お知らせ

  •  こちらのブログは2019年8月14日に終了しました。現在は引っ越しをし、こちらで活動しています。ブックマーク等の変更をお願いします。また、こちらのブログにコメントをされてもお返事しかねますので、コメントは新しい現在のブログにしていただきますように、お願いします。

« 今年初めてのレッスンでした | トップページ | お父さんお母さんと呼んではいけない? »

2019年3月 2日 (土)

ドジョウがボコボコな理由

 ウチにはマドジョウ(普通の食用のドジョウ)が一匹います。かなり大きいです。で、この子のカラダがボコボコなのです。

 今までも、カラダがボコボコになるドジョウがいました。ある程度大きくなったマドジョウがボコボコになる傾向があります。ボコボコというのは、カラダがしなやかではなく、固く細かく折れ曲がった感じになるのです。

 見るからに、背骨の異常だと思われます。ですから、栄養不足のくる病か、それに類した病気ではないかと思っていましたが、最近は別の事を考えています。

 このカラダがボコボコになる子は、同時に激しくむやみに水槽内で暴れる傾向がある事に気づきました。暴れる…と言っても、かなり激しく暴れます。本当に、水槽内を上へ下への大騒ぎで体を色々なモノや壁面にぶつけまくります。私は今まで、この二つの事柄を別のものとして考えていましたが、実は、関係があるのではないでしょうか?

 何が原因かはまだ分かりませんが、ドジョウが大暴れをして、その結果、大怪我をするのです。その際に背骨を折ってしまうのかもしれないし、折らなくても、激しく動かすために背骨が曲がってしまうのかもしれません。それを何度か繰り返すうちに、背骨が細かく折れて、カラダがボコボコになってしまうのかもしれません。今はそう考えるようになりました。

 怪我の結果で、カラダがボコボコになってしまったのなら、可哀想だけれど治ることはないでしょう。

 それにしても、なぜあんなに大暴れをするのでしょうか? ある程度大きくなったマドジョウに共通する行動なので、何か原因があるのかもしれません。習性なのかな? それとも何かの病気なのかしら? 分かりません。ちなみに、同じドジョウでも、緋ドジョウが暴れる事はまずありません。

 魚類には痛覚がないので、カラダがボコボコになっても痛くはないし、辛くもないだろうけれど、見た目はかなり痛々しいのです。

 治せるものなら、治してあげたいです。

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

« 今年初めてのレッスンでした | トップページ | お父さんお母さんと呼んではいけない? »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 今年初めてのレッスンでした | トップページ | お父さんお母さんと呼んではいけない? »

フォト
無料ブログはココログ