ひとこと

  •  最近、読みたいなあと思ったビジネス書とか実用書は、たいてい紙だけでしか出版されていない(涙)。なので、買えないし、読めない。それにあれだけ読んでみたいと切望していたのに、一週間もすれば、私の興味が次に移っているので、その本の事など、どーでもいい気分になっていたりします。以前は、週末ごとに書店に行って、ごっそり本を買っていたのに、昨今はそんな感じで読みたい本が電子書籍化されていないので、読めず、買えずで、読書量が落ちている私です。紙の本を買えばいいじゃんと思われるかもしれないけれど、一度電子書籍に親しんでしまうと、もう紙の本には戻れないんだよ。紙の本を販売しちゃいけないとは言わない。ただ、電子書籍版も同時に発売してくれよ~と声を大にして言いたいだけなのです。
2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合は必ず“名前”の欄にハンドルネームをご記入ください。ココログ的には、コメントの際の名前の記入は任意となっていますが、このブログでは必須としますので、ご了解ください。また、その時に使用されるハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« 心を静めるために何をなさいますか? | トップページ | 耳って、良くなるのか? »

2018年3月 5日 (月)

ラ・フォル・ジュルネの名称が変わりました

 今までは“ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン”だったのが、今年は“ラ・フォル・ジュルネ・東京”となりました。

 「まあ、東京以外の都市でもたくさい開催されているのに、東京だけ“ジャポン”を名乗っているのも変だから、他の都市開催に合わせて、東京のは東京と呼ぶことにしたんだなあ…と単純に考えていました…が、話はそんなに単純な事でもなかったようです。

 と言うのも、今まで、ラ・フォル・ジュルネ(以下、LFJと略)は、東京丸の内以外に、金沢、新潟、びわ湖、鳥栖(2013年まで)で、最大5都市で開催されていたのですが、そのうち、東京丸の内以外の都市では、今年はLFJを開催しない事が決定したのです。つまり、今年、LFJをやるのは、東京だけなんだそうです。

 え、びっくり!

 さらに、今までは、東京の丸の内で開催されていたのだけれど、今年は、丸の内と池袋の2箇所で開催となりました。

 どうなったんだろ? LFJ。 何が有ったんだろう、LFJ。

 ちなみに、LFJを辞めてしまった、金沢やびわ湖は、独自の音楽祭を開催するそうです。公演演目を見てみたら、金沢やびわ湖の方が東京よりも、どうやら楽しそうです。少なくとも私の場合「LFJじゃ見るべきコンサートが無いようー!」とここ数年は叫び続けているわけですが、金沢やびわ湖だと、見たい演目が目白押しで、あちらにいたら、私はきっと破産している事でしょう。

 ま、何はともあれ、私は今年もLFJには行きます。今年は丸の内だけでなく、しっかり池袋にも行くつもりです。でも、ほんと、見たい公演が無いんだよあなあ…。演目にせよ、出演者にせよ、私の好みとはちょっと違っていて、ほんと魅力無いんだよねえ。なんか、惰性でひとまずチケットは買っているけれど、以前のようなワクワク感は、正直少なくなったかな? 

 本公演には期待できないため、周辺エリアコンサートに期待をしている私ですが、昨年はパソナが周辺エリアコンサートから撤退しちゃったんだよね。パソナのコンサートって大好きだったのに…とても残念。今年はパソナの復活って…1度撤退した企業の復帰って、まあ無いよなあ。残念無念。

 ちなみに、チケットは、全部買えました。何を買ったかは、おいおい記事にしますが、まあ、私が見たいような演目は、人気無いんだろうね。

 ああ、金沢に行きたい。びわ湖に行きたい。丸の内や池袋じゃ、なんか物足りないんだよ。

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。
にほんブログ村 クラシックブログへ
にほんブログ村

« 心を静めるために何をなさいますか? | トップページ | 耳って、良くなるのか? »

ラ・フォル・ジュルネ」カテゴリの記事

コメント

「ラ・フォル・ジュルネびわ湖」が昨年で終了してしまったことは、地元ファンとして本当に残念です。しかし今年は新たに「近江の春 びわ湖クラシック音楽祭」として開催するそうで、うれしい限りです。おそらくラ・フォル・ジュルネで学んだノウハウを土台にして、自分たちの力だけでやろうということだと思います。
毎年、自宅から自転車で行き、一日をびわ湖ホールで過ごすのを楽しみにしていたのですが、今年も引き続きその楽しみが続くことは、大きな喜びです。
もしよければすとんさんも、観光がてら琵琶湖においでください。

琵琶湖ホール、私も憧れです!地方であれだけの規模、素晴らしい!文化的な街なのでしょうね。県民が羨ましいです!
琵琶湖四大テノール?でしたっけ?有名ですよね。いいなぁ〜

毎年ラフォルジュルネは横目で見ていただけでしたが、今年、どうしても行きたいコンサートを発見しました。
先行発売は終わってしまっていたので、発売日に買いに行きます。
どのコンサートかは秘密です、ライバル増やしたくないので(笑)

おざっちさん

 正直、びわ湖の音楽祭には行ってみたいです。でもまあ、東京のチケット買っちゃったし、今年も東京で楽しむつもりです。それとは別に、びわ湖には一度行ってみたいです。実は昨年、息子君はびわ湖に行っているんです。親も行ったこと無いのに、ほんと、贅沢なヤツです。

 子供の頃から、なぜかびわ湖に惹かれている私なのです。

アデーレさん

 びわ湖の音楽祭は、歌手が充実しているんですよね。金沢もたくさんの歌手たちを呼んでいます。そこへ行くと、東京は…愚痴っても仕方ないです(涙)。

 東京もびわ湖と連携していた時は、びわ湖の歌手の方々が来て、有料に無料に、たくさんのコンサートをしてくれて、それこそ楽しかったんですよ。今年の東京はびわ湖と決別したので、ほんと、歌手の方が少ないんです。

 涙、涙、涙。

ともさん

>どのコンサートかは秘密です、ライバル増やしたくないので(笑)

 正しいあり方です。私なんかは、チケットを購入したのに、LFJの記事を書くまでは、どのコンサートを見に行くのか公表しません。まあ、有料コンサートはチケットを確保しているのでともかく、無料コンサートなんか、どこに行きたいのか、先に書いちゃったら、それこそ私が入れなくなる可能性があるものね。

>先行発売は終わってしまっていたので、発売日に買いに行きます。

 演目によりますが、先行発売で買えなかった人も大勢いるので、発売日に買うなら、気合を入れた方がよいかも…ですよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 心を静めるために何をなさいますか? | トップページ | 耳って、良くなるのか? »

フォト

↓参加しています

  • 人気blogランキングへ にほんブログ村 クラシックブログへ

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2017 すとん