お知らせ

  •  こちらのブログは2019年8月14日に終了しました。現在は引っ越しをし、こちらで活動しています。ブックマーク等の変更をお願いします。また、こちらのブログにコメントをされてもお返事しかねますので、コメントは新しい現在のブログにしていただきますように、お願いします。

« 息のルートを確保して歌うのは難しいですね | トップページ | 今年は季節の巡り方が、ちと早い?[2018年5月の落ち穂拾い] »

2018年5月30日 (水)

とにかくレガートに、丁寧に

 声楽のレッスンの続きです。さて、曲の練習に入りました。

 まずは、ベッリーニ作曲の「Bella Nice,che d'amore/美しいニーチェよ」です。

 低い音程のフレーズであっても、息の支えを抜かない事。高音域では支えようとするのが分かるそうですが、中低音域になると(無意識だけれど)楽をして、支えがなくなるのだそうです。でも、歌で大切なのは中低音ですから、ここで支えなくて、どこで支える!ってもんです。とにかく、高くても低くてもそうでなくても、常に声を息で支えるのです。常に息を支えるために必要なのは…そりゃあ筋肉です、筋力です。つまり、体幹の強さが求められるわけです。だから、歌手は(ある程度)カラダを鍛えていかないといけないわけです。それもマッチョなレスラーのような鍛え方ではなく、優雅なバレリーナのような鍛え方が求められるわけです。

 私は、どちらかと言えば、マッチョ系なんだよね。格闘技系の人間だもの、若い頃は、外側の筋肉ばかりを鍛えてしまい、いわゆるインナーマッスルなんて考えもしなかったものだから、そのツケが今になって降り掛かってきています。ああ…。

 もちろん支えは、高い音程ほど、早め早めに支えるわけです。

 ちなみに、しっかり支えられた声だと、音程が良いのだそうですが、支えが抜けてしまった声は音程がフラフラして悪いのだそうです。ま、ありそうな話です。

 次は、ベッリーニ作曲の「Almen se non poss'io/もし私ができないなら」です。

 この曲に限りるわけでもなく、歌はしっかり息を流して歌わないといけません。私はこの歌を歌っている時、時々、息が止まっているんだそうです。やばいやばい。とにかく、息を流し続けないと…。

 子音を味わって歌わないといけません。味わうというのは、しっかりと丁寧に…という程度の意味です。子音を大切に歌わないと、歌全体が乱雑に聞こえます。

 腹圧を高めて歌うこと。腑抜けた腹からは腑抜けた声しか出ません。

 高音は、まっすくに出さずに、しっかり息をクチの中で回してから出します。とにかく、ローリングです。ローリングローリング…クチの中で息をぐるぐる回して歌う事が大切なのです。

 まあ、普段から注意されている事すべてに気をつけて歌っていれば、間違いないのです。(それが難しい)。

 さて、最後の曲は、ドナウディ作曲の「Vaghissima sembianza/かぎりなく美しい絵姿」です。

 とにかくレガートに歌う事。丁寧に歌う事。そのためには子音を味わう事。

 高音Aを安定して出すためには、ひたすら跳躍音程の練習をする事。Cis~A(6度)の跳躍も手順を踏んで出せば、さほど難しくありません。問題は、いろいろテンパって、正しい手順を踏めずに発声してしまうことです。

 何はなくとも、ノドの奥は開く事。音程は子音で先回りして確認しておく事。しっかりと息を吐く事。声そのものはポルタメントを使って、しっかり回して出す事。

 そういうあれこれをしっかりやっておけば、高音Aは出ない音ではないので、ちゃんとやらないといけません。

 問題は、ちゃんとやるのが難しい事…なんだな。いつもどこかが足りないから、結果的にAに届かないわけです。…一番ダメなのは、腹圧が足りない事かな? ちゃんと息、吐けてないし…なあ。

 ああ、前途多難だよ。

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。
にほんブログ村 クラシックブログ 声楽へ
にほんブログ村

« 息のルートを確保して歌うのは難しいですね | トップページ | 今年は季節の巡り方が、ちと早い?[2018年5月の落ち穂拾い] »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 息のルートを確保して歌うのは難しいですね | トップページ | 今年は季節の巡り方が、ちと早い?[2018年5月の落ち穂拾い] »

フォト
無料ブログはココログ