ひとこと

  •  今まで御大層な御託を並べていた方が、ブログを削除して消えちゃった…って事は、今まで大声でおっしゃっていた事が間違いだったという事を認めたって理解していいんだよね。単に忙しくなっただけなら、ブログの過去の発言を削除するって事は…ないからね。あれこれヤバイ発言があるから削除しちゃったんだよね。別に私は彼と対峙していたわけではなく、むしろ愛読者として、時折、生暖かく見守っていたわけだけれど、痛くて面白いブログが一つ無くなって、ちょっぴり残念です。復活しないかな?
2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合は必ず“名前”の欄にハンドルネームをご記入ください。ココログ的には、コメントの際の名前の記入は任意となっていますが、このブログでは必須としますので、ご了解ください。また、その時に使用されるハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« コンクール出場についての私感です | トップページ | 緋ドジョウがやってきました »

2018年6月29日 (金)

東山魁夷の作品を見るのを楽しみにしています

 フルートのレッスンに行ってきました。

 頑張りましたよ、私。この日は、具合が悪く、お昼すぎに早退して家で倒れていたのですが、ちょうどレッスンに行く時間の頃に目が覚めて、体調は激悪だったけれど、ここで目覚めたのも何かの縁だと思い、少ない元気を奮い立たせてレッスンに行ってきました。

 ここんとこ、仕事の都合でレッスンを休んでばかりいるので、体調不良くらいじゃレッスンは休めません!

 で、お教室に入って、まずは珍しくチューナー使って細かくチューニングしました。いつもは姉様のレッスンがあるのですが、今回はそれもなく、先生はお教室のロビーでコーヒータイムだったので、そのスキマ時間にチューニングです。いつも、フルートを組み立てたら、チューニングせずに、耳で音を合わせて吹いていましたが、今回は事前にチューナーを使ってチューニングできたので、ロングトーン練習が楽でした(笑)。いやあ、フルートは(演奏者に耳さえあれば)チューニングの必要のない楽器だけれど、事前にバッチリ、チューニングしてあれば、ほんと楽です。いやあ、ほんとのほんとに楽でした。

 なので、本日のロングトーンの練習は、いつも以上に良い出来でした。

 でも、よく出来たのはここまででした。なにしろ、ほとんど自宅練習してないからね。宿題なんて、全然出来てません。

 エルステユーブンゲンは、いつもどおり23番と24番。暗譜どころか、ミスブロー多発、それも吹いているうちに、運指が分からなくなるという、生まれて初めての経験をしました。それも難しい音の運指ではなく、第一オクターブのA、つまり“ラ”の運指が分からなくなり、軽くパニクりました。いやあ、なんで“ラ”の運指を忘れてしまったのだろう…。

 プチエチュードは19番。前回吹けていたところもダメになってしまいました。

 なぜ、前回吹けていたのに、今回吹けなくなったのかと考えてみると…前回は譜面がまだ読めていたのですよ。でも今回は譜面がちゃんと読めず、譜面の読み間違いを何度もしてしまったのです。譜面も、しばらく見ていないと、読めなくなるものなのですね、いやあ、ビックリしました。バッと見て、その音符が“レ”なのか“ファ”なのか分からなくなって、指が止まっちゃうなんて経験、なかなか出来るものではありません。貴重な体験をしてしまいました。

 40リトルピーセズの13番は、ようやく曲の全貌が掴みかけてきたみたいで、まあまあ形になっていましたが、細かいところがまだまだなので、不合格となりました。14番は「まだ全然吹けません」と自己申告したところ「じゃあ次ね」と先生がおっしゃってくださって吹かずに済みました。いやあ、ほんと、全然吹けないので、この曲にチャレンジしても、時間の無駄にしかならないので、先生の判断は正しいと思います。

 合宿に向けての「ヴォカリーズ」は曲の前半だけ見てもらいました。もちろん、私的には、ほぼ初見での演奏です。いやあ、フレーズが長いなあ…。ブレスコントロールがとても難しいです。あと、リズムをきちんとキープしないとね。ピアノと一緒に練習できれば、ピアノの伴奏を聞いて、自分の演奏も加減できますが、ソロで練習していると、自分できちんと数えていないと、変なリズムになってしまうのが残念です。しっかり数えていなとダメだね。

 その数え方も、曲の拍子が4/4だからと言って、4分音符で数えると、なかなかうまくいかないみたいで、途中で8分音符で数えてみたら、うまくいきました。まあ、細かい音符を一拍としてカウントした方がより正確になるのは、まあ当たり前か。

 それにしても、こんなにフルートの腕が劣化しているのに、合宿に行って…大丈夫なのかしら…ねえ?

 で、本日の雑談は、その合宿関係の話で、ぜひ長野にある東山魁夷の美術館に行くべきだという話でした。いやあ、私も行きたいのですよ。でも、前回は美術館がお休みで行けなかったし、前々回は美術館よりも善光寺さんにお参りに行くべきだろうと善光寺さんを優先してしまったので、行けなかったのです。今回こそは、東山魁夷の美術館に行って、しっかり目の保養をしてこようと思っているのです。

 というわけで、先生から東山魁夷の鑑賞ポイントなどをあれこれ教えていただいたので、今年の美術館見学が、とてもとても楽しみな私なのでした。

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。
にほんブログ村 クラシックブログ フルートへ
にほんブログ村

« コンクール出場についての私感です | トップページ | 緋ドジョウがやってきました »

フルートのレッスン&活動記録」カテゴリの記事

コメント

わたしも東山魁夷や小磯良平が好きなんですが、なかなか美術館にいく機会に恵まれず、残念に思っています。画集もよいですが、やはり本物は違いますよね。徳島に大塚美術館がありますが、直接見に行くには時間やお金がかかる各国の価値のある貴重な絵画の模倣した銅板を展示していますが、模倣ながら、これはこれで圧巻だそうです。いつか時間があればこれらも足を運び鑑賞してみたいです。東山魁夷、楽しんでいらっしゃってくださいね。

アデーレさん

 絵画の鑑賞は…もちろん、本物が一番です。と言うのも、印刷物とかデジタルアーカイヴでは絵の具の盛り上がりなどのディテールは再現できませんからね。そういう意味では、よく出来た模写は見る価値ありかもしれません。

 銅板による模倣ですか…私、見たことありません。どんなんだろ?

 ちなみに、私が一番好きな画家は伊藤若冲なんですよね。江戸時代の日本の画家です。めったに作品展などやっていないので、そう簡単に見るチャンスはないのが残念です。若冲は宮内庁がたくさん保存しているので、三の丸尚蔵館(皇居にあります、無料です)でたまに展示されます。なので、その時に見に行くのがチャンスと心得ています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« コンクール出場についての私感です | トップページ | 緋ドジョウがやってきました »

フォト

↓参加しています

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2017 すとん