お知らせ

  •  こちらのブログは2019年8月14日に終了しました。現在は引っ越しをし、こちらで活動しています。ブックマーク等の変更をお願いします。また、こちらのブログにコメントをされてもお返事しかねますので、コメントは新しい現在のブログにしていただきますように、お願いします。

« 声楽を始めるにあたり、まず何から始めたらいいでしょうか? | トップページ | とにかくレガートに、丁寧に »

2018年5月29日 (火)

息のルートを確保して歌うのは難しいですね

 声楽のレッスンに行ってきました。これはGW後のレッスンの記事となります。

 今回のレッスンは、先生、本当に発声練習をやりたかったようで、ハミング練習もそこそこに、すぐに発声練習に取り掛かりました。

 今回のレッスンでは、発声練習の際に、息の通り道の良いルートを見つけ、それを覚えて、維持していくという練習をしました。

 ポイントはいつも言われている通りです。腹圧をしっかりと徐々に高めていく事。ノドの奥を縦に開いていく事。ノドの奥は決して閉じない事。息はしっかり鼻腔に入れていく事。

 そうして見つけた良い息のルートをキープして歌うのです。

 その良いルートから外れて息が漏れてしまったり止まってしまったりすると、息にフタが被さってしまったり、息が吐けなくなってしまったりして、声が裏返ってしまうわけです。

 私の場合、多少、息のルートが間違っていても、高いGまでは(力技で)出てしまいます(テノールですもの)。問題はそこから上です。A♭から上の音は、息のルートを間違えてしまうと、力技でも上手く出せません。いやむしろ、力技に頼った段階で失敗します。

 しかし息の良いルートの確保がしっかりなされていれば、現状、Bまで行けちゃます。それほど、息のルートって大切なのです。

 息の良いルートを確保したら、そこにしっかりと息を吐きます。息をケチってはいけません。たくさん息を吐いて歌います。

 実は声って、息を吐かなくても出せないわけではありません。息をケチって歌う癖(キング先生のところでは奨励されていたので、私にもこの癖があります)が付くと、息を使わずに声が出るようになります。デスヴォイスのように、声帯が自律振動して声が出るようになるんです。つまり、ノドの力で声が出るようになるわけで…そりゃあ見事なノド声になるわけです。ノド声を回避するためには、しっかり息を吐いて歌わないといけないのです。

 さらに声の準備も大切です。歌の半拍前に腹圧を高めて、子音から歌い始めて、目的の音程まで子音で持ち上げてから母音を歌い出す…という行為を毎回毎回しっかり行うのです。

 そしてガーって歌わない事です。子音のある音は、子音を歌い出す事で、ガーっと歌うことを回避できますが、子音のない音(母音だけの音)の場合、子音というクッションがないため、いきなり母音からガーって歌いだしてしまうわけで、それはよくありません。子音がなければ、息だけを通して、その息を目的の音程まで持ち上げてから歌うようにしましょう。決して、破裂音のような感じで母音を歌いだしてはいけないのです。

 たかが、息のルートを確保するだけですが、本当に難しいですね。

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。
にほんブログ村 クラシックブログ 声楽へ
にほんブログ村

« 声楽を始めるにあたり、まず何から始めたらいいでしょうか? | トップページ | とにかくレガートに、丁寧に »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 声楽を始めるにあたり、まず何から始めたらいいでしょうか? | トップページ | とにかくレガートに、丁寧に »

フォト
無料ブログはココログ