ひとこと

  •  急に寒くなりましたね。気候の変化に体調が追いつかず、風邪をひいてしまいました。ああ、ノドが痛い(涙)。
2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合は必ず“名前”の欄にハンドルネームをご記入ください。ココログ的には、コメントの際の名前の記入は任意となっていますが、このブログでは必須としますので、ご了解ください。また、その時に使用されるハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

カテゴリー「その他」の記事

他のカテゴリーに入らないもの。「落ち穂拾い(毎月のまとめ)」はここにあります

2018年11月30日 (金)

たぶん…冬になりました…ね[2018年11月の落ち穂拾い]

 寒くなりましたね。でもまだコートは着てません。もう冬なのにね…やっぱり今年は暖かいのかな?

素材の違い、価格帯の違い

 フルートの場合、価格帯の違いで素材が変わってきます。ですから、素材の違いと価格帯の違いの区別が付きづらいという特徴があります。

 例えば、洋銀のフルートと総銀のフルートは、もちろんあれこれ違いますが、それが素材の違いに起因するのか、それとも価格帯の違いに起因するのか、そのあたりの切り分けをある程度ちゃんと考えないといけない時もあるのになあと思います。

 確かに、素材が違うと価格帯が変わってきますが、価格帯が違うと、素材だけではなく、あれこれ違ってきます。そのあれこれ違っている部分まで素材のせいにされたら、素材が可哀想です。

 廉価な価格帯では洋銀が素材として使われる事が多いですが、だからと言って、洋銀がフルートの材質として良くないという事はなく、高価な価格帯と同様の製作レベルで洋銀のフルートを作ってもらえれば、洋銀のフルートだって素晴らしい楽器になります(昔はプロのフルーティストだって洋銀のフルートを使っていたそうですよ)。ただ、どんなに精巧に作られたとしても洋銀は洋銀であって、重い金属(銀とか金とか)と比べれば、どうしても音が飛びづらくはなります…だから、現在のプロは洋銀のフルートを使わないわけですね。

 価格帯の違いが一番わかり易いので、頭部管の作りだと思います。特に音質に影響を与える頭部管のカットは、フルートの価格帯で大きく変わってきます。それを明言しているメーカーもあれば、公にしていないメーカーもありますが、多くのメーカーで、価格帯の違いで頭部管のカットを変え、それによって音のキャラクターを変えています。

 でもそれはあくまでも頭部管のカットの違いによる音のキャラクターが違っているだけで、素材の違いとは、別の問題なんですね。

ノドが強いと何か良いことがあるのか?

 私はノドが強いとよく言われます。それをもって、人様から羨ましがられることもありますが、本人はそれで得したという経験はありません。

 ノドが強いと声を壊さずに無茶ができます。それって良いことでしょうか?

 本来なら、声が壊れてしまうような間違ったやり方でも、ノドが強いために声が壊れないので、いつまでも間違ったやり方のまま続けてしまいますが、これって良いことでしょうか? ノドに力を入れたままである程度歌えてしまいますが、それゆえに、ある程度以上には歌がなかなか進歩しません。歌が上達するチャンスを自ら潰しているわけですが、これって良いことでしょうか? ノドが強いため、簡単にノドが鳴ってしまいますが、それゆえに響きで歌うのが困難で仕方ないのですが、これって良いことでしょうか? 普段のしゃべり声がデカいため、人混みの中でも声がよく通ってしまい、全然内緒話ができないのですが、これって良いことでしょうか?

 ノドが弱いと困ることも多々あるでしょうが、強いからと言って得することもありません。一番良いのは、人並みな事なんだと思います。何事であれ、過ぎたるは及ばざるが如しって話なんだと思ってます。

衣装は大切?

 最近、会う人ごとに「痩せられましたか?」と尋ねられますが、実のところ、全然そんな事はありません。ただ、この言葉、某大手スーパーで作ったスーツを着ている時に限って言われるのです。以前作ったスーツを着ている時とか、カジュアルな服装の時には、絶対に言われません。

 某大手スーパーで作ったスーツは、はっきり言うと、着心地良くないです。着ていて、ちょっと苦しくて、動きづらくて、オーダースーツの割には満足度は低いのですが、それでもこれらを着ていると「痩せられましたか?」と尋ねられるのです。

 生地は縦縞だし、今年の流行りのシルエットって事で、あっちこっち絞って作ってあるんだよね。それが痩せて見える原因かもしれません。

 ある人に「痩せられましたか?」と尋ねられたので「ほれ!」と言って、閉めていた上着の前ボタンを外してみせたら「あ、いつもどおりだ」と言われました。ま、そんなもんだね。

 衣装は大切、衣装でその人の見かけが変わる…みたいだよ。

今月のお気に入り 折りたたみ式ヘルメット タタメット

 平成という時代は、災害続きの時代だったなあと思います。日本各地で大小様々な災害が起こりました。たまたま私の身近では、大きな災害はなく、日々変わらぬ平和を享受していますが、いつ災害に見舞われかねないかと不安がないわけではありません。

 私は関東地方に住んでいます。以前から、関東大震災級の地震がやってくると言われていますし、実際、いつ来ても不思議ではないそうだけれど、ほんと、地震はいつやってくるか分かりません。富士山だって、そろそろ噴火するんじゃないかって言われ続けてます。隣国からミサイルが飛んでこないという保証はないし、隣国の工作員たちがテロ行為を行わないという保証はありません。

 とにかく、考え始めると、あれこれ不安は尽きないわけです。自分の身は自分で守らないといけませんが、そんなに積極的な行動を日々取れるわけではありません。そこで私が出来る事として…少なくとも職場のデスクにはヘルメットを常備しておく事…ぐらいはしておこうと思いました。アタマは大切だからね。

 でも、ヘルメットって、案外かさばります。以前は普通のプラ製ヘルメットをデスクの脇にぶら下げておきましたが、これって結構邪魔になるんですよ。

 で、最近知ったのですが、今の時代、折りたたみのヘルメットってあるんですよ。それだとデスクの脇にぶら下げておいても邪魔になりません。欠点は、万が一の時には、組み立てないとかぶれないという即応性にやや欠ける点がありますが、万が一も大切だけれど、普段の生活で不自由が少ない方が大切なので、思い切ってヘルメットを通常のプラ製のモノから、この折りたたみ式に変更しました。

 ま、このまま使うことなく退職できればいいなあと思ってますが、使う時に慌てないように、時に触れ、折りたたみ式のヘルメットを組み立てています。慣れれば、案外すぐに組み立てられるものです。

今月の金魚

2018年11月9日(土) 最後のメダカがいなくなりました。約10ヶ月ほど我が家の水槽にいましたが…ちょっぴり残念です。

今月のひとこと

 人種差別と言うか、国籍差別と言うか、おそらく韓国で起こる日本向けの諸問題のほとんどは、そういった感情的なモノが原因で起こっていると思います。要は“自由にバカにし、侮蔑できる相手”が韓国人には必要で、その対象がたまたま日本人であった…って事なんだろうと思う。国策としての反日を行っている中国とは、そこが違うわけだ。だから様々なトラブルに関しても、中国とは話し合いの余地もあるだろうけれど、韓国とは話し合いの余地すらないのだろうと思う。つまりは“バカの壁”のようなモノが存在しているって事だな。(2018年10月30日~11月1日)

 ウチの近所の蕎麦屋が、年越しそばの予約を始めました。つい最近まで「暑~い!」と言っていたのに、もう年越しそばが目の前にやってきたんだね。商界的には、ハロウィーインが終わったので、年末年始なんだろうね。きっとそのうち、ジングルベルが聞こえるようになるんだろうなあ…。(2018年11月1~7日)

 オーストラリアで、ナメクジを生食した結果、寄生虫が原因で髄膜炎になった青年がいたそうです。彼は、発病後1年以上も昏睡し、その後も24時間要看護の生活をし、8年間の闘病生活の後、亡くなられたそうです。でも、ナメクジが悪いのではなく(ナメクジは加熱処理をすれば安全に食べられますし、食べる人たちもいます)生食が怖いのです。ちなみに、ナメクジは生食だけでなく、素手で触れることもヤバイそうです。なので、ナメクジを駆除する際も素手では触らないように気をつけたいものです。(2018年11月7~9日)

 来年(2019年)10月から消費税が増税されます(8%->10%)。それに伴って、軽減税率というのが導入され、外食と酒を除いた飲食物の税率が8%に据え置かれます。で、外食をどこで線引するかで混乱しているようです。スーパーで購入したおにぎりを、イートインコーナーで食べたら外食扱いで税率は10%になるのに、お店の片隅に設置されたベンチで食べたら持ち帰り扱いで税率が8%になるのは、なんか変。外食と言うのは、高級レストランや料亭だけでなく、ファミレスもあれば、スーパーのイートインコーナーもあるわけだけれど、きっと軽減税率を考えたお役人さんの頭の中には、庶民感覚がすっぱり抜け落ちていて“外食=ぜいたくな食事”って考えたんだろうね。だから外食は軽減税率の対象にはしなかったわけだ。でもね、実は安い外食って、自炊するよりも安価なんだよね。だから、そこそこお金に苦労している人は、案外、外食が多かったりするんだよ。なので、庶民の生活の事を考えたら、外食も軽減税率の対象にするか、あるいは安価な支払いの外食(例えば、一回の支払いが1万円以下とか…)は軽減税率の対象にするとか…の方が、いいんじゃないの?(2018年11月9~15日)

 放送業界&家電業界では、4K、8Kのテレビ放送で盛り上がっているみたいです。皆さん、4Kのテレビって欲しいですか? 私は廉価ならば欲しいですが、高価ならばパスです。だって、ウチのテレビって42型だもの、そんなに大きくないもの。DVDとBlue-rayの画質の違いだって分からないくらいだもの、4Kや8Kの画面を見ても、たぶん、その美しさは分からないんじゃないかな? いや、それ以前に、アニメとかバラエティとかドラマとかを、そんなに美しすぎる画面で私は見たいのか…って話です。もちろん、廉価なら見たいですが、たぶん最初のうちは高価だよね。100万円以上もするようなテレビは、よう買わんですよ、私。私に買って欲しければ、まずは10万円程度にしてください。話はそれからです。(2018年11月15~21日)

 結局、日産ブランドは消え、あの会社はフランスの物となり、ルノーの日本支店になってしまうのだろうか? 無いと言えないよね。さらにスリーダイヤもシングルのダイヤになってしまうのだろうか? こちらも無いとは言えないなあ。日産の人たちは、自社のことを考えて、今回のクーデターを起こしたのだろうけれど、最終的にフランス政府の勝ちって事になったら、私は日本人として嫌だなあって思います。(2018念11月21~26日)

 クラコンと門下発表会の間で、私、階段から落ちて転んで怪我をしたとブログに書きましたが、実はその時に足が折れていたようです。足が折れたと言っても、右のくるぶしが割れてしまっただけなのですが…。あれから二週間、一向に足の腫れと痛みが完治しないので、ようやく病院に行ったのですが、そこで今回の骨折が判明しました。ああ、私は折れた足で舞台に立っていたわけだな。なんか、かっこいいじゃん。(2018年11月26~29日)

 今月は以上です。よろしくお願いします。

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。
にほんブログ村 音楽ブログ 大人の音楽活動へ
にほんブログ村

2018年11月13日 (火)

お気に入りのペンが見つからない(涙)

 私はめったにモノを無くさないのですが、今回ばかりは、本格的に無くしてしまったようなのです(涙)。

 何を無くしたのかと言うと…ペンです。シャーペンとボールペンを1本ずつです。両方とも比較的高価なもので、シャーペンは、当時母が勤めていた会社から子女が入学すると入学祝いがいただけて、それでもらったシャーペンです。私の名前が刻印されたずっしりした金属製の高価なパーカーのシャーペンです。ボールペンの方は、当時勤めていた社長さんからクリスマスプレゼントとしていただいたシャネルのボールペンで、こちらも高価なペンです。2本とも良い品物で、使えば使うほど手になじんでくるもので、なんだかんが言って、三十年以上愛用していました。

 普段は背広の内ポケットに入れて、日用に使用していました。背広を着ない夏場は、ペンケースに入れていました。そうやって三十年以上の時間過ごしてきたわけです。

 で、今年も衣替えの時期が来て、背広を着る季節になりました。そこで、これらのペンを内ポケットに入れようとしたところ、見つかりません。てっきりペンケースに入れてあるものと思いましたが、入っていません。身の回りをあれこれ探したのですが、どこにもありません。

 おっかしいなー…。

 別にペンなら、売るほどたくさん持っています。特にアメニティグッズとしていただくプラ製のボールペンやシャーペンなら、腐るほどたくさん持っています。現に今も、代用品として、某省庁でいただいたボールペンとシャーペン(普通にいただくモノより、良い品なんですよ。さすがは某省庁)を胸に刺してますが、いくら某省庁のネームが入っているとは言え、プラ製なんですね。いい年したオッサンが人前で日用に使うには、ちょっと恥ずかしいレベルです。

 筆記具は値段じゃないですし、あくまでも値段よりも使い勝手を優先するべきなのですが、それでもオッサンはオッサンなわけで、オッサンが持ち歩くのにふさわしいモノってのがあるわけです。オッサンがプラ製のペンを持ち歩くのって…ダメでしょう。

 ブランドのペンは、まだ持っていますが、どれもこれもベテランの古いものばかりなので、これを機に最新の筆記具を持ち歩くことにしました。時代に追いつかないとね。

 で、選んだのが、このペンです。

 値段は…全然安いです。実は私、高価なペンを無くしたのは今回が始めてではないのです。以前にも高価な万年筆を2本同時に無くした事があって、あの時も、凹んだなあ…。とにかく、筆記具って手に馴染むだけあって、無くすと凹むんですよ。なので、それ以来、購入する筆記具は、無くしても凹まないモノ…と決めましたので、こんな感じにしました。

 無くしても凹まない…けれど、オッサンが持っていてもおかしくない。という線でのモノ選びです。

 機能的にも、シャーペンと黒赤のボールペンが一つにまとまっていて便利だし、書き心地も最近の製品だけあって悪くないです。デザインに渋さがありませんが、それは値段を考えれば仕方がないです。まあ、私が持つのですから、これでも上等でしょう。

 それにしてもオッサンは、日々のモノがあまり安く上がらないのが困りモノです。若い時は、平気で安物を使い倒していたんだけれど、年を取ると、もうそういうわけにはいかないんだな、とほほ。

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

2018年11月 7日 (水)

やっぱスーパーの品物は廉価だけれど、それなりだね

 スーツの話です。以前、タキシードはHANABISHIで、普段遣いのスーツは大型スーパーで作りましたという話をしました。今回は、その話の続きね。

 まず、HANABISHIさんで作ってもらったタキシードですが、メッチャ良いです。カラダにピッタリだし、デザイン的にカッコいいし、その上動きやすくて機能的です。お値段はそれなりにしましたが、お値段以上の仕上がりです。良いですね。おまけに接客も素晴らしくて、ほんと、ケチがつけられません。次はモーニングを作るかもしれませんので、その時はぜひ、またHANABISHIさんにお願いしたいものです。

 問題は、普段遣いのスーツの方です。今回は某大型スーパーの特売を利用しました。とにかく、安いんですよ。普通のお店でオーダースーツを1着作る値段で2着つくっていただけるのです。実質半額だよね。問題は仕上がり…と言うか、品質的な話です。

 結論から言えば、品質は値段なりです。オーダースーツとは言え、着心地は吊るしみたいです。いや、それは言い過ぎか。やはり全体的な仕上がりは吊るしよりは良いです。使っている生地も吊るしよりはだいぶ良いし…。でもね、なんか、微妙にカラダに合っていないし、動きづらくて、着ていて疲れるんです。まあ、値段的には吊るし2着程度の値段でスーツを2着作ったのですから、本当に、値段なりなんです。オーダースーツだと思わなければ、まあアリです。

 まあ、生地は中国製、裁縫も中国、いわゆるメイド・イン・チャイナなスーツです。でも、そうでなきゃ、この値段では売れないよね。だから、その部分は納得しています。

 問題…は、微妙にカラダに合っていない点だね。他の店なら、当然“お直し”の対象になって、微調整をして、より良い仕上がりになるわけだけれど、こちらのスーパーでは“お直し”は無しなんです。公には「お直し承ります」なんだけれど、担当の店員さんと話しをして、いくらクレームを入れても、軽く受け流してくれるんですよ。

 私が「上着がきつい」と言えば「そんな事はない、肩はこんなに余っているじゃないですか(いや、肩じゃなくて、胸がきついんだよ)」と言うし、「キツキツで腕が上がらない」と言えば「上着のボタンは必ず外して着てください(たしかにそれなら腕は上がるけれど、私は前は閉めたい人なんだよ)」だし、ズボンは尻のあたりがちょっとキツめなんだけれど「縫い目が引っ張られていませんよ(だから大丈夫)」って言って取り合ってくれないし…。店員さんから“絶対に直しません”という強い意思を感じます。

 まあ、安物だし、直しを入れちゃうと儲けが飛んじゃうのかもしれません。私も勤め人ですから、そういう事情はなんとなく察してしまいます。

 オーダーでスーツを作ったはずだけれど、オーダー特有のなんとも気持ちのよい着心地というのがなく、なんか窮屈で疲れるんです。肩が凝りやすくなるので、暇を見てはスーツを脱いで肩甲骨をぐるぐる回すようにしています。と言う訳で、値段なりと言えば値段なりの品質なのです。

 これでこのスーパーを見限るのも一つの手だけれど、店には今回のデータが残っているから、次は事前に胸や尻をさらに大きめに作らせて、お付き合いを続けると言うのも手です。なにしろ、安いからね。安さは正義だからね。もちろん、別のお店にトライしてみるのも、また別の手です。

 まあ、スーパーのスーツと専門店のスーツを比べちゃいけないわけで、安いものは安いなりに理由があっての安さなんだから、そこは納得しないといけませんね。で、その安いなりの品質で受け入れられるかというだけの話です。ま、今回、着心地は吊るしのスーツよりはマシ程度だけれど、普通には着れるし、お値段なりの仕上がりなので、自分的には受け入れていくつもりです。実際、かなり安価だったわけだし、全体的にはお得なんだと思います。まあ、色々あったけれど、すべて授業料ってわけです。

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

2018年11月 1日 (木)

やっぱり秋は素通りされてしまうのか(涙)[2018年10月の落ち穂拾い]

 ちょっと振り返ると、10月の初めはまだまだ暑く、私はほぼ夏服で通勤しておりました。そこからあれよあれよと寒くなり、衣替えをしたのが、10月の中旬(例年よりも2週間遅かったです)で、10月の下旬になって「ぼちぼちコートでも羽織ろうかな…」と思うほどに寒くなりました。

 ほんの一ヶ月で、夏から冬にまっしぐらだよ。ああ、今年も秋は素通りされてしまうのだろうなあ…。

廉価な中華な楽器の罪

 廉価な中華な楽器は、価格的にも、お試し用の楽器であり、初心のほんの最初の段階でお試しで使う、使い捨て楽器ってのが、ちょうど良い使い方だと、私は思います。

 廉価な中華な楽器は、楽器として使えないわけではないのだけれど、楽器としての精度が低く、練習をしていて、うまく行かない時に、自分の技量のせいでうまく行かないのか、それとも楽器が粗悪なためにうまくいかないのかの判断がつかず、それで困ってしまう事が多々あるからです。

 廉価な中華な楽器を使っている場合、大抵の問題は、楽器の粗悪さに起因しますが、だからと言って、すべての問題は楽器のせいであるとも言い切れないのです。たまに楽器ではなくご自分の技量のせい…って事もあって、単純に楽器を買い換えれば済むのか…と言うと、そう単純ではなかったりするわけです。

 でもまあ、おおよそ、うまく行かない時は楽器のせいだと思うし、仮に楽器のせいでなくても、良い楽器を持った方が早く上達するので、うまく出来ない時は楽器のせいと思っても良いのだと思います。

 で、大人なら、そんな粗悪な楽器には、さっさと見切りをつけて、適当な所で良い楽器に買い換えられるので問題ないのですが、問題は子どもたちの場合です。

 親が音楽や楽器の事がよく分からずに、子どもの求めに応じて、廉価な中華な楽器を買い与えてしまう場合があります。

 子ども自身は、音楽に対して、熱いほどの向上心があり、熱心に練習をするのだけれど、いくら練習しても、粗悪な楽器のために、うまく行かず、だからと言って(親に買ってもらった)楽器のせいには出来ずに、向上心はあって努力もするのだけれど、技術的に足踏みをさせられてしまう事があります。

 実際、大勢いるんですよ、そういう子。

 で、そういう子たちも、練習を重ねていくうちに、やがて薄々、楽器がダメなんじゃないか…と気づきます。もっとちゃんとした楽器で練習したい…と思うようになります。でも、それは親にはなかなか言えません。

 仮に、その事をクチに出したとしても、親からすれば「1万円もする楽器を買ってやったのに、この子はもっと高価な楽器を欲しがるなんて…なんて贅沢な!」って思うだろうし、それ以前に気の利く子なら「お父さんに1万円もする楽器を買ってもらったのに、もっと良い楽器が欲しいなんて、とてもクチに出せない」って遠慮しちゃうわけです。

 1万円…楽器の値段として考えれば、どう考えてもおかしな安さですが、日常生活の中での1万円は高額です。子どもから見れば、大金なんです。

 で、3年間、廉価な中華な楽器と付き合って、もうフルートはこりごりと思って、音楽から足を洗ってしまうわけです。その子が、最初っから日本製の楽器を購入してもらっていたら、そうならなかったのかも…と思うと、少々残念な気がします。

 廉価な中華な楽器って、ほんと、罪深いものです。

電子書籍の使い勝手

 電子書籍に関するあれこれについて書いてみたいと思います。

 まず、電子書籍のデータは、どこに保管されるのかという問題ですが、私の場合は、購入直後は、タブレットにデータをダウンロードをして保管していますが、すべてのデータを保管しているわけではありません。原則、購入してから読み終えるまで、タブレットに保管して、読み終えたら削除してしまうという使い方をしています。

 実は、電子書籍を購入するという事は、紙の書籍を購入するのとは、ちょっと感覚が違っていて、現物を手元に置く…と言うよりも、サーバからデータをダウンロードする権利を購入する…という感覚なのです。

 ですから、オリジナルのデータそのものは、サーバにあります。で、そのデータを手元のタブレット等にダウンロードしてから読んでも良いし、ダウンロードせずに、サーバーのデーターをブラウザ等に表示させて読むのもアリです。ですから、一度タブレットにダウンロードしたデータであっても、削除してしまう事は可能だし、削除しても再びサーバからダウンロードする事も可能であります。

 と言うわけで、私の場合、購入したすべての電子書籍を手元には置いているわけではありません。

 購入直後はデータをタブレットにダウンロードしますが、読み終えれば削除します。再び読みたくなれば、再度ダウンロードするだけです。なぜこんな使い方をしているのかと言えば、タブレットのハードディスクの容量には限りがあるからです。すべてのデータをタブレットに入れておくわけにはいかないのです。

 ですので、タブレットにダウンロードしてあるデータも、当面読まないと決意したら、読んでいなくても、一度削除して、タブレットのハードディスクを空けるように心がけているくらいです。つまり、私の電子書籍の書棚は、サーバ側にあって、直近で読みそうなモノだけを手元のタブレットにダウンロードするという運用をしています。

 ですから、タブレットは、基本的にネットに常時接続していません。必要な時だけ接続してダウンロードするというやり方です。

 電子書籍に関して言えば、基本的に読みたい書籍は事前にダウンロードしてあります(たぶん常時500冊程度はタブレットに入っています)ので、ネットのない環境でも読書しております、ってか、ネット環境が悪いところで読書をするんです。ネット環境が良いところでは、読書せずにネットサーフィンしちゃうからね(笑)。

 電子書籍の弱点は、現物を手元に置くのではなく、あくまでもサーバからデータをダウンロードする権利を持っているだけだという点かな? だから、すでに手元にダウンロードしてあるものは、いつまでも読めますが、サーバのみに置いてあるデーターは、サーバ側の事情で読めなくなる事もあります。それが怖ければ、すべてのデーターをダウンロードして保管すればいいのでしょうが、私は物理的に無理だし、たとえサーバ側の事情で、それらの書籍が読めなくなったとしても、まあいいかと軽く考えるようにしています(何しろ人生は有限ですし、買った本が読めなくなる事よりも、次々に新刊を読む方が大事と考えています)ので、特に心配していません。

 あと、購入した電子書籍は、原則、一台の端末にのみ配信可能になります。ただし、サーバとダウンロードする端末の紐づけを変えれば、複数の機器でデータをダウンロードする事は可能でしょうが、具体的にはやった事ないので、どこまで可能かは分かりません。まあ、電子書籍リーダーを変更するぐらいなら、簡単にできそうです。

 読書可能な期限が決められているモノがあります。もちろん、大半の電子書籍には期限がありませんが、期限のあるモノは基本的に無料で、期限が過ぎたら、定価で購入しないと読めなくなります…というモノが大半です。つまり、期限のあるものは、立ち読みの期間が決まっている本だ…と考えればいいんだと思います。

 紙の書籍とは、あれこれ違いますし、紙の書籍の方が優れている点も多々ありますが、私は時代の流れに従って、電子書籍で本を読んでいくスタイルに変えました。電子書籍は…文字の拡大が自由自在なので、老眼には極めて優しいのが良いですね。

今月のお気に入り ジュリーのヒット曲

 先日はドタキャン騒ぎがあって、一躍、時の人になったジュリーこと沢田研二氏ですが、実は私、かつての彼の大ファンだったわけです。だって、若い時の彼って、問答無用にカッコいいじゃん。そりゃあ、誰もが憧れるわけだよ。

 ま、今もいい感じでロックなジジイになって、別のベクトルでカッコいいわけですが、いかんせん、今の彼はサヨクなジイさんで、浮世離れしちゃって、ついていけません。なので、私は彼がサヨクにハンドルを切ったあたりで、生きているジュリーのファンを止めていますが、今もかつてのジュリーのファンであります。

 と言う訳で、かつてのジュリーがいかにカッコよかったかという話は、あれこれ語るよりも、見ればすぐ分かるわけです。そこで音源を貼ります。

 曲は、私が大好きな『サムライ』です。では、どうぞ(笑)。

今月の金魚

 今月はみんなみんな元気でした。

今月のひとこと

 ここんところ、気温の変化が急激すぎて、それにカラダが追いつきません。体調悪いです、疲れやすいです、いつも眠いです。暑さが過ぎ去るのはうれしいけれど、もう少し、優しく秋に移行してほしいものです。なんか、このまま、秋を通り過ぎて、一気に冬に突入しそうな気がしますが、それはほんと、勘弁してほしいと思ってます。(2018年9月29日~10月4日)

 びっくりしました! なんとバスクリンが値上げしています! 近所のスーパーで、今までは400円台で買えましたし、安売りの時は300円台にもなっていたバスクリンが、今や500円オーバーです。ウチでは安売りの時にまとめ買いをしていたので、感覚的には「お値段、2倍になっとるやん」って感じです。いやあ、値上げするにしても、ちょっと上げ過ぎじゃないですか? ウチは今までバスクリン党でしたが、ついに本日、他社の類似品を買いました。だって、そっちは200円でお釣りが来るんだよ。200円と500円なら、比較も検討もないでしょう、多少品質が落ちたとしても、毎日使うものだから、なるべくお安い方がうれしいんですよ。これで、そっちの低価格の方で十分となれば、たぶんもうバスクリンには戻れない(涙)。そんな事を考えて行動した人が私以外にもたくさんいるのではないかと思われます。それくらい、バスクリンの値上げって、庶民的には大きな問題なのよ。(2018年10月4~8日)

 普段遣いのスーツを2着、作ってきました。今回は普段遣いなので、HANABISHIさんではなく、もっと庶民的なお店を探して、そこにオーダーしてきました。というわけで、新しいお店を次々と開拓しております(えっへん)。それもこれも地元の店でスーツを作りたくないから、やむなくなんですがね…。本当はスーツって、地元の店で作るのが一番なんですが、あの店員さんがいる店じゃあ、作りたくないんですよ。(2018年10月8~9日)

 桐朋の大学院生で、おまけに特待生という人をアマチュア歌手と呼んではいけないと思います。実力的にはすでに十分プロの領域に達していると思います。実際、各種コンクールでは入選しているみたいだし…。なので、アマチュア歌手ではなく、正しくは「売出し中の若手歌手」でしょ? で、何の話をしているのかって? そりゃあ“格付けチェック”の話だよ。私もピッチの正確さがダントツに良かったBが正解だと思ったもの。そりゃあ、みんなBがプロ歌手だと思うよ、実際、この人は学生だけれど、すでにプロ歌手だし…。(2018年10月9~15日)

 ようやく衣替えをしました。例年よりも二週間ほど遅いです。それだけ、今年は暑かった…という事ですね。で、たぶん、すぐに寒くなるんだろうなあって、今から覚悟を決めています。ああ、秋を楽しみたいのですが…ねえ。(2018年10月15~16日)

 誤って殺害…が通用するんだ、サウジアラビアって国は(嘆)。(2018年10月16~19日)

 9000人と聞いていた観客数が、当日に7000人だと聞いて、コンサートをドタキャンしちゃったと言ってるジュリーは、ファンの喜びよりも自分のメンツを優先してしまったわけで、それってエンタメ業界のプロとして、どうなんだろう?と思います。確かに3万人入る会場に7000人なら、キャパの1/4にも満たないスカスカ状態なわけで、そりゃあ不貞腐れたくなる気持ちも分からないでもないし、予定していた反原発署名がアリーナ側から禁止されたとしたら、サヨク的にファビョる気持ちも理解できるけれど、集まった7000人のファンのために、いや、たとえそのファンが700人や70人であったとしても、ファンの皆さんはこの日のために、万全の準備をして、日本各地からこの日のコンサートのために万障繰り合わせてやってきたわけで、それを思えば、中止とか延期とかありえないでしょ? コンサートのチケットだけでなく、交通費や宿泊費もかかっているし、家族や仕事仲間に気を使いながら集まってきたわけで、そういうファンの事情も考えた上で、それでも自分のメンツや反原発運動の方が大切だったのか、よくよく考えてもらいたいと思います。ちなみに、私は昔のジュリーのファンです(彼がサヨクに舵を切った時点でファンを辞めました)。かつて好きだったアイドルの醜聞なんて聞きたくないよぉ。(2018年10月19~23日)

 結局、選手は使い捨てなのか…と言われても仕方ないのが、先日福岡県で行われた「プリンセス駅伝 in 宗像・福津」でのスタッフの対応です。岩谷産業の選手が、足を骨折して、途中から四つ這いになって、膝を血だらけにしながらたすきをつないだ…って奴で、一部では美談になってますし、あれで感動した人も大勢いるようですが、私はあれはとんでもない話だと思ってます。選手は右脛骨を骨折して立てなくなって、それで四つ這いだそうですが、脛骨ってスネの骨で太い骨です。これが折れた段階でレースは棄権でしょ? 実際、レースの様子を見ていた監督は、すぐに棄権を申し出たそうだけれど、それが途中でうやむやになってしまって現場の審判に届かず、結局、レースは続行されたそうです。おかしくねえ? 監督の申し出がうやむやになってしまう運営って、絶対におかしいよね。それじゃあ監督がいる理由がないよね。だいたい、選手が自分から棄権することはないし、たとえ監督の意思が確認できなくても、足の骨折って四つ這いでしか前進できない選手がいた段階で、その場でドクターストップでいいじゃないの? それとも駅伝のレースって、ドクター無しで運営しているわけ? 駅伝じゃあ、そんなに選手の安全って軽いんだなって思いました。才能ある選手は、駅伝には近寄っちゃダメだよ。潰されてお終いになりかねないわな。(2018年10月23~29日)

 渋谷のハロウィーンで暴徒化する人々は、成人式で暴れるヤンチャ坊主たちと、メンタル的には同じなんだと思う。違うのは、成人式はシラフだけれど、ハロウィーンは酒が入っているって事かな? あと、成人式は若者だけれど、ハロウィーンはいい年した大人も暴れているって事だね。仮装をして楽しむだけなら、別に問題ないけれど、それで暴れて暴徒化するなんて…陽キャな子って手に負えないね。晴海あたりで行っているオタクな子たちのコスプレが暴徒化したという話は全く聞かないでしょ? そういう点では、陽キャはオタクに負けていると思うよ、完膚無きまでに。(2018年10月29~31日)

 今月は以上です。よろしくお願いします。

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

2018年10月22日 (月)

書斎の椅子を新調しました

 2014年1月と言えば、今から4年と9ヶ月ほど前になります。あの時に購入した、デクシアという、いわゆる“社長椅子”を購入して、自宅で使っていた私ですが、毎日毎日私の巨体を支え続け、ついに壊れてしまいました。

 壊れてしまったとは言え、この椅子、良い椅子でした。本当に良い椅子です。座り心地は満点だし、ほとんど文句はなかったのです。ただ、壊れてしまったのです。どこが壊れたのかと言うと、椅子本体から軸が一本出ていて、その軸を足の部分に差し込んで全体を支えているのだけれど、その差し込む部分が壊れちゃったのです。具体的に言えば、差し込んだ椅子本体の軸が足の部分から下にはみ出して、直接床面に接するようになってしまったのです。

 そもそも、この軸は足の部分からはみ出していたのです、そういう仕様なのです。はみ出していたとは言え、当然ですが、床面には接していませんでした。1cm程度は床から浮いていたのです。それが4年と少々の時の流れで、だんだんと床に近づき、つい先日、床と接するようになってしまったのです。

 ダメじゃん。それじゃあ。足の部分は5つに分かれているので、正常なら実に安定しているのですが、軸がはみ出してしまい、事実上の1本足になってしまったので、いつもグラグラして不安定極まりなくなってしまいました。おまけに床にも負担が大きいしね。

 そこでやむなくイスを買い換えることにしました。いつもネットで買い物している私ですが、今回は実店舗に行って、現物を確認して買いましょうという気分だったので、近所の家具屋さんに行きました。

 家具って、全然売れてないのでしょうね。近所に2軒あった家具屋は、一軒が廃業し、残った方のもう一軒に行ってみたのですが、売り場がかなり縮小していました。ちなみに売り場を縮小して、そこに入ったのは100円ショップなのです。家具が売れずに、100円ショップを開店する…デフレだねえ…

 今回、購入したのは、これです。『アームアップチェアー マスター3 メッシュ 跳ね上げ式アームレスト』と言います。まあ“マスター3”だよね。

 実店舗で購入しましたが、ネットでも販売していました。これ、定価は1万5千円程度ですが、値引きで1万円弱で売っていたので、ネットとほぼ同じ。配送料が掛からなかった分だけ(ってか、自分で運びました)実店舗の方が安かったです。

 もっとも、実店舗で配達をお願いすると、配送料が二千円もかかります。その代わり、組立サービス付きだから、女性や老人には親切かもしれません。私は…自分で組み立てました。

 こういうメッシュの椅子って、今の流行りみたいですね。お店にあった椅子は、どれもこれもメッシュでした。メッシュは…好みがあるでしょうね。見た目の高級感には乏しいのは事実です。その代わり、前の椅子よりもだいぶ軽量です。そのため、動きがとてもなめらかです。

 座り心地ですが、最初はあれ?と思いました。と言うのも、背もたれが結構垂直なんです。腰の悪い人には優しい作りだけれど、くつろぐ時にはダメだろ?と思ってましたが、この椅子、リクライニング機能があるので、背もたれを後ろに倒せるんです。で、倒してみると、結構いい感じです。おまけにヘッドレストがあるので、なんかそのまま寝ちゃいそうなくらいくつろげます。

 高級感と言った点では、全然デクシアの足元にも及ばないマスター3ですが、これが今の流行りなら、まあ仕方ないです。別に他人に見せるものでもないし、ヘッドレスト付きは結構有能ですよ。アームレストの位置がデクシアよりも低めなので、現在使用しているパソコンデスクとの相性も良いです。デクシアはパソコンデスクの机面とアームレストが同じ高さだったので、椅子をきちんと仕舞えなかったのですが、マスター3はきれいに仕舞えます。

 なんと言ってもマスター3は、椅子本体の軸が全く足からはみ出しいてません。このまま、壊れないといいなあと思ってます。デクシアを4年以上使った私としては、少なくとも、5年くらいは使いたいものだと思ってます。

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

2018年10月17日 (水)

モバイルSuicaにしました

 私は遠出をする時は、たいてい鉄道を使います。ですので、割と早い段階でSuicaを使うようになりました。Suicaというのは、交通系ICカードの一種で、JR東日本のカードです。これを私は愛用していました。

 Suica使用以前は、もちろん切符を買っていたわけですが、切符を買わずに改札をくぐれるってのは、良いですね。とにかく、電車に乗る前に切符を買うのは、ストレスの一つでしたから…。

 で、Suicaには一定金額を入れておいて、足りなくなりそうだと、その度に入金していました。入金方法は…券売機を使っていました。なので、電車に乗る際の切符購入の手間が全く無くなったわけではありませんし、たまに券売機の前で並んだりしますが、毎回毎回長蛇の列に並んでいた昔と比べると、だいぶマシです。

 で、そのSuicaも、世間では、交通系ICカードからモバイルSuica(スマホのSuica)へと時代とともにシフトしていきました。妻はだいぶ前からモバイルSuicaを使っていましたが、私は(古い人間なので)ずっとカードのSuicaを使っていて、電車に乗る時に、たまに入金の必要があって、それが手間だと、よく妻にぼやかれていました。

 で、スマホも替えた事だし、妻のぼやきを無くすためにも、SuicaをモバイルSuicaにすることにしました。

 SuicaをモバイルSuicaにする手順は以下の通りでした。

 1)現行のカードのSuicaをアップルペイに登録する。
 2)Suicaアプリをインストールする。
 3)Suicaアプリに任意のクレジットカードを登録する。

 以上です。これでSuicaをカードではなく、スマホで使えるようになりました。簡単な手順かなって思いましたが、若干の手間が掛かりました。

 まず1)ですが、これはいわばカードのSuicaをスマホの中に電子的に移し替える作業で、元のカードがビューカード(JR系のクレジットカード)と連携しているならば、これだけで十分のようですが、私はビューカードを持っていないし、当然連携もしていませんので、ちょっと面倒くさかったのかなって思います。1)の作業だけでもSuicaは使えますが、このままではSuicaへの入金が簡単ではありません。駅の券売機では入金できませんが、その代わりにニューデイズ(JR系のコンビニ)のレジで入金する事ができますが、わざわざコンビニで入金するなんて、券売機で入金するよりも面倒なので、これは避けたかったので、2)以下の手順が必要なのです。

 1)の作業は、いわばスマホ内にSuicaのカードを電子的に作る作業であるのに対して、2)の作業こそが、モバイルSuicaの本体である…と言えます。なので、2)をする事で、スマホのSuicaが便利になり、色々な事ができるようになります。例えば、事前にグリーン券を購入したり、特急券を購入したり、スマホ内で入金したり…って事です。

 そのためにも3)の作業は大切です。3)の作業をしないと、Suicaでお金のやりとりができないからです。お金のやりとりができなければ、モバイルSuicaも本領を発揮できません。

 モバイルSuicaを導入して便利になった事。まず、Suicaの残高がすぐに分かるようになった事。カード時代は、Suicaの中にいくら入っているのか分からず、いつも困っていましたが、今はSuicaアプリを開けば、いくら入っているか分かるので便利です。おまけに入金もどこでもタッチ一つでできるし…ね(オートチャージじゃないのが残念です。妻はビューカードを持っているので、オートチャージなんだそうです)。

 あと、外出の時、スマホって必ず持って歩くので、必然的にSuicaも持ち歩くことになるので便利です。実はカードの時代は、カードを財布に入れて持ち歩いていた私ですが、外出する時に、財布を持たずに出歩くことって、私、実はたびたびあって、それで電車に乗れなかった…という事がありますが、今ではそういう事もなく便利です。

 あと、Suicaって、電子マネーですから、小銭の代わりに買い物ができるので、便利ですよ。

 使っていければいくほど便利さを実感できるんだろうと思いますが、今ぐらいでも十分に幸せを感じている私でした。

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

2018年10月16日 (火)

バカなヤツほど専門用語を使いたがる

 別にこれは音楽の世界だけでなく、どんな世界でも言えることなんだけれど、やたらと専門用語を使って話す人は、基本的に信用なりません。

 専門用語と言うのは、いわば業界用語であって、業界人同士の符牒であって、それを業界人同士で使う分には何の問題もないけれど、業界人が素人さんに対して使うとか、それは不誠実のそしりをまぬがれません。まして、素人さんが業界人を真似て、その本当の意味も分からず、説明もせずに/できないままに、業界用語を使って話をしているのを側で聞いていると、片腹痛くて仕方ありません。

 本人は、通ぶっているつもりなんだろうけれど、痛い痛い。

 専門的な事柄を、専門用語を使わずに、一般用語を使って、誰にでも分かりやすく説明できるのが、知識人と呼ばれる人です。逆に、大したこと無い事を、わざわざ専門用語を使って大げさに言って、大勢を煙に巻いてるのは、バカか嘘つきか詐欺師だろうと私は睨んでいます。

 プロ(本職)の方は、そのあたりの事をわきまえているので、やむをえず専門用語を使って話をする(その方が彼ら的に楽なんですね)時は、予め、その専門用語の説明をしてくれるものです。

 なので、例えばブログなどの場合、専門用語を多用しているブログは、その用語説明をきちんとしてあるのかどうか、私はまずチェックします。というのも、専門用語って、符牒ですから、使う人によって微妙に内容が違うのが普通です。だから「私は◯◯という言葉を××として使います」と断りが入っているのは誠実なブログです。こういうブログに書かれている内容は、正誤はともかく、正直なブログです。

 なので、私は、ブログを書く際に、なるべく専門用語は使わないで書くようにしています。やむなく、それっぽい用語を使わざるを得ない時は、その言葉を定義づけしてから使うようにしています。それは私が常に正直でありたいと願っているからです。別にこれは格好つけているわけでなく、嘘をつき続けるのが面倒でね。面倒なのはイヤなので、嘘は言わないだけです。

 あと、私自身がよく内容を分かっていない事を、受け売りで書く時は、やむなく専門用語を使っています。だから、私が専門用語を使っている時は「この人は、このあたりの内容について、実は分かっていないなあ」と思ってくれて結構ですし、実際、そうなんです。

 例えば“響き”とか“アクート”とか言う言葉がありますが、実は私“響き”って、よく分かっていないんですよ。だから簡単な一般用語で表現できず、先生に言われた“響き”という言葉をそのまま使っているからです。ネットで見かける“アクート”という言葉も、私自身よく分かっていないから、そのまま“アクート”と言ってます。“スクイッロ”とか“アポッジョ”とか“マスケラに響かせる”とかも同様ね。分かっていなくて、それを一般用語に置き換えることができないから、専門用語しか使えないわけです。

 素人が専門用語を使っている時は、こんな感じで、たいてい、話者が内容を理解していなくて、それを一般用語で言い換える事ができないために、やむなく専門用語を使っていたりするわけです。だから、バカか嘘つきか詐欺師になるわけですね(私の場合は、バカになっているわけです)。

 嘘つきとか詐欺師は、悪意があるので分かりやすいです。問題は、バカですね。バカには悪意がありませんから、かえってタチが悪いのです。なので、私は、なるべくバカにならざるをえないような話題は避けるようにしています。

 まあ、レッスン記事に関しては、レッスンというモノの本質が、できない事をできるようにし、知らない事を理解するためのモノなので、たまに私、バカになっていますが、それはご勘弁願いますようお願いします。

 ネットには、目立ちたい(自己顕示欲)、他人に認められたい(承認欲求)、偉ぶってみたい(支配欲)などの動機だけで、平気で嘘を言ったり、限りなく嘘に近い話をしたりする人がいます。リアルな世界よりも多いかもしれません。

 そういう人の毒に染まらないようにする事もネットリテラシーの一つかもしれません。ま、そういう人って、たいてい私生活が不幸せなんですが、別にその不幸せに付き合う義理は我々には無いって事を知らないといけません。特に心優しい人は、ついついそういう連中をかまってしまい、その人の毒に染まりがちです。ほんと、気をつけないといけないです。

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。
にほんブログ村 音楽ブログ 大人の音楽活動へ
にほんブログ村

2018年10月 8日 (月)

廉価な中国製にはご注意を…

 通販で買い物をすると、ついつい安値に惹かれます。特に工業製品等は、私の生活的には、しばしばオーバースペックな製品が多いので、安価な品でも実用上十分だったりするので「それでいいかあ…」みたいな感覚で購入する事があります。

 さて、今回の本題に入ります。

 iPodの時代に愛用していた、お風呂スピーカー(お風呂で音楽を聞く時に使ってました)は、スピーカー内部にiPodを入れて、iPodとスピーカーを有線でつないで使うものでした。結構便利に使ってました。何台か買い替えて、つい最近まで使っていました。

 ところがiPodが壊れて、音楽携帯としてiPhoneを使うようになってからは、お風呂スピーカーが使えなくなりました。と言うのも、iPhoneってiPodよりもだいぶ大きいため、お風呂スピーカーの中に収納できなくなってしまったからです。防水仕様のスピーカーの中に入れられなければ、お風呂では使用できません。

 なので、ここしばらくは風呂スピーカーの使用を中止していたのですが、iPhoneを買い替えた事(SE -> 8Plus)もあって、従来の音楽携帯内蔵型のお風呂スピーカーではなく、Bluetooth接続のお風呂スピーカーを導入してみました。

 で、購入したのが、1000円程度の中華なお風呂スピーカーです。国内メーカー品が五千円から二万円程度するのと比べると、だいぶ安いですね。

 で、他にも500円程度の中華なお風呂スピーカーもあったのですが、わざわざ、この1000円のお風呂スピーカーに決めた理由は、いくつかあります。一つは、“音楽専用高音質”と書いてあった事。“ステレオ再生”が売りだった事(たいていのお風呂スピーカーは、小型を売りにするため、たいていはモノラル再生です)。軽量小型で、お風呂場の壁に吸盤で貼り付けられる事。これらに惹かれて、このスピーカーを購入しました。

 で、確かに小型軽量で、お風呂場の壁に吸盤で貼り付けられました。これはホントね。便利です。

 しかし“音楽専用高音質”ってのは、どうだろ? はっきり言っちゃえば、音質はかなり悪いです。でも、お風呂場で聞く音楽なら、この程度の品質でも問題ないっちゃあ問題ないし、私が今まで使っていたスピーカーと比べても、まあ許容範囲ですが、決して高音質ではありません。全然違います。

 さらに言うと、ステレオ再生と歌ってますが、全然ステレオではありません。どう聞いてもモノラル再生です。ただし、モノラル再生の機器の中には、ステレオの右チャンネルの音を捨てて、左チャンネルの音だけを再生する機器もありますが、このスピーカーはしっかり左右のチャンネルから信号を拾って、それらをミックスしてモノラル再生しています。つまり、ステレオ再生ではなく、ステレオ音源をモノラルミックスをして再生する機器なのです。

 お風呂場スピーカーって、ステレオでもモノラルでも、大差ないです。少し前まで使っていたスピーカーはステレオ再生でしたが、お風呂場ではステレオ再生の恩恵に預かった事はありません。モノラルで十分です。

 なので、売り言葉に大きな誤謬が含まれていましたが、値段を考えれば、まあ許容範囲だし、実用的である事には間違いないので、そのまま受け入れる事にしました。

 実は一番困ったのは、品質ではなく、付属説明書です。説明書を読まないと使えないくらい、マンマシンインターフェースは良くないのですが、その説明書が読みづらいのです。まず、字が小さい、小さすぎます。裸眼で見るのは無理で、ルーペを使って拡大しても、かなり厳しいです。私は写真をとって、それを拡大して読みました。

 で、拡大して読んだ説明文の日本語が全く意味をなさないのです。これ、機械翻訳だと思うけれど、ほんとダメなんです。で、英語の方の説明書を読んだのですが、これも機械翻訳なのかな? 私の英語力ではほぼ解明できませんでした。仕方ないので、中国語の説明文を読んで(私、大学の第二外国語は中国語だったんですよ)、やっと得心した次第で、いやあ、ほんと不便。

 なので、今回は皆さんが誤って購入されないように、わざとリンクを貼りません。

 いやいや、お風呂スピーカーはまだ良いのです。もっと注意しないといけないのは、へッドフォンです。

 iPhoneは買い替えた時に、今まで使っていたワイヤードのヘッドフォンが使えなくなりました。と言うのも、iPhone 8Plus にはヘッドフォン端子が廃止されて、ヘッドフォンは原則、Bluetooth接続にする事になったからです。

 で、Bluetooth接続のヘッドフォンって、少々お高いじゃないですか? だいたい五千円から二万円ぐらい? 今まで使っていたヘッドフォンが三千円程度の国内メーカー品だったので、せめてその程度の価格のモノを購入したいと思っていたのです。

 で、ネットを漁ると、380円(!)の中華なヘッドフォンを発見しました。もちろん、音楽専用高音質でステレオ再生のヘッドフォンです。ま、音楽用のヘッドフォンですから、そりゃあ当然ですよね。

 さっそくポチして、品が届くのを待っていました。到着まで三週間ほどかかりました。で、早速使ってみたところ、こりゃダメだと思いました。全然使えません。

 まず、音質が…お風呂スピーカー並。あれはお風呂場だから許容範囲であって、普通のヘッドフォンとしてはダメダメです。おまけに両方の耳にスピーカーがあるのに、再生はモノラルでした。音楽用のヘッドフォンにモノラル再生のモノがあるなんて、夢にも思いませんでしたよ。

 見た目はかっこいいし、価格も魅力的なんだけれど、使えないものは使えないね。

 そこで仕方なしに、国内メーカーの最安値のBluetooth接続のヘッドフォンを購入しました。四千円弱でしたよ。こちらは普通に使えました。ま、当たり前か。ちなみに、今は私が購入した時よりもだいぶ値が下がって、約二千円ですね。買いですよん(笑)。

 お風呂場スピーカーはともかく、ヘッドフォンは“安物買いの銭失い”でした。

 とにかく、安値にひかれて中華なメーカー品に手を出す時は、本当に注意と覚悟が必要だと、今回は学びました。広告の文句は信用しちゃいけないし、品質だって想像の斜め上を行くほどの低品質かもしれないし、何よりも、ダメなモノを買っちゃって笑えるくらいの余裕がないと、中華なモノには手を出さない方がいいですね。

 良い勉強になりました。おそらく、ここでアメリカ人とか中国人だと、返品をするとかの手を打つんだろうけれど、それもなんか面倒くさいんだよね。このまま泣き寝入りしちゃえと思ってしまう私は、気の弱い日本人なんだろうなあ。

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。
にほんブログ村 音楽ブログ 大人の音楽活動へ
にほんブログ村

2018年10月 3日 (水)

あるある詐欺から一転、お取り寄せしてもらって、現物を手に入れました

 で、あるある詐欺みたいなモノにひっかかって、私が仏頂面していると、困り果てたその店員さんが提案してきました。別の店員が今すぐ別の店舗に行って、私の希望する機種を取り寄せてきますので、その間に購入手続きをしましょう。手続きが終わる前には品物も届くので、それなら時間のムダもありませんし…。また、データ移行などのサービスも責任をもって行いますので、ぜひ当店でお願いします…って言うわけです。

 本当に今すぐ別の店員が行って、希望機種を他所の店舗から持ってくるのかと確認したところで、持ってくるというので、じゃあ、まあいいだろうと言うので、購入手続きに入りました。購入手続きが約45分ほどで、その間に希望機種も届くでしょうから、ぜひそれでお願いしますってわけで…私も鬼じゃないですからね。文句ばかり言っても仕方ないので、歩み寄りをしたわけです。

 で、その購入手続きってのは、回線契約の変更なんだよね。とにかく、今のプランを変更させて、より便利なプラン(って事は、高いプランなんだな)に変更させようするのです。それもあれこれオプションを載せてくるわけです。あんまり、うるさいから「とにかく、電話とボケモンGOしかやらないんだから、今のプランのままでいいよ」と言っても、機種変更に伴って旧プランの継続はできないので、今のプランに変更してくれと言ってきました。高くなるのは嫌なんだよね。

 あんまりうるさいので、ソフトバンクのホームページを見せてやりました。そこには、私が今利用しているプランの新規契約は中止したけれど、契約の継続は今もしているし、機種変更しても契約の継続はできますよって、はっきり書いてありました。

 客の無知につけこんで、高い商品(この場合は回線契約)を押し売りするのって、いけませんね。商売は、正直でないといけません。

 まあ、ソフトバンクのホームページを見せたついでに、別のもっと安いプランを見つけたので、結局はそのプランに変更しました。これで翌月から、携帯料金が少しだけ安くなります。

 で、前回は2年縛りの契約だったんだけれど、今回は4年縛りの契約です。その方が安いから(笑)。

 で、以前は2年経てば、使っていた端末は自分のモノになったのだけれど、今回は4年経った端末はお店に返却しないといけない契約になりました。つまり、以前は、2年間かけて端末料金を分割して払っていたという感じだけれど、今度は4年間かけて端末のリース料を支払うって感じになります。さらに、通常のリース品だと、支払いが終われば、品物は自分のモノにしてもいいし、返却してもいいし…というオプションが付くのが普通だけれど、今回のスマホに関しては、必ず返却しないといけないって事になりました。

 まあ、4年も使って、電池のヘタった電話なんて、使い物にならないから、返却でもいいのだけれど、気に入らないのは4年縛りだね。別に4年間ぐらい使い続けるから縛られても実害はないけれど、それでも縛られるのは、心理的に気持ちの良いものではないです。でも安くなるので、気に入らなくても我慢我慢です。

 と、購入手続きとやらをほぼ終えたところ(時間にして1時間を少し過ぎたあたりです)で、品物さえあれば、ここで帰宅できるはずですが、取りに行ったはずの品物が出できません。

 しばらくして、やっと若いお兄さんが裏から登場してきました。なんでも、店長さんのようで、それは丁寧に挨拶と謝罪をしてくれましたが…あんた、今までどこにいたの?

 さらにその店長さんが言うには、今から別のお店に行って希望機種を取り寄せてきますので、お待ち下さいと、しゃあしゃあと言うじゃありませんか? おい、すぐに出掛けるって、購入手続きが終わる頃にはモノが来る…って約束だったんじゃないの? 約束と違うじゃん。重ねて書くけれど、購入手続きしている間に取り寄せてくれるって約束だったじゃないの?

 おそらく、別の店に…と言ってから、在庫確認を掛けたんだと思うんだよね。で、なかなか在庫のある店が見つからなくて、それでここまで時間が掛かっちゃったんだろうなあって思います。

 ここまで4時間近く経っていますが、もう契約も済ませたので、とにかく待ちです。待ちです。待ちです。あんまり待ち時間が長いので、隣のファミレスで夕食を食べてくるから、品物が届いたら電話してくれと店員に伝えて、隣でスパゲッティとハンバーグを食べてきました。食べ終わってお茶をしているくらいのところで電話が掛かってきました。

 ほんと、待たされる(怒)。

 で、隣のソフトバンクに行って、ひったくるように品物を受け取ってきました。全部で5時間近く掛かりました。機種変更って時間がかかるものだけれど、5時間は、さすがに時間掛けすぎです。ほぼ一日仕事じゃん。

 ちなみに、最初に「データ移行などのサービスも全力でやらせていただきます」って言ってたので、データ移行をお願いできるのかと確認したら「それはちょっと…」と言われました。つまり、無理ですってわけだね。まあ、そんな事だろうと思ってたし(基本的にこのお店の人たちは、口先ばかりのその場ごまかしの人たちばかりなんです。ま、世間的には嘘つきって言えるのかもしませんが、まあその程度の人たちです)、店に任せるよりも、自分でデータ移行をした方が確実で速いからいいんだけれど、出来ないサービスを責任もってやりますって言っちゃうのもアレだね。その場ごまかしは、言わない方がいいね。ソフトバンクという会社の信用が無くなっちゃうからね。

 現物が手に入ったとは言え、これって、在庫あるある詐欺だよね。在庫無いのにあると言って、別の機種を売りつけようとしたり、今契約している安めのプランを契約続行不可と言って、高い別のプランを押し売りしようとしたり、ほんと、情弱な人を食い物にするような商売のやり方だと思います。なんとしても、スマホを販売したかったんだろうね。在庫ありませんと答えたら、他所の店に行かれちゃうから、それを何としても回避したかったんだろうね。

 私が折れなかったから、やむなく他店から取り寄せたんだろうけれど、私が途中で心が折れて妥協していたら、お店の思う壺だったと思うと、それこそ、あるある詐欺だよね。許せない…。

 ソフトバンクのお店と言っても、この販売店はフランチャイズかもしれませんし、そうでなく直営店かもしれません。どちらにせよ、販売店の悪印象は、ソフトバンク本社の悪印象になります。それが世間一般の常です。だってその店、ソフトバンクの看板を背負って商売しているわけだもの。販売店がいい加減な商売をしていると、ソフトバンクそのものに悪い印象が付くのは当たり前です。

 私はソフトバンクが好きなんです。と言うのも、ソフトバンクは、ウチのかつての店子だからです。店子だった時代にソフトバンクに乗り換えて、それ以来ずっとソフトバンクを使ってます。だから、ソフトバンクには情があるんですよ。

 そうでなかったら、別に他のスマホ会社にしたっていいし、むしろ機種変更よりも新規の方が安かったするし、格安スマホにしたっていいわけだしね。それをしないのは、ソフトバンクが好きだからです。なんか関係者じゃないけれど、関係者っぽい気持ちがあるからです。それが無かったら…ねえ。

 ソフトバンク本社は、ソフトバンクの看板背負っている販売店でいい加減な商売がされないように、気を使っていた方がいいと思います。大きな堤防も、蟻の穴一つで決壊するんですからね。

 ちなみに、この記事は店長さんに、今回の件はネットに書いてもいいかと、ちゃんと許可は受けています。ま、私視点の記事なので、読む人はそのあたりは了解してほしいと思います。

 嫌な目にあったので、さすがに元は店子だったとは言え、次はソフトバンクから別の会社に乗り換えるかもしれない。それくらいには、怒っています。

蛇足 私が購入した iPhone 8plus 256GB って、端末のお値段だけで、約13万円なんだそうです。それに回線使用料とかも支払うわけで、買い物とすると、高価な買い物だよね。そんな高価な買い物をしてくれるお客さんを、販売店は、もっと大切にし、誠実に商売をるべきだよね。それにしても、13万円って…スマホって高いんだなあ。

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

2018年10月 2日 (火)

ソフトバンクで、あるある詐欺に引っかかってしまいました

 銀座山形屋に続き、今度はソフトバンクですか? すとんさんも受難続きですね…って思われた方へ…それは誤解です。銀座山形屋さんの話は、つい先日の事ですが、このソフトバンクの話は、先週アップした“iPhoneを買い替えた”の続きで、それこそ一ヶ月以上…ってか、ほぼ二ヶ月前の話なんです。人間、そんなに頻繁にトラブルにはあえないものなんですよ。

 で、今回の件ですが、実は私、あるある詐欺に引っかかっちゃいました。何のあるあるなのかと言えば、スマホ在庫ありますの詐欺です。

 前回の記事で、私がスマホを iPhone 8plus 256GB モデルに買い替えた事は書きました。実は、このモデル、当時、なかなか店頭在庫には無い、人気薄モデルだったのです。まあ、世の中の大勢は、私がiPhoneを買い替えた8月当時なら「最新iPhone買うなら iPhone X でしょ」ってなるわけだし、もう少し待てば、iPhoneの新機種が発売されるわけで、人気の薄い(需要の少ない)機種の在庫なんて、あまり置いてないわけですよ。

 それは最初から予想できたので、まずは地元のスマホ屋さんを何軒かハシゴして、在庫があれば良し、たぶん無いだろうから、その時は通販で買いましょうって心を決めて出かけたわけです。

 で、最初は近所のソフトバンクのお店に行きました。はい、私はソフトバンクの電話を使ってます。ほら、ウチの実家は、以前、某地方でソフトバンクのお店の大家さんをしていた(今はソフトバンクはより広いビルに引っ越しして、今はマッサージ屋さんが入っているんですけれどね)ので、かつての店子を贔屓にしちゃうわけですね。

 ソフトバンクのブランド店なら在庫あるかな?って思って真っ先に行ってみたわけですが…その店は、ちょうど棚卸しの日だったので、スマホの機種変更は受け付けていなかったのです。残念。そこで、今度は量販店に行って在庫を尋ねたところ、やっぱりありませんでした。残念だけれど、まあそんなモンでしょう。

 在庫がなければ、最終的には通販で…と思ったものの、二軒連続で機種変更が出来ないと、今すぐ機種変更をして現物を手に入れたくなるのは、人間のサガです。

 三軒目に行ったのは、市内にもう一軒あるソフトバンクのお店です。湘南地方のお店で、国道1号線に面している路面店と言えば、分かる人には分かるかな? 地元じゃ有名な社交ダンス教室がオーナーさんをやっているビルの一階部分で営業しているお店ですよ。そこに行ったと思ってください。

 ダメ元で在庫の有無を確認したら、在庫はありますと言うじゃない! やったね。不人気機種だし、前のお店では在庫なしだったので、きちんとモデル名を何度も伝え、お店の人も、カルテのようなモノを書きながら、きちんと機種確認をし、その上で在庫確認をして、確実に在庫はありますって言ってくれました。

 ただし、今は別のお客の接客中だから、30分ほど待ってくれ…というじゃないですか? その店は入り口で整理券を発行して、整理券の番号順に接客するシステムになっているわけです。なので、30分待て…は理解できないでもありません。それにまあ、在庫があって、本日中に現物が入手できるなら、それくらい待てないわけじゃないので、待っている間、少し外出してきますと言い残して、別の量販店(さっき行ったお店)に行って、スマホケースを買って戻ってきました。

 もう気分はワクワクですよ。

 30分経たずにお店に戻って「今戻りました」と店員さんに伝えたところ、そこから30分以上待たされて、結果1時間超待ちになりました。

 まあ、なんか時間を無駄遣いしてしまったけれど、本日中に機種変更できるなら良しです。

 で、呼ばれて手続きに行ったら、さっきとは別の店員さんが出てきて、シラっとした顔で、手続きを開始しはじめたのですが、よく見れば、このスマホ、別の機種じゃん。これ、私が欲しかった機種じゃないよ。

 私がそう言ったところ、一度バックヤードに戻って「ご希望の機種の在庫が無いので、これではダメですか」って言ってきました。良いわけないじゃん。

 在庫はある、何度も確かめて確認したのに、今さら在庫がないって、どういう事?

 なんで、そんな事になったのかと尋ねたら、なんでも、私が欲しかった機種は、今さっきやってきた別のお客(私が外出中に来たお客)に売ってしまったので、今日はこれでお願いしますって言うわけです。最初に私と話をして「在庫あります」と言った段階で、ちゃんと取り置きしておいてくれなかったの? そう尋ねました。

 何も言わなかったですね、あやまりもしない。あなたじゃ話にならないから、店長さんを呼んでよと言っても、店長さんは出てこない。ちなみに、この段階で、最初に在庫がありますと返事をした店員さんと、私が外出から戻ってきた時に受け付けてくれた店員さんと、今こうして実際に接客してくれている店員さんは、全部別の人ね。この店、私が何か言うたびに、店員さんはバックヤードに引っ込んで、別の店員が出てくるというシステム(人を変える事で責任の所在をうやむやにするという、クレーム対応の基本ですね)のようですが…それでも店長さんは、全然出てきません(後で考えると、絶対にバックヤードにはいたはずです)。

 普通、在庫ありますって返事をして、お客を待たせているなら、そこで在庫の取り置きをするものでしょ? 特にその在庫が数少ないモデルなら、なおさらです。それを別の、それも最初の客の後から来た客に売っちゃうなんて、もしそれが本当なら、ソフトバンクという会社は、接客の基礎もなっていない、従業員教育の出来ないダメ会社だと、私は思うよ。

 でも、ソフトバンクがそこまでダメ会社だとは私には信じられません。

 おそらく、在庫は最初っから無かったんだと思います。それを、あるって勘違いしていただけで、最初っから在庫は無かったんだだと思います。つまり、在庫管理が甘いと言うか、まあ一種のケアレスミスだよね。

 で、在庫が無い事に、私への接客準備をしている時(私が外出中か、あるいは戻ってきたところ)に気づいたんだと思う。で、どうしようかと善後策を店員同士で相談して、現場の判断で「似たような機種を売りつけちゃえ」ってなったんだと思うわけです。違う機種だと、客である私が気づかなかったら、それでOKじゃない。

 そんなわけで、私は余計に待たされていたんだと思うわけです。

 でもね…私は職業柄、人が嘘をついていたり誤魔化していたりすると、ピンと来るんだよね。誤って、別の人に売ってしまって、それに今気づいた…のではなく、在庫が無いにあるって答えちゃったよ、どうしよう(涙)、ええいいいや、違う機種で誤魔化しちゃえってのは、もう雰囲気で分かるんですよ。

 まあ、iPhoneなんて、どの機種だって、似たような外観だもんね。色さえ同じなら、誤魔化されても不思議じゃない…って、情弱な人なら、たぶん騙されるね。

 でも私は、それこそ職業柄、そういう小さな違いがすぐに気づいちゃう人なんだよね。おまけに人の悪意にもすぐに気づいちゃう人なんだよね。

 なんかなー、もうこの段階で、1時間半ぐらい、時間を無駄使いしているわけですよ。気分的にやりきれないです。今から他のお店を巡るわけですか? ああ気が重い。

 この後、どうなったかは、明日書きます。だって、長くなりそうなんだもの(ぷんぷん)。

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

より以前の記事一覧

フォト

↓参加しています

  • 人気blogランキングへ にほんブログ村 クラシックブログへ

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2018 すとん