ひとこと

  •  毎年の話だけれど、どうして成人式となると、ごくごく一部だけれど、イキってしまって暴れてしまうオノコが出てしまうのだろうか? たぶん、あれがカッコいいと思っているのだろうけれど、暴れるオノコは極めて少数で誤差の範囲程度しか存在しないんだよね。もしかすると、マスコミがいちいち暴れるオノコたちを報道するから、それに乗じて暴れているんじゃないかと、オッサンは勘ぐってます。マスコミが暴れるオノコたちを無視すると、案外数年で収まるんじゃないかと思っていたりします。
2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合は必ず“名前”の欄にハンドルネームをご記入ください。ココログ的には、コメントの際の名前の記入は任意となっていますが、このブログでは必須としますので、ご了解ください。また、その時に使用されるハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« 昨年[2018年]映画館で見た映画 その1 | トップページ | 昨年[2018年]映画館で見た映画 その3 »

2019年1月 3日 (木)

昨年[2018年]映画館で見た映画 その2

 さて、昨日の続きです。

11)ジュマンジ ウェルカム・トゥ・ジャングル

 1995年にロビン・ウィリアムス主演で作られた『ジュマンジ』の続編と言うか、リブートと言うか、確かに同じ題材なのですが、ほぼ別作です。まあ、ボードゲームとコンピューターゲームじゃあ、そりゃあ違うってモンです。

 基本的には私が大好きなおバカアクション映画なわけで、遊園地にでもやってきた気分で楽しめます。ただ、それだけ。見終えた後に残るものは無し…という潔い映画です。

12)メトロポリタン歌劇場ライヴビューイング『セミラーミデ』

 この映画に関しては、すでにブログに書きましたので、そちらを参照してください。

13)パシフィック・リム:アップライジング

 アメリカ製の、巨大ロボ対怪獣の映画。円谷をリスペクトしているのがよく分かる映画だけれど、ううむやっぱり2作目なんだよね。1作目ほど面白くはないです。残念。

14)レディ・プレイヤー1

 将来の体感ゲームはこうなるのかな?という映画で、プレイヤーがゲーム内のアバターとなって、仮想現実の中が大暴れする映画です…と説明しても、たぶんこの映画の面白さは伝わらないでしょうね。

 むしろ、近未来SF映画…と言った方が理解しやすいかも。SF好きでゲーム好きでバトルモノが好きなら、楽しめます。あと、パソコン好きなら、映画内の小ネタにクスクス反応できるかも。私はもちろん気に入りましたよ。まあ、どちらにせよ、頭をからっぽにして楽しむタイプの映画です。良くも悪しくも、ハリウッド映画ですよ。

15)いぬやしき

 日本製のSF映画です。よく出来てますよ。原作は漫画なんだけれど、私は原作を読んでいなかったけれど、先行してアニメを見ていたので、ストーリーは知っていて、楽しめるかなと不安を抱えて映画を見ましたが、アニメはアニメ、映画は映画って事で、結構楽しめました。良作ですね。

16)リズと青い鳥

 アニメ映画です。とは言え、全然子供向けではなく、青春を回顧したいオトナ向けの映画です。『響け!ユーフォニアム』というアニメシリーズの劇場版ですが、本編を全然知らなくても十分に楽しめます。そういう意味では、スピンオフ作品と言うべきかもしれません。ちなみにテレビシリーズで活躍したキャラたちは、ほとんど活躍しません。本編では脇役でしかなかった、みぞれちゃんと希美ちゃんの、どうしようもなく女の子な物語です。

 私は音楽映画として見ましたが、見終えた感想は青春映画でした。

17)アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー

 これはアベンジャーズ版『帝国の逆襲』です。見終えた感想は、ただただ絶望。「一体、この先、どうするねん」です。まあ、キャプテンがどうにかするんだろうなあという希望は見えるのが、それこそ希望です。もちろん、ここでいうキャプテンとは、キャプテン・アメリカではなく、キャプテン・マーベルの方ね。

 それにしてもサノスは強いです。まるで、ダース・ベイダーだな(笑)。

18)メトロポリタン歌劇場ライヴビューイング『コジ・ファン・トゥッテ』

 この映画に関しては、すでにブログに書きましたので、そちらを参照してください。

19)ロイヤルオペラ『カルメン』

 この映画に関しては、すでにブログに書きましたので、そちらを参照してください。

20)メトロポリタン歌劇場ライヴビューイング『ルイザ・ミラー』

 この映画に関しては、すでにブログに書きましたので、そちらを参照してください。

 本日はここまで、これでもまだ半分まで来てないんだよぉ(笑)。

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

« 昨年[2018年]映画館で見た映画 その1 | トップページ | 昨年[2018年]映画館で見た映画 その3 »

その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 昨年[2018年]映画館で見た映画 その1 | トップページ | 昨年[2018年]映画館で見た映画 その3 »

フォト

↓参加しています

  • 人気blogランキングへ にほんブログ村 クラシックブログへ

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2018 すとん