ひとこと

  •  放送業界&家電業界では、4K、8Kのテレビ放送で盛り上がっているみたいです。皆さん、4Kのテレビって欲しいですか? 私は廉価ならば欲しいですが、高価ならばパスです。だって、ウチのテレビって42型だもの、そんなに大きくないもの。DVDとBlue-rayの画質の違いだって分からないくらいだもの、4Kや8Kの画面を見ても、たぶん、その美しさは分からないんじゃないかな? いや、それ以前に、アニメとかバラエティとかドラマとかを、そんなに美しすぎる画面で私は見たいのか…って話です。もちろん、廉価なら見たいですが、たぶん最初のうちは高価だよね。100万円以上もするようなテレビは、よう買わんですよ、私。私に買って欲しければ、まずは10万円程度にしてください。話はそれからです。

お知らせ

  • ●2018年秋の本番のお知らせです。●門下の発表会は、次の通りです。●2018年11月18日(日) 横浜市神奈川区民文化センター かなっくホール 13時開場 13時30分開演です。●こちらは一番下手っぴなのが私なので、最初から聞いても面白いと思います。全体で2時間程度の発表会です。私の出番は二回に分けてますが、最初の出番は14時前後になる予定です。●レスピーギ作曲「Invito alla danza/舞踏への誘い」●ドナウディ作曲「Amor s'apprende/ 愛は取り付いてしまう」●ヴェルディ作曲「椿姫」より「De'miei Bollenti spiriti/燃える心を」●そういうわけで、一つよろしくお願いします。
2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合は必ず“名前”の欄にハンドルネームをご記入ください。ココログ的には、コメントの際の名前の記入は任意となっていますが、このブログでは必須としますので、ご了解ください。また、その時に使用されるハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« 時代は変わるもの | トップページ | メトのライブビューイングで『オリー伯爵』を見てきました »

2018年9月10日 (月)

フルート合宿2018 その4 合宿開始です

 長野から第三セクターの電車に乗って、合宿所の最寄りの駅まで行き、そこからは迎えのバスに乗って合宿所に到着しました。

 合宿所は、いつものお宿です。ホテルと名乗っていますが、実質的には民宿に毛の生えた程度の施設ですが、まあ文句は言いません。

 関東地方も暑いけれど、こちらも暑い…。避暑ってわけには参りません(涙)。

 さっそく各部屋に分かれて個人練習開始です。今年も昨年同様、Fさんと同部屋です、よろしく。とにかく、日頃の練習不足もあるので、やっためたらにフルートを吹きまくりました。吹く曲は、発表会で吹く『ヴォカリーズ』と『エンターティナー』が中心です。とにかく、指の回らないところを重点的に何度も何度も繰り返して練習します。

 やがてH先生に呼ばれてレッスンです。とは言え、すでに何度もH先生からはレッスンを受けている(当たり前か)ので、専らピアニストさんとのピアノ合わせがメインのレッスンです。

 まずは私が決めたテンポで2回通しました。苦しいです。そもそもフレーズが長くてつらい上に、私は気管支炎であっちこっちが腫れていて、ブレスが長持ちしません。その上、吹き過ぎを先生から注意されているため、息を抑え気味にしていると、今度は息が余るわけです。息が余っても、それは酸欠の空気だから、いくら肺の中に空気が入っていても、苦しいのです。とにかく息を吐かないといけないのだけれど、曲中には溜まった息を吐き出せるようなチャンスはなかなか無いため、結果的に、肺に悪い空気がたっぷり溜まったまま、新鮮な空気が吸えず、徐々に酸欠になってしまいます。苦しいけれど息が吸えない…やがて演奏中に発汗しはじめ、意識が飛びそうになります。やばいです。

 とにかく、次のレッスンまでに対策を考えておかないといけません。

 咳のしすぎで腹筋が痛いです。フルート練習では長時間立っているので、やがて腹痛がし始めます。やむをえず、途中からイスに座って練習をするようにしました。なんか、負けたような気がしますが、これで腹痛を起こさずにフルート練習が出来るようになりました。演奏中は、イスに軽く腰掛けるに留めますが、フルートを吹いていない時は、じっくり深く腰掛け、背もたれにカラダを任せて、休息に励むようにしました。

 午後の休憩時間は、みんなフルート練習を止め、それぞれに自由時間を過ごすわけで、湖でボートに乗ったり、かき氷やアイスを食べに出かけたりする人たちがいますし、私も昨年まではこの時間にポケモンGOをしていたわけですが、今年は体調不良もあって、ひたすら寝ていました。いや、実は練習中も、時々意識を失って、うたた寝をしていたくらいなのですから、休憩時間は寝るしかないのです。とにかく、いくらでも寝られます。体内が腫れていると、それだけでやたらと体力を消耗するようです。

 午後の休憩時間が終わり、また練習時間が再開です。ひたすらフルートを吹きます。やがて夕食になります。

 夕食には、同宿の人たちと一緒になります。初日の同宿者たちは、一昨年度と同じ、某有名プロ合唱団の皆様でした。彼らはツアーの最中らしく、この日はこの近辺での演奏会の最終回だったようで、この日の夕食は打ち上げを兼ねていました。酒がガンガン出てきます。それを見たH先生も飲みたくなったようですが、周囲のお弟子さん達が無理やりに止めます。なんかH先生、可哀想。H先生の本日の仕事(ってのはレッスンの事ね)はすべて終わったのだから、飲ませてあげてもいいと、私なんかは思うのだけれど、我々の宴会はまだ先だからと言って、先生にお預けをしてもらったわけです。

 夕食後は、アンサンブルのメンバーに呼ばれて、初顔合わせ&軽く練習をしました。我々のグループはフルート3本+ピアノなんだけれど、ピアニストさんはまだピアノ合わせをしているようなので、ひとまずフルート組だけで練習をしてみました。

 まず分かった事は、規定のテンポでは誰も演奏できない事です。いやあ、だって速いんだもの。そこで、テンポを7割り程度に抑えて、合わせてみました。私はそれでも、あっちこっちで指がからまり、からまってしまったところは落ちてしまうので、むしろ変な音を出さずに済んで、和音的には問題ないのだけれど、演奏的にはどうだろうって感じです。

 まあ、落ちるのは私だけじゃないし、フルートの音が薄くても、ピアノは鳴っているから、細かいところは気にせずに、ゆっくり仕上げていきましょうという事で、初回の練習は終わりになりました。

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。
にほんブログ村 クラシックブログ フルートへ
にほんブログ村

« 時代は変わるもの | トップページ | メトのライブビューイングで『オリー伯爵』を見てきました »

フルートのレッスン&活動記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 時代は変わるもの | トップページ | メトのライブビューイングで『オリー伯爵』を見てきました »

フォト

↓参加しています

  • 人気blogランキングへ にほんブログ村 クラシックブログへ

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2018 すとん