ひとこと

  •  毎年の話だけれど、どうして成人式となると、ごくごく一部だけれど、イキってしまって暴れてしまうオノコが出てしまうのだろうか? たぶん、あれがカッコいいと思っているのだろうけれど、暴れるオノコは極めて少数で誤差の範囲程度しか存在しないんだよね。もしかすると、マスコミがいちいち暴れるオノコたちを報道するから、それに乗じて暴れているんじゃないかと、オッサンは勘ぐってます。マスコミが暴れるオノコたちを無視すると、案外数年で収まるんじゃないかと思っていたりします。
2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合は必ず“名前”の欄にハンドルネームをご記入ください。ココログ的には、コメントの際の名前の記入は任意となっていますが、このブログでは必須としますので、ご了解ください。また、その時に使用されるハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« 定住外国人にも生活保護が支払われている事について | トップページ | プロとアマの違い »

2018年12月17日 (月)

テノールという人種はプライドが高いのか?

 残念ながら、高いでしょうね…。それを確認するのは簡単なわけで、自称他称を含めて、テノールな人に向かって「あなたはバリトンですか?」と尋ねてみてください。おそらくは、即座に強く否定する事でしょう。人によっては、烈火のごとく怒りだすかもしれません。「失礼な事を言うな!」という態度をあからさまに取るかもしれません(バリトンさん、ごめんね)。

 「へへ、そう思う? でもね、一応、テノールなんだよ」みたいに柔らかく答える人は…まずいないよね。なぜなら、テノールという人種にとって、自分がテノールであるという事はレゾンデートルなんだもの。そんなに軽い受け答えはできないのだよ。それを以て、プライドが高いと言うなら、プライドが高いのです。それも、極めて高いのです。

 かく言う私も、高音が苦手な事は棚上げにして、バリトンなのかと尋ねられれば、即座に強く否定してしまいます。「お前はバリトンなのか」という問いは「お前はソプラノなのか」という問いとほぼ同じレベルの、ありえない質問だと思ってしまうからなのです(ほんと、ごめん、バリトンさん)。

 なぜ、そんなにテノールという人種は、高慢ちきなくらいにプライドが高いのかと言うと…バカだからです(笑)。

 テノールという人種は、常に発声の事ばかり考えている、発声バカなのです。常に高音を出すことばかり考えている、高音バカなのです。そして、そのバカさに自分が酔っていたりするわけです。ほんと、救いがたいバカなのです。そんなバカなので、無駄にプライドが高くなっちゃうわけなのです。

 さらに言えば、選民意識も大なり小なりあると思います。自分はテノールとして、神様に選ばれた人間である、という選民意識だね。愚かに思う人も大勢いるだろうけれど、それでもテノールと名乗る人間には、自分が選ばれた人間であるという自負があるわけです。世間の人とはちょっと違う、希少種であるという誇りがあるのです。

 まあ、実際のところ、テノールには、希少種と言うよりも、奇行種というべき人も大勢いますが…ねえ。

 テノールという人種は、バカで変わり者なので、プライドが高いのです。救いがたいアホですが、そこは多めに見ていただいて、ぜひ可愛がってやってほしいと、テノールの一人として、皆様方に切にお願い申し上げます次第でございます。

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。
にほんブログ村 クラシックブログ 声楽へ
にほんブログ村

« 定住外国人にも生活保護が支払われている事について | トップページ | プロとアマの違い »

声楽のエッセイ」カテゴリの記事

コメント

私がテノールをやっていた頃「あなたはバリトンだと思う」といった事を時々言われましたが、別に頭に来なかったので、そういう意味では私はテノールではなかったのかもしれません。今はバリトンになって、今度は別の方々からあなたはテノールだと思うと言われる事がありますが、それも別に頭に来ないです(笑)。

テノール馬鹿って言葉が、昔からありますよね。
なぜテノール馬鹿と言うかと言えば、HとかCとか高音を張っているときの顔が、酔っているような呆けているような表情になるからだと、何かで読んだことがあります。
確かに高音がキレイに、はまったときは気持ち良く、さもありなんと思います。

では、なぜ同じ高音を歌うソプラノは馬鹿と言わないのか?
これもその方が書いておられましたが、今の時代そんなことは書けませんので、ご想像にお任せします。

オデさん

 それはたぶん、オデさんがバリトンだからです(笑)。歌う人って、たいていどこかすっ飛んでいる人が多いのですが、バリトンさんには真人間が多いです。たかが声種でテンション上がる方がおかしいのです。

カントさん

 ソプラノは“ソプラノブス”と言います。その訳は…ソプラノさんも女の子ですから、普段はきれいに美しくしているのですが、高音を出す時は、そんな余裕もなく、顔面をクシャクシャにしてブスにならないと出せないんですね。で、ソプラノブス…と。

 なので、上手なソプラノほど、顔面を崩さないで高音を出すんですよ。高音と美貌の両立が出来てこそのソプラノなのです。

ソプラノは姫系性格者が多いです。見た目ブスでも(笑)姫系ね。どう見ても、姫じゃないし、声もメゾどころかアルトなんじゃ?って人がいるけど、ずーっとソプラノなんすけど??
だから、性格が自称?ひめタイプなんでしょうね。。
前にソロで歌うの聴いたら、やっぱ声がアルトだった。
けど、ずーっと十何年ソプラノにいます。合唱人だから許すけど、声楽人だと、ダメダメですよ、。要するに目立ちたいだけかな。アルトやメゾは縁の下で支える側は嫌なんだわね、
そんな人がなるソプラノでやんした、合唱での話。チャンチャン。笑ま、最近はそんな人に対して可愛らしく思えてきましたよ。前から高いシですごい高い高いと騒いでるけど、。
おーい、声楽だとシなんて、全く高くはないんじゃが、。
ハイEと出さないとアリア歌えないんだからーと、思う事あるけど、ま、合唱しかやらない人だし静かに見守ってるわ〜☆

アデーレさん

 そうそう、ソプラノには姫系の人、多いです。そういう姫系の人、私のような、俺様系テノールとは、実に相性が悪かったりするんです(笑)。って言うか、一方的に敵視されます。こちらは、相手が姫であれなんであれ、自分しか可愛くないので、相手にしないのですが、あちらは私を嫌うんですよね。

 まあ、私に限らず、ソプラノさんに毛嫌いされるテノール君って、ほんとたくさんいます。ま、いいんだけどね。

>要するに目立ちたいだけかな

 きっとそうでしょう。私もそうだもの。支える側に回るのは、ほんとうに嫌なんだよ。これは理屈じゃなくて、感覚なんだわ。だから、そこんとこの気持ちは、分からないでもないです。

 つまり、テノール(の一部)とソプラノ(の一部)は、声ではなく、性格でなるものなんでしょうね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 定住外国人にも生活保護が支払われている事について | トップページ | プロとアマの違い »

フォト

↓参加しています

  • 人気blogランキングへ にほんブログ村 クラシックブログへ

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2018 すとん