金魚には痛覚がなくてよかったね。

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

2019年3月 2日 (土)

ドジョウがボコボコな理由

 ウチにはマドジョウ(普通の食用のドジョウ)が一匹います。かなり大きいです。で、この子のカラダがボコボコなのです。

 今までも、カラダがボコボコになるドジョウがいました。ある程度大きくなったマドジョウがボコボコになる傾向があります。ボコボコというのは、カラダがしなやかではなく、固く細かく折れ曲がった感じになるのです。

 見るからに、背骨の異常だと思われます。ですから、栄養不足のくる病か、それに類した病気ではないかと思っていましたが、最近は別の事を考えています。

 このカラダがボコボコになる子は、同時に激しくむやみに水槽内で暴れる傾向がある事に気づきました。暴れる…と言っても、かなり激しく暴れます。本当に、水槽内を上へ下への大騒ぎで体を色々なモノや壁面にぶつけまくります。私は今まで、この二つの事柄を別のものとして考えていましたが、実は、関係があるのではないでしょうか?

 何が原因かはまだ分かりませんが、ドジョウが大暴れをして、その結果、大怪我をするのです。その際に背骨を折ってしまうのかもしれないし、折らなくても、激しく動かすために背骨が曲がってしまうのかもしれません。それを何度か繰り返すうちに、背骨が細かく折れて、カラダがボコボコになってしまうのかもしれません。今はそう考えるようになりました。

 怪我の結果で、カラダがボコボコになってしまったのなら、可哀想だけれど治ることはないでしょう。

 それにしても、なぜあんなに大暴れをするのでしょうか? ある程度大きくなったマドジョウに共通する行動なので、何か原因があるのかもしれません。習性なのかな? それとも何かの病気なのかしら? 分かりません。ちなみに、同じドジョウでも、緋ドジョウが暴れる事はまずありません。

 魚類には痛覚がないので、カラダがボコボコになっても痛くはないし、辛くもないだろうけれど、見た目はかなり痛々しいのです。

 治せるものなら、治してあげたいです。

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

2019年2月23日 (土)

金魚の睡眠

 金魚は(当たり前ですが)魚類です。魚類という生き物は、原則的に眠りません。生まれてから死ぬまで、覚醒したままなのが普通のようです。意識を失うことはない…のが魚類一般の特徴なのです。

 とは言え、覚醒したまま…と言っても、脳を休ませなければ生きていけないので、覚醒レベルを下げる事で睡眠の代用をしているとの事です。

 人間は魚類とは違うので、それをイメージするのは難しいのですが、脳の半分を休ませながら、残り半分で覚醒しつづけるという感じのようです。なので、休憩中の魚類の活動はかなり鈍くなりますが、それでも覚醒し続けているので、外敵には機敏に反応できるわけです。

 人間の場合、寝ている時は、脳のすべてが休むわけではなく、生命維持に必要な箇所(例えば呼吸などね)は、ずっと覚醒しつづけているわけで、睡眠中とは言え、脳のすべてがお休みしているわけでないのです。要するに、覚醒と睡眠の違いは、自我や意識を司る部分まで覚醒しているのか、自我や意識の部分はお休みして生命維持に必要な箇所だけが覚醒しているのかの違いとも言えます。

 で、金魚の話です。

 どうも、金魚たちを観察していると、睡眠に二段階ありそうなのです。一つは、いわゆる「半分寝て、半分起きている状態」であり、魚類としては通常の睡眠状態です。

 もうひとつは、どうにも深く休んでいて、人間の睡眠に近いくらいに深く眠っている状態の睡眠の状態です。つまり、熟睡しているわけです。

 魚類的な休息を取っている時の金魚は、水中に漂っているだけに見えますが、何かあると機敏な反応を取ります。そのON-OFFの切り替えの速さには感心するばかりです。

 一方、人間の睡眠に近いくらいに深く寝ている時もあります。こういう時は、水底にベチャッと沈んでいますし、呼吸もかなり回数少なくなりますし、ちょっとやそっとの事では反応しません。ほぼ熟睡しています。寝起きも悪くて、機敏な反応はまずできません。これらの睡眠は、時間的には深夜の時間帯に多く観察できます。

 ちなみに、このような深い眠りは、若い金魚はしませんし、水槽にやってきたばかりの新参者もしません。ある程度、大きくなり、ウチの水槽に慣れた子だけが熟睡します。おそらく、ウチの水槽に外敵がいない事が分かった頃から、安心して熟睡するのだろうと思います。

 結局、魚類が完全に眠らないのも、自然界では常に外敵の脅威にさらされているからなのだろうと思います。常戦場であり、少しも気を抜けない環境で生きているから完全に眠らないのだろうと思います。飼い金魚たちには外敵がいませんから、気持ちを緩めて熟睡しても何の問題もありません。ですから、魚類であるにも関わらず、安心して熟睡できるようになるのだろうと思います。

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

2019年2月16日 (土)

最近のルデン

 最近のルデンの話をします。

 最近のルデンは、大きいです。我が家に来た時は、メダカに毛の生えた程度の小さな小さな魚だったのに、あれよあれよというまに成長してしまいました。

 我が家に来た時は、ほぼ黒い魚で、腹部がきれいな金色でしたが、今思えば、これはまだ稚魚だったために黒かっただけ(金魚は、どの種類であれ、生まれたばかりの稚魚の頃は真っ黒なんです。つまり、ルデンは稚魚だったにもかかわらず、もうオトナの大きさにまで成長していたってわけです)で、今はぐんぐん成長して、あっという間にベルやアセビを追い抜いて、ほぼシズカぐらいの大きさになってしまいました。

 その成長速度にビックリです。

 で、体色も、成長して黒が抜けたのは当然として、当初こそ、光り輝く金色でしたが、あれよあれよというまに赤みを帯びてしまい、今や濃い目の赤い金魚になってしまいました。色的にもシズカに瓜二つで、比べてみると、ややルデンの方が薄いかな…? ってくらいに赤くなってしまいました。

 で、カラダの長さはクチから尾びれの付け根までなら、シズカとほぼ同じです。カラダの大きさは、シズカは多少の厚みはあるとは言え、基本的に高い金魚の体型(つまり菱形)ですが、ルデンはほぼ俵型だし、筋肉質なシズカと比べるとルデンはボテっとした体型なので、体重的にはルデンの方がシズカよりも重いかもしれません。

 もっとも、シズカは(切れてしまった右下尾ビレ以外の)すべてのヒレが長いのですが、ルデンのヒレはどれも短くて小さいので、ヒレ込みならば、まだシズカの方が大きいかもしれません。

 ルデンは体型的には、らんちゅうです。ただし、らんちゅうの出来損ないなので、らんちゅうにはあってはならない背びれがチョコンと付いてます。またらんちゅうには立派な肉瘤があるものですが、ルデンには全くありません。尾びれは(普通のらんちゅうと比べても)かなり小さな蝶尾なので、泳ぎはウルトラ級に下手くそです。いわゆる“雑種金魚”で金魚フリーク的には無価値な子ですが、生命力だけは旺盛な子のようです。最近では、ヤヨイにあれこれちょっかいを出しています。やがて、水槽で一番の大型金魚になり、水槽の親分になってしまいそうな勢いです。

 とにかく、いつも何か食べていますし、他の子のような好き嫌いもないようです。

 我が家に来た当初とは、全く姿が変わってしまったルデンですが、この子はこの子なりに、毎日を元気いっぱいに生きています。

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

より以前の記事一覧

フォト

↓参加しています

  • 人気blogランキングへ にほんブログ村 クラシックブログへ

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2018 すとん