ひとこと

  •  京アニ放火事件、ただただご冥福を祈るばかりです。優秀な日本の職人さんたちが、一人のキチガイによって殺されたのだと思うと、なんとも無念で言葉がありません。世の中は理不尽で不条理なのだなと、改めて思い知らされるばかりです。
2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合は必ず“名前”の欄にハンドルネームをご記入ください。ココログ的には、コメントの際の名前の記入は任意となっていますが、このブログでは必須としますので、ご了解ください。また、その時に使用されるハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« ポンプのストーンを交換した | トップページ | 男性が声楽を学ぶのは難しいのか? »

2019年6月16日 (日)

“都”と“府”の違い

 大阪で選挙があるたびに話題になるのが“大阪都構想”です。大阪府を大阪都にしましょうって話で、湘南に住んでいる私には、全然ピンと来ない話題で、全く興味のない話です。なので、今まで“大阪都”に関して、興味関心なんて持っていなかったです。

 なので、言葉ヅラだけ捉えて「“大阪都”? 天皇陛下もいらっしゃらないのに“都”ってのは変じゃない?」程度の認識でした。

 でも、いつまでも無知ではいけないので“都”と“府”の違いから、門外漢にも理解できる程度に“大阪都構想”について調べてみました。

 現在、大阪は、大阪府と大阪市の2つあります。この2つは、名前は似ていても、全然イコールではありません。神奈川県と横浜市程度の違いがあるわけです。

 まず、大阪府は都道府県の一つです。大阪市は政令指定都市で、機能的には県とほぼ同じ扱いです。つまり、大阪府と大阪市は、同じ場所にあって、行政的には同格であり、ライバルであり、大阪は、府と市の二極体制と言えなくもないわけで、この2つの行政の方向性が同じなら問題はないでしょうが、異なる場合も当然あるわけです。地方自治ですから、府の見据える行政と市の見据える行政が違うのは、ある意味、当たり前です。

 そこで大阪府を大阪都にしてしまうと、大阪市がなくなり、東京同様の特別区となって、旧大阪市だった地域は、直接大阪都が治めるようになります。そうなれば、旧大阪市が持っていた行政的な権限は、すべて大阪都に移行され、二重行政が解消され、二極体制も解消されるでしょう。すっきりした地方行政が行えるというわけです。

 移行されるのは、行政的な権限だけでなく、税収も移行されます。大阪市の税収って、年間約2200億円だそうですが、それが大阪都に入るようになります。これだけの税収を、もちろん大阪都は旧大阪市民のためにも使うでしょうが、当然、大阪都全域とか、旧大阪市以外の大阪都の地域にばら撒く事もあります。旧大阪市以外の地域の人たちにとっては、良い事かもしれませんが、旧大阪市民にとっては、これはどうなんでしょうね?

 旧大阪市は特別区となり、それぞれに区長を選出する事になります。地域が小さくなる分、より地域住民の声が政治に反映しやすくなるし、行政そのものも行いやすくなるでしょう。しかし、今までは大阪市が一括して行っていた事を、それぞれの区ごとに行うわけで、行政コストは、当然、以前よりも掛かるようになります。税収は都に持っていかれた上、行政コストが掛かるようになれば、旧大阪市民の方々には、特段のメリットは無いように思われます。

 つまり、大阪都構想とは、大阪府による大阪市の解体が目的であり、大阪市民以外の大阪府民のための政治と言えなくもないです。

 それにしても、日本第二の都市(人口の多さの話です。ちなみに第一位は横浜です)
である大阪市を弱体化させて、良い事なんて、あるのかな?

 横浜市を抱える神奈川県には、神奈川都構想なんて無いよ。でも都構想を考えるなら、3つの政令指定都市(横浜、川崎、相模原。これだけで神奈川県の人口の2/3なんだよ)を抱える神奈川県こそが、都になるべきだと思います。でないと、これら3市以外の地域が、あれこれキツイんだってば…。それでも、神奈川県には都構想はないんです。

 それにサ、大阪にある政令指定都市は大阪だけではなく、大阪市の隣町である堺市だって政令指定都市ですよ。大阪都になって、大阪府と大阪市の二極体制は解消されても、大阪府と堺市の二極体制は、それでは解決できません。ここはどうするんだろ。これを解決するには、堺市も大阪市同様に特別区にして、大阪都の直轄地にするしかないよね。実際、東京都には政令指定都市はないものね。でも、それでいいのかな? 堺市民からは文句が出ないかな?

 私が大阪市民、または堺市民なら、大阪都構想には反対するけれど、別に私は大阪関係者じゃないので、どうでもいいです。大阪都にしたけりゃすればいいのさ。でも、大阪府を大阪都にしても、政治家レベル、行政府レベルはともかく、住民レベルではあまりメリットはなさそうじゃん。

 メリットはないけれど、東京同様の“都”になる事に価値を見出しているのかな? だとすると、それってかなり“めんどうくさい”話になります。つまり“コンプレックスの解消”が目的? それほど大阪の人って、東京に対してコンプレックスを持っているわけ? まさかね…。

 別に幸せならいいじゃん、暮らしやすければいいじゃん、東京と肩なんか並べなくったって、みんな大阪が都会だって事は知っているんだし、なにも“都”にこだわらなくてもいいじゃん。もっと、オトナになって、実利を取る方を選んだ方がいいよって、オジサンは考えます。

 

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

« ポンプのストーンを交換した | トップページ | 男性が声楽を学ぶのは難しいのか? »

ダイエット&エッセイ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ポンプのストーンを交換した | トップページ | 男性が声楽を学ぶのは難しいのか? »

フォト

↓参加しています

  • 人気blogランキングへ にほんブログ村 クラシックブログへ

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2019 すとん