ひとこと

  •  今まで御大層な御託を並べていた方が、ブログを削除して消えちゃった…って事は、今まで大声でおっしゃっていた事が間違いだったという事を認めたって理解していいんだよね。単に忙しくなっただけなら、ブログの過去の発言を削除するって事は…ないからね。あれこれヤバイ発言があるから削除しちゃったんだよね。別に私は彼と対峙していたわけではなく、むしろ愛読者として、時折、生暖かく見守っていたわけだけれど、痛くて面白いブログが一つ無くなって、ちょっぴり残念です。復活しないかな?
2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合は必ず“名前”の欄にハンドルネームをご記入ください。ココログ的には、コメントの際の名前の記入は任意となっていますが、このブログでは必須としますので、ご了解ください。また、その時に使用されるハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« 東山魁夷の作品を見るのを楽しみにしています | トップページ | ついにネタが切れました[2018年6月の落ち穂拾い] »

2018年6月30日 (土)

緋ドジョウがやってきました

 最近、どの金魚店に行っても、めったに緋ドジョウを見かける事が無くなりました。何があったのかは知りませんが、どうやらここ数年、緋ドジョウの流通が少なくなってきたようです。なので、我が家でも、以前いた緋ドジョウたちが星になって以来、緋ドジョウではなくマドジョウを入れています。

 ま、そのマドジョウたちも4匹いるはずなのに、どうやら現存しているのは、たった1匹のようなのです。不思議です。

 どう考えても、ドジョウパワーが不足している我が家の水槽です。できれば、次のドジョウは、愛らしくてペットとしての自覚もある緋ドジョウにしたい…と願っていました。

 しかし、緋ドジョウが欲しいけれど、入手が困難…ってわけで、ジリジリしていたのですが、先日、ひょんな事で、出先で通りかかった、よく知らない金魚店で緋ドジョウを入手してしまいました。

 それも2匹も。2匹と言っても、その店にいた全部なんですが(笑)。ちなみに、大きさは極小タイプで、緋ドジョウのくせに、一見するとメダカにしか見えないくらいに、細くて短い子たちでした。きっと、ほんのベイビーなんだろうと思います。

 で、1匹、950円。以前は、緋ドジョウって、高くても400円前後でしたから、値段が倍近くするわけで、それほど緋ドジョウは入手困難ってわけなんでしょうね。

 とにかく、小さくてかわいい緋ドジョウを2匹、我が家の水槽に入れました。で、あれから一週間経ちましたが、あれ以来、全然緋ドジョウたちの姿を見かけません。全然、見ないんですよ。

 緋ドジョウはドジョウだけれど、他のドジョウたちほど、身を隠すのに熱心ではありません。人間に姿をよく見せてくれる子たちなので、一週間も身を隠しているなんて事は、まずありません。実際、この一週間で、普通は身を隠して見せてくれないマドジョウの方は、毎日のように見かけていますからね。緋ドジョウの姿が全然見えないのは、全く不思議なのです。

 妻は、緋ドジョウを水槽に入れた、その晩、金魚たちが緋ドジョウを食べてしまったのではないか…と疑っています。まあ、今回の緋ドジョウたちは、メダカサイズだから、金魚のクチにラクラク入っちゃうんだよね。メダカを大量に水槽に入れた時は、その日の夜中に、半分近くのメダカを金魚が食べてしまったという前歴があります。

 ああ、貴重な緋ドジョウたちが、金魚の生き餌になってしまった可能性は…否定できません。それにしても、生き餌だとしたら、1匹950円だよ、二匹で1900円だよ、すっごく高価な金魚のエサって事になるわけだ(涙)。

 水槽のどこかにじっと隠れている…って事はないのかしらねえ。

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

« 東山魁夷の作品を見るのを楽しみにしています | トップページ | ついにネタが切れました[2018年6月の落ち穂拾い] »

金魚」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 東山魁夷の作品を見るのを楽しみにしています | トップページ | ついにネタが切れました[2018年6月の落ち穂拾い] »

フォト

↓参加しています

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2017 すとん