ひとこと

  •  グーグルがファーウェイにソフト提供を止めるんだそうです。つまり、ファーウェイでAndroidが動かない、ChromeもGmailも動かない。つまりファーウェイでスマホを作っても、それを動かすソフトが無くなるって話です。まあ、中国製のソフトを開発すれば問題ない話だけれど、ソフトなんて簡単に短期間で開発できるものではないわけで、いよいよファーウェイやばくない?
2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合は必ず“名前”の欄にハンドルネームをご記入ください。ココログ的には、コメントの際の名前の記入は任意となっていますが、このブログでは必須としますので、ご了解ください。また、その時に使用されるハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« 体調が悪い時の方が、むしろ発声は良い | トップページ | フルートって、バリエーション有り過ぎ! »

2019年1月24日 (木)

歌曲は正確に歌いましょう

 声楽のレッスンのさらに続きです。今回は、ベッリーニの「Per pieta, bell'idol mio/私の偶像よ」をやりました。

 まず、歌詞の読み間違いを直されました。“ bell'idol”を私は「ベライドル」と(無意識に)読んでいましたが、これ「ベリドル」が正解。“idol”は、イタリア語では「イドル」なんだよね、「アイドル」と読むのは英語読みで、これだけ長いことイタリア語の歌を歌っているのに、未だにアルファベットを見ると英語読みしちゃうダメな私がここにいます(汗)。

 今回、徹底的にしごかれたのは、リズムです。特に付点がついている箇所と付点がついていない箇所を明確に歌い分ける事です。付点がついていようとついていなかろうと、そこらはアバウトになんとなく歌ってしまいがちですが(って、それは私だけ?)、そうではなく、付点アリは付点アリとして、付点ナシは付点ナシとして、きちんと歌い分けましょうって事です。

 もしも、コンクールで歌曲を歌うことになったら、歌曲は正確さが大切なので、こういう箇所を丁寧に歌うことが要求されるので…って事らしいです。すでに先生的には、コンクールモードに半歩ほど踏み込んでいるようです(私はまだまだなんですが:汗)。

 この曲は中声用で歌っている事もあって、最高音は高いGで、私的にはまあ苦労がなく、なんとなく出せているのですが、そのなんとなくさが、音程の甘さを出しているようで、聞かせどころの高音は、確実にバシっと出さないといけないわけで、このGを確実にバシっと出す練習をしました。要は、早めに高音準備をするだけの話ですが、腹圧をかけるタイミング、ノドを開けるタイミング、ノドに頼らずに発声する事等々、まあやる事はたくさんあります。なんとなくでも歌えるのだけれど、なんとなくじゃあダメってわけです。

 あと、無駄にポルタメントを掛けているところは、そんなに粘って歌わないようにするなど、全体的に“楽譜が見えるように”歌うように指導されました。

 もしも歌曲でコンクールに出るなら、強弱記号や発想記号、その他アーティキュレーションなども厳密に楽譜通りに歌えるように指導するそうです…って、それじゃあまるで、フルートのH先生のレッスンみたいじゃん…って、そうかH先生のレッスンって、コンクール出場レベルの事を毎回要求されていたんだなあ…。

 コンクールを歌曲で出るなら、より精密で正確な歌唱が求められるし、オペラアリアでいくならば、もっと声に磨きをかけて安定的で魅力的な声で歌えないといけないし…どちらも難しいなあ…って、そりゃあ当たり前だよね。クラシック声楽って、プロが存在するジャンルなわけで、そこに趣味のアマチュアの人がどれだけ出来るのかって言えば、そりゃあロクに出来ないわな。で、その出来ないで開き直っちゃコンクール出場の意味も意義も無いわけで、届かないながらも、できるだけ遠くに手を伸ばして、背伸びをしていかなきゃいけないわけです。

 つまり、今の全力を尽くす…ってわけです。これを「うわあ、大変だ!」と思うか「成長するチャンスじゃん」と捉えるかで、あれこれ変わるだろうけれど、私はなるべく後者で行きたいなあって思います。

 だって、実際、チャンスだしね。

 とにかく、正確さに気をつけて歌っていきたいと思ってます。

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。
にほんブログ村 クラシックブログ 声楽へ
にほんブログ村

« 体調が悪い時の方が、むしろ発声は良い | トップページ | フルートって、バリエーション有り過ぎ! »

声楽のレッスン&活動記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 体調が悪い時の方が、むしろ発声は良い | トップページ | フルートって、バリエーション有り過ぎ! »

フォト

↓参加しています

  • 人気blogランキングへ にほんブログ村 クラシックブログへ

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2018 すとん