ひとこと

  •  いよいよG20大阪サミットが開催されますね。世界中の要人たちが日本にやってくるわけです。事故もテロも無い平穏なサミットが行われる事を祈っています。
2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合は必ず“名前”の欄にハンドルネームをご記入ください。ココログ的には、コメントの際の名前の記入は任意となっていますが、このブログでは必須としますので、ご了解ください。また、その時に使用されるハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« ドイツリートに江戸庶民の価値観を感じた私です | トップページ | LFJ2019 その5 辰巳真理恵さんのステージ »

2019年5月14日 (火)

ほぼ10年ぶりに取り組んでみた

 声楽のレッスンの続きです。

 プッチーニ作曲の「マノン・レスコー」のテノールアリア「Tra voi, bello, brune e bionde/美しい人の中で」を歌いました。

 この曲はプッチーニの曲なので、緩急が割と自由に動きます。なので、しっかりと緩急を付けてしまう方が歌も映えるし、伴奏もやりやすいのです。中途半端は厳禁です。高音(A)は、その音を意識するのではなく、その前での準備が大切。もはやAは準備なしでも出せるようになっていますが、やはり準備なしで出すのは危険。失敗する可能性も高いし、何よりノドが消耗してしまいます。それらのリスクを回避するためにも、しっかりと準備をして高音に臨むことが大切です。

 具体的に、しっかりノドを開けて、速い速度の息を送って、声を支える…です。

 高音Aを出した後、放心状態になりがちで、その後のフレーズがとっ散らかってしまいがちなので、その後もしっかり歌えるように、気を抜かないようにしましょう。

 この曲は全般的にイケイケで、ノドに負担がかかるタイプの曲なので、こればかりを歌ってはいられません。なので、次回もまだこの歌を歌っていく事にして、次のアリアに取り掛かる事にしました。

 次のアリアは…ドニゼッティ作曲の「愛の妙薬」にある、有名なテノールアリア「Una furtiva lagrima/人知れぬ涙」です。

 実はこの曲、キング先生時代の2010年にレッスンでやり、翌年の発表会でも歌ってます。最初に歌ってから、ほぼ10年ぶり、厳密には9年ぶりに、レッスンで取り上げるわけです。

 当時は…全然歌えていませんでしたね。今思えば、そりゃあ無理ってモンです。あの頃はF♯までが実用音域だった頃です。その頃に、A♭が頻出するこの曲を歌えって、そりゃあ無理ゲーですね。でも、先生の命令なら仕方ないわけで、先生の指導を信じて取り組み、見事に撃沈した曲です。やっぱり無理なものは無理なんです。

 高い音も発声練習なら、スコンスコン出せるようになった現在、ようやく取り組むべき曲かなと思い、今回、改めてこの曲に取り組む事にしました。発声練習で出せるから、曲の中で使える…ってわけじゃないしね。こういう曲で、少しずつ高い音のある曲も歌えるようにしていかないと…ね。

 とは言え、実はこの日「Una furtiva lagrima/人知れぬ涙」は、楽譜を持ってきただけで、まだきちんと譜読みをしていませんでしたが、以前も歌った事があるので、その時の記憶を元に、サラッと1番だけだけれど、歌ってみる事にしました。

 歌い始めると…以前の悪い癖が出てきます。悪い癖を直しながら学び直さないといけません。そういう意味では、全くの新曲の方が楽に歌えるのかもしれません。

 とにかく、あの当時の歌い方がバンバン出てきます。ほんと、面白いように出てくるんですよ。まるで、タイムマシンで昔に戻ってしまったかのようです。こういうのは、事前に自宅練習で潰しておかないといけないのですが、今回は譜読みすらせずにレッスンに臨んでいるので、こういう事になってしまうのでしょう。自分の事ながら、実に面白いです。

 各フレーズは、常に高い音から始まるので、しっかり息を支えて、息を止めて待っているくらいの準備が必要です。逆に言えば、それが出来ていれば、それほど難しいフレーズではありません。いわゆる“音は上から取る”をしっかり実践していればいいわけです。

 曲の中に頻出する高音Aは、そこまでの音と同じように連続性をもって歌う事です。つまりAもそれ以外の音と同じ音色で歌いましょうって言われました。と言うのも、どうも私、Aだけ、全然別のところから持ってきて歌っているようなのです。

 まあ、以前は高音Aなんて無理ゲーだったので、なんとかやりくりして出そうとした、その名残で、全然別のところから持ってきて歌っているんだろうと思います。今や、高音Aも、そんなに大変ではなく出せるのだから、音色をキープしていく事にも気を使いながら、連続性のある声で歌えるように、気を使って行きましょう。

 それに、高い音を全然別のところから持ってきて歌うと、声の消耗が激しいのです。低い音と同じ音色で連続性をもって歌えた方が楽だし、ノドの消耗も抑えられるのです。なら、そうするべきだよね。

 さて「Una furtiva lagrima/人知れぬ涙」は有名なアリアなので、皆さん、ご存知でしょうが、念のために音源を貼っておきます。

 これはロイヤル・オペラでのグリゴーロの歌唱です。この曲は、色々なテノールさんが歌っていますが、案外、自分用のオリジナルのカデンツァで歌っている人も多いのですが、グリゴーロ君は標準的なカデンツァで歌っているので、勉強になります。私も、このカデンツァで歌うんだよ。

 それにしても、約10年ぶりだし、私もあの頃と比べると、だいぶ上達しているはずだけれど、今取り組んでみて思う事は、この曲、結構、難しいです。今の私が歌っても、結構ギリギリだし、手に余る部分があります。なのに、よく10年前の私がチャレンジしたものです。また先生もよく与えたものです。当時は、お互い怖いもの知らずだったんだよなあ…。

 

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。
にほんブログ村 クラシックブログ 声楽へ
にほんブログ村

 

 

« ドイツリートに江戸庶民の価値観を感じた私です | トップページ | LFJ2019 その5 辰巳真理恵さんのステージ »

声楽のレッスン&活動記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ドイツリートに江戸庶民の価値観を感じた私です | トップページ | LFJ2019 その5 辰巳真理恵さんのステージ »

フォト

↓参加しています

  • 人気blogランキングへ にほんブログ村 クラシックブログへ

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2019 すとん