ひとこと

  •  京アニ放火事件、ただただご冥福を祈るばかりです。優秀な日本の職人さんたちが、一人のキチガイによって殺されたのだと思うと、なんとも無念で言葉がありません。世の中は理不尽で不条理なのだなと、改めて思い知らされるばかりです。
2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合は必ず“名前”の欄にハンドルネームをご記入ください。ココログ的には、コメントの際の名前の記入は任意となっていますが、このブログでは必須としますので、ご了解ください。また、その時に使用されるハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« 低音を発声するのは難しいぞ | トップページ | コーラ飲んで花火見ているようじゃあ、まだまだなんだろうね »

2019年5月30日 (木)

音は高めから取る…のは、私には難しい(汗)

 さて、声楽のレッスンの続きです。やっぱり大変なのは子音です。特に“ss”とか“nn”とか子音がダブっている箇所は、ダブっている分だけ、しっかりと子音を発声しないといけません。子音なんて、ついつい飲み込んでしまいがちな私なのに、ダブっているから余計にしっかり発音しろ…ああ、難しい注文だなあ。

 とにかく今は、全体的に朗読をしながら歌っているような感じです。朗読なんだから、無闇に声は張り上げないのです。朗読なんだから、一つ一つの音を明確に滑舌良く発音していかないといけないのです。朗読なんだから、役に没入して歌わないといけないのです。とにかく声を節制してコントロールしながら歌っていくのです。

 基本的に、朗読は得意な私なので、言わんとする事は分かりますが、声を節制していくのは、難しいなあ。声なんて、あればあるだけ、出せるなら出せるだけ出していきたい人なんだよ、私って。歌とは解放であり開放であり、声とは解き放たれるべきもの…だと信じている私ですから。ああ、ドイツリート、難しい。

 レッスンの残り時間は、ドニゼッティ作曲の「愛の妙薬」の「Una furtiva lagrima/人知れぬ涙」に使いました。

 とにかく、支えが大切です。支えさえあれば、この曲は歌いきれるので、しっかりと支えましょう。支えが足りなくなると、息が足りなくなるし、音程も届かなくなります。とにかく、支えていくのです。

 フレーズの出だしは、必ず上から音程を狙って出す事。下から狙って出してはいけないのです。

 私の場合「…ここらへんだろう?」と思って、適当に声を出して、それを微調整して音程を合わせに行く(絶対音感がないから、まあこんな感じ)のだけれど、たいていの場合、ターゲットの音よりも低い音で入るので、そこからずり上がって音を取っていく事が多いのです。これって結果的に“下から狙って”いるわけです。これはダメなやり方です。

 音程を上から狙うのには、そもそも最初の発声を、かなり高めにしないといけないわけで、高い音を発声するのってエネルギーがいるわけで、ううむ、大変。

 そもそも声を出す前に音程のイメージをしっかり固めてから少し高めの声を出せば済むのかもしれないけれど、その音程のイメージが“なんとなく”なのが私なんだな。基本、出たとこ勝負? そんなんだから、ダメなんだよね。

 まあ、自分なりには、常にフライング気味に小さめに声を出して、当たりをつけてから発声しているのですが、それじゃあダメなんだな。

 曲の後半になると、最後のカデンツァの部分にどうしても意識が行ってしまいます。それまでリラックスしていたのが、段々と緊張してきて力が入ってしまいます。力が入ると、音程ってフラットするわけで、その力が入ったままの状態でカデンツァ部分に突入すると…当然、失敗します。もっと気楽に歌わないと、きちんと歌えません。ダメだよね。ああ、残念。なので、曲として歌うと緊張してダメだけれど、その部分だけ取り出して歌えば、緊張している暇がないので、たいていうまくいきます。

 技術よりもメンタルの問題でカデンツァが歌えないというのは、なんか悔しいです。技術なら練習して身につけられるけれど、メンタルは…どうにもならないじゃん。

 ってわけで、アリアの勉强が「Una furtiva lagrima/人知れぬ涙」に入ったので、次のアリアを決めなければいけません。

 で、次はあっさり決まりました。ドニゼッティの「ドン・パスクワーレ」のテノールアリアの「Sogno soave e casto/青春の甘く清らかな夢よ」です。ドニゼッティって、ベルカントオペラの作曲家なので、決して簡単ではない(「愛の妙薬」は例外的に簡単)のですが、勉强には良いので、チャレンジしてみます。

 こんな感じの曲です。

 オペラの中ではバリトンとの二重唱(?)ですが、このうちのテノールの箇所だけをソロ曲として歌います。ビデオの中で歌っているのは、稀代の名テノール、フローレスです。こんなに歌えたら、今すぐに死んでもいいくらいですが、実際の私は、当然、こんな感じには歌えません。

 試しに軽く歌ってみたら…曲の最後までたどり着けませんでした。途中で声を浪費して歌えなくなってしまいました。いやあ、発声的にめっちゃ難しい曲ですね。自宅練習では、声の浪費を抑える歌い方を探さないといけません。

 でも、いい曲でしょ? 有名な曲ではないし、めっちゃ難しいのですが(汗)。

 

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。
にほんブログ村 クラシックブログ 声楽へ
にほんブログ村

 

 

« 低音を発声するのは難しいぞ | トップページ | コーラ飲んで花火見ているようじゃあ、まだまだなんだろうね »

声楽のレッスン&活動記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 低音を発声するのは難しいぞ | トップページ | コーラ飲んで花火見ているようじゃあ、まだまだなんだろうね »

フォト

↓参加しています

  • 人気blogランキングへ にほんブログ村 クラシックブログへ

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2019 すとん