ひとこと

  •  人生初。タピオカドリンクというモノを飲んでみた。ミルクティーにグミがたくさん沈んでいた…という感想。やたらと甘い。どことなく中華な風味。たぶん、もう二度と飲まないと思う。
2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合は必ず“名前”の欄にハンドルネームをご記入ください。ココログ的には、コメントの際の名前の記入は任意となっていますが、このブログでは必須としますので、ご了解ください。また、その時に使用されるハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« 無気力ではいけない | トップページ | 国内版楽譜が絶版でビックリしました »

2018年12月12日 (水)

いくら高い音でも中音として歌いなさい

 声楽のレッスンの続きです。曲の練習に入りました。今回から新曲になります。ベッリーニ作曲の「Per pieta, bell'idol mio/私の偶像よ」です。

 ベッリーニの「6つの歌曲」は中声版(原調よりも2~3度低い)で歌っていますので、音域的には無理がない…というよりも楽(中声版は本来はバリトン用の譜面。テノールは原調[高声版]で歌うのが普通です)なのですが、別に高い声を出すのが目的ではなく、歌に関する様々なテクニックを学ぶために歌っているので、これくらいの音域で良いみたいです。それにベッリーニはベルカント時代の作曲家なので、当時のテノール音域(これがやたらと高いんです)で作曲されているとは言え、私にはかなり高いので、中声版が適当…というのは本当の話です。

 まず、跳躍音程の歌い方について。高く飛ぶ前の音の時に、すでに「次は高音に行きますよ」と感じさせるような歌い方をしましょうって事です。つまり、音程はデジタルのように、ビシビシと歯切れよく行くのではなく、常に前の音や次の音を意識し、そこにつながっていくようにレガートに歌って音程を取っていく事が大切なわけです。

 そこで私が何となくイメージしたのが、トロンボーン。トロンボーンのスライドによる音程の取り方に、イメージ的に近いかなって思いました。あと、民族楽器になるけれど、中国の一弦琴? 女子十二楽坊で活躍していた楽器だけれど、これにも近いかなって感じました。

 この歌では“il tuo lo sa”というフレーズが何度か出てきますが、最初に出てきた時の音程が、E♭-D♭-E♭-Fなのですが、E♭とFの間で、私の発声が変わっていて、それは×なのです。Fを高音として狙って出すのではなく、あくまでも中音域の音として特別扱いせずに、4つの音のどれも同じように発声しないといけません。

 最後の“il tuo lo sa”の音程は、D-E♭-F-G♭-(下がって)A-B♭であり、G♭がこの曲での最高音になるわけですが、この音も高音として狙って出さずに、やはり中音域の音として特別扱いせずに、他の音同様に、どこも変えずに出さないといけません。具体的に言えば、Fの音から、よりクチの奥を大きく縦に開き、息を多く送り込む、それだけで全音程度は音程が上昇するので、そうやって歌えばいいのです。決してG♭を狙って、気合一発で出しちゃいけないのです。

 まあ、楽譜を見れば(中声用に低めに転調されている事もあって)このG♭は気合一発で出すように書かれているわけだけれど、それはバリトンさんなら、それもありだろうけれど(バリトンさんにはG♭はかなりの高音であって、合唱バリトンさんならまず使わない高音だしね)、でも私はテノールであって、独唱テノールにとってのG♭ってのは、本来は鼻歌でも歌える程度の高さなわけで、だからこそ、狙って出しちゃダメなんです。

 Y先生的には、すべての音を中音として私に歌わせるために、わざわざテノールの私に中音版の楽譜でレッスンしているわけですから、それを高音として歌っては、学習目的から外れてしまうって話なのです。

 でもね、自分が出せる範囲の音を、高音として狙い撃ちにして出すのって、気持ちがいいんだよねえ…(グチグチ)。

 ともかく、歌曲のレッスンでは、高音は一切使わずに、中音域の発声を充実していきましょうってノリで勉強しているので、私もY先生の方針に従って、高音を封じて歌っていきたいと思います。高音は…オペラアリアの方で頑張ればいいわけだしね。

 …ってわけで、ここまでやってタイムアウト。オペラアリアの代わりに歌う事になった、ビゼー作曲の「Agnus Dei/神の子羊」は次回まわしになりました。

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。
にほんブログ村 クラシックブログ 声楽へ
にほんブログ村

« 無気力ではいけない | トップページ | 国内版楽譜が絶版でビックリしました »

声楽のレッスン&活動記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 無気力ではいけない | トップページ | 国内版楽譜が絶版でビックリしました »

フォト

↓参加しています

  • 人気blogランキングへ にほんブログ村 クラシックブログへ

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2019 すとん