ひとこと

  •  やっとネット社会に復帰します。今後は日帰りで遊びに行く事はありますが、家を空ける事はないので、ネットでの反応も普通どおりに行けるんじゃないかと思ってます。とりあえず、外泊で使ってしまった体力の復活を目標に、しばらく大人しくしているつもりです。
2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合は必ず“名前”の欄にハンドルネームをご記入ください。ココログ的には、コメントの際の名前の記入は任意となっていますが、このブログでは必須としますので、ご了解ください。また、その時に使用されるハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« 舌根を盛り上げてはいけません | トップページ | 今月は頑張って拾ってみました[2018年7月の落ち穂拾い] »

2018年8月 1日 (水)

高いAへの恐れが消えました

 声楽のレッスンの、さらに続きです。曲の練習に入りました。

 まずは、ベッリーニ作曲の「Almen se non poss'io/もし私ができないなら」です。

 発声練習では平気でしたし、歌う前は大丈夫だと思ってましたが、実際に歌ってみると、腫れたノドで歌うのは、やっぱりキツイですね。特に曲の出だしは音が低いため、ノドがガリガリしてしまいました。先生からは、なるべく声帯に負担のかからない声(具体的に言えば、真綿のような柔らかい声)で歌わないといけないとの事です。

 普段の私は、ノドが強い事もあって、結構声帯に負担のかかる声、つまり“ノドを鳴らした発声”で歌っています。こういう発声では、声が重くなってしまうし、声帯に負担はかかるし、何よりも高音に制限が出てしまいます。それを回避するために、また調子が悪くても歌えるようになるために、普通に歌う声から、声帯に負担のかからない軽めの声で歌うように、シフトしないといけません。そのためにも、声のポジションをもっともっと高くする必要があるでしょう(ポジションの高い声で歌うと、そんなにノドには来ないのですよ)。

 ノドの負担を減らして歌うには、ノドを使わない分、カラダをたくさん使わないといけません。実際、ノドが痛くならないよう、痛くならないように歌っていたら、腹筋背筋が疲れてしまい、動きが悪くなるほどです。いつも書いてますが、私、ノドで歌えちゃうものだから、あまりカラダを使わずに歌う癖がついています。ですから、今回のように、ノドが使えなくて、カラダを使って歌わざるを得ない状況になって、初めて、カラダを使うしんどさを改めて感じてます。

 ああ、ほんと、カラダを使わずに歌ってきたもんだなあ(涙)。ちょっとだけ、反省しよっと。

 体調が悪い日ほど、自分の欠点と向き合わなければいけないのは、仕方のないこととはいえ、ちょっとメンタルに来ますね。

 次は、ドナウディ作曲の「Vaghissima sembianza/かぎりなく美しい絵姿」です。この曲の最高音は高いAです。Aをきれいに出すためには、Aの出番が来るまで、しっかり声を温存しておく事が大切なのです。

 声って減るものなのです。もちろん、減った以上、回復もするわけですが、歌っている限り、どんどん声って減っていきます。曲の間奏とか、二重唱などでは相手が歌っている間の休憩で、減った声を回復していくわけですが、声が減っていく速度に比べると、声が回復する速度って遅いのです。だから、なるべく声が消耗しないように、減っていかないように、最新の注意を払って歌い、余力をもって、その曲の最高音(ここではA)に向かっていくわけです。

 この曲は有節歌曲で二番まであります。高いAも、一番と二番の最後にそれぞれ一回ずつ出てきます。当然、一番のAは、まだ余力があるせいか、きれいに出ました。しかし、二番のAは、見事に声も減り、疲れてしまい、手順もうまくいかず、ちょっぴり届きませんでした。ドンマイ、こういう事もあるのさ。

 声が減って、こりゃを次の高音は届かないぞ…と感じた時に、むりやり声を出そうとするのは良くないそうです。その声で曲が終わってしまうならともかく、そうでなければ、無理やり高音を出すと、一挙に声が減り、声帯に多大な負担がかかってしまいます。なので、届きそうもない時は、すっぱり諦めてしまうのが肝心なんだそうです。

 逆に届く時も、ビタッと合わせて歌うよりも、その音を撫でるように、サラっと歌っちゃうのが良いのだそうです。とにかく、声の消耗を常に考えて、備えながら歌わないといけないんだそうです。

 頑張りましょ。それにしても、高いAがちっとも怖くないというのは、新しい世界に突入したって感じで、我ながら、いい感じなんです。

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。
にほんブログ村 クラシックブログ 声楽へ
にほんブログ村

« 舌根を盛り上げてはいけません | トップページ | 今月は頑張って拾ってみました[2018年7月の落ち穂拾い] »

声楽のレッスン&活動記録」カテゴリの記事

コメント

すとん さん

ルイジ・アルヴァのトスティ歌曲集、聴いてる内に無性に歌いたくなって、20年ぶりに、数曲一緒に歌ってしまいました。声、出るかな?と心配でしたが大丈夫でした。

セレナータの最後、あーあー、らーららーのところ、アルヴァはオクターブ上げて歌いましたが、私も軽い声で出すことができました。嬉しかったです。

すとんさんの仰るように、舌根を下げ喉を思い切り開け、鼻の後ろも目の後ろも全開の気持ちで出したらうまくいきました。

ただ、音と音とのつながりがうまくいかないのは、長く歌ってなかったので仕方ありません。贅沢は言わないことにします。

アルヴァのおかげで、止めてた歌を、また、始めるかも知れません。そんな気持ちにさせてくれました。


カントさん

 趣味として再開するなら、思い立ったが吉日ですよ。さっそく、昔のお仲間とかに連絡をとってみるといいです。最初はリハビリのつもりで、欲張らずに少しずつ思い出していけばいいのだと思います。

 実は私も、今の歌は再開なんです。若い頃はある程度歌ってましたが、やがて働き盛りになり、仕事に邁進して歌っていなかったんですよ。20年弱音楽から離れていたんです。やがて自分の社会人としての終わりが見え始めてきました。そのあたりから、人生の後半をどう過ごすべきかと考えた時に、歌を再開するめぐり合わせがやってきて、今に至っています。

 あの時、躊躇せずに再開して、本当に良かったと思ってます。カントさんも是非是非。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 舌根を盛り上げてはいけません | トップページ | 今月は頑張って拾ってみました[2018年7月の落ち穂拾い] »

フォト

↓参加しています

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2017 すとん