ひとこと

  •  北朝鮮とアメリカの話し合いが決裂してしまったわけだけれど、これ、ある意味当然の話なんだよね。というのも、アメリカが求めている「北朝鮮の非核化」と北朝鮮が応えようとしている「朝鮮半島の非核化」は、全く違うものだからね。アメリカは北朝鮮から核兵器を取り上げようとして「北朝鮮の非核化」を求めているわけだけれど、北朝鮮(と韓国と中国)が言っている「朝鮮半島の非核化」と言うのは、韓国からの米軍撤退なんだよね。つまり、韓国から米軍を追い出し、その後、韓国を北朝鮮が飲み込み(統一…とか言うのだろうけれど)、その北朝鮮を中国が傀儡化するって話なんだから、そりゃあアメリカが飲むわけないよね。そうなると、中国と日本が直接国境を接する事になるわけだから、日本にとっても対岸の火事じゃない話なんだよね。
2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合は必ず“名前”の欄にハンドルネームをご記入ください。ココログ的には、コメントの際の名前の記入は任意となっていますが、このブログでは必須としますので、ご了解ください。また、その時に使用されるハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« 言うは易し、行うは難し | トップページ | 実はとっても残念だったりします »

2018年2月27日 (火)

タンドリングは得意じゃないけれど、リップロールは苦手なのです

 さて、声楽レッスンの続きです。

 曲のレッスンに入りました。まずは、ベッリーニ作曲の「Malinconia, Ninfa gentile/マリンコニーア」です。

 中声版を歌っている事もあって、低音にも高音にも無理はなく、歌うこと自体は、特に問題はありません。だからこそ、細部にまで気を使って歌っていくのです。

 最初に注意されたのは、子音の音程です。音節というのは、子音と母音で作られているわけですが、必ず母音の前に子音が先行しているわけです。だからこそ、まずは子音の音程をしっかりと確認し、子音が正しい音程になってから、母音を発音していく事で、より正しい音程感を作っていけるのです。音程の大半は、母音の音程で感じるわけですが、子音の音程がいい加減だと、その音の音程がなんとも落ち着かない感じになるわけです。子音も母音も、しっかりと正しい音程で歌わないといけません。

 私の悪い癖の一つに、割と気楽にいい加減に歌いだしてしまうというのがあります。つまりは、フレーズの出だしが結構いい加減で、音程的にもフラフラしているってわけです。ですからフレーズの最初は音程もいい加減で、歌っているうちに(少しずつ調整されて)なんとなく音程がはまっていく…という感じなのですが、そうではなく、最初っからバシっと音程を決めて歌うべきで、そのためには、最初の1音目の子音から、しっかり音程にはめていかないといけないのです。そのためにも、まずは子音の音程の確認から始めて、歌い出さないといけないのです。

 まずは子音の音程を確認し、それが正しい音程となったところで、そこへ母音を滑らせるように入れて歌っていくわけです。それを各フレーズごとに行うのです。

 それがフレーズの最初の1音目の歌い方。

 次がフレーズの2音目以降の歌い方です。2音目以降では、息を途切らせる事なく、常に息を吐き続けて、すべての音を滑らかに繋いで歌っていきます。1音ごとにブツブツ息を切るのではなく、1フレーズがまるで1音であるかのように、ずっとずっと息を繋いで歌っていくのです。

 話し言葉って、無意識とは言え、案外、息がブチブチ切れていくものです。特に破裂音とか破擦音などが連続していると、どうしてもブチブチ切れていくわけだし、そうやって切って発音していく事が、滑舌の良さにもつながっていくわけなんだけれど、歌声では、たとえ破裂音や破擦音があっても、息をブチブチとは切らず、なるべくフワフワと、切っているようで切らないようで…といった感じで、音は切っても息を切らずに歌っていくのです。

 それがレガートで歌うって事であり、歌は常にレガートでなければいけないのです。

 歌声は、話し声の延長にあるわけではないって事です。だいたい、話し声で、歌声のように、ずっと息を出し続けて話していたら…それはそれで何か変でしょ?

 “tr”をしっかり発音するように言われました。そこで“tr”をしっかり発音しようとすると、どうしても音が重くなってしまいます。先生からは、なるべく軽く“tr”を発音しなさいと言われるのだけれど、ついつい“tr”を発音する際に、不要な力が加わってしまうのです。

 まあ、出来ないわけじゃないけれど“tr”って、ちょっと苦手かも。特に“tr”の“r”ね。巻き舌は普通には出来るし、いつでも出来るけれど、じゃあ延々と巻き舌をやってご覧と言われると…身構えると出来ないわけじゃないけれど、身構えていないと…ちょっと無理かも。苦手じゃないにせよ、少なくとも得意じゃ無いのてす。

 ちなみに“tr”はどうにかなるけれど、実は“br”だと、たぶんお手上げです。“br”は…本当に苦手なんです。本当に出来ません。

 つまり、タンドリングは得意じゃないのだけれど、リップロールは苦手なんです。

 苦手なら、練習すればいいじゃんと思われるでしょうが、本当に苦手だと、練習すら出来ないのですよ。ここが悩みなのです。

 閑話休題。“tr”を軽く発音していくためには、舌に力を入れずに発音する事が肝心なわけです。そうでなく、ちょっとでも舌に力が入ってしまうと、うまく“tr”が出来ないだけでなく、音程が下がったり、届かなかったりするので、“tr”に限らず、どんな音でも軽く、しっかりと息を通して歌う事が大切となります。

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。
にほんブログ村 クラシックブログ 声楽へ
にほんブログ村

« 言うは易し、行うは難し | トップページ | 実はとっても残念だったりします »

声楽のレッスン&活動記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 言うは易し、行うは難し | トップページ | 実はとっても残念だったりします »

フォト

↓参加しています

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2017 すとん