ひとこと

  •  今まで御大層な御託を並べていた方が、ブログを削除して消えちゃった…って事は、今まで大声でおっしゃっていた事が間違いだったという事を認めたって理解していいんだよね。単に忙しくなっただけなら、ブログの過去の発言を削除するって事は…ないからね。あれこれヤバイ発言があるから削除しちゃったんだよね。別に私は彼と対峙していたわけではなく、むしろ愛読者として、時折、生暖かく見守っていたわけだけれど、痛くて面白いブログが一つ無くなって、ちょっぴり残念です。復活しないかな?
2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合は必ず“名前”の欄にハンドルネームをご記入ください。ココログ的には、コメントの際の名前の記入は任意となっていますが、このブログでは必須としますので、ご了解ください。また、その時に使用されるハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« 2018年6月 | トップページ

2018年7月の記事

2018年7月16日 (月)

たかが発声ですが、難しいですね

 声楽のレッスンに行ってきました。まずはハミング練習からです。

 ハミングには大きな声はいりません。むしろ大きな声でハミングをしようとすると、どうしてもノドに力が入ってしまうので、大きな声はいらないのです。それよりも、たとえ小さな声であっても、しっかり支えられた息で歌う方が全然大切なのです。高いポジションで軽く歌う…そのためには、しっかり鼻を使って歌うのです。

 高い声で歌おうとすると、私、ついつい眉間にシワが入ってしまうのだけれど、眉間にシワが入ってしまうと、眉間付近が閉じてしまうので、それは無しです。むしろ眉間は開いて、眉間から声が出ててしまうくらいの感覚で歌うのです。それが高いポジションで歌う事にもつながっていきます。

 さて、次は発声練習です。今回も、鼻をしっかり使うことを重点的に練習しました。鼻声を恐れずにしっかりと鼻に息を通して、鼻腔の響きで歌います。そしてそれができたなら、次は鼻よりも高いポジションで声を出していきます。先生曰く「鼻の上で歌ってください」ってヤツです。鼻で歌うのですから、やっとやっとですから、鼻の上で歌うのは、それこそコペルニクス的転換ってヤツです。

 そして声は前に出すのではなく、一度後ろにグルリと回してから前に出します(ジラーレ?)。高いボジションから声を後ろに回して、声帯は楽にして、腹をしぼって声を出すのです。

 上行フレーズでは、クチを開けていく事で音程を高めていきます。そうやって声帯の負担を減らして歌う癖を付けるのです。決して息の勢いで音程を高くしてはいけません。

 歌って、どんな歌い方でも歌えると言ってしまえば歌えるわけです。ただ、プロの場合は、なるべく楽に消耗の少ない、それでいて聞きやすい声で歌わないといけないわけだし、それが理想の発声なのです。オペラという長丁場を、最後の最後まで楽に余裕をもって歌えるのが、プロとしての最低条件のようですし、我々アマチュアはプロでは無いとは言え、彼らを模範として、楽な声で歌えないといけないのです。

 なので、なるべく声帯の負担を減らして、楽に歌える癖をつけるのです。以前の私のように「最初っから最後までクライマックス!」みたいな歌い方は厳禁なわけです。最後がクライマックスなのは良しとしても、最初っからクライマックスじゃあ声が保たないって…。

 で、さらに舌根ですね。舌根を下げて歌う癖をつけていくわけです。いくらクチの奥を開いてスペースを作っても、舌根が盛り上がって、そのスペースを塞いでしまえば、元も子もないわけです。舌根を下げて歌うのです。

 鼻を使え。眉間は開け。声は後ろに回してから鼻の上から声を出せ。しっかり腹筋で支えろ。クチの奥を開け。舌根は寝かせろ。楽に歌え。たかが発声ですが、難しいですね。

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。
にほんブログ村 クラシックブログ 声楽へ
にほんブログ村

2018年7月15日 (日)

本物の撮り鉄を見た!

 私は音楽が趣味ですが、世の中の趣味人の中で、多数を占めているのは、車関係の方と鉄道関係の方なんだそうです。と言うのも、これらの2分野に関しては、雑誌の売上げ等がすごくて、他の追随を許さないほどなんだそうです。

 ナンバーワンが車で、二番目が鉄道…。みんな乗り物が好きなんだね。

 ま、いくらたくさんいても、私自身が車にも鉄道にも興味関心が無いせいか、そういう方々との接点はほぼ無いんです。私にとっては、車も鉄道も“移動の時に使うと便利な箱”程度の認識なんです(ごめんね)。

 そんな私が、先日、本物の撮り鉄の方々を目撃しました。本物は違うね、熱量が全然違うね。

 あれは、翠千賀氏のカルメンを見に行こうとして、小田急に乗り換えた時です。ホームに上がるや否や、何か特別な雰囲気を感じました。ホームのあっちこっちに、精神的に熱量高めの方々がカメラを構えて、あっちこっちにいるんですよ。なんとも、不思議な感じでした。

 彼らが撮り鉄な方々だとは、まだその時は気づかなかった私です。だってさあ、電車の写真を撮る人がいるなんて、すぐに思いつかなかったんだもの。この人たち、カメラを持っているけれど、何撮るんだろ?って、素直に疑問に思っていたんですよ。芸能人でもいるのかな? この近所で映画の撮影でもしているのかな? …なんてね。

 そうしたら、ホームに電車が飛び込んできました。通過列車のようでしたが、その電車は…見たら、昔懐かしい、最近ではトンと見かけなくなった、昔っぽいロマンスカーでした。業界用語(?)で言うところのLSEで、この車両のロマンスカーって、2018年7月10日がラストランで引退だったんだそうです。私が見かけたのは、その引退日のほんの数日前の話で、走るLSEを見れる残り少ない貴重なチャンスだったんだろうと思います。なので、その日のその時を狙って、撮り鉄の方々が写真を取りに来ていたわけです。

 なんであれ、熱心な趣味人は熱いね。カラダから出ているオーラが全然違うんですよ。私のような門外漢であっても「あの人たちは、我々とは違う…」というのが分かるほどです。

 電車を写真撮影するという行為に関しては、実に理解不能な私ですが、一つの事に夢中になる趣味人の生き方にはシンパシーを感じます。

 撮り鉄の方々、かっこいい。私はあそこまで趣味に熱中しているか? 自分もあんな強いオーラを出しながら音楽に関わっているのかな…なんて、ちょっぴり自分を省みてしまいました。

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

2018年7月14日 (土)

こんな子、知らない!

 最近の我が家の水槽には、購入した覚えのない金魚が泳いでいます…と言うと、ちょっと言い過ぎなんですが、本当に、見覚えのない金魚が堂々と泳いでいるのですよ。

 その子の名前は、ルデンです。

 以前、ルデンが汚くて…という話を記事にしましたが、今のルデンは、めっちゃめっちゃキレイになってしまいました。以前あった、黒とかグレーとかの要素は全く無くなり、渋めの金色だった体色も、今や全身、光り輝く少し赤みを帯びたイエローゴールドになってしまいました。つまり、24Kの輝きです。いやあ、まぶしいまぶしい。

 ルデンは、本当に黄金色の金魚になってしまいました。

 今思うに、やはりルデンは、我が家に来た時は、まだまだ幼くて、稚魚に毛の生えた程度の子だったのだと思います。ほら、金魚の稚魚って、たいてい真っ黒だもの。で、真っ黒な体色が、成長するにつれて、本来の体色に変化していくわけで、なんらかの事情で、ルデンは成長が止まっていたのかもしれません。で、我が家に来て、夏を迎えるこの時期に、止まっていた成長が、突然再開して、ぐいぐいとオトナになっていったのだと思います。

 そう思わないと、今回の件は合点が行きません。

 それはともかく、ルデンは、名前の通り、全身光り輝くゴールデンな金魚になってしまいました。

 もっとも、素晴らしいのは体色だけで、体型は…相変わらず不格好なままです。骨格的には…らんちゅうなんだけれど、背びれはあるし、頭の肉瘤は無いし、薄べったいし、らんちゅう的な特徴はあまりありません。なんとも中途半端な体型です。さすが、ミックス金魚(雑種な金魚のことね)です。まあ、雑種であって体型は残念だけれど、体色は素晴らしいのです。ま、人間も金魚も、一つでも取り柄があれば、それでいいじゃん…と私は思ってます。

 それくらい、ルデンは光り輝いていて、美しいのですよ。

蛇足 今は光り輝くイエローゴールドなルデンですが、よくよく見てみると、日々、赤い色味が増えているような…。光の加減では、イエローがオレンジっぽく見える事すらあります。妻曰く「これから赤が濃くなってくるんじゃないの?」 いやあ、これで赤が濃くなって、金色な金魚がオレンジ色になったら…ただの駄金じゃん。カタチがダメな上に、色まで安っぽいオレンジになったら、ただの駄金じゃん。もしも、たった一つの取り柄が無くなってしまったら…まあそれでもウチの子だけれど、他の子が立派なだけに、とても残念な存在になってしまいそうで、私はちょっと恐れています。

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

2018年7月13日 (金)

大雨の中、レッスンに行ってきました

 大雨の中、本当に大雨の中、レッスンに行ってきました。この日の当地は、80mm/h以上の雨が降り、スマホに豪雨予想が届いていました。レッスンに行こうと思って、玄関のドアを開けたら、目の前に水のカーテンがありました。

 一応、長靴履いて、大きな傘を持っていた私ですが、この大雨にはビビりました。正直、大雨を理由にレッスン休んじゃおうかな…と一瞬、心によぎりました。ここで、妻が心配する言葉の一つでもかけてくれたら、これ幸いとレッスンを休んでしまったと思いますが、妻は「行くの?」と、いつものように言っただけ…別に私には興味も関心もないようでしたので、雨の中、レッスンに出かける事にしました。

 お教室までは、徒歩で約10分でしたが、傘はあまり役にたちませんでした。と言うのも、傘の布を雨が突き抜けて、私の頭に注いでくるんですもの(涙)。おまけに、ズボンが濡れてしまい、濡れズボンを経由して長靴の中まで雨が入り込んで(涙)。楽譜はカバンの中に入れていたのですが、カバンは雨には全く無力で、楽譜はびしょびしょに。フルートだけは、フルートカバーはぐしょぐしょになりましたが、ケースの中までは雨は入り込みませんでした。

 当然、私は濡れ鼠となりました(涙)。濡れたまま、冷房のよく効いた部屋に入ると…めっちゃ冷えます(涙)。

 ちなみに、楽譜は濡れると、裏写りするんですよね…。ただでさえ老眼で楽譜が読みづらいのに、裏写りした楽譜なんて、ほとんど読めません。ああ…。

 とにかく、そんな最悪のコンディションの中(でも、心は決して折れなかったよ)、3週連続のレッスンに臨みました。いやあ、最近は3週連続で休む事はあっても、3週連続でレッスンに行く事なんてなかったから、すごいねえ…。

 ロングトーンは…最初はあまりバッチリではありませんでしたので、途中で頭部管を少し入れて音程を調整し、それでもまだうまくいかない感じがしたので、さらに途中でまた頭部管を入れ直すという荒業をやったら、やっとバッチリになりました。やっぱり、雨でずぶ濡れだと平常心を保っているようで、どこかおかしくなっているのかもしれません。

 エルステユーブンゲンは、いつもの23番と24番。暗譜どころか、あっちこっちミスブローを致しました。全然ダメです。

 プチエチュードは19番。途中で何度も、フルートの運指を忘れて、頭真っ白になるという事を経験。ああ、かなり末期的な状況になっているのかもしれない。吹けるところは吹けるのだけれど、吹けないところはどうにもならないのです。ずっとずっとこの曲を吹き、全然上達しません(練習していないのだから当然です)。すでに閉塞感すら漂っております。やっぱり練習しないとダメだよね。

 40リトルピーセズは14番なんだけれど…全くお話になりません。全然、吹けません。もう、嫌になってしまうよ。

 で、ヴォカリーズは…これはまあまあ吹ける。もちろん、全然吹き込みが足りないので、安定感はないけれど、まあ、いける。自分一人で吹くと、リズムを数えるので一生懸命になってしまうけれど(今回は先生がピアノを弾いてくれたので)ピアノを聞いていれば、和音の変わり目とかがヒントになるので、数えなくてもきちんと吹けるのかいいです。ああ、ピアノと合わせる方が、一人で練習するよりも楽でいいや。

 で、今回は新曲をもらいました。合宿で吹く、アンサンブルの曲です。今年は、ジョップリンの「エンターティナー」のサードフルートを担当する事になりました。ちなみに、フルートトリオでの編曲なので、一番下を吹くわけです。自分のパート譜だけしかいただいていませんし、サードにはメロディーのかけらもありませんので、自分が何をやっているのかは、合宿当日に行くまで分からないという、なんともワクワクな状況となっています。

 次回のレッスンからはエンターティナーも入ってくるので、今週中に譜読みをしておかないといけません。練習している暇なんてないのに(笑)、ああ、忙しい。

 で、今回の雑談は…無し。ちょうどレッスンが終わった頃、雨が奇跡的に小降りの状態になったので、先生、急いで帰ることしたのです。なので、雑談はありません。小降りだし、私もちょうどいいやと思って帰りましたが、当然、途中でまたまた大降りになり、すっかりカエルのようになりました。で、家に着く直前にまた、雨が止む…という、雨の神様にいじわるされているような感じを受けました。

 神様、私は何か悪い事をしましたか? 悪いことは…毎日心の奥底で考えていますが、それをクチに出した事はありませんし、行動にも移した事はありませんが、それでも神様は私にバツをお与えになろうとおっしゃるのでしょうか?(涙)

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。
にほんブログ村 クラシックブログ フルートへ
にほんブログ村

2018年7月12日 (木)

最近、やたらとむせます

 標題のとおり、最近やたらとむせるんですよ。ゲホゲホ。

 原因は…老化? ちょうど私ぐらいの年齢あたりから、老化でむせる人が多くなるって、あっちこっちの医療系のブログに書いてあります。いやあ、老化現象か、仕方ないなあ…とばかりは言っていられません。

 むせる原因は…その手のブログによれば、誤飲が原因とか。つまり、食べ物や飲み物、挙句の果てには自分の唾液とかを飲み込むのが下手になって、それらが本来、食道に行かないといけないのに、うっかり気道に入ってしまい、それでゲホゲホむせる…という話なのです。

 で、こういうよくむせる人は、遠からず誤飲性肺炎を起こすんだそうですし、肺炎というのは、老人の死因の第3位というわけで、このままでは、私もそう遠くない未来に死んじゃうみたいです。ま、仕方ないね。

 私が子どもの頃の老人の死因と言うのは、老衰・ガン・脳卒中って感じだったのに、今や、ガン・心疾患・肺炎なんだって。肺炎、恐るべし。

 もっとも肺炎って、人々の口の端に上がらなかっただけで、老人の死因の4~6位圏内には常に入っていたそうで、昔から死病の一つだったそうです。ちなみに、現在の4~6位は、脳血管障害・老衰・不慮の事故なんだそうです。不慮の事故って何?

 たまに逆流性食道炎(ってか、胃液がノドに上がってくる)もあるし、私、割と年中、ゲホゲホゴホゴホやっている感じがします。あんまりゲホゲホやって、腰がしびれちゃう時もあります(咳って全身運動なんですね)。

 むせると声帯が痛むんだよねえ…。

 で、昨今、四六時中むせるようになった私ですが、そこで思い出すのが、キング先生の言葉です。キング先生のところを辞める少し前ぐらい(まだそんなに関係が悪くなっていなかった頃)に「すとんさん、そのうち、よくむせるように…なるよ!」と言われた言葉を思い出します。

 むせるって何? よくむせるってどういう事? …とむせ知らずの頃はそう思っていましたが、キング先生の予言(呪い?)は当たり、今や四六時中ゲホゲホやってます。

 なぜあの時、キング先生は私がむせるようになると予言できたのか? その理由を知りたいです。まあ、本人に尋ねればいいのでしょうが、私、あの人の声を聞くだけで、さんざんいじめられた思い出がフラッシュバックして、心臓がバクバクしちゃうので、聞けません。一種のPTSDなんだろうね、先生の立場で生徒さんをいじめちゃダメだよね、そんなイジメはイジメのみならずパワハラだしね。ま、そのおかげで、Y先生という、普通に良い先生に師事できるようなったわけだし、世の中はポジティブシンキングで行くしかない。

 まあ、自分の様子を観察してみるに…逆流性食道炎っぽい症状は、食べてすぐ寝てしまって、ウシになってしまうからなるんだよなあ…って思います。なるべく食休みを取るように心がけているのだけれど、でも食べてすぐ寝るのって…至福なんだよね。

 あと、普段のゲホゲホは、食べ物が気道に入ってむせる事が無いわけじゃないけれど、それよりも食べている時に、食べ物がクチの奥ってか、ノドの入り口ってか、そのあたりにあたって、刺激されて、思わず反射行動としてゲホゲホやってしまっているような気がします。反射行動じゃ仕方ないけれど、以前は食べ物がクチの奥に当たらなかった…のかな? 急に反射行動が始まるわけじゃないから、私のクチの開け方が最近変わってって事なのかしらね?

 どちらにせよ、あまり良い事ではないので、気をつけたいし、解決策があるなら知りたいです。

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。
にほんブログ村 音楽ブログ 大人の音楽活動へ
にほんブログ村

2018年7月11日 (水)

努力は必ずしも報われるものではない

 「努力は報われるものだ」という信仰が、我々にはあります。

 だから親たちは自分の子たちに「勉強しなさい」と命じるわけだし、スポーツのコーチたちは選手たちに厳しい特訓を課すわけです。頑張った分だけ結果は得られる…ってわけです。

 「努力は報われるものだ」という信仰は、だいたいの場合、真理であると言っても良いと思います。例えば、百マス計算とか漢字ドリルとか、やればやっただけ効果が出てきます。鉄棒の逆上がりとかも、努力しているうちに、必要な筋力が付いてくるので、できなかった子もできるようになります。パソコン等のタッチタイプだって、努力すればできるようになります。ちなみに、私は二十代の頃に3週間でマスターしましたよん。

 その子が持っている実力のうち、まだ開花していない分を咲かせるためには努力が必要だし、そうする事で、その子は持ち前の力を十分に発揮できるようになるわけです。だから「努力は報われるものだ」という信仰は真理なのです。

 でもね、何でもかんでも努力さえすれば叶うわけじゃないんです。努力だけじゃ手の届かない事だってあるんです。

 例えば、その子の潜在能力以上の成果は努力では得られません。いくら努力を積み重ねたとしても、その子が持って生まれた潜在能力の範囲内の成果…それが最大限の成果であっても…それを越える成果は得られません。

 高い潜在能力を持っている子は、努力次第で、かなり高いところまで登っていけますが、それほど高くない平々凡々な潜在能力しか持ち合わせていなければ、いくら努力して、その程度の成果しか出せません。

 この潜在能力の事を、一般的には“才能”と呼びます。

 つまり、努力はその子が持っている才能の上限までにしか有効ではないのです。

 なので『下手の横好き』という言葉があるわけですね。いくら大好きであっても、才能がなければ、いくら努力をして、経験を積み重ねても、そんなに上達しないってのも、真理なわけです。

 例えば、音楽の演奏とか…ね。私は音感が無いから、音程がいつも甘いし、音感が無いから、すぐに他人の歌につられちゃうわけです。音感が無いから、ポピュラー音楽的なハモリ(コードの中の音程を自由に歌ってハモる)は得意だけれど、クラシック音楽的なハモリ(楽譜に書かれているフレーズを正確に歌ってハモる)は苦手です。

 なんだかんだ言って、もう30年近く歌ってますが、クラシック音楽的なハモリは、やっぱり苦手だし、合唱の才能はほとんど無い私です。

 でも合唱、全く歌えないわけでもないんです。と言うのも、合唱って、パートの中に埋もれて歌えるので、そういう中に埋もれてしまえば歌えないわけじゃないんです。問題は、パートの中に埋もれきれない時…です。なので、小さな合唱団とか、あまり上手ではない合唱団には近寄らないようにしています。だって、そんなところじゃ、私、埋もれる事できませんからね。上手くて大人数の団…そういう団ばかりを渡り歩いてきました。

 と言うわけで、好きだけれど、私には合唱の才能はかなり無くて、限定的にしか歌えません。ああ、残念。ちなみに、ハモリの多い重唱は気合入れて歌ってます。重唱なら、合唱よりも適正があると思うんだよね。

 閑話休題。才能が無いと厳しい反面、才能があれば、努力を始めるスタート地点を最初から高めに設定できるでしょうし、ゴールだって高い位置まで登ってたどり着けるわけです。才能、大切です。

 プロの演奏家たちは、最初から豊かな才能を持っていた人たちの集団であって、その豊かな才能に、子ども時代を犠牲にするほどの努力を積み重ねてきたから、プロの演奏家として立っているわけです。ハイアマチュアとして活躍されている人だって、最初からある程度の才能があり、場合によって、音大等の専門教育を受けていたりするわけだから、趣味のズブの素人とはわけが違うわけです。

 かく言う私だって、あれこれ欠けはあるけれど、声という楽器だけは、それなりの良いモノが与えられているようで、私は私で苦労はあるけれど、それでも声の無い人(失礼)と比べると、立っている場所が違うわけです。自分で言っちゃうのはアレだけれど、これも才能だろうと思います。

 なので、一般論としては「努力は報われるもの」であり、人生、真面目に努力するべきなのですが、あるレベルよりも上の世界では、努力の前に、まずは才能の有無を確認しないと、努力が何の実も結ばない事になりかねないのです。

 ま、寝床の旦那ですよ。

 結局、努力すれば秀才にはなれるかもしれません。しかし、秀才は努力する天才には絶対に勝てないのです。ガラスの仮面を読めば、それって明白でしょ? 亜弓さんってかなり天才の領域に近づいた秀才だけれど、その隣に努力する天才がいるわけで、アレじゃあ勝負にならないよね。

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。
にほんブログ村 音楽ブログ 大人の音楽活動へ
にほんブログ村

2018年7月10日 (火)

日本語に訳されたオペラ上演は…

 先日、オペラ魔女こと翠千賀氏の『カルメン』を見ました…と書くと、ちょっと誤解されそうなので、補足すると、テノールの上原正敏氏が毎年某所で行っている、初心者向けのクラシックコンサートに、翠千賀氏が今年もゲストとして出演してくれて、そこで日本語&ハイライトで『カルメン』をやったのを見た…という話です。

 翠氏のカルメン…すごくいいです。これ、マジでいいです。某カラオケ番組でポップスを歌っているよりも一万倍ぐらい良いです。声といい、容姿といい、全体にまとわりつく雰囲気といい、明らかにカルメンははまり役です。今回は、日本語&ハイライトだったので、かなり物足りなかったのですが、次はぜひ彼女のカルメンを、フランス語の全曲版で聞いてみたいですよ。

 それはともかく、上原氏企画のコンサートに二年連続で翠氏が出演したのは…彼女、上原氏の妹弟子なんだそうです。門下の兄貴が企画するコンサートなら…よほどの事が無い限り、出演するしかないだろうね(そういう世界だからね、声楽の世界って)。おかげさまで、売れっ子の翠を二年連続で直接拝見できたわけですからね、眼福眼福。

 さて本題。久しぶりに見た日本語訳のオペラですが…なんか違和感だよね。もちろん、言葉が聞き取れないわけではないし、日本語だからストーリーは分かりやすい。でも、なんか…ねえ。

 オペラの日本語訳って…訳している方には申し訳ないのだけれど、昔っから、あまり日本語としてこなれていない…って感じがします。ミュージカルの日本語訳とか、ディズニー映画の日本語訳ってのは、日本語として自然に歌に載っていると思うのだけれど、オペラの日本語歌詞って、なんか無理があるような気がするんですよ。日本語とオペラのメロディーの相性が悪いのか、日本語訳が古いのか、あるいは完成度が低いのか…まあ、そのあたりは私には分かりかねるのですが、聞き取れないわけじゃないけれど、聞きづらい…というか、言葉が胸にすっと入ってこないんです。

 なので、私的には、原語のフランス語で歌っていただいて、日本語訳は字幕スーパーで出していただく…という最近のやり方の方がいいかなって思ってます。もちろん、歌はフランス語だけれど、芝居部分は日本語でいいんですよ。

 あと、配役の都合もあって、今回は、テノール1人、ソプラノ2人、女優1人、ピアニスト1人という配置で『カルメン』のハイライトをやったわけです。そうなのですよ、つまりバリトン不在だったんですね。エスカミーリョ無しの『カルメン』って、結構物足りないよ。ミカエラかエスカミーリョが、どちらか一人をカットすると言われれば、私なら迷わずミカエラをカットしちゃいますが…まあ、今回はそうもいかず、エスカミーリョをカットしてしまったのだろうと思います。ああ、残念。

 演出は…大道具なし、衣装とちょっとした小道具だけでしたが、芝居は出演者が常に観客側を向いて演じるという、なかなかおもしろい演出でした。舞台右端でカルメンが客席に向かって花を投げると、それが舞台左袖にいるホセの足元に現れるなんて、なかなか目の錯覚を利用した興味深い演出でした。こういうやり方もあるんだなって思いました。

 演出で面白かったのは、女優さんがラウラというオリジナルの役になって、いわば狂言回しとして、舞台の進行を説明していった事です。ハイライト上演の場合、ストーリーをどうやって説明していくかが工夫されるところですが、こういうやり方もアリなんだなって思いました。

 オペラ上演って、フルで行うと、時間も経費もかかるけれど、こんな具合に工夫してハイライトで上演するのも、オペラへのハードルが下がって良いなあと思いました。

 コンサートそのものはとてもよかったのだけれど、一点疑問が残りました。それは物販です。

 今どきって、どこのコンサートでも物販があるわけで、今回のコンサートでも物販がありました。で、私はそこで売っていた青薔薇海賊団(上原氏が所属している、テノール三人組のグループです)の最新CDとDVDのセットを開演前に買いに行ったら、物販コーナーはすでにオープンしていたのにも関わらず、売ってくれなかったのですよ。コンサート終了後に買いに来いと言うので、これはコンサート後にサイン会でもあるのかなと思い、素直に引き下がり、コンサート終了後に買いに行ったら、特に何もなく、普通に販売してくれました。

 一体、あれはなんだったの? 普通、コンサートに行ったら、開演前から物販ってするものじゃないの? わざわざコンサート終了後じゃなきゃ売らないよ…ってなら、何かあるって思うじゃない? でも、何も無し。ああ、なんか納得いかない。まあ、勝手に期待しちゃったこちらの責任かもしれないけれど、なんかガッカリ。でも、最新盤が大幅ディスカウントで買えたから、まあ良しとしておきます。

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。
にほんブログ村 クラシックブログへ
にほんブログ村

2018年7月 9日 (月)

ヴィブラートとは何か?

 ヴィブラートとは、ヴァイブレーションの事。略せば“バイブ”って事で『振動』を指します。

 音楽用語としては、そもそもは“声の振動”を意味し、声に輝きと潤いを与えるものだと言われています。で、声のヴィブラートがあまりに美しかったので、各楽器もそれをマネて音に振動を与えるようになったわけです。

 ちなみに、楽器はそもそもがノン・ヴィブラートの音が基本ですから、ヴィブラートを“付ける”訓練をしますが、声の場合、そもそも声が自然に振動するものですから、特にヴィブラートの練習というのはしません。音楽ジャンル(女性歌手が少年歌手のパートを歌う必要があるジャンルなど)によっては、ノン・ヴィブラートで歌う必要あるので、そのためにヴィブラートを付けずに歌う訓練をするほどです。

 横道にそれますが、少年の声(ボーイソプラノなど)には、基本的にヴィブラートはかからないんですね。でも、成人女性の声にはヴィブラートがかかってしまうので、同じ音域(ほぼ)同じ声色であっても、少年と成人女性の声には違いがあります。

 閑話休題。ヴィブラートとよく混同されるものに“こぶし”があります。ヴィブラートが無意識に付加されるモノであるならば、こぶしは意識的に付加していくモノです。そういう意味では、楽器のヴィブラートは意識的に付加していくモノですから、歌の世界(日本の歌謡曲とか演歌の世界です)の“こぶし”に近いモノなのかもしれません。

 声のヴィブラートは、音程の振動を指します。ですから、低い声はゆったりとヴィブラートがかかり、高い声は小刻みにヴィブラートがかかっていきます。音程とヴィブラートの振動感覚というのは関連があるので、これを無視して作為的にヴィブラートを掛けると、違和感が生じ、汚く聞こえます。

 作為的…とは違いますが、結果的に不自然な振動を与えてしまい不快感を与えてしまうのが、いわゆる“縮緬ヴィブラート”と呼ばれるものです。これは声の老化の一種で、声帯周りの筋力低下に伴い、発声動作に痙攣が伴うようになり、そのために不自然な振動が声にかかってしまう事が原因だと考える人がいます。作為ではないので、本人には自覚はないのですが、ヴィブラートの振動が音程とは関係なくつけられているので、聞き心地が良くないのです。こうならないためには、歌う人は、ある一定の歌うための筋力維持というのが必要になるのだろうと思います。

 で、楽器のヴィブラートですが、ヴァイオリン等の弦楽器のヴィブラートは、声と同じ音程に振動を与えるヴィブラートですが、フルート等の管楽器のヴィブラートは、声とは違って、音量の変化によるヴィブラートで、厳密に言うと(管楽器のヴィブラートは)ヴィブラートと呼ぶべきではないのですが、他に呼び名がないし(声の)ヴィブラートの効果を目指してかけているので(管楽器のヴィブラートも)ヴィブラートと呼んでいいのだろうと思います。

 ま、そもそもヴィブラートは、声に輝きと潤いを与えるための技法であり、たまたま元祖である声は音程を揺らして効果を得ていたわけですが、音量を揺らして同じ効果を得られるなら、同じものと扱ってもいいんじゃないかって考えるわけですね。

 ヴィブラートは、いわば美しい楽音を作り出すための技法の一つであって、歌の場合は、正しい発声方法が身につけば、自然と身につくものであり、特に意識するものではないと思います。

 楽器の場合は、意識的に習得しないと身につかないものなので、ヴィブラート奏法ができるようになるためには、そのための特別な努力と修練が必要になります。弦楽器の場合は、ヴィブラート奏法は、かなり古い時代に一般的になってしまったため、ヴィブラートのない弦楽器の演奏音というのは今では考えられないので、たとえアマチュア奏者であっても、頑張って習得していかないといけないと思います。

 そこへいくと管楽器のヴィブラートは、これが奏法の中に組み込まれてきたのは、割と最近(フルートなら20世紀前半のモイーズから一般的になってきた…と私は聞いています)なのだそうで、近年の流行りと言えば、言えます。なので、管楽器のヴィブラートは、歌や弦楽器のヴィブラートとは異なり“マスト”なものとはまだまだ言えないと思います。ネットでは、初心者に毛の生えたくらいの人(ごめんなさい)がヴィブラートの習得に励む様子がよくアップされていますが、私が個人的に思うに、ヴィブラートに励む時間があったら、もっと基礎的な訓練に時間をかけて、まずはきちんとフルートが吹けるようになるのが先決だと思います。ヴィブラートはあくまでも、音に輝きと潤いを与えるための技法であり、いわばオプションですから、オプションを習得する前に“きちんと普通に吹けるようになる事”が前提になってくると思います。

 オプションよりもメインを先に身につけろよ…って話です。オプションはメインを終えてからで十分だろうって…事です。

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。
にほんブログ村 音楽ブログ 大人の音楽活動へ
にほんブログ村

2018年7月 8日 (日)

結婚は何歳までにするべきか!

 …って書くと、よく女性の結婚適齢期やら出産適齢期やらが俎上に上がりますが、そんな話はさんざんし尽くされているので、今回は男性について考えてみたいと思ってます。

 男性の場合、女性と違って、出産適齢期はありません。別に40代になろうと50代になろうと、相手の女性が若ければ、父親になるのは可能だし、実際、そういう人も大勢います。

 女性の場合の結婚は、いつでも出産とペアで考えられますから、なるべく早い方が良いわけで、さすがに10代では早すぎるかもしれませんが、20代あたりがベストだろうと思われます。20代のうちに結婚し、20代のうちに出産を終えて、後は育児に邁進する…というのが生き物としての理想のようですが、現代日本では晩婚傾向も激しくなり、30代前半までには結婚…と考えている人も大勢いらっしゃるようだし、それ以上になると不妊治療込みでの婚活となるんだろうと思います。

 それと比べると、男性の場合は、それほど年齢条件はシビアではありません。むしろ、経済条件の方が厳しいかもしれません。

 若い男性が結婚できない、あるいは結婚に踏み切れない条件の一つに、低収入があります。あるいは、収入が不安定…と言ってもいいかもしれません。なので、よく「正社員になったら結婚しようと思っています」とか「年収が◯百万円を越えたら…」とか「貯金が◯◯百万円を越えたら…」とかの話も聞きます。

 まあ、確かに、バイトとか派遣の身分で、妻子を食べさせていくのはあまりに大変だし、嫁ぐ立場の女性…と言うか、女性の親の立場からすれば、バイト男にかわいい娘をやるのは…かなり不安だし、ついつい反対してしまいたくなります。だから、正社員になったら…というのは、よく分かります。

 で、私は正社員になったら、たとえ低収入であっても、安定して定期収入が得られるようになるわけだから、これを機会に「えいやー!」と結婚してしまうのが良いと思ってます。低い収入でも定期的にお金が入るなら、やりくりでどうにでもなります。貯金だって、やりくりの中で貯めていけばいいんです。だから、定期収入が得られる正社員になったら…というのは、男性の結婚に関しては、必要最低限の条件かなって思います。

 じゃあ、経済条件さえクリアすれば年齢条件は関係ないのか? 確かに男性は女性ほど年齢条件が厳しくはないというものの、やはり、なるべく早めに結婚しておく必要があると思います。

 それは育児の観点からです。

 出産育児の直接的な関わりは、確かに女性が主たる役割を果たすと思います。では男性は、出産育児に全く関わらないのかと言えば、そういう事はなく、特に、妻子を経済的に支えるという役割は男性の主たる役割だと思います。

 問題は、子どもをいつまで経済的に支えるべきか…という事です。男の子なら、学校を卒業して就職するまで、女の子ならお嫁にいくまで、と考えるのが、まだまだ主流かなって思います。子どもの学歴にもよりますが、年齢的には末っ子が20~25歳ぐらいまでは親として子どもを経済的に支える必要があると思います。逆に言えば、女の子と言えども、26を過ぎたら、嫁入り支度ぐらい自分でどうにかしなさいって話です。

 それはさておき、末っ子が25歳になるまで支えるとなると…何歳までに結婚しないといけないのか、自ずと計算ができちゃいます。

 と言うのも、サラリーマンなどには定年があるからです。会社の定年は、現在は60歳というところが多いですね。まあ、若い世代が老人になる頃には、定年は65歳になっているでしょうから、仮に自分が65歳の時に、末っ子が25歳になる計算でいくと…末っ子の誕生は40歳って事になります。一人っ子で、授かり婚ならば、40歳までに結婚するのがタイムリミットと言えるでしょう。子どもは二人で、授かり婚は無し…って考えると、少なくとも35歳までには結婚しておきたいです。

 となると、男性であっても、35歳までには結婚しないとアウトって事になります。

 …もっとも、これは定年ギリギリまで子育てをしなきゃいけないという前提があっての話で、この場合、自分たちの老後は老後資金が貯められずに、カスカスになってしまうという恐れがあります。一般的に老後資金は、定年前の10年間でコツコツ貯めるという人が多いので、それを考えると、さらに結婚年齢は10年早まります。

 つまり25歳までに結婚をして、30歳までには子どもを生み終わって、育児体制に入る…なんだ、年齢的な事を考えると、男性も女性とそんなに大きく変わらないじゃん。

 現代日本がなぜ少子高齢化に向かっているのか言うと、それは晩婚傾向が強く、安心して出産育児ができないから…って事になります。で、晩婚傾向が強いのは、男性の低収入と、女性の高学歴化が原因でしょうね。

 女性の高学歴化は…これも難しい話です。女性だって男性並みの教育は必要ですから、どうしても女性の高学歴化はまぬがれないわけですが…この問題に関しては、チャンスがあれば、後日語ることにして、若い男性の低収入は由々しき問題です。

 経済がうまく回らないと、雇用も収入も増えず、収入が増えないと、結婚に踏み切る男性の年齢が高齢化し、それが少子化につながって、国力の低下につながっていくわけです。

 ああ。

 男女ともに、20代のうちに結婚すべきなんだろうと思います。老後がカスカスになる覚悟があるなら、男性は35歳までが結婚リミットです。そこを越えての結婚は…定年のない自由業ならともかく…って話になりますが、自由業の方も一般的には年齢がいくと収入は厳しくなるようなので、あまりに晩婚では色々と大変になってしまうと思いますよ。

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

2018年7月 7日 (土)

今年もタニシがやってきた!

 だいたい毎年、夏に、タニシを大量に水槽に投入している私です。

 以前は、知り合いの農家さんに頼んで、そこの田んぼのタニシを水槽に入れていましたが、その農家さんが昨年廃業されてしまい、その方からタニシをいただけなくなり、別の農家さんに話を持っていったのですが、どこの農家も農薬を使っているので、田んぼにタニシなんていなくて…仕方なしに昨年から、インターネットでタニシを購入する事にしました。

 だって、普通の金魚屋さんじゃあ、石巻貝などは販売しているし、ジャンボタニシなんかも売っているけれど、ごく普通のタニシはなかなか販売していないんだよね。それでやむなく、インターネットで生体購入をしています。

 お値段は、送料込みで、50匹で二千円。今回も150匹購入したので、約六千円です。まあ、相場的にはかなり安く買えました。

 業者が養殖しているタニシなので、田んぼで採集してくる子と比べると…きれいです。泥を吐かせる必要なんてないし、貝殻を磨く必要もありません。念の為、ちょっとだけ検疫のために消毒液に漬けるだけでOK。なんて、お手軽なことか…。

 で、ドドーンと150匹のタニシを水槽に入れてみました。野生の子たちは、水槽に入れた瞬間に動き出す(ってか逃げ出す)のですが、養殖の子たちは、ほぼ一日、じっとしていました。全然動きません。死んでいるのかな…って思ったぐらいです。おそらく死んだふりをして、危機回避を狙っているのでしょうね。

 で、一日が過ぎたあたりから「もう大丈夫…」とばかりに、ぼつぼつと動き出しました。でも、動作が遅いせいか、動き出したところで、金魚たちにだいぶ食べられてしまいました。ううむ、養殖の連中って、危機感は高いのだろうけれど、やっぱりトロいやつはトロそうです。

 金魚的には、ごちそう大量投入…ってことで、みんながみんな、虎視眈々とタニシを狙っています。ウチの子たちは、石巻貝は食べないのに、タニシは食べつくしちゃうんだよね。よほどタニシって美味しいんだろうね。

 まあ、タニシは水槽のお掃除係兼金魚の生き餌担当なので、食べてしまってもいいのだけれど、タニシの補充は年に1回と決めているので、少しは遠慮しながら食べてもらいたいくらいです。できれば、週2匹ぐらいの割合だと嬉しいのだけれど。

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。
にほんブログ村 クラシックブログ フルートへ
にほんブログ村

2018年7月 6日 (金)

ちょっぴりパニくりました

 フルートのレッスンに行ってきました。なんとレッスン参加、二週間連続だよ、すごいね。…でも相変わらず、自宅での練習は無しだけれど(涙)。

 最初のロングトーン練習はもうバッチリすぎて、書くことありません。

 エルステユーブンゲンは、いつもの23番と24番。もちろん、暗譜は全然できてません。しかし、そろそろ暗譜して、次に進まないといけないなあ…とは思ってますが…なかなかうまくいきません。今まで全く暗譜しなかったわけじゃなく、暗譜してかなり覚えてしまった時もあるのですが、そういう時に限ってレッスンはなくて忘れてしまい、忙しくて練習できない時にレッスンに行っている現状なので、覚えては忘れ、覚えては忘れの繰り返しで、もう何ともです。何度も、暗譜して忘れるを繰り返していると、なんかもう、暗譜するのも面倒くさい感じ感じます(本音)。

 プチエチュードは19番。まあ、だいたい吹けるのだろうけれど、つまらないミスブローを多発して、一向に仕上がりません。へへへ。

 40リトルピーセズは、前回の記事で13番は不合格…みたいに書きましたが、実は先週で合格になっていたようです。いや、私は不合格のつもりだったのですが、あとから録音と楽譜の書き込みを見てみたら、どうやら「まだまだだけれど…まあいいか」というレベルで合格になっていました。ので、今回は14番のみを吹きました。

 はい、ほぼ、吹けません。全く吹けないわけではなく、後半部の8分音符が主体になっている箇所、ほぼアルペジオの箇所が吹けません。正確に言うと、譜面がちゃんと読めません。譜面が読めないので吹けません。ああ、残念です。ほんと、読譜って苦手なんだよね。

 で、最後はヴォカリーズです。今回は、一通り通してみましたが…すっごい疲れた。この曲、体力消耗するね…。繰り返し部分は全部スルーする方向で考えてみてもいいかもしれない…くらいに、きちんと全曲を吹くと、疲れます。

 だって、ほぼ休みなしだよ。ずっとずっと吹いているんだよ。それものっぺりと…これはシンドイです。

 でもまあ、だいたいオーケーって感じかな? 音色は大丈夫。リズムも分かる。あとはフレージングに気をつけて、ミスを減らしながら、たくさん歌えばいいだけ。まあ、これは追々やっていけばいい事。つまり、あとは吹き込みだね。たくさん練習しないといけません…が、それが一番難しい事かもしれません。

 さて、今回の雑談は…地元のソウルストアともいうべき、某D店がいよいよ無くなってしまうという事を、なんとH先生から教わりました。さっそく、レッスンが終わって、D店に行ってみたら、張り紙があって、ああ、本当に無くなってしまうそうです、それも近日中に…。

 ちょっぴり時間が止まるのを感じました。少しばかりパニックっちゃいました。

 いやあ、無くなるんだ…本当に無くなるんだ…。

 D店って…その全盛期は、今の感覚で言うと、ドンキホーテみたいなノリのお店でしたが、今じゃ、すっかりおとなしくなってしまいました。

 理性で考えれば…D店が無くなってしまうのも、仕方ないよなあとは思います。

 だって、今のD店は、昔ほど安くはないし、昔ほど面白いモノも置いてないし…最近じゃあ、ただのホームセンターだから、それじゃあダメだよね。昔はお店中からワクワク感が溢れていたのに…今じゃすっかりそのワクワク感も無くなって、すでにレゾンデートルを失ってしまった状態だったけれども、それでも改めてD店が無くなると知って…ああ、ショックだ、ショックだ…。

 我が地元では、D店衰退後は、商圏的にはやや落ち込んでいたと思いますが、昨今のイオン系のお店の出店で盛り返しているわけで、今や我が地元はイオンの街とも言える状況になりつつありますし、私もイオン系のお店を利用しています(特に、旧ヤオハン系)が、なんかイオン系には、D店ほどのシンパシーは感じないんだよねえ…。

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。
にほんブログ村 クラシックブログ フルートへ
にほんブログ村

2018年7月 5日 (木)

ト音記号しか読めません

 私、ここに告白します。

 実は私、ト音記号の楽譜しか読めません。へ音記号はもちろん、ハ音記号やテノール記号で書かれた楽譜は、ほとんど読めません。どうしても読まなきゃいけない時は、やむをえないので、事前に楽譜にカナを振って対応します(てへぺろ)。

 だってね、だってね。小学校で習った楽譜って、全部、ト音記号だったじゃないですか。まあ、小学四年生でアルトリコーダーを習った時に、ヘ音記号を使っていたような気もするけれど…私は、家が貧しくてアルトリコーダーを買ってもらえなかったら、アルトリコーダーの勉強をしてなくて、ヘ音記号の学習が欠落しているんだよね。

 大学の授業にピアノの実習があった時、渡された楽譜は大譜表(ト音記号とヘ音記号の2つのタイプの楽譜が連結されているタイプです)をいただいたけれど、その時は、左手部分(つまりヘ音記号の部分)は、思いっきりコードネームを書いて、コードで弾いていたので、ヘ音記号は読めずじまいでした。

 そう、私、ヘ音記号は読めませんが、コードでピアノが弾けるんですよ。技術的には指が動かないで、とても下手くそですが…でも、珍しい人でしょ?

 さて、社会人になって、合唱を始めたのだけれど、私は最初っからテノールだったし、入団した合唱団は、かなりマジ系のところで、オーケストラ伴奏の本格的な合唱曲ばかりを歌っていた団だったので、ここでもヘ音記号を学ぶチャンスがありませんでした。ほら、オーケストラ伴奏のマジ系の合唱曲って、テノールはト音記号で書かれているんだよね。これが邦人の作曲家が作ったピアノ伴奏の合唱曲だと、歌のパートは、大譜表に全部一緒に載っていたりして、そうなるとテノールはヘ音記号だし、各パートごとに譜面が分かれていても、テノールはヘ音記号で書かれていたりするのだけれど、私はそういう場で歌わなかったので、ここでもヘ音記号を学ぶチャンスがなかったわけです。

 で、老人になってから、声楽(ってか独唱)を始めたわけだけれど、オペラとか歌曲とかだと、やっぱりテノールはト音記号で書かれちゃうので、ヘ音記号に親しむチャンスがありませんでした。

 フルートも始めたし、ヴァイオリンもちょっとかじったけれど、この2つとも、ト音記号の楽器で、全然ヘ音記号には縁がないんだよね。

 と言うわけで、私。未だにヘ音記号に馴染めませんし、読めません。

 先日、某所で歌ったメサイアのハレルヤなんて、テノールの部分がヘ音記号で書かれていたのですが(びっくりです)、ヘ音記号なんて読めないし、どうせ歌そのものは、いつものアレだろうと思って、ざっくり楽譜を斜め読みして歌っちゃいました。

 やっぱり、ヘ音記号も普通に読めた方がいいんだろうなあ…と思うものの、なんか学ぶチャンスが無いし、使うチャンスも無いんだよね。

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。
にほんブログ村 音楽ブログ 大人の音楽活動へ
にほんブログ村

2018年7月 4日 (水)

そろそろ秋のクラシックコンサートが視野に入ってまいりました

 さてさて、声楽の続きの続きです。曲の練習に入りました。今回歌ったのは、ベッリーニ作曲の「Bella Nice,che d'amore/美しいニーチェよ」です。何度も「今回で終わりにしよう」と言われながらも、歌い終われば「やっぱりもうちょっとやりましょう」となって、いつまでも終わることのなかった曲です。

 鼻を鍛える練習の後でしたから、この曲を歌う時も、しっかり鼻を意識して歌いました。いや、意識…じゃなくて、鼻の響きを(現時点での)MAXにして歌いました。先生からは「ちょっと鼻に入りすぎ…」と言われましたが、まあ良しです。息をしっかり鼻に入れるために、終始息に腹圧をかけて歌いましたが…いやあ、疲れました。でも、腹圧を弱めると、あっという間に声が落ちてしまいます。声が落ちれば、鼻の響きが無くなるだけでなく、声が重くなるってしまいます。クワバラクワバラ。

 音程に気をつけること。上行音型はしっかり音を届かせる事。下降音型は声を落としすぎない事。どちらもしっかり息を支えていれば、造作もない事なのだけれど…ああ、腹圧、足りねー。

 とにかく、声は落とさない事。ノドの奥を開き、息はまっすぐ前に吐き出さず、クチの中で一回ぐるんと回してから吐くようにする。そのためには、ノドの奥を開く…と言っても、上下に開くだけではなく、前後に開く感覚も加えて、後ろ斜め上や前斜め下へも引っ張って開くようにする。

 加えて、細めの軽い声で歌うこと。とにかく、今の私はバリトン以上に太くて重い声(声が落ちているため)で歌っているので、軽く軽くを意識する事。

 とにかく、あっちこっちに気を使いながら、音程やらリズムやらにも気を使いながら、丁寧に丁寧に歌ったところ…ようやく、この曲は終わりになりました。長かったなー。次は…新曲ではなく、まだやり残している曲…ベッリーニ作曲の「Almen se non poss'io/もし私ができないなら」と、ドナウディ作曲の「Vaghissima sembianza/かぎりなく美しい絵姿」をやることになっています。

 さて、7月になりました。今年もそろそろ秋のクラシックコンサートの申し込みの時期がやってくるものと思われます。

 実は例年、10月に行われている、当地の市民文化祭でのクラシックコンサートですが、今年は会場の都合で11月に行われるそうです…という(関係者からの)風のうわさが入ってますので、申込みが例年より一ヶ月遅くなるかもしれませんが、どちらにせよ、そろそろ曲を決めておかないといけません。

 一応、二重唱曲を1曲、オペラアリアを1曲、歌曲を1曲、の計3曲で行こうかな…なんて思ってます。

 二重唱曲はオペラの二重唱を考えるのが普通だろうけれど、歌曲の二重唱もなかなか良いかな…なんて迷っています。特に、最近の私は中低音の練習ばかりをして、高音を出していないので、今ひとつ高音に不安があるんですよ。なので、高音の無い二重唱曲がいいかなって思ってます。

 オペラアリアは…先生が勧めてくださっているアリアが、実はフランス語のアリアなんです。で、私、フランス語できません。フランズ語読めません。

 私、カタカナが振ってある楽譜を持っていますが、先生はそれを使っちゃダメというのです。ならば、英語歌詞の付いている楽譜も持っているので、英語で歌いましょうか?と言っていますが、英語じゃ…という反応です。ま、私自身も、そのアリアを英語で歌うのは、ちょっとばかり抵抗があります。では、どうしたらいいのかな…って困ってます。

 それに、フランス語の読みって、ルールが簡単だと言うけれど、実際にはそれなりに面倒くさいんだよね。私、NHKのテレビ講座でフランス語を半年ばかり勉強した事があるけれど、未だにフランス語をちゃんと読めません。なんか、腑に落ちないんだよね。まあ、イタリア語とかドイツ語みたいには行かないのは知ってますので、フランス語しか書いてない楽譜を使っても、結局、自分でカタカナ振っちゃうと思うんだよね。だから、最初っからカタカナが振っているのか、自分でカタカナ振っちゃうか(それも自分で振るわけだから間違いもあったりするんだろうなあ…)の違いしかないわけで、だったら…と思ったりします。

 いっそ、先生のオススメは無視して、別のアリアにするべえかな? それとも、この夏は、ちょっと本腰入れて、フランス語の勉強をするかな…。

 歌曲は、トスティか、今やっているベッリーニか…って感じです。ただ、ベッリーニをやるなら、原曲で歌いたいので、どの曲を選んでもキーが高いのが悩みです。だったらいっそ、武満を歌っちゃおうかしら…なんてね(笑)。

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。
にほんブログ村 クラシックブログ 声楽へ
にほんブログ村

2018年7月 3日 (火)

鼻とクチはバランス良く…

 さて、声楽のレッスンの続きです。具体的に鼻を鍛える練習に入りました。

 鼻を鍛えるには、ノドを閉じ気味に歌う事が前提となります。ノドをやや閉じて、息を、あえて、鼻に入れていきます。気分としては「鼻声上等!」です。もちろん、最終的に鼻声になってしまってはいけませんが、練習段階では鼻声になる事を恐れてはいけないわけです。

 これは高音を練習する時に、声がひっくり返ってしまう事を恐れてしまうと、いつまで経っても高音発声ができないままであるのと同じで、声がひっくり返る事はダメなんだけれど、声がひっくり返らないのはもっとダメであって、声がひっくり返るかひっくり返らないかのギリギリでひっくり返らない声で歌うのを目指すわけです。鼻に関しても同じで、鼻声はダメなんだけれど、鼻声の要素のない声もダメで、要は鼻の声とクチの声のバランスを保ちながら歌っていく事が大切なのです。

 なので、今現在、クチ100%の声ならば、多少は過剰気味であっても、まずは鼻の声を出していきましょうって事になるわけです。

 なので、鼻100%からクチ100%へ、クチ100%から鼻100%へと同一音程で移行していく練習をしました。最初のうちはスムーズに移行できず、ガタガタになりがちですが、これを練習を繰り返すことでスムーズにしていくそうです。これがスムーズに出来るようになると、良いバランスをキープできるようになるそうです。

 練習段階では、ノドを閉じ気味にし、鼻声上等で発声しますが、練習が進んでいけば、当然ですが、ノドは開放し、鼻声はペケになります。クチの声に鼻の声の響きを上手に乗せていけるようになれば良いのです。

 とにかく、今はクチメインの声で歌っているので、歌い出す時に、意識的に事前に鼻に息を通してから歌うようにすると、良いのだそうです。ま、これも歌の準備の一つなんだろうと思います。

 あと、息は必要な分を必要な圧力にして歌うことが大切で、過剰に大きな声は不要との事です。私は無意識に大声で歌おうとしてしまいますが、私が大声だと思っている声って、結局、ノドが鳴っている声なんです。声はノドを鳴らさなくても十分聞こえるし、必要な息で歌っていると、必ずしもノドは鳴るわけではないし、音量だって、さほど大きくはなりません。それでも十分遠鳴りな声になるのは、鼻の響きがあるからだこそ…です。逆に言えば、鼻の響きがあれば、無理して大きな声を出す必要はないわけで、その方が、ノドの健康にもつながっていくわけなのです。

 響きをメインにした発声で歌っていくというのは、そういう事なんだそうです。

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。
にほんブログ村 クラシックブログ 声楽へ
にほんブログ村

2018年7月 2日 (月)

ブレス・コントロールに巧みになりなさい

 声楽のレッスンに行ってきました。

 レッスン室に入るなり先生から「今日から地獄が始まるよ(はぁと)!」と宣言されました。なになに、地獄って何?ってわけで、話を聞いてみると、先日行われた、私が不参加だった発表会(位置付的には“おさらい会”らしいです)を行ってみての、先生の反省事項があって…という話なんです。

 なんでもY門下の生徒さんに共通する欠点として…鼻が弱い…という事を、先生は如実に感じてしまったのだそうです。なので、発表会が終了した今後は、徹底的に皆さんの鼻を鍛えましょう…って決意をしたんだそうです。

 確かに、私も鼻は弱いです。もっとも私の場合は、キング先生の元で、徹底的に鼻を使わないように鍛えられたので、弱いも何もなく、単純に、鼻を使っていないってだけの話なのです。とにかく、鼻をつまんでも、つままなくても、同じ声が出るように訓練を受けました。ちなみに、それ以前の私は、鼻をつまんでしまうとガラっと音色が変わってしまっていたんです。鼻声要素が強い声だったんですね。

 鼻声はもちろんダメですが、鼻声要素は歌声には必須なわけで、鼻をつまんだ時に音色が全然変わらないのはダメなのです。なので、適度に鼻に響かせた声を獲得するために、鼻を鍛えていきましょうという事になりました。

 そもそもが鼻声人間な私ですから、鼻に響かせるのは得意…だったはずですが、今回改めてやってみたら、鼻で声を響かせるのが苦手になっていました(涙)。以前は、高音はかなり鼻の響きを使って出していて、キング先生からダメ出しをされていたくらいなのに、今は高音はおろか、少し高めの音になっただけで、鼻が使えなくなっていました。

 キング先生の指導は(方向性は間違っていたとは言えども)その徹底ぶりはすごかったわけで、彼の指導力の凄さとその影響力を今更感じています。

 さて、鼻に響かせた声で歌うためには、息を鼻からもクチからも同時に出さないといけませんし、鼻はクチよりも高い位置にある事から、息を支える腹圧をかなり高くしないと鼻での響きは得られません。以前の私が高音を鼻で出していたのは、息の支えを腹圧ではなく、ノドの力で持ち上げていったからだろうと思います。

 でも今はノドの力で息を上げていくと、先生からダメが出ますから、頑張って腹圧で息を上げるわけですが、その腹圧が…私は弱くて鼻まで届かなくってダメなのです。ああ、残念。

 腹圧が弱い原因の一つには、そもそもの腹筋の筋力(それもインナーマッスル)が弱いという事もありますが、息を吐き過ぎてしまうために腹圧が低くなってしまうというのもあるようです。もっと、息を(無駄に)吐かないように歌っていく事で、腹圧を高めていくわけです。つまり、腹圧を下から上の方向にばかり掛けるのではなく、上から下への圧力も同時に掛けていく必要があるわけです。

 とどのつまり、ブレス・コントロールに巧みになりなさいって事です。

 特に低音を歌う時は、ある程度の量の息を吐く必要があるけれど、高音になればなるほど、少ない息で歌う必要があります。そうしないと、ノドが鳴りすぎてしまうし、声が重くなってしまうし、やがてはノドが傷んで壊れてしまうからです。

 声が重い…と言えば、レッスン中に「もっと軽い声で歌えませんか?」とよく先生に言われます。「テノールなのに、バリトンの私よりも重い声になっている」と言われると、ぐうの音も出ません。息の吐き過ぎが私の声を重くしているようなのです。

 でも「低音は息をたくさん吐き、高音は息を少なめに吐く」というのは、全くフルートと同じなので、なんか納得です。

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。
にほんブログ村 クラシックブログ 声楽へ
にほんブログ村

2018年7月 1日 (日)

ついにネタが切れました[2018年6月の落ち穂拾い]

 何のネタが切れたのか言うと…ここ「落ち穂拾い」のネタ切れです。決して、普段の記事のネタ切れではありません。むしろ、普段の記事に関しては、ネタはまだまだたくさんありますが、それを文章に書いている時間がなくて困っているくらいです。

 で、落ち穂拾いのネタ切れの件ですが…実は二段階のネタ切れを経て、今に至りました。

 最初のネタ切れは…もう数年前の事になりますか…。そもそものこの“落ち穂拾い”は私が他の人のブログにしたコメントを再録するコーナーでした。コメント…と言っても、記事にしても良いような濃いめのコメントをあっちこっちのブログでしていたので、それをそのままにするのがもったいなくて、こちらに再録していたわけです。

 やがて、私も色々と忙しくなって、他の人のブログにコメントをする事が難しくなり、そのうち読み逃げばかりするようになりました。そうなると、ここのコーナーに再録するコメントがなくなってしまいました。これがネタ切れの第一段階です。

 しかし、他の人のブログにコメントせずとも、自分のブログ、つまり“老犬ブログ”にはコメントをしていたので、そのコメントを再録するようになりました。記事は読むけれど、コメントまでは読みません…という読者の方もいらっしゃるので、自分のブログへのコメントを再録するのも、意味のあることでした。

 で、しばらくは自分のブログのコメントをここに再録していましたが、ついに先月になり、ここに再録できるほど中身のあるコメントができないという事態を迎えてしまったのです。これがネタ切れの第二段階です。

 なので、今月は、ここに再録するネタがないわけです。いやあ、ヤバイ。実際のところ、濃いめのコメントがない以前に、コメント欄が閑散としているわけで、そりゃあ濃かろうが薄かろうがコメントそのものが無くなっちゃたら、何も書けないわけです。ヤバイです。ああ、先細り先細り…。

 来月は、ここに書けるような実のあるコメントを、私はできるでしょうか? 自分でも心配です。来月もネタ切れのままだったら、ごめんね。

今月のお気に入り 南天のど飴

 最近の私は、多忙による不摂生のため、風邪をひきやすくなっています。風邪をひくと…最初は鼻風邪で、そこからだんだん下りていって、最後は気管支炎になってから治ります。まあ、肺炎にまで至らないのが不幸中の幸いですが、結構、ノドが腫れている期間が長くて、一度風邪をひくと、2週間ぐらい歌えない状態が続くので困っています。

 もちろん、医者に行きますし、薬も飲みますが、やはりのど飴が手放せません。

 のど飴と言うのは、実に3つのタイプがある事は、皆さん、ご存知でしょうか?

 1)菓子類としての“のど飴”
 2)医薬部外品としての“のど飴”
 3)医薬品としての“のど飴”

 1)と2)はコンビニで買えますが、3)は薬屋やドラッグストアに行かないと買えません。

 1)と2)3)の違いは、有効と思われる成分が入っているかどうかの違いです。つまり、単なる気休めか、実際に薬効が認められるのか…の違いです。

 2)と3)の違いは、効果の強さの違いです。当然、3)の方が効果が強いのですが、それは同時に副作用とか飲み合わせとか禁忌も考えなきゃいけないので、普段遣いなら、むしろ2)の方が良いと思われます。実際、2)はお手軽でいいですね。それにだいたい、よく病院で処方されるトローチも、実は3)ではなく2)だったりするんですよ。知ってましたか? なので、2)がダメって事はないんですよ。なので、普段の私は2)のタイプののど飴をなめる事が多いかな? とにかく、入手が楽だし、お手軽だしね。

 その代表格が最近愛用している「龍角散のど飴」ね。

 本当の本当に苦しい時は3)のタイプののど飴をなめます。「浅田飴」とか「南天のど飴」とかがこれに該当します。で、今回は本当に辛かったので、3)のタイプののど飴に手を出したわけです。

 で、3)のタイプとしては、以前はよく「浅田飴」をなめていた私ですが、今回は目先を変えて「南天のど飴」をなめてみました。

 「南天のど飴」って、なかなかいい感じだなって思いました。味が他ののど飴と比べて、マイルドだと思います。薬効に関しては、ノドの腫れがひどすぎて、実はよく分からなかった(たぶん効いていると思います)のですが、味はマイルドで、良いと思いました。ま、これは好みだと思いますが、あまり味が濃い飴って、舌があれるんだよね。そこへいくと「南天のど飴」は良い感じだと思いました。

 なので、しばらくは、ノドが痛くなったら「南天のど飴」をなめるだろう私でした。

今月の金魚

2018年6月24日(日) 緋ドジョウが2匹、我が家の水槽にやってきました。でも、どこにいるんだろ?

今月のひとこと

 ついにキヤノンがフィルムカメラの出荷を止めたんだそうな。生産そのものは2010年に終了していたものの、在庫分を細々と出荷し続けていたそうだけれど、その在庫も無くなってしまったので、キヤノンのフィルムカメラは、今市場に出回っているものが売れてしまえば、もう終わりだそうな。時代だね。昭和な私には、カメラとフィルムは一対のコンビだったのにね。ちなみに、ニコンはまだフィルムカメラの出荷を続けているそうな。(2018年5月30日~6月6日)

 JR東日本が品川駅と田町駅の間にできる新駅の駅名を一般公募するそうです。意味ないねえ…、ポーズだよね。新駅の名称の選択肢なんて、せいぜい『高輪』『芝浦』『泉岳寺』の3つでしょ? 地元は高級感のある『高輪』を推してくるだろうけれど、地下鉄の泉岳寺駅との乗り換え(新駅は地下鉄の隣接地に作られる予定)を考えれば、駅名はほぼ『泉岳寺』で決定でしょ。そうでないと、オリンピックを控えた今、旅行者は困るよ。地元民のプライドを優先するか、公共交通機関としてのわかりやすさを優先するかって話なんだろうと思う。ま、これを契機に、地下鉄の方の駅名も改称しちゃうってのなら、話は別だけれどね。(2018年6月6~7日)

 LINEを使っていると個人情報が韓国に流出しちゃうらしいし、Facebookを使っていると個人情報が中国に共有されてしまうそうです。その点、Twitterはシステム的には大丈夫らしいけれど、それでも利用者側のうっかりで、個人情報ダダ漏れのケースも多々あるそうです。だからどーしたと言われても返事に困るけれど、そういうリスクを承知して使っているなら問題ないけれど、危機感なしで使っているのなら、それはマズくないかい?って事です。アメリカの国会では国家安全保障上の観点から、個人情報の流出って結構気にしているんだよね。そこへ行くと、日本の国会はのんきだね。未だに個人情報の流出よりもモリカケだもん。(2018年6月7~12日)

 私が愛用していた龍角散の細粒が、どうやら随分前に販売中止になっていたようです。今飲んでいるヤツが無くなったら、もうお終いです。ああ、残念。次は、粉末の龍角散にしようか、それも龍角散ダイレクトにするか悩み中…。自宅では粉末を飲んでますが、細粒は主に職場で飲んでいます。職場だと、お手軽に飲めるのが大切だからなあ…。どっちにしようかな…。(2018年6月12~25日)

 サッカーワールドカップですが、私、日本の3連敗と思っておりました。ごめんなさい。第1戦のコロンビア戦はまぐれ勝ちであって、まぐれは二度は続かないと思っていました。なのに、第2戦のセネガル戦は惜しくもドロー。こうなると、まぐれでもなんでもなく、実力で勝ち取った試合結果としか言えません。第3戦は、すでに敗退が決定しているポーランドとの試合です。ポーランドは負けが決まったからと言って、手を抜くチームではないと思います。ここは全力で戦って、自力で1次リーグを突破してほしいと切に願っています。頑張れニッポン。(2018年6月25~28日)

 梅雨の合間の晴れの日は、本当に暑い。日差しが真夏並みに強烈な上に、湿度も高くて不快指数高めで参ってしまう。とは言え、真夏と比べると、コンクリートやアスファルトが熱を蓄えていない分だけ、過ごしやすいとは言えるわけで…都会が暑いのは、地球温暖化のせいではなく、コンクリートとアスファルトの蓄熱、およびエアコンの室外機の排熱が原因なんだろうと、私は考えています。(2018年6月28~29日)

 サッカーワールドカップ、日本は予選リーグを突破しましたね。勝ち星やらなんやらはセネガルと並びましたが、雌雄を決したのは反則の数だったそうです。セネガルも反則の少ないフェアなチームでしたが、日本はセネガルよりもきれいな試合をして、反則数が少なかったため、決勝リーグに出場できることになったんだそうです。まあ「勝てばいい」ではなく「きれいに勝つ」事が評価されたわけで、私はちょっぴりサッカーという競技を見直しました。ちなみに、ポーランド戦、点を取られて以降、日本はパス回し等に時間を使って“これ以上負けを広げない戦い方”をしましたが、一部の人は「そういう戦い方はどうなの? 戦いは常に勝ちを狙っていかないとダメじゃん」と言っているみたいですが、私はそれで良かったと思ってます。戦術と戦略は違うのだから、大きな勝利のためには目先の敗北を受け入れる事だって必要なわけです。点を取られてしまった現状の中、逆転を狙って果敢に攻めて、負けを広げてしまえば、本戦リーグ出場はセネガルに持っていかれてしまう可能性大なわけだから、そこは“1点差負け”をキープする事で本戦リーグ出場を獲得する事が大切だったわけです。日本はクレバーな戦い方をしたと思いますよ。(2018年6月29~30日)

 本日の記事「緋ドジョウがやってきました」がブログ村に反映されません。なんかなー。私のせいではないとは言え、ブログ村から来てくださっている方々にご迷惑をかけている事が心苦しくてなりません。(2018年6月30日)

 さきほど、ブログの再アップをしたら、ブログ村に反映されました。最初のアップの時に、何かエラーがあったんでしょうね。とりあえず、ブログ村に当該記事が反映されました、よかった。よかった。ところで、関東地方は梅雨があけてしまったんだそうな。まだ6月だよ、早くない?(2018年6月30日)

 今月は以上です。よろしくお願いします。

« 2018年6月 | トップページ

フォト

↓参加しています

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2017 すとん