ひとこと

  •  誤って殺害…が通用するんだ、サウジアラビアって国は(嘆)。
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合は必ず“名前”の欄にハンドルネームをご記入ください。ココログ的には、コメントの際の名前の記入は任意となっていますが、このブログでは必須としますので、ご了解ください。また、その時に使用されるハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« 廉価な中国製にはご注意を… | トップページ | 声をフックする? »

2018年10月 9日 (火)

歌えるカラダを作るのが大切なんです

 声楽のレッスンに行ってきました。最初のハミング練習は、最近にしてはいい感じです。まあ、自分で思うに、よく響く声で歌えていたと思います。もっとも、先生からは「あまり下に掘らない事」と注意を受けてしまいました。なるべく重い響きは付けないようにしないといけません。

 どうにも私は、すべての音を鳴らそうと(無意識に)してしまいがちなのですが、その結果(発声練習は低い音から始めるので)声が重くなりがちです。で、その重い声のまま上の音程まで行ってしまうわけです。たとえ、最初の音の音程が低くても、響きは高めに。常に、胸の響きはそこそこに、鼻の響きを強めにしていきましょう。先生から「バリトンのような重い声はいらない」と言われました。ダメだな。

 今回の発声練習では、高いG♯を出す練習をしました。私、Gまでは楽勝なのですよ。で、G♯になると、途端に困難になります。まあ、手順を踏めば出せないわけではないのですが、手順を踏んで出す以前に、先生曰く「G♯になると、息の方向が変わってしまう。本当は、Aまでは息の方向を変えずに出したい」との事です。つまり、Gまでの発声方法で、G♯やAを楽に出せるようにしましょうって事です。

 で、その息の方向だけれど、Gまでは息は後ろに向かって出ているそうです。だから、声は息と一緒に後ろに行ってからグルンと回って前に出てくるのです。でも、G♯になると、息は直接前に出てしまうのだそうです。で、息が直接前に出てしまうと、クチの奥を十分に引っ張りきれず、そのため高音は難しくなるので、G♯とかAとかの発音に苦労するわけだし、それ以上の音は出せないわけです。

 なので、息を前に出さないように歌う練習をしたわけだけれど、やはりG♯になると、息が無意識に前に出てしまいます。

 あれこれやってみて分かった事は…やはり筋力の問題でした。クチの奥を開ける筋力がGまでの分しかなく、G♯を出せるほどクチの奥を開く筋力がない…って事でした。筋力が無いだけで、G♯を出せるほどの余裕は口内にありそうだけれど、そこまで開く筋力がないため、G♯になると、クチの奥が開ききれず、途端に狭くなってしまって、息が前に出てしまい、高音が難しくなる…という分析です。なので、クチの奥を開く練習をしました。と言っても、あくびのクチの練習ですが(笑)。とにかく、もっともっとクチの奥を大きく開けるようにしましょう。クチの奥がもっと開いて、その上さらに腹圧が高くなれば、G♯もAも行けるんじゃないかって事です。

 もちろん、クチの奥をいくら開いても、腹筋が足りず、腹圧が低いままだと、息がG♯まで届かずに、響きが低くなってしまうので、同時に腹筋も今まで以上に鍛えないといけません。

 結局、筋トレなんだよね。呼吸筋や口腔内の筋肉のトレーニングが必要なのです。歌は体が楽器だから、体を変えていかないと歌えないんだよね。歌え練習も大切だけれど、その前に歌えるカラダを作る事がもっと大切なんだよ。

 ああ、難しい、難しい。

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。
にほんブログ村 クラシックブログ 声楽へ
にほんブログ村

« 廉価な中国製にはご注意を… | トップページ | 声をフックする? »

声楽のレッスン&活動記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 廉価な中国製にはご注意を… | トップページ | 声をフックする? »

フォト

↓参加しています

  • 人気blogランキングへ にほんブログ村 クラシックブログへ

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2017 すとん