ひとこと

  •  急に寒くなりましたね。気候の変化に体調が追いつかず、風邪をひいてしまいました。ああ、ノドが痛い(涙)。
2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合は必ず“名前”の欄にハンドルネームをご記入ください。ココログ的には、コメントの際の名前の記入は任意となっていますが、このブログでは必須としますので、ご了解ください。また、その時に使用されるハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« ルデンの近況 | トップページ | 廉価な中国製にはご注意を… »

2018年10月 7日 (日)

私は都会っ子?

 よくテレビで、田舎暮らしの方々の生活や田舎に住む男性の婚活の様子とかが放送されます。あれを見て「田舎暮らしもいいなあ」と思う人も大勢いらっしゃる事だと思います。「年を取ったら田舎で暮らそう」と勧めるリタイア関係のビジネス書もあります。確かに職場に束縛されなくなったら、そういう生活もアリかもしれません。

 まあ、そういう方々の意図も主旨も分かるし、気持ちも分かります。なので、自分にそれが出来るのかと…考える事がないわけではありません。

 が! いくら考えても、いつも結果は同じです。たぶん、私は田舎では暮らせません。ほんと、申し訳ない。

 たぶん、遺伝子的に無理なんじゃないかって思うんですよ。私の家は、だいだい東京住まいで、私自身、東京の下町生まれですし、親の世代まではチャキチャキの江戸っ子だったわけです。それが色々あって、私が幼少の時に(私が喘息持ちだった事もあって)湘南に越してきたわけで、それ以来、ずっと湘南の中を転々と移動しながら暮らしているわけです。

 湘南は…都会ではないけれど、いわゆる田舎ではないし、地元に閉じこもっていても特に不自由のない生活ができるし、電車に30分乗れば横浜に、1時間乗れば東京に出られるので、都会の楽しみも享受できます。地元自体は観光地…ってか、リゾート地域なので、空気はキレイだし、海もあれば温泉もあるし、食べ物は美味しいし…なので、そういった部分は都会とは違うけれど、首都圏なのでテレビは東京と同じだし…ね。

 欠点を上げるなら、物価が高いこと(涙)。いや、ほんと、物価は都心並みに高いのよ。不動産関係(家賃とか土地とか)も都心並みに高い(涙)。東京でも、ちょっと都心から離れた地域の方がむしろお安いのよ。まあ、何にせよ、暮らしていくのに、それなりにお金が必要な地域であることは間違いないです。

 あと、税金、高いよ(涙)。住民サービスも良くないよ。ゴミ回収なんて週2回だよ。道はたいてい渋滞しているし…。

 いつも外部の人々が大勢遊びに来ているのが当たり前なので、毎日がお祭り状態なんですね。ほんと、街に落ち着きがない…ってか、活気があって、いつもうるさい。

 テレビや映画の撮影もよくやっているし、芸能人を始めとする有名人たちもたくさん住んでいて、なので自然に知り合いにも有名人がいたりして、特に夏場の浜辺は、お祭り騒ぎどころか、毎日カーニバルでもやっているの?って具合に、人があふれていたりします。他人の中で生活している…という感覚は、都会と同じだろうなあって思います。

 でも、その割には、治安はいいんですよ。当地で生活していて、身の危険を感じた事は、あんまりないです。窃盗団がたまに暗躍するくらいかな(汗)。でもそれも数年おきぐらいの話です。

 たまに「湘南って、不良や暴走族がたくさんいるんでしょ?」って言う人がいますが、あれは某マンガの話です。確かに私が若い頃は、週末になると他所の地域の不良たちがバイクに乗って集まってきて、色々と迷惑行為をしていました(地元の人間は冷ややかに、そして困ったものだと思ってました)が、警察が頑張ってくれたおかげで、今はそんな事も全くありません。

 だいたい、湘南って、街全体がノーテンキだし、グレるような人間は海に行って波とたわむれちゃったり、結構ダンスが盛んなので、みんなして踊っちゃったりしているので、グレている暇がありません。せいぜい、オカサーファーがかっこつけているくらいです。
 毎日太陽がさんさんと照っているので、案外、健全なんですよ。

 なので、そんな湘南に住んでいる私が、どこか地方…ってか、僻地とか離島とか山奥とかで暮らすなんて、ちょっと考えられないです(田舎暮らしの皆さん、ごめんなさい)。

 まず一番無理だなって思うのは…オペラが見られなくなるって事です。生の舞台上演はもちろん、メトのライブビューイングを始めとする映画館上演のオペラですら見ることができない生活というのは…相当にキツイです。地方でも、BSとかCSで放送されるオペラは見られるし、DVDを購入すればいいじゃんって言われるかもしれないけれど、家庭用テレビで見るオペラと、生はもちろん、映画館で見るオペラでは、そりゃああれこれ違うわけです。

 でも、オペラは最悪、テレビやDVDで我慢できるかもしれません。

 地方に住んで無理かも…って思うのは、音楽趣味が続けられなくなるかも…という危機感です。地方に移り住んで、同じ集落に、フルートの先生っているかな? 声楽の先生っているかな? ああいう職業の人って、やはり東京近辺に住んでいる人ばかりだから、地方では、かなり厳しいよね。地方に全くいないわけではないけれど、そこに通うのに、かなりのエネルギーが必要になってくるわけです。

 問題は移動に必要なエネルギーです。私、基本的に乗り物が嫌いなんですよ。なので、移動は原則、徒歩な人です。どこに行くのでも、基本的に徒歩。徒歩で行けない場所は、仕方がないので、公共交通機関を利用します。なので、自家用車はもちろん、自転車に乗って移動するのも好きじゃないし、なるべく利用したくないのです。ま、自転車移動は好き嫌いの話だけれど、自家用車利用に関しては、ちょっとしたポリシーがあるので、それはなるべく避けたいのです。

 地方に行くと、車のない生活って無理でしょ?

 私が湘南に住んでいる理由の一つに、すべてが徒歩圏にあるってのがデカイんですよ。職場はもちろんだし、スーパーも、ショッピングモールも、病院も学校も映画館も、海外の引っ越し公演でオペラをやってくれるような劇場すら、全部徒歩圏内にあります。コンビニなんて、徒歩1分かからないんだよ。徒歩で生活していて、何の不自由もないのです。徒歩ライフを満喫しているのです。でも、地方に移住して徒歩生活をしようものなら、あっという間に詰みます。無理です。

 というわけで、生活面の諸条件を鑑みるに、私が田舎で暮らすのは、ちょっと無理っぽいです。

蛇足  生活面から考えると田舎暮らしは無理だけれど、仕事的には、私は教育関係の仕事なので、最悪、ガッコのセンセをすればいいんだから、どんな僻地に行っても、仕事はある…と言えばあるんだよね。仕事だけで考えれば、田舎の分校のセンセと言うのも、悪くないのだけれど、そこでの暮らしが私には無理なんだよね。

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。
にほんブログ村 音楽ブログ 大人の音楽活動へ
にほんブログ村

« ルデンの近況 | トップページ | 廉価な中国製にはご注意を… »

ダイエット&エッセイ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ルデンの近況 | トップページ | 廉価な中国製にはご注意を… »

フォト

↓参加しています

  • 人気blogランキングへ にほんブログ村 クラシックブログへ

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2018 すとん