ひとこと

  •  毎年の話だけれど、どうして成人式となると、ごくごく一部だけれど、イキってしまって暴れてしまうオノコが出てしまうのだろうか? たぶん、あれがカッコいいと思っているのだろうけれど、暴れるオノコは極めて少数で誤差の範囲程度しか存在しないんだよね。もしかすると、マスコミがいちいち暴れるオノコたちを報道するから、それに乗じて暴れているんじゃないかと、オッサンは勘ぐってます。マスコミが暴れるオノコたちを無視すると、案外数年で収まるんじゃないかと思っていたりします。
2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合は必ず“名前”の欄にハンドルネームをご記入ください。ココログ的には、コメントの際の名前の記入は任意となっていますが、このブログでは必須としますので、ご了解ください。また、その時に使用されるハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« 息子君が体験レッスンを受けたわけで… | トップページ | 上より下が厄介かも… »

2019年1月 9日 (水)

要するに(やっぱり)ノドを伸ばしていかないといけないのです

 で、今度こそ、私の声楽のレッスンの話に入ります。

 まずはハミング練習から入りました。響きを常に頭の中に置くように、響きを高く高くしました。で、ハミング練習はそこそこに、さっそく発声練習に入りました。

 今回の発声練習は、

 1)高音Aをノドを鳴らさずに出すこと。
 2)高音Aを中音域と全く同じ音色で出すこと。

 以上の2点を目標にあれこれ繰り返しました。

 やり方は、そんなに難しくなく(でもなかなか出来ない)、まずは中声のDをノドを鳴らさずに出し、そこからポルタメントで高音Aまで、ノドを伸ばして出す…を繰り返して行い、カラダにこれを染み込ませるというやり方です。もちろん、いきなりDから始めてもうまくいきませんから、もっと低い音程から5度の上行音程をポルタメントで挙げていくというのを繰り返し行って、最終的にDからGへの跳躍音程を、ノドを鳴らさずに同じ音色で行うというのをやったわけです。

 ノドを伸ばす時に、声をしっかり支えて、強く息を吐き出す事。これがなかなか難しいです。そもそも、ノドを鳴らさないように歌う段階で、かなり息は弱く吐き出しているわけで、そこからノドを伸ばすと、弱い息がむしろ無くなってしまうのです。なので、ノドが伸びるよりも前から腹圧を強め息圧を高くして、ノドを伸ばしても息が弱くならないように(そして、過剰に強くならないように)して歌っていくのです。

 大切なのは、ブレスのコントロールという事です。

 で、これを何度も何度も繰り返して行ったわけです。と言うのも、このやり方ならば、実は声の消耗は最小限に抑えられるので、何度も何度も練習できるわけです。

 そして、これらの運動は、発声する以前の予備運動して完璧に行えないといけないのです。つまり、高音は発声するならば、それ以前にしっかりとノドを伸ばして、腹圧を強めて息をしっかりと強く吐き出せるように高めておき、それらの準備が整ってから、発声するわけです。こういう手順を短時間で自動的に行えるようになる事が、高音発声のテクニックであり、それがいまだ無意識で行えず、頭の中であれこれ考えながら、手順を一つ一つ確認しながらこなしているようでは、まだまだなのです。

 大切な事は、無意識で必要な事ができるようになる事。それを可能にするのは、反復した練習だけなのです。

 さて、これで本日の記事を終わりにすると、ちょっと短いので、もう一言書きます。

 実際は、レッスンが終わってから先生に相談したのですが、来年(この時点の話で、実際は2019年ですから、今年の話になります)は、某コンクールに出場してみようかなって思っているのだけれど、先生的にはどうですか?という話をしてみました。先生的には、問題は無いので、どうぞどうぞって話でした。で、私が出場を考えているコンクールは、以前同門の方で出場している人がいるので、どんな様子なのか聞いておいてあげましょうとまでおっしゃってくれました…ってわけで、まだ正式にはエントリーしていないのですが、今年は某コンクールに出場するかもしれないし、出場しないかもしれません。

 そんな感じなのです。

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。
にほんブログ村 クラシックブログ 声楽へ
にほんブログ村

« 息子君が体験レッスンを受けたわけで… | トップページ | 上より下が厄介かも… »

声楽のレッスン&活動記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 息子君が体験レッスンを受けたわけで… | トップページ | 上より下が厄介かも… »

フォト

↓参加しています

  • 人気blogランキングへ にほんブログ村 クラシックブログへ

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2018 すとん