お知らせ

  •  こちらのブログは2019年8月14日に終了しました。現在は引っ越しをし、こちらで活動しています。ブックマーク等の変更をお願いします。また、こちらのブログにコメントをされてもお返事しかねますので、コメントは新しい現在のブログにしていただきますように、お願いします。

« フルートって、実は音域が広い? | トップページ | ここまでのココログの不都合について »

2019年3月30日 (土)

シズカは人間が好き

 魚類は基本的に人間に興味がありません。強いて言えば、給餌マシーンとしての人には興味があります。ですから、池の鯉が人影を見ると集まってくるのは、人が来たから餌がもらえると思って集まるだけで、人が来たから集まると言うよりも、エサが来たから集まる…というのが真相に近いでしょう。

 金魚も似たようなもので、エサの時間になると、エサ投入口に集まったり、人影を追いかけたりするのも、人を追いかけているというよりも、エサを追いかけているに過ぎません。

 金魚にとって、人はエサなのです。ですから、エサとしての興味しか無いのが普通です。

 しかし、どうやらシズカだけは、エサとしての人ではなく、コミュニケーションができる相手としての人が好きみたいです。

 シズカにとって、人はエサだけれど、エサだけでなく、自分のそばにいつもいる他の生き物…という認識はあるみたいです。なので、エサ以外の時でも人には興味津々です。

 シズカはよく人間を観察しています。人間の食事風景もよく見ていますし(水槽は食卓の上にあるんです)、テレビも見ています。人間同士の会話にも聞き耳をたてているようだし、水槽のガラス越しにかまってやると、きちんと反応します。

 他の子じゃあ、こうはいかないのだよねえ…。

 シズカは、他の子たちよりも、ちょっぴり賢いのかもしれません。

 それと、シズカって、いつもいじめられている事もあり、他の金魚があまり好きじゃないんだよ。それで人間と関わりを持とうとしているのかもしれません。

 

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

« フルートって、実は音域が広い? | トップページ | ここまでのココログの不都合について »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« フルートって、実は音域が広い? | トップページ | ここまでのココログの不都合について »

フォト
無料ブログはココログ