ひとこと

  •  いよいよG20大阪サミットが開催されますね。世界中の要人たちが日本にやってくるわけです。事故もテロも無い平穏なサミットが行われる事を祈っています。
2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合は必ず“名前”の欄にハンドルネームをご記入ください。ココログ的には、コメントの際の名前の記入は任意となっていますが、このブログでは必須としますので、ご了解ください。また、その時に使用されるハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« 結構高い声が出たそうです | トップページ | 人生は決して楽じゃない »

2019年4月18日 (木)

子音と戦っています

 声楽のレッスンの続きです。シューベルトの「美しき水車小屋の娘」の1番「Der Wandern/さすらい」です。

 今回のレッスンも、ドイツ語に始まり、ドイツ語に終わる…って感じでした。とにかく、慣れていないドイツ語に早く慣れて、ドイツ語をスラスラと歌えるようになる事…それが目標ですが、実に今はたどたどしく歌っているわけです。特に子音の取扱にてんてこ舞いしているわけです。

 ドイツ語って、子音を多用する言語です。少なくとも、日本語よりもたくさん使っているようです。日本語は、母音の前に一つの子音を付けるくらいだけれど、ドイツ語は、母音の前後に複数の子音を付けるわけで、我々的には“複数の子音の取扱い”と“母音の後につく子音の取扱い”に苦労するわけです。

 とは言え、それらの事って、私達は英語学習の際に苦労し、実は乗り越えているはずなのです…が、英語よりもドイツ語の方がより難しいのか、それとも単に慣れていないだけなのか、なんかうまくできません。

 こればかりは理屈じゃ、うまくいきません。何度も繰り返して、カラダで覚えるしかないので、毎日歌っております。

 そんなわけで、子音に苦労している私です。

 今回は、子音と、その音程の問題に気をつけるように言われました。子音には有声子音と無声子音があります。有声子音(LとかVとかね)は音程があるので、しっかり正しい音程で発声しないといけません。一方無声子音(SとかTとかね)には音程がありませんが、音色があります。音程はないけれど、高い音に付いている子音ならば、それっぽい音色で、低い音に付いている子音ならば、それなりの音色で歌わないといけません。

 昨今の私は、有声子音は音程を付けようと努力している跡が見えるそうですが、無声子音に関しては、常に同じ音色の子音しか使っていないので、音程が感じられないのだそうです。

 だって、無声子音なんて、ただのノイズじゃん…なんて考えちゃうからダメなんだよね。子音にも音程が感じられるように、頑張って歌ってみようっと。

 で、全然出来てない、母音の後の子音をしっかり発音するを注意してみました。いやあ、難しい。まるで外国語初心者のように、子音に無駄な母音(う)が付いてしまいがちです。母音を付けずに子音だけをしっかりと音程を感じさせながら発声しなきゃいけないわけで、ううむ、ちょっと無理ゲーのような気がしてきました。

 特に気をつけないといけないのは、子音を発声する時は(特に無声母音は)声を付けちゃいけないのだけれど、それでも息だけは吐き続けなければいけないという事です。

 ドイツ語歌唱の難しさは、子音が多すぎて、その子音を発声する時に、ついつい息を止めてしまう事です。息を止めて歌えば…そりゃあ苦しいわけだし、発声的にすごくエネルギーを使いますし、声帯も消耗します。なので、歌い出しは元気良かったのに、だんだん元気が無くなる人の歌い方は、子音の捌き方に問題があって、息が吐けなくなってしまうからなんだそうです。

 子音はしっかり発音しなきゃいけないし、声は止めてなきゃいけないけれど、息は流し続けなければいけない。ああ、難しい難しい。

 母音の歌い方にも注意を受けました。短い母音はまあまあよし。長い音符についている母音は、歌いながら音色を変えていくのがドイツリートの基本なんだそうです。つまり、長い音符は、声で円弧を描きながらキラキラさせて歌っていかないといけないのだそうです。まあ、なんとなく分かります。

 さて、先生との話し合いで、次のレッスンから歌うイタリア語のオペラアリアが決まりました。プッチーニの「マノン・レスコー」の第1幕のテノールアリアで「Tra voi, bello, brune e bionde/美しい人の中で」にしました。短いし、高音も出しやすいアリアなので、たぶん、そんなに時間は掛からないかもしれません。

 そんなに有名な曲ではないので、知らない人のために音源を貼っておきます。

 なかなか良い曲でしょ? 歌っているのは、ジュゼッペ・フィリアノーティという、イタリアのテノール歌手です。やっぱ、テノールはイタリア人がいいよね。この曲は、オペラアリアだから、オーケストラ伴奏が正しいのだけれど、たまたまピアノ伴奏の音源を見つけたので、それでアップします。実際、私が歌う時もピアノ伴奏だからね。

 短いけれど、いい曲でしょ! ドイツ語ばっかり歌っていると、気が滅々してしまいますので、こういう晴れ晴れした歌を歌って、精神のバランスを取っていきましょう(笑)。

 

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。
にほんブログ村 クラシックブログ 声楽へ
にほんブログ村

 

 

« 結構高い声が出たそうです | トップページ | 人生は決して楽じゃない »

声楽のレッスン&活動記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 結構高い声が出たそうです | トップページ | 人生は決して楽じゃない »

フォト

↓参加しています

  • 人気blogランキングへ にほんブログ村 クラシックブログへ

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2019 すとん