お知らせ

  •  こちらのブログは2019年8月14日に終了しました。現在は引っ越しをし、こちらで活動しています。ブックマーク等の変更をお願いします。また、こちらのブログにコメントをされてもお返事しかねますので、コメントは新しい現在のブログにしていただきますように、お願いします。

« なぜ高い声が出ないのか? | トップページ | 石巻貝は不味い »

2019年7月19日 (金)

まあ、いつもの感じで、前進は全く無しです

 フルートのレッスンに行ってきました。まあ、いつもの感じです。

 姉様はアンコールピースの練習をし、その後のロングトーン練習は、いつものようにバッチリでした。

 で、エルステユーブンゲンは、25番と26番ですが、例によって、全く暗譜できていないので、これまた次週に継続なのです。先生からも、しっかり吹けているから、あとは暗譜だけ…と言われてますが、その暗譜が出来ないんだから、仕方ないです。

 旋律的練習曲は2番です。まだ六連符の部分のリズムが甘いという事で、今回はそこを徹底的にさらいました。これを一週間でマスターしてくれば、次は合格?するかもしれませんが、好事魔多しです。世の中そんなに甘くないって。

 40リトルピーセズは、26番のシューベルトの「セレナーデ」です。あっちこっちで、ちょっとしたミスブローをしてしまいました。練習不足だね。あと、前回注意されたアーティキュレーションのミスも、気を抜くと、また繰り返してしまいます。ダメだなあ。なので、この曲もまた次週に持ち越しです。ふう。

 今回の雑談は、私のグチです。ちょうどレッスンの日に、いわゆる“野球応援”ってヤツに吹奏楽部の顧問として行ったわけで、そのグチを言ったわけです。つまらぬグチだし、ネットに書くほどでもないので、内容は割愛しますが“野球”+“野外演奏”+“大雨”+“コンクール間近”って、まあどこも似たような感じなんだろうけれど、実にあわわな組み合わせだと思います。まあ、今年は冷夏なだけ、まだ例年よりはマシだけれど、いやあ、グチりたくなるって。ああ、疲労困憊、ヘトヘトだよぉ。

 誰もが熱心で一生懸命なだけに、タチが悪いと言えます。

 

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。
にほんブログ村 クラシックブログ フルートへ
にほんブログ村

 

 

« なぜ高い声が出ないのか? | トップページ | 石巻貝は不味い »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« なぜ高い声が出ないのか? | トップページ | 石巻貝は不味い »

フォト
無料ブログはココログ