ひとこと

  •  最近、読みたいなあと思ったビジネス書とか実用書は、たいてい紙だけでしか出版されていない(涙)。なので、買えないし、読めない。それにあれだけ読んでみたいと切望していたのに、一週間もすれば、私の興味が次に移っているので、その本の事など、どーでもいい気分になっていたりします。以前は、週末ごとに書店に行って、ごっそり本を買っていたのに、昨今はそんな感じで読みたい本が電子書籍化されていないので、読めず、買えずで、読書量が落ちている私です。紙の本を買えばいいじゃんと思われるかもしれないけれど、一度電子書籍に親しんでしまうと、もう紙の本には戻れないんだよ。紙の本を販売しちゃいけないとは言わない。ただ、電子書籍版も同時に発売してくれよ~と声を大にして言いたいだけなのです。
2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合は必ず“名前”の欄にハンドルネームをご記入ください。ココログ的には、コメントの際の名前の記入は任意となっていますが、このブログでは必須としますので、ご了解ください。また、その時に使用されるハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« シアターオーブで『エヴィータ』を見てきた | トップページ | 金魚に味覚はあるのか? »

2018年7月20日 (金)

果たして合宿までに間に合うのか?

 フルートのレッスンに行きました。最近、レッスンが続いているなあ…。そう言えば、私はレッスンが続いているけれど、姉様の姿はとんと見かけません。姉様はお休みが続いているみたいです。

 着実に合宿は近づいております。今回は合宿の案内をいただいたよ。ああ、そろそろ新幹線の切符を買ってこないといけないなあ…。

 さて、ロングトーン練習は、実にばっちりで文句のつけようもありませんでした。

 エルステユーブンゲンは23番と24番。先生からは「(いいかげん)暗譜してきた?」と尋ねられたけれど、やっていないものはやっていないのです。

 プチエチュードは19番。これも全然練習していないのだけれど、少しテンポを落として吹いてみたら、そこそこ吹けました。先生からは「もう1回で終わりにしよう」と言われたけれど、来週出来上がる予定はありません(笑)。だって来週もまだまだ練習できそうにないからね。

 10リトルピーセズは14番だけれど、まあひどい。ほとんど吹けない。この曲もテンボをかなり落として吹いてみたけれど、やっぱり吹けないものは吹けません。いやあ、どうも私は、フルートでアルペジオを吹くのが苦手みたい…。アルペジオなんてギターなら簡単なんだけれどなあ…。

 ヴォカリーズは…先生のピアノと合わせてみたよ。まだまだ吹き込みが足りないので、つまらないミスが多くて残念です。ほんと、フルートの練習をたっぷりしたいなあ…。エンターティナーは…やりませんでした。まあ、まだほぼほぼ吹けない感じなので、それはそれで良しです。

 合宿までに、ヴォカリーズとエンターティナーは間に合うのかしら?

 さて、今回の雑談は…ピアノのペダル使いの話。結論を書いちゃうと、下手くそなピアニストほどペダルを多用し、音が汚い。上手なピアニストさんは、ペダルの使い方が上手な上、そもそもペダルにあまり頼らずに、自分の指できちんと音を作っている…という話です。確かに、下手くそ…と言うか、未熟な方々はピアノのペダルを踏みまくりにする傾向があるよね。たぶん、ペダルを多用することで、勝手に音が伸びて、上手に弾けているような気がするんだろうね。確かに音は伸びるし音量は増すけれど、響きは少し犠牲になるかな…って思います。ホントは不協和音にならないように気をつけてペダルって踏み分けなきゃいけないのに、それはなかなか難しいみたいです。ペダルって上手に踏み分けられると、ピアノの音がイキイキするんだけれど…難しいね。

 …なんて、ピアノなんてロクに弾けない私があれこれ言っても説得力ないよね。ちなみに私、ピアノはバイエルの50番台までしかやってません(えへん)。

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。
にほんブログ村 クラシックブログ フルートへ
にほんブログ村

« シアターオーブで『エヴィータ』を見てきた | トップページ | 金魚に味覚はあるのか? »

フルートのレッスン&活動記録」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。

こちらも小さい頃(いつ??)にバイエルのどこまでやったかも記憶に残っていない程度です。聴音だけは記憶にあって当時からドイツ語の音名では読んでいましたが。
そんなレベルなのでペダルの使い方も教わっていません。当時自宅は足踏みオルガンしかありませんでしたから。
今は弾かないので外野からのコメントですが、平均律のピアノでドミソを弾くときでも上手な方は、ド>ソ>ミの強さで引き分けていて和音がきれいにに響いているのかなと勝手に推測しています。
指の形でのハイフィンガーは見た目だけではいい、悪いというのはなかなか難しそうです。
でも映像がなくてペダルとか指の形がわからなくても、好きな演奏は大好きです。

tetsuさん

>平均律のピアノでドミソを弾くときでも上手な方は、ド>ソ>ミの強さで引き分けていて和音がきれいにに響いているのかなと勝手に推測しています。

 いや、実際にそういう方を複数知ってますよ。その中のある方に「なんでそうするの?」と尋ねた事がありますが、答えは「だって気持ち悪いじゃん」でした。上手な方は、技術ではなく、感覚で、そうやっているみたいです。確かに、平均律のピアノをそのまま弾くと、気持ち悪い…と言うか、音が濁ってピンぼけっぽい感じにはなるんですよね。

>指の形でのハイフィンガーは見た目だけではいい、悪いというのはなかなか難しそうです。

 要は、体重を上手に利用してピアノを弾かないと、指が壊れますよって事だと理解しています。ってか、指の力だけでピアノを弾くのは、私でもキビシイです。実際、上手な方はピアノを弾く時に、椅子にベタっと座ってません。要所要所で体重を利用しますので、結構体幹が強いみたいです。それにその方が楽ですからね。でも日本では、体重を使わずにピアノを弾く方がいらっしゃいますが…指は大丈夫なんでしょうかね?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« シアターオーブで『エヴィータ』を見てきた | トップページ | 金魚に味覚はあるのか? »

フォト

↓参加しています

  • 人気blogランキングへ にほんブログ村 クラシックブログへ

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2017 すとん