ひとこと

  •  人生初。タピオカドリンクというモノを飲んでみた。ミルクティーにグミがたくさん沈んでいた…という感想。やたらと甘い。どことなく中華な風味。たぶん、もう二度と飲まないと思う。
2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合は必ず“名前”の欄にハンドルネームをご記入ください。ココログ的には、コメントの際の名前の記入は任意となっていますが、このブログでは必須としますので、ご了解ください。また、その時に使用されるハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« 今年[2018年]聞いたCD | トップページ | 今年もお世話になりました[2018年を振り返って] »

2018年12月30日 (日)

今年[2018年]見たDVD

 昨日は、今年購入したCDについて記事を書きましたが、今日はDVDです。ここ数年、毎月1枚ずつオペラのDVDを買おうとしていた私ですが、今年に入り、それに気が失せ(最近はDVDではなく漫画を買ってます)、DVDの購入枚数も自然と減ってきた私です。

 例によって、記録を取り始めた2016年からの枚数を書いておきます。

2016年が37枚
2017年が36枚

 で、今年ですが、なんと、たったの12枚。独立した記事にするのもどうかと思われるほどになってしまいました。ま、その分、漫画をたくさん買っているんだろうなあって思ってます。たぶん200冊以上(笑)、いい年したオトナなのに(笑)。

 ま、そんなこんなですが、今年のDVDの購入ラインナップは、こんな感じになりました。

【オペラ系】

1)フッテンロッハー「モンテヴェルディ作曲:歌劇『オルフェオ』」

2)ジェラルド・フィンレイ「ロッシーニ作曲:歌劇『ウィリアム・テル』」

3)ジークフリート・イェルザレム「ワーグナー作曲:歌劇『パルジファル』」

4)ジョン・ヴィッカーズ「サン=サーンス作曲:歌劇『サムソンとデリラ』」

5)モンセラート・カバリエ「チレア作曲:歌劇『アドリアーナ・ルクヴルール』」

6)シー・イージェ「ロッシーニ作曲:歌劇『オリー伯爵』」

7)ミーシャ・ディディク「チャイコフスキー作曲:歌劇『スペードの女王』」

8)ピョートル・ベチャワ「レハール作曲:喜歌劇『微笑みの国』」

 毎月1枚ずつ購入していれば、それだけでここが12枚になったはずですが、8枚きりというのが、オペラDVD購入熱が冷めた事を表しています。まだまだ欲しいオペラはあるのだけれど、来年以降はどうしましょうか?

【その他】

9)マイケル・ジャクソン「THIS IS IT」

10)青薔薇海賊団「早春の大町公演 2018」

11)ミンコフスキー指揮「モーツァルト作曲:カンタータ『悔悟するダヴィデ』」

12)ルチアーノ・パヴァロッティ「パヴァロッティ・クラシック・デュエッツ」

 10)はCDの時に書きました、青薔薇海賊団のモノです。コンサート会場での物販で、2つまとめて購入すると割引になるので、ついつい2つとも買っちゃいましたというパターンです。ま、これもアーチストへのお布施って奴です。

 11)のカンタータは教会ではなく、馬場での演奏で、全編通して、騎馬が見られます。演奏も良いのですが、賢いお馬さんを見るためのDVDとも言えます。なので、カンタータ?って感じになってます。演奏者の姿は歌手も合唱もクローズアップされません。お馬好きにはいいっすよ。

 今年のDVD購入はこんな感じでした。物欲が薄くなったというよりも、別の方面に向かっただけってのが、ちょっと残念です。ああ、それにしても、アマゾンが憎い…。

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。
にほんブログ村 音楽ブログ 大人の音楽活動へ
にほんブログ村

« 今年[2018年]聞いたCD | トップページ | 今年もお世話になりました[2018年を振り返って] »

その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 今年[2018年]聞いたCD | トップページ | 今年もお世話になりました[2018年を振り返って] »

フォト

↓参加しています

  • 人気blogランキングへ にほんブログ村 クラシックブログへ

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2019 すとん