ひとこと

  •  最近、読みたいなあと思ったビジネス書とか実用書は、たいてい紙だけでしか出版されていない(涙)。なので、買えないし、読めない。それにあれだけ読んでみたいと切望していたのに、一週間もすれば、私の興味が次に移っているので、その本の事など、どーでもいい気分になっていたりします。以前は、週末ごとに書店に行って、ごっそり本を買っていたのに、昨今はそんな感じで読みたい本が電子書籍化されていないので、読めず、買えずで、読書量が落ちている私です。紙の本を買えばいいじゃんと思われるかもしれないけれど、一度電子書籍に親しんでしまうと、もう紙の本には戻れないんだよ。紙の本を販売しちゃいけないとは言わない。ただ、電子書籍版も同時に発売してくれよ~と声を大にして言いたいだけなのです。
2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合は必ず“名前”の欄にハンドルネームをご記入ください。ココログ的には、コメントの際の名前の記入は任意となっていますが、このブログでは必須としますので、ご了解ください。また、その時に使用されるハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« ゴダイゴのコンサートに行ってきました 2018年 | トップページ | やっぱりドレスって着たいみたいのですかね »

2018年4月24日 (火)

歌は中低音が命

 私はテノールという事もあって、歌においては高音にこだわりがあります。高音命です。高音さえ出せれば、それでいいとすら、時折、思うこともあります。

 これは極端な例ですが、まあ、歌を志す者、趣味とする者は、多かれ少なかれ、高音にこだわりがあると思います。なにしろ、歌の難しさの要素の一つに“音程の高さ”ってのがあるくらいですからね。

 ですから常に“高音が出ない”という悩みがつきまといます。しかしY先生に言わせると、私の場合、高音が出る出ない以前に多くの問題を抱えているわけです。

 つまり、私自身は“高音が出ない”という事を悩みとして自覚しているわけですが、先生から見れば“高音はもちろん、高音以外もちゃんと出てない”って事になるわけです。高音に悩む前に、高音以外の音をしっかり歌って欲しいってわけです。何しろ、歌の9割9分は高音以外の音で成り立っているわけですからね。

 じゃあ、高音が出ている人は中低音もしっかり出ているのか…と言うと、プロはともかく、趣味の素人レベルだと、高音しか出せていない人って、実はたくさんいるんですね。むしろ、高音が得意だからこそ、高音ばかり練習をし、人前で歌えば「高い声が出るんですね~」と感心されてしまい、中低音がおろそかになっているなっているというパターンの人、実に多くいます。

 そもそも、素人でプロ並に歌える人って、ごく少数ですからね。なぜなら、プロ並みに歌える人は、そもそもプロになっているわけだし(笑)。

 素人で、趣味として歌っているアマチュア歌手は、程度の差こそあれ、なんらかの問題を抱えていて当然なわけです。

 でね、男性の場合、やっぱり歌の上手な人は…バリトンに多いんです。バリトンの人って、ある意味、高音を特別扱いしていないわけで、低音も中音も高音も等しく勉強して、曲全体としての上手さを追究していくわけで、そりゃあ歌ウマにもなるよね。テノールは、どうしても高音を飛び道具(アクートなんて、ほんと、飛び道具だよね)として考えちゃうし、飛び道具が手に入ればうれしくなっちゃうし、飛び道具が使えるようになれば、それで遊んでしまうわけで、なかなか歌手としての上達は二の次三の次になりがちです。

 これって、女声の場合は、アクートをコロラトゥーラに置き換えてみると分かりやすいかも…。

 アクートもコロラトゥーラも、それらを使う曲よりも、使わない曲の方が圧倒的に数多いわけだし、アクートもコロラトゥーラも、あくまでも飛び道具であって、歌の本質とは関係ない歌唱テクニックであって、それが出来ないからと言って、歌が歌えないわけじゃないのです。いやむしろ、アクートが得意、コロラトゥーラが得意と言っているアマチュアさんは「この人、ちゃんと歌が歌えないかも…」と、歌が分かっている人たちに思われているかもしれません。

 歌のほとんどは中低音(つまり五線譜の中の音)で出来てます。高音にこだわって学ぶよりも、地味に中低音を磨く勉強をした方がよっぽと歌が上達するし、理知的な学習者と言えるでしょう。

 だけど、やっぱり、高音にこだわるんだよね、私は。テノールだもん。だからテノールって“バカ”って言われるんだよな(汗)。

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。
にほんブログ村 音楽ブログ 大人の音楽活動へ
にほんブログ村

« ゴダイゴのコンサートに行ってきました 2018年 | トップページ | やっぱりドレスって着たいみたいのですかね »

発声法のエッセイ」カテゴリの記事

コメント

そう、かく言う私も高音だけが得意でありんした。で、中音域があまりにカスカスで、中音域を重点的に練習。そしたら、でるようになり、喜んでいた、しかし、高音が出づらく、ハイEまででていたのが、ハイcでもやっと?ってな、びっくりびっくりな感じになってしまい、、がっかりですわ。もう元にはもどれないのかねぇ、、涙もんだよ。。

アデーレさん

 音質を良くしたら、音域が下がってしまった…って事なんでしょうね。

 高音が出づらくなったのは残念だけれど、中低音が充実して、多くの歌が歌えるようになったのは喜ばしい事でしょ? あとは、そこから音域を上に広げていけばいいだけでしょ?

>もう元にはもどれないのかねぇ

 いや、戻れるでしょ? かつて出していた音なんだから、ハードウェア的には出せるんです。要は、そのハードウェアを動かしているドライバソフトが更新されたわけで、今のドライバソフトだと、中低音は充実する代わり、高音が苦手になっているだけです。だから、次は中低音が充実し、高音もすっきり発生できるドライバにすればいいわけです。

 そのために何をどうしたら良いかは私にはわかりませんが、でもきっと手立てはあるはずです。それは、息をしっかり通すとか、ノドをちゃんと開くとか、腹圧を高めるとか、そんな基本的なテクニックからつながっているような、特別目新しくもない、ありふれた歌唱テクニックかもしれませんし…ね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ゴダイゴのコンサートに行ってきました 2018年 | トップページ | やっぱりドレスって着たいみたいのですかね »

フォト

↓参加しています

  • 人気blogランキングへ にほんブログ村 クラシックブログへ

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2017 すとん