ひとこと

  •  最近、読みたいなあと思ったビジネス書とか実用書は、たいてい紙だけでしか出版されていない(涙)。なので、買えないし、読めない。それにあれだけ読んでみたいと切望していたのに、一週間もすれば、私の興味が次に移っているので、その本の事など、どーでもいい気分になっていたりします。以前は、週末ごとに書店に行って、ごっそり本を買っていたのに、昨今はそんな感じで読みたい本が電子書籍化されていないので、読めず、買えずで、読書量が落ちている私です。紙の本を買えばいいじゃんと思われるかもしれないけれど、一度電子書籍に親しんでしまうと、もう紙の本には戻れないんだよ。紙の本を販売しちゃいけないとは言わない。ただ、電子書籍版も同時に発売してくれよ~と声を大にして言いたいだけなのです。
2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合は必ず“名前”の欄にハンドルネームをご記入ください。ココログ的には、コメントの際の名前の記入は任意となっていますが、このブログでは必須としますので、ご了解ください。また、その時に使用されるハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« 二重唱の時の声で、ソロ曲も歌ってください | トップページ | フルート合宿2018 その7 音楽演奏は、目的ではなく手段なんです »

2018年9月15日 (土)

フルート合宿2018 その6 ピアニストさんとのレッスンでした

 さて、フルート合宿も二日目です。二日目のレッスンはH先生抜きで、ピアニストさんと二人きりで行いました。

 今回のピアニストさんは、例年とは違って、かなりの腕の方で、今は某G大の教授様なのです。もちろん、長くウィーンで 演奏家として働いていたので、日本に帰ってくるなり、某G大の教授ってのも、まあアリなんだろうなあって思いました。ちなみに、私達の合宿には、ほぼ趣味の感覚ってか、H先生に誘われて、おもしろそうだから引き受けた…って話です。コンクールの審査の合間の息抜きで引き受けたそうです。

 で、そんなピアニストさんとマンツーマンのピアノ合わせ…ってか、ほぼピアニストさんによるレッスンが始まりました。もちろん、私とのレッスンの前に、H先生とピアニストさんの事前打ち合わせがあって、そこで決めた方針で私へのレッスンがなされるようです。ちなみに、H先生は、私のレッスンをピアニストさんに任せ、その時間、別の場所で、別の生徒さん(孫弟子さんたち)のレッスンをする…って寸法でした。

 最初に直されたのは、テンポ設定です。私の腕を考えた時に、もう少し早めのテンポの方が音楽的に演奏できるんじゃないかって話で、実際にやってみたら、確かにピアニストさんに提案されたテンポの方が緩急がつけやすくて、より音楽的に吹けそうでした。

 H先生からは、強弱の差はなるべく付けずに淡々と吹きなさいと言われていますので、音楽的な色合いは、強弱の差ではなく、緩急の差で付けなきゃいけないわけで、それを考えると、今までよりも速いテンポの方が良いわけです。

 ブレスの位置も考え直しました。理想的な位置でブレスが取れれば、それが一番だけれど、現実的な位置でブレスを取らないと、全体の演奏が崩れてしまうわけで、その理想と現実をどう折り合いをつけていくか、そこらをピアニストさんと相談して決めました。もちろん、理想的ではない位置でのブレスは、ピアノで音楽的にカバーしてもらわないといけないわけだしね。

 ところどころのフレージングもピアニストさんの提案を受け入れてみました。教えてもらうというよりも、二人で音楽を作っていく…って感じのレッスンでした。

 後は、ここで相談して決めた事を、ちゃんと実行できるように、さらに個人レッスンに励むわけです。

 お昼をはさんで、午後の休憩時間は、また昼寝です。とにかく休憩時間は寝る事に専念している私です。

 昼寝から目覚めたら、二日目のアンサンブルの練習です。やっぱりピアニストさん抜きで練習です(ピアニストさんは忙しいのです)。まずはフルートだけで音楽を成立させないといけないってわけです。

 どうやっても、規定のテンポでは演奏できません。無理して規定のテンポで演奏するよりも、多少ゆっくりでも、確実に吹けるテンポで行くしかありません。なんとか、このテンポで演奏してもらえるように、ピアニストさんにはお願いしましょうと、満場一致で決めました(汗)。

 とにかく、ゆっくり演奏し、和音的におかしなところは、すぐに修正していきましょう…って方針で演奏したところ、個人的なミスをして、変な音さえ出さなければ、特に問題はなさそうです。…ってわけで、個人練習を励まないといけないわけです。

 ちなみに、我々が文字通り、汗まみれに練習をしていた時に、H先生が廊下を通りかかり、演奏を聞いて、一言「全然、リズミカルじゃない」と言って去っていきました。ああ、ミスの有無以前のレベルの注意を受けてしまいました。

 そこで我々は、スタッカートを全員で揃え、もっと尖ったリズムで演奏しようと心に決めたわけです。

 で、残りの時間はひたすら個人練習に励んだわけです。

 この続きはまた明日。

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。
にほんブログ村 クラシックブログ フルートへ
にほんブログ村

« 二重唱の時の声で、ソロ曲も歌ってください | トップページ | フルート合宿2018 その7 音楽演奏は、目的ではなく手段なんです »

フルートのレッスン&活動記録」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。

>北海道が電力不足

今まで北海道へ行ったのは札幌日帰り出張1回だけです。ググッたら次が見つかりました。
https://gunosy.com/articles/RVLKz

9.11同時多発テロにより、合衆国でも第4層の導入が迅速になされ、5層の多重防護は旧西側世界での標準となっています。ところが、日本では2011年3月11日まで多重防護は3層までしかありませんでした。
実際には多重防護の第5層が存在しないことからも分かるように、旧西側世界ではザルといって良いくらい大変に甘いものです。その適合性審査の合格水準に遠く及ばないのが北海道電力泊発電所です。

本州と北海道の連係は
http://www.hepco.co.jp/energy/distribution_eq/reinforcement_need.html

多重防護については今回初めて知りました。
北海道の電力系統規模は360万kW程度、本州と北海道の連係は容量60万kWの北本連系設備でつながっているのみ、新たに30万kWの連系設備を建設、って苫東厚真発電所(wikiでは1,2,4号機足したら165万kw)一つ停止したらどうにもならないのは、初めて読んだド素人でも予測はつきます。
ブラックアウトが厳冬期ではなく凍死者がでなかったのはホント良かったです。

tetsuさん

 私は本州から電力を回せば良かったのに…と思いましたが、電力を回したくても、本州-北海道間の送電線が細すぎて、そもそも電力を十分に回せないという事実は知りませんでした。ダメじゃん、北海道。

 要は、北海道にもっと多くの発電所があれば良いだけの話で、それぞれ独立した発電グループが複数あれば、一つの発電グループがダウンしても、他の発電グループに余力があって、全道に電力を供給できれば、ひとまず良かったわけです。泊発電所を中心に、一つしか発電グループがなかったのが、今回の致命傷だったわけですが…tetsuさんがご紹介されているサイトを読むと、他にもたくさんのマズイ問題がありそうですね。

 でも、電気は今や必要不可欠なライフラインですから、なんとしてもブラックアウトは避けなければいけないし、計画停電なんて、もってのほかです。

 頑張れ、北海道電力!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 二重唱の時の声で、ソロ曲も歌ってください | トップページ | フルート合宿2018 その7 音楽演奏は、目的ではなく手段なんです »

フォト

↓参加しています

  • 人気blogランキングへ にほんブログ村 クラシックブログへ

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2017 すとん