お知らせ

  •  こちらのブログは2019年8月14日に終了しました。現在は引っ越しをし、こちらで活動しています。ブックマーク等の変更をお願いします。また、こちらのブログにコメントをされてもお返事しかねますので、コメントは新しい現在のブログにしていただきますように、お願いします。

« 私流の暗譜のやり方 | トップページ | プロは、演奏技量よりも集客力の方が大切! »

2018年12月20日 (木)

本音じゃバリトンに転向したい?

 暇な時間の大半は、常に発声の事ばかり考えている私です。たぶん、テノールと呼ばれる人たちは、プロアマ問わず、そんな感じなんだろうと思います。それくらい、テノールにとって、発声というのは悩ましいものです。

 隣の芝生というのは、常に青いのです。

 本当は失礼な話になるんだろうと思うので、その点は勘弁してほしいのですが、たまにバリトンに転向したくなる時もあります。

 理由は…ですか? 実に実に本当に失礼な理由なんだけれど…発声が楽そうだからです(ごめんなさい)。

 おそらくバリトンの方に言わせれば「発声が楽だと! バリトン、なめんなよ」と怒られそうですが、そう思ってしまう時があります。

 バリトンの一般的な音域と言うのは、低いGから高いGまでの2オクターブです。私、この音域なら、ラクラク出せますので、バリトンの歌は、テクニカル的な部分は別として、みんな楽に歌えると思い上がっているくらいです。

 一方、テノールの一般的な音域というのは、低いCから高いCまでの2オクターブですが、上の方の、A~Cぐらいの音域の発声って、目が潰れるくらいに難しくて、それで四六時中発声について考えないとならないわけなのです。テノールの音域で歌うのは、難しくて、未だにきちんと歌えませんし、今後頑張ったところで歌えるようになれるかどうかは、神のみぞ知るという状況だったりします。

 「だったら、さっさとバリトンに転向すればいいじゃん、何を悩んでいるんだい」

 ほんと、バリトンに転向できれば、そりゃあいいですよね。実際、前に歌を習っていたキング先生は、私にバリトンに転向しなさいと命令したくらいだしね。

 でもね、テノールとバリトンの違いは、発声できる音域の違いで区別されるわけではなく、その人の声の質や特性で区別されるべきものなんですよ。声の音色とかチェンジの箇所とか、高音での輝き、中音でのふくらみとか…ね。そう考えると、私の声は、実に見事にテノールなわけで、それもごく典型的なテノールの声なわけで、バリトンへの転向なんて、ありえないわけで、それを「声が出ないから」なんていう理由でバリトンに転向すれば、それこそ「お前、バリトン、なめてんだろ!」って言われかねません。

 まあ、低音部はバリトンっぽい声を出せる私ですが、中高音に関しては、全然テノールの声だし、実際、テノールは低音は捨てて発声するので、私の声は普通にテノールの声であって、バリトンのパートは歌えば歌えるだろうけれど、それで良いのかと言えば、たぶんダメです。

 なので、日々日々発声について悩んでいるわけです。

 自分の持ち声ばかりは、いくら望んでも変えるわけにはいかないからね。そこが器楽との決定的な違いだね。

 現状、私の場合、高音の無いテノール…つまり、バリノールなわけですが、それは多くの未熟なテノール同様、単純にテクニック不足で高音が発声できないだけで、そこをなんとかクリアして、リアルなテノールにクラスチェンジをしたいものだと願っています。

 ほんと、悩み多いんです。だから、四六時中、発声の事ばかり考えてしまうのです。

 もしも、自分の持ち声を、自分の希望で変えられるなら、私は…テノールではなく、実は、ソプラノになりたいですよ。だって、ソプラノって、名曲ばかり歌えて、ズルいよなあ。ほんと、ズルいと思います。

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。
にほんブログ村 音楽ブログ 大人の音楽活動へ
にほんブログ村

« 私流の暗譜のやり方 | トップページ | プロは、演奏技量よりも集客力の方が大切! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 私流の暗譜のやり方 | トップページ | プロは、演奏技量よりも集客力の方が大切! »

フォト
無料ブログはココログ