ひとこと

  •  暑い…暑すぎる。なのにまだ仕事服は春秋モノを着ています。だって、衣替え前だもの。通勤時は上着着用、汗だくです。もっとも、オフィスに入ってしまえば、冷房が効いていて、むしろ上着がないと寒いくらいなのですが…。世の中、ままなりません。
2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合は必ず“名前”の欄にハンドルネームをご記入ください。ココログ的には、コメントの際の名前の記入は任意となっていますが、このブログでは必須としますので、ご了解ください。また、その時に使用されるハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« 子どもの声域が狭くなっている | トップページ | フルートと聞くと、どんな音楽ジャンルを思い浮かべますか? »

2019年2月 7日 (木)

歌手に共通する性格ってあるのだろうか?

 クラコンの練習の時に、ピアニストさんと「歌手に共通する性格って、絶対にあるよね…」って話をしました。

 ここで言う“歌手”というのは、いわゆるソリストさんたちの事です、念の為。

 さて、歌手という人種は、基本的に目立つことが大好きです。目立ちたがり屋だし、人前に出るのが好きだし、何事も率先してやりますし、時にはやりすぎてしまう事もあります。結果として過剰であったりもするわけで、見る人が見れば“恥知らず”と思われてしまうこともあります。特に高声(ソプラノ&テノール)の人には顕著かな?

 また、仕切るの大好きという人も大勢います。よく言えばリーダーシップがあると言えますが、何事も思い通りにしたいという下心があるのかもしれません。

 独立に富むというか、群れないという傾向が強い人も多いです(逆に群れたがる人は合唱に行くんでしょうね)。基本的に“自分大好き”な人、多いですね。頑固で自分を曲げたがらないという困った性格も併せ持っている人も少なからずいます。

 おしゃべりな人が多く、コミュ障の人は少ないと思います。特に(成功している)プロの方は、社交的な人が多いと思われます。まあ、社交的でないと、仕事の依頼もないでしょうからね。

 でも豪気かと言えば…実は強そうに見えて、メンタルは弱めな人が多いかも。かっこよく言えば、繊細な人、多いです。その繊細さをカバーするために、自分で仕切ってみたり、カッコつけてみたりするのかな…なって思わないでもないです。

 声種的な違いで見ると、低い声の人ほど真人間度が高くなります。高い声の人になればなるほど、どこか性格的に破綻しています。ソプラノブスとかテノールバカという言葉は、そういう部分を持ち合わせていることを言い表しているのかもしれません。

 まあ、基本的に人それぞれですし、歌手も人それぞれですから、歌手の中にはよく出来た人や人格者も大勢いるでしょうが、そうでない人も多々います。それもいいじゃないですか…なんて私は考えます。

 で、こうして見ると、歌手の性格って、典型的な日本人の性格とは、大きく異なりますね。また、同じ歌と言うジャンルであっても、合唱の人たちとも、かなり違います。合唱の人は、基本、目立つのが苦手だし、すぐに群れるし、暗躍するし…。器楽の人は、程度の差こそあれ、練習好きの真面目人間が多いし、それが高じてコミュ障気味の人もいないでもないし…ね。

 こうして考えてみると、歌手の人の性格って…音楽家というよりも、演劇をやる人に通じる部分があるかもしれませんね。だから、多くの歌手はオペラを志向するわけだな(なんか納得)。

★↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。
にほんブログ村 クラシックブログ 声楽へ
にほんブログ村

« 子どもの声域が狭くなっている | トップページ | フルートと聞くと、どんな音楽ジャンルを思い浮かべますか? »

声楽のエッセイ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 子どもの声域が狭くなっている | トップページ | フルートと聞くと、どんな音楽ジャンルを思い浮かべますか? »

フォト

↓参加しています

  • 人気blogランキングへ にほんブログ村 クラシックブログへ

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2018 すとん