ひとこと

  •  いよいよG20大阪サミットが開催されますね。世界中の要人たちが日本にやってくるわけです。事故もテロも無い平穏なサミットが行われる事を祈っています。
2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合は必ず“名前”の欄にハンドルネームをご記入ください。ココログ的には、コメントの際の名前の記入は任意となっていますが、このブログでは必須としますので、ご了解ください。また、その時に使用されるハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« LFJ2019 その2 パソナコンサートを聞きました | トップページ | LFJ2019 その4 オペラ系四重唱と喫茶店 »

2019年5月11日 (土)

LFJ2019 その3 パソナコンサートの続きです

 さてさて、パソナコンサートの続きです。

フルートコンサート
 パソナグループ JOB HUB SQUARE 1階エントランス会場
 武田早那花(fl)、大久保愛(p)

 1)ベーム「グランド・ポロネーズop.16」
 2)ボルヌ「カルメン幻想曲」

 実はこのコンサート、今回唯一のフルートコンサートなのです。今年のLFJは、声楽は聞くチャンスがたくさんあったのですが、フルートのコンサートはタイミングが合わなくて、このコンサートだけしか聞くチャンスが無かった私です。

 使用フルートは銀のフルートで、音から察するに、ムラマツのDSだろうと思われます。実にいかにも「ムラマツフルートの音」って音だったのです…とは言え、これはディスっているのではなく、むしろ感心しているのです。だって、楽器の能力をしっかり引き出しているんですから、さすがだなあって思いました。演奏は、技術とか歌謡性がかなり高いレベルで両立しています。ただ、技巧が先走り、情念とか気迫とかが、やや乏しいかも…って思いました。とにかく、上手すぎて上手さばかりが目立つ演奏でしたってわけなんだけれど…ああ、贅沢な事を要求しているなあ。

 なので、その演奏スタイルは、典型的な日本人プロ奏者だなって思いました。とにかく、上手なのよ。技巧的にも上手だし、よく音楽を歌っているんです。ただ、小鳥のように軽やかに歌っているだけで、情念ドロドロって感じじゃないんです。1)も2)も、そんなに軽やかな曲ってわけじゃないと、私は思うのです。もっと、情念ドロドロに吹かないと、見えてこない世界がある曲だろうと思うのです。とは言え、ほんと、私、とても高いレベルの要求をここに書いているなあとは、自覚しています。たとえ情念ドロドロな演奏でなくても、これだけ軽やかに演奏できれば、もう十分以上じゃんとも思います。

 さて、1)はいかにもフルートの技巧をみせつけるタイプの曲で、もっともっとデモーニッシュな演奏だと良かったのになあ…と、これまたすごぶる贅沢な感想を書いちゃいます。

 2)は、歌と違って、歌詞がない分、楽器は大変だなあって思いました。曲の冒頭部で、メロディの基本形を示すのですが、歌詞が乗っていないメロディーって、実に単調なんだなって思いました。で、そこから、ドンドン変奏していくのです。トリルと装飾音符が山のように加わって、原型なんて留めていられないくらいに音楽は変わっていきます。おそらく楽譜は真っ黒になっていくと思います。

 変奏曲って、疾走する音楽なんだなって思いました。そして、ジャズとどこか通じるところがある音楽だなあとも思いました。

 色々贅沢な事を書きましたが、1)も2)も、かなりの難曲だと思います。これらの難曲を涼しい顔して演奏しちゃうんだから、本当に技巧派フルーティストさんだなあって思いました。これだけの腕を持ちながら、演奏で食べている音楽家ではなく、実はパソナの社員さんだってところに、日本のクラシック音楽業界の厳しさがあるんだなあって思いました。

ピアノ連弾コンサート
 吉海美帆(p)、川蔦那奈(p)

 1)チャイコフスキー「くるみ割り人形op.72aより」
  「行進曲」、「トレパーク」、「あし笛の踊り」、「花のワルツ」
 2)デュカス「魔法使いの弟子」

 1)はコンサートとしては失敗でしょう。スタッフのミスです。トークではマイクを使い、演奏は生音で聞かせる…というスタイルで、ここまで進んできたのですが、おそらく、トークで使ったマイクを切り忘れ、マイクをオンのまま、ピアノの低音側に置いてしまったようなのです。なので、客席から聞いた音は、ピアノの低音ばかりがかなり拡声されていました。で、そんな拡声された低音に対抗するかのように、高音を担当する奏者がキンキンピアノを弾くんですよ。ああ、実にバランスの悪い音楽でした。

 あんまりにヒドイので、演奏中、私は耳を塞いでいました。耳を塞いで聞くのが、ちょうど良いくらいです。絶対に、あれは、スタッフのミスだと思います。それにしても、これだけのミスに気が付かないのか、あるいは気づいていたけれど「まあいいか」と放置してしまったか…。どちらにせよ、かなり辛い時間でした。

 2)では、しっかりマイクはオフにされ、ピアノは生音で演奏されました。1)と比べて、実に美しいピアノの響きです。ピアノ連弾って、こうじゃないとね。

 って感じで、パソナのコンサートは終了しました。次のコンサートは丸の内南口にあるKITTEで行われます。かなり距離はありますが、電車に乗るほどではないので、諦めてテクテク歩くことにしました。

 続きはまた明日。

 

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。
にほんブログ村 クラシックブログ フルートへ
にほんブログ村

 

« LFJ2019 その2 パソナコンサートを聞きました | トップページ | LFJ2019 その4 オペラ系四重唱と喫茶店 »

ラ・フォル・ジュルネ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« LFJ2019 その2 パソナコンサートを聞きました | トップページ | LFJ2019 その4 オペラ系四重唱と喫茶店 »

フォト

↓参加しています

  • 人気blogランキングへ にほんブログ村 クラシックブログへ

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2019 すとん