ひとこと

  •  グーグルがファーウェイにソフト提供を止めるんだそうです。つまり、ファーウェイでAndroidが動かない、ChromeもGmailも動かない。つまりファーウェイでスマホを作っても、それを動かすソフトが無くなるって話です。まあ、中国製のソフトを開発すれば問題ない話だけれど、ソフトなんて簡単に短期間で開発できるものではないわけで、いよいよファーウェイやばくない?
2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合は必ず“名前”の欄にハンドルネームをご記入ください。ココログ的には、コメントの際の名前の記入は任意となっていますが、このブログでは必須としますので、ご了解ください。また、その時に使用されるハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« 元気でないと病院には行けない? | トップページ | 息は鼻から吸った方が絶対に良い(断言します) »

2018年12月24日 (月)

第九の演奏を聞いて、私が気づいた事

 メリー・クリスマス!って事はさておき…

 今年も例年のように、クラヲタの常として第九を聞きました。もはや“年末に第九”は日本の年末行事であり、歳時記的レベルの話です。俳句の冬の季語として“第九”は認められてもいいんじゃないかって思ってます。

 ちなみに、私が常用している歳時記には、冬の季語として“だいこ(大根)”はあっても“だいく(第九)”はありません(笑)。

 私は今まで数多くの第九を聞いてきました。たくさん聞くと、いくつかの共通点がある事に気づきました。今回は、それについて5点ほど書いてみたいと思います。

1)オケはプロ、合唱はアマというパターンが多い

 たまにオケも合唱もアマというパターンのコンサートもありますが、そういう時は、たいていオケが残念です。いやいや、演奏の最初の頃は、そんなに残念じゃないんですよ。たいていのアマオケは、第1楽章はお見事だったりします…が、段々疲れてくるんでしょうね。肝心の第4楽章に入る頃には、ヘロヘロになっているアマオケ、多いです。特にホルンさんの消耗は、どのアマオケでも目に余るほどです。音楽を第一に考えるなら、オケはプロのコンサートの方がいいですね。

2)やたらと合唱の規模が大きい

 だいたい、どこも200名規模の合唱団で第九を歌っているみたいですね。まあ、ベートーヴェンによる初演も大規模合唱団だったそうですから、第九の合唱は大規模でいいんでしょうが、冷静に考えると、オケは二管編成なんだから、合唱は半分の100名規模でも多いくらいだと思います。各パート20名の80名で十分じゃないかな?って思います。

 それが大規模合唱になっているのは、単純に合唱団がアマチュアであり、声量不足を考慮して大規模合唱にならざるをえないのでしょう。あと、集客を考えても、合唱団は大規模の方が興行的にも安心できますしね。

3)第3楽章の後、アタッカで第4楽章に入る事は、まずない

 第九って、本来(つまり楽譜上は)第3楽章が終了したら、アタッカで(つまり休むことなく続けて)第4楽章に突入するように出来ていますが、まず、そのように演奏されたコンサートに行った事はありません。

 多くのコンサートでは、第3楽章が終わったら、その時点で合唱団とソリストの入場が行われる事が多いです。本来、合唱団は曲の冒頭からステージにいるべきでしょうが、合唱団の出番は、曲の開始してから約1時間後ですから、その間、ステージでじっとしていろと言うのは、アマチュアさんには酷です。で、曲の途中で入場するわけですが、そのタイミングとして、第3楽章終了後というパターンが多いと思います。

 合唱団の入場って、だいたい10分前後かかります。オケがアマの場合、この時間で休憩を入れて、演奏の立て直しをするわけですから、第3楽章の後のこの時間は、意外に大切な時間なのかもしれません。

 また、第3楽章の前(つまり、第2楽章終了後)に合唱団を入れる事もありますが、その時でも、ソリストの入場は第3楽章後だったりするので、やっぱりアタッカで第4楽章に入る事って、まあ無いですね。

4)だいたい合唱のテノールだけ残念

 合唱団がアマチュアですから、その歌唱レベルも色々です。上手なところもあれば、残念な団体もあります。どの程度の技量の合唱団であっても言えることは、テノールパートは、その他の3パートと比べて、だいたい残念な事が多いです。

 そもそも、残念以前に、人数が揃っていない合唱団もありますし、数が揃っていても質が揃っていないわけで、本当に残念な事が多いです。

 そもそも、第九の合唱パートって難しいんですよ。だから、テノールが残念と言うよりも、他のパートの人たちが頑張っている…と言うべきなのかもしれません。

 一つ言える事は、上手な合唱団は、テノールパートも上手だって事かな?

5)観客の中に子どもがチラホラ

 クラシック音楽のコンサートって、滅多に子どもの姿を見ることはありません。原則、未就学児の入場お断りですから、本当に小さな子どもはいないのですが、第九だと小学生ぐらいの子の姿を見ることは、珍しくありません…ってか、結構見ます。

 おそらく、第九って、歌うにせよ、聞くにせよ、我が国ではクラシック音楽の“入門曲”という扱いなんだろうと思います。第九って、そんなに簡単な曲じゃないんだけどなあ…。親に連れてこられた小学生にとって、第九って楽しいのかな? だいたい、長いし、飽きないかな?

 とにかく第九のコンサートって、他のクラシック音楽のコンサートと違って、何か特別な感じがする事だけは確かです。

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。
にほんブログ村 音楽ブログ 大人の音楽活動へ
にほんブログ村

« 元気でないと病院には行けない? | トップページ | 息は鼻から吸った方が絶対に良い(断言します) »

合唱」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 元気でないと病院には行けない? | トップページ | 息は鼻から吸った方が絶対に良い(断言します) »

フォト

↓参加しています

  • 人気blogランキングへ にほんブログ村 クラシックブログへ

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2018 すとん