ひとこと

  •  放送業界&家電業界では、4K、8Kのテレビ放送で盛り上がっているみたいです。皆さん、4Kのテレビって欲しいですか? 私は廉価ならば欲しいですが、高価ならばパスです。だって、ウチのテレビって42型だもの、そんなに大きくないもの。DVDとBlue-rayの画質の違いだって分からないくらいだもの、4Kや8Kの画面を見ても、たぶん、その美しさは分からないんじゃないかな? いや、それ以前に、アニメとかバラエティとかドラマとかを、そんなに美しすぎる画面で私は見たいのか…って話です。もちろん、廉価なら見たいですが、たぶん最初のうちは高価だよね。100万円以上もするようなテレビは、よう買わんですよ、私。私に買って欲しければ、まずは10万円程度にしてください。話はそれからです。

お知らせ

  • ●2018年秋の本番のお知らせです。●門下の発表会は、次の通りです。●2018年11月18日(日) 横浜市神奈川区民文化センター かなっくホール 13時開場 13時30分開演です。●こちらは一番下手っぴなのが私なので、最初から聞いても面白いと思います。全体で2時間程度の発表会です。私の出番は二回に分けてますが、最初の出番は14時前後になる予定です。●レスピーギ作曲「Invito alla danza/舞踏への誘い」●ドナウディ作曲「Amor s'apprende/ 愛は取り付いてしまう」●ヴェルディ作曲「椿姫」より「De'miei Bollenti spiriti/燃える心を」●そういうわけで、一つよろしくお願いします。
2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合は必ず“名前”の欄にハンドルネームをご記入ください。ココログ的には、コメントの際の名前の記入は任意となっていますが、このブログでは必須としますので、ご了解ください。また、その時に使用されるハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« 赤い電灯は面白い | トップページ | 息の速度をコントロールする練習をしました »

2018年9月 2日 (日)

結婚生活って楽しいものです

 春風亭昇太師匠と言えば、笑点のせいもあって、すっかり“独身キャラ”となっています。実際、御本人も独身だし、まあ独身である事がすっかりネタにもなっているわけで、それはそれで客の立場になれば、その独身キャラも見ていて楽しいものです。

 で、時は逆上りますが、今年のお盆も例年のごとく、昇太師匠の高座を聞きに行ったわけです。で、話の枕で独身ネタの話をするわけですが、その中で「なぜ師匠が独身なのか?」の答えとして「結婚している人を見ていると、どうしても幸せには見えない」から、独身でもいいやって言うわけです。

 まあ、高座での話ですから、話半分に聞いておけばいいのでしょうが、でもこの意見、案外、世間一般でもよく言われる話ですよね。

 曰く、「結婚は人生の墓場である」とね。

 なんか、結婚した人間はバカで間抜けみたいな言われ方です。結婚生活には良い事も楽しい事も無さそうな言いっぷりです。

 確かに既婚者の方々に結婚生活について尋ねると、あまり良い返事が返ってこないでしょう。でもそれは結婚生活が墓場のようなものではなく、むしろ照れと謙遜があって、はかばかしくない答えを返す…のだと私は思ってます。特に男性の場合は、それが顕著だろうと思います。

 例えば、夫婦仲が良い人に向かって「オタクはどうよ…?」と尋ねれば、そりゃあ、実際はラブラブでも、照れと謙遜で「ダメ、ウチは全くダメ…」とか言い出して、奥さんの悪口を言い始めちゃったりするわけですよ。それが日本男児なんですよ。基本はシャイだからね。

 そんな人たちの言葉を真に受けちゃダメなんだって。

 まあ、現実問題として、何事にも向き不向きはあるし、成功も失敗もあります。結婚生活に向かない人もいれば、不幸にして結婚相手を間違えてしまったり、結婚生活に失敗してしまった人もいるでしょう。確かにそういう人たちの結婚生活は不幸だろうし、そんな不幸な結婚生活は“人生の墓場”と言われても仕方ないと思います。

 でもね、今の時代、そういう人たちの多くは離婚してますって。そんな墓場のような結婚生活をやむなく継続している人って…そんなに多くないはずです。少なくとも、今現在、結婚生活を継続しているカップルは、継続している理由があるわけで、みんなそれなりに幸せだったりするわけです。

 昇太師匠と同年輩の50代後半の男性だと、既婚者75.0%,未婚者16.7%,死別者1.4%,離別7.0%であって、圧倒的に結婚している人が多いわけです。みんな、それなりに結婚生活に意味を見出して継続しているわけですよ。

 昇太師匠の話はネタだから、真に受けちゃいけないにせよ、でも世の多くの男性たちは、若い世代に向けて、結婚なんてロクじゃねえぜ…的なセリフを吐きがちです。

 私はそれは良くない事だと思ってます。と言うのも、今の若い世代は、そうでなくても結婚しづらい世代です。彼らの多くは経済的に困難を抱え、なかなか結婚できなかったり、結婚への不安を抱えていたりしているわけです。そんな彼らに向かって人生の先輩であるオッサンたちが「結婚なんて人生の墓場だぜ」とか言って、彼らが真に受けたら…若者なんて、素直なものだし、騙されやすいんですよ。こちらに悪気がなくても、その言葉をそのまま受け取りかねません。

 若者相手に、結婚に嫌悪感を抱かせるような事を言うなんて、ダメです。絶対にダメです。

 少なくとも人生の先輩である、オジサンたちは、若い人たちが結婚したくなるような言葉がけを行ったりする必要はあると思います。

 私はそう思いますよ。

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

« 赤い電灯は面白い | トップページ | 息の速度をコントロールする練習をしました »

ダイエット&エッセイ」カテゴリの記事

コメント

とても共感しました。
私は独身ですが、結婚生活の愚痴を日常的に語りたがる人ほど、独身者に「早く結婚しろ」と言うことが多い気がします。
自己矛盾に気がついていないのか、それとも自分が苦労してるんだから若い奴も苦労しろというよくある価値観の押し付けなのか、と不思議に思っていましたが、そういう人達もなんだかんだで結婚生活を楽しんでいるのかもしれませんね。
楽しいことは楽しい、と素直に伝えないと相手には伝わらない訳で、「若い人間は結婚したがらない」と現状を憂う前に、若い人に結婚の素晴らしさを積極的に伝えるという行動を起こして欲しいものです。

たろすけさん

>結婚生活の愚痴を日常的に語りたがる人ほど、独身者に「早く結婚しろ」と言うことが多い気がします。

 言われてみると、確かにそういう傾向はあるかもしれません。そういう人は、たぶん、結婚して幸せな人なんだと思いますよ。幸せだから、愚痴の一つや二つ出るんです。本当に不幸せなら愚痴なんて出ませんよ。そういう人はただただ黙って耐えているものです。
>楽しいことは楽しい、と素直に伝えないと相手には伝わらない訳で、

 素直じゃないんだよ、日本男子の多くは…。言い換えれば、ほぼ、コミュ障なんだよ。困ったモンだね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 赤い電灯は面白い | トップページ | 息の速度をコントロールする練習をしました »

フォト

↓参加しています

  • 人気blogランキングへ にほんブログ村 クラシックブログへ

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2018 すとん