ひとこと

  •  今まで御大層な御託を並べていた方が、ブログを削除して消えちゃった…って事は、今まで大声でおっしゃっていた事が間違いだったという事を認めたって理解していいんだよね。単に忙しくなっただけなら、ブログの過去の発言を削除するって事は…ないからね。あれこれヤバイ発言があるから削除しちゃったんだよね。別に私は彼と対峙していたわけではなく、むしろ愛読者として、時折、生暖かく見守っていたわけだけれど、痛くて面白いブログが一つ無くなって、ちょっぴり残念です。復活しないかな?
2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合は必ず“名前”の欄にハンドルネームをご記入ください。ココログ的には、コメントの際の名前の記入は任意となっていますが、このブログでは必須としますので、ご了解ください。また、その時に使用されるハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« 発表会を見ると分かること | トップページ | 声楽的な歌い方と合唱的な歌い方の違いについて »

2018年6月 6日 (水)

声域と声種

 私は今でもキング先生に「君にはテノールは無理だから、バリトンに転向しなさい」と言われた事を、はっきりと覚えています。

 その時の私の気持ちは「このお方は、何をおっしゃっていらっしゃるのだろう」という困惑した気持ちでした。もちろん、こんな丁寧な言葉づかいではなく、もっとお下品な言葉遣いの方がふさわしい気持ちでしたけれど…。

 プロの音楽家ともあろうお方が、声域と声種の違いが分かっていらっしゃらない。または、教えることを放棄された…たぶん後者だろうと、今は分かりますが、その時は、前者ではないかと強く呆れてしまったのです。

 声域と声種は違うものでしょ! なぜ、それが分からない(涙)。…当時はマジで、そう思ったものです。

 閑話休題。声域と声種は違うものですが、案外、これがごっちゃになっているケースを見聞きします。それは、声域と声種がペアで考えられることが多いからです。

 例えば「高い声が出るからテノール」「低い声で歌えるからアルト」

 …んなわけないじゃん! 声域はあくまでもその人の持つノドの音域の話であって、声種は声質(つまり声の性格)で決まります。それはつまり…、

 ソプラノやテノールは、若い声です。それがソプラノやテノールの声質です。歌手の実年齢は関係なく、若々しい声で歌えるから、ソプラノやテノールなのです。メロディしか歌えないからソプラノなんてありえないし、高い音を出したいからテノールとか、もう馬鹿すぎる話です。70歳を越えて、もう高音はだいぶ無理になって、バリトンの音域でしか歌えず、バリトン役ばかり歌っているドミンゴであって、声は若々しいので、バリトン役を歌っても、声はテノールなわけで、これは声域と声種が本来的に異なるものだからです。

 メゾやバリトンと言うのは、圧倒的な美声です。それがメゾやバリトンの声質です。とにかく、美しくて耳障りの良い声で無理なく歌って人の魂を揺さぶる事ができるから、メゾやバリトンなのです。高い音も低い音も出ないから、メゾ? バリトン? それはメゾやバリトンをなめています、みくびっています。美しくて魅力的で、時にセクシーですらあるのが、メゾやバリトンなのです。なぜ、カルメンはソプラノではなくメゾなのか? つまり、そういう事なのです。

 アルトやバスと言うのは、愛情たっぷりな声なのです。母であったり、父であったり、王であったり、時には神ですら歌うのが、アルトやバスなのです。彼らの声の本質にあるのが“愛”なのです。声の中に愛があるのが、アルトやバスなのです。ただ単に、低い声を出すだけなら、ガマガエルだって出せるって話です。いかに声に愛を注げるか、それがアルトやバスってモンでしょ。

 そういう声質を考えずに、単純に声域だけで声種を判断するって、ちょっとおかしいと思います。声種を判断する際に、声域はむしろ考えなくても良いのでは…すら思います。と言うのは、声域はある程度訓練すれば、広がるものだから、最初は声域が狭かろうが、高い方や低い星に偏っていたとしても、あまり声域を考えなくても良いのだと思います。訓練を重ねていけば、やがて声は成長し、おのずとその声質にふさわしい声域になってくるものです。声域を広げていく事は、時間がかかるかもしれないし、訓練は大変かもしれないけれど、それでもなんとかなるものなのです。だから、声域よりも声質に注目して声種は判断しないといけないのです。

 声域は訓練次第でどうにでもなりますが、声質は神様から与えられたギフトですから、これは丸ごと受け入れるしかないのです。

 高い声が出ないからバリトン…? バリトンなめんなよ!って感じです。世界中のバリトンさんたちに謝れ!って言いたい気分です。

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。
にほんブログ村 音楽ブログ 大人の音楽活動へ
にほんブログ村

« 発表会を見ると分かること | トップページ | 声楽的な歌い方と合唱的な歌い方の違いについて »

声楽のエッセイ」カテゴリの記事

コメント

ソプラノ、メゾは厳密には音色よりパッサージュの位置できめますが、男声はどうなるのかしら??ソプラノは大体ファかフォ シャープ、メゾならミあたりですね〜。

アデーレさん

 パッサージュって、声の切り替えポイントで、ざっくり言っちゃえば、表声と裏声の切り替えポイントの話でしょ(すっげえ、乱暴でごめん)? 女声は、表と裏の切り替えがあるけれど、男声は(アクートを除けば)ずっと表声で歌うからね。無いわけじゃないけれど、あんまり意識しないかも。

 私は以前、F♯のあたりに声の境目があると感じていましたが、いつしか感じなくなって、最近ではA♭あたりで声の境目を感じてますが、ここの高さになるとパッサージュとは別モンだよね(笑)。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 発表会を見ると分かること | トップページ | 声楽的な歌い方と合唱的な歌い方の違いについて »

フォト

↓参加しています

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2017 すとん