お知らせ

  •  こちらのブログは2019年8月14日に終了しました。現在は引っ越しをし、こちらで活動しています。ブックマーク等の変更をお願いします。また、こちらのブログにコメントをされてもお返事しかねますので、コメントは新しい現在のブログにしていただきますように、お願いします。

« トランプ大統領と日本[2019年5月の落ち穂拾い] | トップページ | 時代背景を考えながら演奏するべきだろうか? »

2019年6月 2日 (日)

8050問題ってご存知ですか?

 これは、親が80歳の年金生活者、子が50歳の無職の引きこもり…っていう家庭が、多数あるって問題です。

 内閣府の調査だと、全国の40~64歳のうち、推計61万3千人が引きこもり状態であるらしいのです。この年令の総人口は約4240万人ですから、約1.4%の人が引きこもっている事になります。しかも、この数は内閣府の調査ですからね。当然、お役所では把握しきれない人々もいるわけで、おそらく実数としては1.4%では済まず、この数倍はいるでしょう。下手するとこの年令の総人口の5%ぐらい(約210万人ぐらい?)は引きこもりかもしれないわけです。少なく見積もっても、これくらいはいると私は睨んでいます。

 おおげさじゃないよ。

 ちなみに、5%という数字は、具体的に言えば、学校で言えば、クラスに2人程度いる…って感じの数字です。子どもの頃の教室を思い浮かべてください。あの教室の中の2人が引きこもっているんですよ。決して少ない数じゃないんですし、決してありえない数字でもないのです。

 無職の引きこもりと言っても、今は親の年金やらなんやらで生活できているわけだけれど、やがて親だって死んでしまうわけだし、そうなると彼らは無収入になってしまうわけです。ロクに働いていないわけだから、当然、彼らには年金はありません。それでも彼らだって生きていかなきゃならないのです。

 生活保護? 現在、すでに生活保護を受けている人が約210万人いるそうですから、そこに引きこもりの人が加わると、少なく見積もって61万人の人が…、おそらくは5%程度の人数の210万人がそこに加わるわけで、生活保護受給者が、現在の210万人から400万人近くにまで達してしまう事は、火を見るよりも明らかです。400万人も生活保護って…大変だよ。

 さらに、現在は普通に働いている人でも、年金不払い者さんとか、労働期間不足で年金が支払われない人とかも若い世代にはいるわけで、そういう人たちも、年金世代になっても年金をもらえないので、生活保護になるわけで、そうなるともう大変な事になります。生活保護費の負担で、その責任を負っている地方自治体がパンクしちゃうかも…。

 だったら、働けばいいじゃん…と言っても、年取ってからフルタイムで働くのは大変よ。それでも今まで身を粉にして働いてきた人は、まあなんとかなるかもしれないけれど、ずっと引きこもっていて、今までの人生の中で働いた事がない、あるいは働いても長続きできなかった引きこもりさんたちは、まず働くこと自体が無理でしょう。

 ただでさえ、高齢者問題で我が国の福祉の将来も大変なのに、それに8050問題も加わるわけで、ほんと、どーしましょーって感じですね。

 それに悲しい事実だけれど、親が死んだ後、後追い自殺をしてしまう引きこもりさんも少なからずいるようです。親もいない、収入もない…で絶望してしまうのでしょうが、なんとも、やり切れない話です。

 そもそも論で言えば、彼らは本来、労働者人口に属する人たちであって、社会で働いてお金稼いで、お金使って、経済を回しているはずの人たちなんです。それが労働もせず、自分で稼がず、ただただ親の年金にすがりつき、細々と消費活動だけしているわけで、全然経済をまわしてくれていないわけです。

 もしかして、日本の景気が悪いのも、こんなにたくさんの引きこもりさんたちがいて、ロクに経済活動をしてくれなくて、お金の循環が悪いので、景気が悪いのかもしれません。景気なんて、みんながお金をバンバン稼いで、バンバン使えば、あっという間に良くなるものです。稼がない人がいたり、使わない人がいたり、貯金に励んだり、節約に励んだりする人がいると、景気って悪くなるものなのよ。

 とは言え、彼らだって、好き好んで引きこもりになったわけじゃないから、彼らに責任を押し付けてしまうわけにもいかないと思います。

 まあ、救いなのは、無職の人って生活が苦しくて犯罪に手を染める人も少なからずいるけれど、引きこもりさんは引きこもっているだけなので、一般的には、犯罪とはあまり関係ない事ぐらいかな?(川崎の小学生襲撃事件のような例外は、もちろんいるけれど) 一般的に彼らは犯罪とは無関係と言っても、それは、老親という安全弁あっての話で、親が死んでしまえば、引きこもりさんも、ただの無職さんになるわけで、そうなると社会的に安心な人たち…とは言えなくなってしまうかもしれない。

 私ごときがアレコレ言っても、何の解決にもならないけれど、なんで、こんなになってしまったのだろう? 彼らだって、好きで引きこもっているわけじゃないでしょう。おそらくは、人生手詰まりなんだよね。きっかけは人それぞれ(登校拒否とか、進学の失敗とか、就職が出来なかったとか…で)だったのでしょうが、そこから引きこもりになって、そのまま年月を重ねてしまって、ふと気づいたら、老人になってしまった…ってだけの話だものね。人生の楽しい時を、うっかり子供部屋で過ごしてしまったわけで、ある意味、彼らも悲しい人たちなんだよね。

 8050問題、根深いなあ…。我々はどうして行くべきなんだろうなあ…。

 

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

« トランプ大統領と日本[2019年5月の落ち穂拾い] | トップページ | 時代背景を考えながら演奏するべきだろうか? »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« トランプ大統領と日本[2019年5月の落ち穂拾い] | トップページ | 時代背景を考えながら演奏するべきだろうか? »

フォト
無料ブログはココログ