ひとこと

  •  放送業界&家電業界では、4K、8Kのテレビ放送で盛り上がっているみたいです。皆さん、4Kのテレビって欲しいですか? 私は廉価ならば欲しいですが、高価ならばパスです。だって、ウチのテレビって42型だもの、そんなに大きくないもの。DVDとBlue-rayの画質の違いだって分からないくらいだもの、4Kや8Kの画面を見ても、たぶん、その美しさは分からないんじゃないかな? いや、それ以前に、アニメとかバラエティとかドラマとかを、そんなに美しすぎる画面で私は見たいのか…って話です。もちろん、廉価なら見たいですが、たぶん最初のうちは高価だよね。100万円以上もするようなテレビは、よう買わんですよ、私。私に買って欲しければ、まずは10万円程度にしてください。話はそれからです。

お知らせ

  • ●2018年秋の本番のお知らせです。●門下の発表会は、次の通りです。●2018年11月18日(日) 横浜市神奈川区民文化センター かなっくホール 13時開場 13時30分開演です。●こちらは一番下手っぴなのが私なので、最初から聞いても面白いと思います。全体で2時間程度の発表会です。私の出番は二回に分けてますが、最初の出番は14時前後になる予定です。●レスピーギ作曲「Invito alla danza/舞踏への誘い」●ドナウディ作曲「Amor s'apprende/ 愛は取り付いてしまう」●ヴェルディ作曲「椿姫」より「De'miei Bollenti spiriti/燃える心を」●そういうわけで、一つよろしくお願いします。
2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合は必ず“名前”の欄にハンドルネームをご記入ください。ココログ的には、コメントの際の名前の記入は任意となっていますが、このブログでは必須としますので、ご了解ください。また、その時に使用されるハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« ロイヤルオペラ『リゴレット』を見てきました | トップページ | 今回は既習曲で終了でしたが、次回からは新曲に取り組みます »

2018年3月13日 (火)

ノドが強いのも良し悪し

 声楽のレッスンに行ってきました。

 まずはハミング練習から。とにかく、軽く響きを豊かに歌うように心がけました。

 発声練習は、とにかくノドを開いて発声です。鏡を見ながら発声しました。鏡を見れば、ノドは簡単に開きます。見ていないと…つい開き忘れてしまうんでしょうね、困ったもんです。なので、自宅練習でも、なるべく、鏡を見ながら発声をすると良いと言われました。良い癖をつけていきましょうって事です。

 ただし、気をつけないといけないのは、ノドを開くことばかりに気をつけていると、声が胸に落ちてしまうのだそうです。声が胸に落ちないように、しっかり聞き耳を立てながら、ノドの開きを確認するわけです。

 声量を抑え気味にして歌いましょう、と言われました。別に私は無理に大きな声を出しているわけではなく、普通に歌うと、大声になってしまうだけなのです。

 ノドの開きはOK、息の通り道もOK、それなのに高音が出ないのは、声のエネルギーが音程ではなく音量に振り切っているからなんだそうです。そこで、音量の増加に使ってしまう声のエネルギーを抑え気味にして、その分余ったエネルギーを音程の上昇に使っていきましょうってわけです。

 そこで、私は地声が大きくて、よく鳴るので、あまり鳴らない声(イメージとしては、小鳥のさえずり:笑)で歌ってみました。先生がおっしゃるには、そういう声で歌った方が、ノドへの負担も掛からないし、先が見えてくるので、なるべくそういう声で歌うように言われました。

 そこでふと思いました。私が今まで歌っていた声は、少し喋り声に寄りすぎていたのかな?と…。力強すぎる声だし、やたらと大声だし、結局ノド声だし…。もっともっと歌声として純化した声でないといけないかな…って。

 そう言えば、以前、先生から、ノドが強いのも困りものだと言われた事があった事を思い出しました。

 ノドが弱い人は、そもそも大きな声が出せません。だから普通に歌っても、全然聞こえないわけです。小さな声だけれど、聞こえる声で歌うために、全身を使って一生懸命に歌うようになるわけだし、声が不足している分、響きを豊かにして歌うわけなのです。

 でも、ノドが強い人は、比較的簡単に大きな声が出ちゃうし、そこそこ高い声や低い声でも楽に出しちゃうわけです。全身を使わなくても歌えちゃうし、響きを豊かにしなくても、十分に聞こえる声で歌えちゃうんです。つまり、ノドの強さに甘えて、努力しないわけです。

 私はノドが強いからなあ…プロ歌手の卵さんにうらやましいって言われちゃうくらいに、ノド強いからなあ。別に甘えたり怠けたりしている自覚はないけれど、出来ちゃうわけだから、出来ない人と比べれば、そりゃあ結果的に努力が足りないよね。

 つまり、そういう事なんだろうなあ。

 自分のノドの強さに頼らずに、歌声として適切な声を全身を使ってテクニカルに出していく事が、歌の上達への道なんだろうなあ…とぼやっと思ったわけです。

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。
にほんブログ村 クラシックブログ 声楽へ
にほんブログ村

« ロイヤルオペラ『リゴレット』を見てきました | トップページ | 今回は既習曲で終了でしたが、次回からは新曲に取り組みます »

声楽のレッスン&活動記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ロイヤルオペラ『リゴレット』を見てきました | トップページ | 今回は既習曲で終了でしたが、次回からは新曲に取り組みます »

フォト

↓参加しています

  • 人気blogランキングへ にほんブログ村 クラシックブログへ

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2018 すとん