ひとこと

  •  人生初。タピオカドリンクというモノを飲んでみた。ミルクティーにグミがたくさん沈んでいた…という感想。やたらと甘い。どことなく中華な風味。たぶん、もう二度と飲まないと思う。
2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合は必ず“名前”の欄にハンドルネームをご記入ください。ココログ的には、コメントの際の名前の記入は任意となっていますが、このブログでは必須としますので、ご了解ください。また、その時に使用されるハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« アゴを大切にしましょう | トップページ | 暇をむさぼるのに忙しい日々とになりました[2018年12月の落ち穂拾い] »

2018年12月27日 (木)

水抜き…って、よく分かりません(曜日は違いますが、フルートのレッスンの話です)

 フルートのレッスンに行ってきました。今年最後のレッスンで、きっちりとレッスン納めをして参りました。

 とは言え、やることはいつもといっしょ(笑)。まずはロングトーン練習をやり、そしていつもの曲々をやったわけです。

 エルステユーブンゲンの25番と26番はだいぶ吹けるようになりましたが、全然暗譜できてません。と言うのも、年末ですからね。やっぱりお仕事が忙しくて、例によって、ほとんど練習せずにレッスンに行ってるので、そりゃあ暗譜までは手が回りません。先生からは「だいぶ吹けるようになったから、次は暗譜よろしくね」と言われちゃいました。いやあ…(汗)。

 旋律的練習曲は1番でしたが、不合格でした。エルステユーブンゲンの時から自覚していたのですが、目がショボショボして楽譜を読み間違えるんですよ。シとレの区別がつかないなんて当たり前で、なんかもうよく楽譜が見えないのです。楽譜さえちゃんと見えていたら、かなりいい出来ではなかったかな…と思ってしまうくらいに、楽譜の読み間違いでショボショボでした。

 先生に「どうしたら、目がショボショボせずに楽譜が読めますかね?」と尋ねたところ「まあ、無理だね」との事です。先生も目がショボショボする事では悩まれていらっしゃるようで「目さえ、ちゃんとしていたら、どんな曲だって吹けるんだけれどなあ」と愚痴られていました。

 老人は、目が弱点だな。若い時には、こんな悩みなんて無かったよ。

 40リトルピーセズは20番のモーツァルトのメヌエットでしたが、こちらは合格しました。エチュードと違って、曲集の曲はメロディアスなので、ワタシ的には得意…なのかもしれません。メロディアスなメロディーは次が読める?んでしょうね。次の21番はシューベルトの『田舎の舞曲』です。頑張ろうっと。

 今回の雑談は…寒冷地での水抜き作業について。私は湘南地方に住んでいるので“水抜き作業”とは全く無縁な生活をしていますので、そのあたり、ピンと来ないんですよね。で、私同様に、水抜き作業にピンと来ない人のために説明すると、水抜き作業とは、水道管の水を抜く作業の事なんですね。

 WHY?…ですよね。もう少し丁寧に説明すると、共同部分の水道管は別として、そこから自宅部分に水道管を引いているじゃないですか? そこって、自分の家でしか使用していないわけで、自宅で誰も水を使っていないと、その部分の水道管の水って、全く動かないわけじゃないですか? 水道管の中の水が全く動いていない状態の時に、とても気温が下がってしまったら…水道管の中の水が凍ってしまうわけで、水って凍ると体積が増えるって知ってましたか? つまり、寒冷地で長時間水を使っていないと、水道管の中の水が凍って、水道管を破裂させてしまう…ってわけで、それを防ぐために、長期間、水を使わない時には、水道管から水を抜いて、水道管の中をカラにしてしまう事を、水抜き作業と言うのだそうです。

 ちなみに、この場合の長期間とは、一晩で十分長期間なんだそうです。うはー!

 で、なんでそんな話になったのかと言うと、H先生の別荘が、いわゆる寒冷地にあって、そろそろ夜は零下になるそうなので、水道管の破裂をふせぐために、別荘の水抜き作業と、必要な箇所(色々教えてくれましたが、結局、私には分かりませんでした)には不凍液を入れてきたんだそうです。で、もう冬の間は別荘には行けないなあ…という話をしてくださったのでした。

 水道管が凍る…のか。別荘なら、必要な処置をして行かなければいいだけの話だけれど、日々暮らしている土地が寒冷地で、毎日水抜きをしなければいけないのだとしたら…これって、案外、地味に大変かもしれない…と思いました。

 H先生の話って、自宅部分の水道管に限っていたけれど、共同部分の水道管って…凍らないのかしら? その水道管の先につながる集落が深夜の数時間、誰も水を使わなかったら、共同の水道管だって凍っちゃうんじゃないの? 私は寒冷地で暮らした経験がないから、全然分からないのだけれど、ふと、そんな事を考えちゃいました。

 水が出なかったら…死活問題じゃん。

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。
にほんブログ村 クラシックブログ フルートへ
にほんブログ村

« アゴを大切にしましょう | トップページ | 暇をむさぼるのに忙しい日々とになりました[2018年12月の落ち穂拾い] »

フルートのレッスン&活動記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« アゴを大切にしましょう | トップページ | 暇をむさぼるのに忙しい日々とになりました[2018年12月の落ち穂拾い] »

フォト

↓参加しています

  • 人気blogランキングへ にほんブログ村 クラシックブログへ

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2019 すとん