ひとこと

  •  放送業界&家電業界では、4K、8Kのテレビ放送で盛り上がっているみたいです。皆さん、4Kのテレビって欲しいですか? 私は廉価ならば欲しいですが、高価ならばパスです。だって、ウチのテレビって42型だもの、そんなに大きくないもの。DVDとBlue-rayの画質の違いだって分からないくらいだもの、4Kや8Kの画面を見ても、たぶん、その美しさは分からないんじゃないかな? いや、それ以前に、アニメとかバラエティとかドラマとかを、そんなに美しすぎる画面で私は見たいのか…って話です。もちろん、廉価なら見たいですが、たぶん最初のうちは高価だよね。100万円以上もするようなテレビは、よう買わんですよ、私。私に買って欲しければ、まずは10万円程度にしてください。話はそれからです。

お知らせ

  • ●2018年秋の本番のお知らせです。●門下の発表会は、次の通りです。●2018年11月18日(日) 横浜市神奈川区民文化センター かなっくホール 13時開場 13時30分開演です。●こちらは一番下手っぴなのが私なので、最初から聞いても面白いと思います。全体で2時間程度の発表会です。私の出番は二回に分けてますが、最初の出番は14時前後になる予定です。●レスピーギ作曲「Invito alla danza/舞踏への誘い」●ドナウディ作曲「Amor s'apprende/ 愛は取り付いてしまう」●ヴェルディ作曲「椿姫」より「De'miei Bollenti spiriti/燃える心を」●そういうわけで、一つよろしくお願いします。
2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合は必ず“名前”の欄にハンドルネームをご記入ください。ココログ的には、コメントの際の名前の記入は任意となっていますが、このブログでは必須としますので、ご了解ください。また、その時に使用されるハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« ウルシが転覆しちゃいました(涙) | トップページ | 実は四国に行ってました その1 蒲田に前泊っす »

2018年8月 5日 (日)

自分の声帯を見てきた

 気管支炎がひどいという話をチョボチョボとしていますが、ほんとひどいのです。もちろん医者にかかっているのですが、それでもあんまりひどいので、妻の勧めもあって、専門医に見てもらうことにしました。万が一でも、変な病気だったらイヤだからね。

 で、先日、妻も以前お世話になった事のある、横浜の大倉山の先生のところに行ってきました。公式サイトはこちらです。

 で、先生と色々話をして、声帯の検査を受けました。使用した器具は…たぶん、ストロボ式電子スコープって奴。金属製の棒(カメラと照明が仕込んであります)をノドに突っ込んで、リアルタイムに声帯の動きを記録するって、すぐれものです。

 金属棒を突っ込まれたまま、高い声低い声あれこれ発声させられました。で、その様子をビデオ撮影したわけです。

 ここにそのビデオ映像を貼ろうかと思ったけれど、内臓のビデオなので、ちょっとグロいかもしれないので、止めておきます。

 ビデオで見た私の声帯は、とにかく痰がたくさん絡んでいたのと、声帯の下部(肺に近い方)が腫れていました。

 声帯そのものはキレイなものだし、声帯の使い方も、なかなか上手だと褒められてしまいました(へへへ)。

 痰は、病変がある時に、細菌等から声帯を守るために出てくるものだから、痰が絡んでいる時と言うのは、あまり声帯の状態が良いわけではないそうです。実際、声帯は腫れていたし…。でも声帯そのものに傷も怪我も結節もないし、声帯の左右は偏り無く振動しているし、腫れている以外に異常はないそうです。

 なので、治療法としては(投薬を受けながら)乾燥を避け、入浴してカラダを温めるくらいで治るそうです。まあ、大した事はないって話です。

 投薬も、今現在、主治医にしてもらっている投薬で正解で、それを続けていくと良いでしょうというわけでした。

 今は咳に悩んでいるけれど、それは声帯に痰が絡んでいる以上仕方ないわけで、やがて声帯の腫れが取れれば、痰も減り、そうすると咳も収まるって事で、まだまだ気長に治療を続けないといけません…って事なんだなあと理解しました。

 それにしても、自分の声帯なんて、なかなか見れませんから、良い経験をしました。

 最近、書店で見かけなくなった先生のご著書(そのうち買おう、そのうち買おうと思っているうちに消えちゃったんだね)も受付で売ってたので、買って帰りました。近頃は電子書籍以外の本は買わないと決めていた私ですが、たまには例外もあるものです。

 それにしても、ノドが痛い。咳が止まらない。全然、歌えない(涙)。

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。
にほんブログ村 音楽ブログ 大人の音楽活動へ
にほんブログ村

« ウルシが転覆しちゃいました(涙) | トップページ | 実は四国に行ってました その1 蒲田に前泊っす »

声楽のエッセイ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ウルシが転覆しちゃいました(涙) | トップページ | 実は四国に行ってました その1 蒲田に前泊っす »

フォト

↓参加しています

  • 人気blogランキングへ にほんブログ村 クラシックブログへ

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2018 すとん