ひとこと

  •  私が愛用していた龍角散の細粒が、どうやら随分前に販売中止になっていたようです。今飲んでいるヤツが無くなったら、もうお終いです。ああ、残念。次は、粉末の龍角散にしようか、それも龍角散ダイレクトにするか悩み中…。自宅では粉末を飲んでますが、細粒は主に職場で飲んでいます。職場だと、お手軽に飲めるのが大切だからなあ…。どっちにしようかな…。
2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合は必ず“名前”の欄にハンドルネームをご記入ください。ココログ的には、コメントの際の名前の記入は任意となっていますが、このブログでは必須としますので、ご了解ください。また、その時に使用されるハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« 声楽を始めるにあたり、まず何から始めたらいいでしょうか? | トップページ | とにかくレガートに、丁寧に »

2018年5月29日 (火)

息のルートを確保して歌うのは難しいですね

 声楽のレッスンに行ってきました。これはGW後のレッスンの記事となります。

 今回のレッスンは、先生、本当に発声練習をやりたかったようで、ハミング練習もそこそこに、すぐに発声練習に取り掛かりました。

 今回のレッスンでは、発声練習の際に、息の通り道の良いルートを見つけ、それを覚えて、維持していくという練習をしました。

 ポイントはいつも言われている通りです。腹圧をしっかりと徐々に高めていく事。ノドの奥を縦に開いていく事。ノドの奥は決して閉じない事。息はしっかり鼻腔に入れていく事。

 そうして見つけた良い息のルートをキープして歌うのです。

 その良いルートから外れて息が漏れてしまったり止まってしまったりすると、息にフタが被さってしまったり、息が吐けなくなってしまったりして、声が裏返ってしまうわけです。

 私の場合、多少、息のルートが間違っていても、高いGまでは(力技で)出てしまいます(テノールですもの)。問題はそこから上です。A♭から上の音は、息のルートを間違えてしまうと、力技でも上手く出せません。いやむしろ、力技に頼った段階で失敗します。

 しかし息の良いルートの確保がしっかりなされていれば、現状、Bまで行けちゃます。それほど、息のルートって大切なのです。

 息の良いルートを確保したら、そこにしっかりと息を吐きます。息をケチってはいけません。たくさん息を吐いて歌います。

 実は声って、息を吐かなくても出せないわけではありません。息をケチって歌う癖(キング先生のところでは奨励されていたので、私にもこの癖があります)が付くと、息を使わずに声が出るようになります。デスヴォイスのように、声帯が自律振動して声が出るようになるんです。つまり、ノドの力で声が出るようになるわけで…そりゃあ見事なノド声になるわけです。ノド声を回避するためには、しっかり息を吐いて歌わないといけないのです。

 さらに声の準備も大切です。歌の半拍前に腹圧を高めて、子音から歌い始めて、目的の音程まで子音で持ち上げてから母音を歌い出す…という行為を毎回毎回しっかり行うのです。

 そしてガーって歌わない事です。子音のある音は、子音を歌い出す事で、ガーっと歌うことを回避できますが、子音のない音(母音だけの音)の場合、子音というクッションがないため、いきなり母音からガーって歌いだしてしまうわけで、それはよくありません。子音がなければ、息だけを通して、その息を目的の音程まで持ち上げてから歌うようにしましょう。決して、破裂音のような感じで母音を歌いだしてはいけないのです。

 たかが、息のルートを確保するだけですが、本当に難しいですね。

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。
にほんブログ村 クラシックブログ 声楽へ
にほんブログ村

« 声楽を始めるにあたり、まず何から始めたらいいでしょうか? | トップページ | とにかくレガートに、丁寧に »

声楽のレッスン&活動記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 声楽を始めるにあたり、まず何から始めたらいいでしょうか? | トップページ | とにかくレガートに、丁寧に »

フォト

↓参加しています

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2017 すとん