ひとこと

  •  やっとネット社会に復帰します。今後は日帰りで遊びに行く事はありますが、家を空ける事はないので、ネットでの反応も普通どおりに行けるんじゃないかと思ってます。とりあえず、外泊で使ってしまった体力の復活を目標に、しばらく大人しくしているつもりです。
2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合は必ず“名前”の欄にハンドルネームをご記入ください。ココログ的には、コメントの際の名前の記入は任意となっていますが、このブログでは必須としますので、ご了解ください。また、その時に使用されるハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« やっぱり休んじゃダメだな | トップページ | 舌根を盛り上げてはいけません »

2018年7月30日 (月)

息の通り道を確保しよう

 声楽のレッスンに行ってきました。

 実は今回のレッスン時、私、重篤な気管支炎を患っていました。ほんと、ひどかったのよ。

 原因は…たぶん冷房病。寝る時に冷房をつけっぱなし…は、まあいいとして、風量をマシマシにして寝落ちしてしまったために、気管支がやられてしまったのだと思う。あんまり暑かったから冷房の風量をマシマシにして、納得したら、風量を自動設定にするつもりだったのに、つい寝落ちしてしまって、風量をマシマシのまま寝てしまったのが今回の敗因です。

 ああ、ノド痛い。とにかく、レッスンの前日に医者に行って、あれこれ薬をもらって、それでレッスンに臨んだわけです。痛み止めは偉大だよ。

 病状的には、多少話しづらいけれど、話したり歌ったりはできる…けれど、咳き込む事が多く、その咳のためにノドが痛すぎるって感じです。あと、常に息苦しい事。やたらとノドが乾く事、あきらかにノドが腫れている事…ですね。

 Y先生がおっしゃるには、歌手はノドを酷使するから、気管支炎になる人が多いけれど、気管支炎になっても、病状次第で、歌っちゃダメな時と、むしろ歌った方が良い時があるんだそうです。

 歌っちゃダメなのは、声帯が腫れている時と、声帯周辺の筋肉が動かなくなっている時。むしろ歌った方が良い時は、声帯周辺の筋肉が動きづらくなっている時。動きづらくなっている時は、歌う事でむりやり筋肉を動かす事が必要なのだそうです。

 あと、私はゲホゲホ咳き込むのだけれど、咳の仕方にも注意が必要との事。私の咳は、ダメな咳の仕方で、こういう咳き込み方は、声帯を痛める(実際に痛いです)のでダメなのです。咳にも色々なやり方があるので、自分で声帯に負担の少ない咳の仕方を見つけるべき…なんだそうですが、どうすれば声帯に負担のかからない咳が出来るようになるのかしら? ああ、ノドが痛い(ので、痛み止め飲んでます)。

 さて、レッスンはハミング練習からです。気管支炎で咳き込むせいで、ノドが痛いのです。特に低音を歌おうとすると、ノドがガリガリ言って、とても痛いです。ノドがガリガリ言っているのは、ノドに力が入りすぎているからなんだそうです。普段は、ノドの強さもあって、力が入っている事に無自覚だけれど、今のようにノドの調子が悪い時は、自分の欠点がよく見えている時なので、見えている欠点をつぶしましょう。さしあたって、ノドから無駄な力を抜きましょうとの事です。

 だいたい、テノールなんだから、そんな低音がバリバリ出るわけないのに、普段は出ないはずの低音を無理やりノドを鳴らす事で出しているだけで、気管支炎でノドを痛めて無理ができないのに無理をしようとしているから、ノドがガリガリ言って痛くなるわけです。

 出ないモノは出ないという割り切りが必要であって、出ないから言って無理に出さずに、軽く流して楽に出していくことが大切。これは別に低音に限った話ではなく、高音だって無理に出すのは禁物なのです。なまじノドが強いので、無意識に無理をしちゃうのが、私のダメなところなのです。

 まあ、確かに病気になって、無理ができなくて、自分の欠点と向き合うのも、スケジュールに余裕がある時などは、大切な学習プロセスであるかもしれません。

 で、低音を歌うとノドが痛むけれど、中音になってくると、かなり楽になり、高音になると、さらに楽になります。そういう意味では、私は本質的に高音歌手なんだな。ただ、高音はノドは楽になるけれど、声は出しづらくもなります。声が出しづらくなるので、ついついノドの力を借りて、無理に出しちゃうのは、本来はダメなんだけれど、やっちゃうんだよね。。

 高音が出しづらくなるのは、ノドが腫れていて、息の通り道が狭くなっているからです。そこで発声練習では、ノドを開きっぱなしにして、息の通り道を確保して歌う練習をしました。

 まずはイメージ戦略からです(笑)。ノドを開きっぱなしにするイメージは…クチにトイレットペーパーの芯を咥えるイメージです。それもクチの奥までたっぷりと…。先生的には、本当はトイレットペーパーの芯よりもさらに太いモノの方がイメージ的には良いそうですが、まずは身近なところからイメージを膨らませましょうって感じです。

 で、ノドを開くイメージを作って歌うと、確かにノドは開くのだけれど、無意識にノドを開くと、私は、ノドを下の方向にばかり開いてしまうのです。重力もあるから、ノドを下に開くのは簡単だけれど、上に開くのはなかなか難しいのです。ノドは、上にも下にも両方向に開かないといけないのです。

 そこでさらにイメージを付け加えます。それは、鼻からたくさんの息を出すイメージです。歌う時、クチから息を吐くのは当然だけれど、それと同じくらいの量の息を鼻からも出すイメージにすると、自然と息もたくさん吐けるし、鼻もよく開いて、鼻の力が利用できるようになるわけです。

 まあ、これはイメージのみならず、実際、声楽的な声ってのは、クチからも鼻からも出していくわけです。もちろん鼻声はダメだけれど、クチ声もダメなんです。クチ声って、ただの地声だからね。ロックを歌うなら、それでもいいんだろうけれど、テノールの発声としては(そうやって歌う人もプロにはいますが)少なくとも、教科書的な発声ではないわけです。

 とにかく、ノドは開くわけです。上にも下にも大きく開く事で、声を楽に出せるようにするべきなのです。

 長くなってきたので、続きはまた明日です。

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。
にほんブログ村 クラシックブログ 声楽へ
にほんブログ村

« やっぱり休んじゃダメだな | トップページ | 舌根を盛り上げてはいけません »

声楽のレッスン&活動記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« やっぱり休んじゃダメだな | トップページ | 舌根を盛り上げてはいけません »

フォト

↓参加しています

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2017 すとん