ひとこと

  •  放送業界&家電業界では、4K、8Kのテレビ放送で盛り上がっているみたいです。皆さん、4Kのテレビって欲しいですか? 私は廉価ならば欲しいですが、高価ならばパスです。だって、ウチのテレビって42型だもの、そんなに大きくないもの。DVDとBlue-rayの画質の違いだって分からないくらいだもの、4Kや8Kの画面を見ても、たぶん、その美しさは分からないんじゃないかな? いや、それ以前に、アニメとかバラエティとかドラマとかを、そんなに美しすぎる画面で私は見たいのか…って話です。もちろん、廉価なら見たいですが、たぶん最初のうちは高価だよね。100万円以上もするようなテレビは、よう買わんですよ、私。私に買って欲しければ、まずは10万円程度にしてください。話はそれからです。

お知らせ

  • ●2018年秋の本番のお知らせです。●門下の発表会は、次の通りです。●2018年11月18日(日) 横浜市神奈川区民文化センター かなっくホール 13時開場 13時30分開演です。●こちらは一番下手っぴなのが私なので、最初から聞いても面白いと思います。全体で2時間程度の発表会です。私の出番は二回に分けてますが、最初の出番は14時前後になる予定です。●レスピーギ作曲「Invito alla danza/舞踏への誘い」●ドナウディ作曲「Amor s'apprende/ 愛は取り付いてしまう」●ヴェルディ作曲「椿姫」より「De'miei Bollenti spiriti/燃える心を」●そういうわけで、一つよろしくお願いします。
2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合は必ず“名前”の欄にハンドルネームをご記入ください。ココログ的には、コメントの際の名前の記入は任意となっていますが、このブログでは必須としますので、ご了解ください。また、その時に使用されるハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« 息の速度をコントロールする練習をしました | トップページ | フルート合宿2018 その0 フルート合宿の前日に、フルートのレッスンに行ってきたわけです »

2018年9月 4日 (火)

メンタルの弱さを自覚せざるを得ないのです

 声楽のレッスンの続きです。曲の練習に入りました。

 最初の曲は、レスピーギ作曲の「Invito alla danza/舞踏への誘い」です。

 まずは楽譜に書かれた表情記号に注意しながら歌いましょう。息をしっかり吐いて、一音一音を大切にしながら歌いましょう。

 音域的には全く問題の無い曲なので、すでにざっくりとは歌えちゃうわけだけれど、歌はざっくり歌えれば良いわけではなく、丁寧に美しく歌わないといけないので、細かい所にもしっかり神経を配って歌わないといけないのです。

 ワルツの曲なので、イタリア人の曲(レスピーギはイタリア人です)だけれど、少しだけ、ウィーン風味を加えて歌うのが良いですが、やはりイタリア音楽だからやりすぎは禁物だそうです。また、途中でリズムがワルツからガボットに変わるので、そこは明らかにリズムが変わった事を意識して歌うことです。

 また“rit. molto”は、やりすぎなくらいにやって、丁度良い感じだそうです。

 次は椿姫のテノールアリアの「De'miei Bollenti spiriti/燃える心を」です。この曲の最高音はA♭なので、落ち着いて丁寧に楽な気分で歌っていけば、必ず歌えるはずの曲なんだそうです。それをついつい忙しさにかまけて、準備不足のまま当該箇所に突っ込んで、勢いだけで歌おうとするから、失敗してしまうのです。

 力まず焦らずに手順通りに準備ができればいいのですが、そんな余裕は私には無いのです(これが問題です)。力まずに最後まで余裕を持って歌っていけば、必ず歌える歌を、歌の途中で無駄に力んで台無しにしてしまう…あれ、こんな事を今まで何度も繰り返してきたような気がする。

 私って、自分が思うよりもずっとメンタルが弱いのかな? メンタルが弱いから、高音が来るぞと思うだけで、緊張して力が入ってしまい、頭が真っ白になって、結果、練習してきた事もできずに、ただただ勢いだけで乗り切ろうとして、逆にドツボにはまってしまって…後半は、声を使い切って、ガサガサな声で歌うしかないわけです。

 ああ、やだやだ。実力磨く前に、メンタルを鍛えなきゃ。でも、どうやってメンタル鍛えたらいいんだろ?

 緊張を回避するために一番良い方法は練習を積み重ねる事だと言います。練習をして良い結果を積み重ねる事で自信を身につけて緊張を回避する、あるいは練習をする事で、行動そのものをカラダに染み込ませルーチン化させ、本番ではパニクったとしても、カラダは自動運動をして、練習の時のように確実に結果を出していく。

 どちらにせよ、練習をいっぱいして、良い結果、成功体験をたくさん積んでいかないとダメだな…と真剣に思いました。

 高い音が近づいた時、失敗しちゃいけないと思って、身構えて、カラダに力が入ってしまうのがいけないのです。先生がおっしゃるには、高い音が近づいた時に失敗しそうな予感がしたら、そこは声をひっくり返しちゃって(つまり失敗しちゃって)次に進んだ方が結果がいい…との事ですが…そこまで私は割り切れないんだよね。だから、失敗しちゃうんだ。

 最後は二重唱。ドナウディ作曲の「Amor s'apprende/ 愛は取り付いてしまう」です。自宅でもずっと一人で練習してきただけなのですが、とりあえず、いきなり妻と合わせてみました。

 結果は…大雑把に良しです。妻の方は完璧だけれど、私の方の音程が甘かったり、音色が硬かったりして、あっちこっち見直さないといけない箇所はたくさんあるんだけれど、とにかく、大雑把に良しです。

 あとは、終始、声のポジションを高くし、上ずった声で歌うくらいに音程を高めにする事と、息を優しく吐いて丸い声で歌っていく事を心がけていく事。それと、要所要所で、妻とキレイにハモっているかを確認しながら歌っていく事。特に長い音符のところのハモリに気をつける事。まあ、こんな感じかな? 初めて合わせたにしては、まあいいんじゃないの? 後は、ここからどれだけ精度の高い歌に仕上げられるか…だけど、それは専ら私の歌にかかっているわけで…頑張れ、私。

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。
にほんブログ村 クラシックブログ 声楽へ
にほんブログ村

« 息の速度をコントロールする練習をしました | トップページ | フルート合宿2018 その0 フルート合宿の前日に、フルートのレッスンに行ってきたわけです »

声楽のレッスン&活動記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 息の速度をコントロールする練習をしました | トップページ | フルート合宿2018 その0 フルート合宿の前日に、フルートのレッスンに行ってきたわけです »

フォト

↓参加しています

  • 人気blogランキングへ にほんブログ村 クラシックブログへ

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2018 すとん