ひとこと

  •  平昌オリンピックが2月8日から25日の日程で行われています。で、その最中の2月15日から17日の3日間がソルラル(春節・旧正月)になります。韓国人はお正月を、我々日本人とは異なり、中国人たちと同日程のソルラルで祝います。ソルラル中は2/3以上の韓国人が故郷に帰省するそうです。つまり、この時期、韓国では民族大移動が行われるわけです。当然、交通機関は麻痺状態です。お店の大半が休業なんだそうです。なんで、そんな時期にオリンピックを開催しているんでしょ? 日本風に言えば、オリンピックを年始年末休みに行うようなものです。オリンピックを見に行った多くの外国人たちが、ソルラルの事を知らずに、泣きをみているそうです。可哀想に…。
2018年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合は必ず“名前”の欄にハンドルネームをご記入ください。ココログ的には、コメントの際の名前の記入は任意となっていますが、このブログでは必須としますので、ご了解ください。また、その時に使用されるハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« メダカの食べ方にも個性が出ます | トップページ | コペルニクスだよ、こりゃきっと »

2018年2月11日 (日)

なぜ人は寒い地方に住むのか?

 不謹慎であることを承知の上で、そんな疑問が私に思い浮かびます。

 だって、寒いって、ツライでしょ!? 雪って、大変じゃないですか?

 私自身、適度な寒さは、むしろ好きで、暑いよりも寒い方が好ましいと思う人なんですが、そんな私の好みとは別に、カラダは暑さには我慢できても、寒さには耐えられず、寒い日々が続くと、必ずと言っていいほど、体調を崩します。熱を出します。だるくなります。眠くなります。風邪をひきます。

 いくら部屋に暖房を入れたとしても、戸外はどうやったって寒いわけです。寒い外と温かい室内の往復をしているうちにカラダが参ってしまいます。いや、往復しなくても、長時間戸外にいれば、カラダの芯から冷えてしまいます。冷えて体調を崩すわけです。

 なので、私の場合、冬なんて、健康な日々よりも、体調不良な日々の方が多いくらいです。

 そんな、私から見て「なぜ人は寒い地方に住むのだろうか? ツラくないだろうか? カラダ壊さないのだろうか? 命の危険は感じないのだろうか?」と真剣に思うわけです。

 だって、私は絶対に寒い地方では暮らせないからです。

 でも現実には、寒い地方にも多くの人々が暮らしているわけです。寒さや積雪をものともせずに暮らしているのです。私には到底成し遂げられない事を、日々の暮らしの中で、自然体で行っているわけです。

 マジ、尊敬っす。

 おそらく、私が仮に、寒い地方に(春~夏頃)移住したとして、春夏秋は快適に暮らしたとしても、冬がやってきて、戸外の気温が下がり、雪が降って、雪に閉じ込められるような生活になったら、たぶん死にます。死なないまでも、寝込みます。おそらく、救急車で運ばれるような騒ぎになり兼ねません。だって、寒いんだもん。

 「すとんさんはスキーに行った事はないの? スキーに行って、元気に楽しめたなら、北国だって平気だよ」

 スキーには何度か行った事はあります。楽しみました。スキー旅行は短期間だし、私にとっては、一大イベントですから、旅行中は、アドレナリン出っぱなし状態になるわけですから、これは参考になりません。

 スキー宿の親父さんが「北国じゃ、いくら寒くても風邪ひかないんだよ、何しろ寒すぎて、風邪のウィルスも死んじゃうから」なんてボケをかましてくれましたが、その言葉が例え本当だったとしても、私、風邪のウィルス以前に、寒さで死んじゃいますから。

 「確かに、外は寒いけれど、室内はホッカホッカだよ」

 私は“引きこもり”じゃありません。いくら室内が暖かくても、外が寒ければ、それでやられてしまいます。防寒着? 宇宙服レベルの防寒着を着ていれば、おそらく問題ないでしょうが、スキーウェアに毛の生えたような防寒着なら関係ありません。冷たい外気を吸い込んで、呼吸器から冷えていきますからね。なまじ、温かい服装だと、ちょっと動いて汗をかき(私はよく汗をかきます)、それが冷えると…めっちゃめっちゃ冷たいじゃないですか! それで体温を奪われてしまいます。

 たぶん、私はクマで例えるなら、ツキノワグマであって、ヒグマじゃないんだと思います。果物に例えるなら、ミカンであって、リンゴじゃないんだと思います。魚介に例えるなら、ハマグリであって、ホタテじゃないんだと思います。つまり、そういう事。

 なので、私には、人が寒い地方に住む理由が、全く分かりません。

 一応、知的には「故郷である」「先祖伝来の土地がある」「地縁がある」「仕事がある」「家族や親戚が住んでいる」などの理由で、寒い地方に住んでいるだろうと理解するものの、でも寒さの前には、そんな事、関係ないじゃんって思う私がいます。

 だから私は寒い地方に住んでいないんだろうし、寒い地方の人は、私のような弱音は吐かないから、そのまま寒い地方に住み続けられるのだろうと思います。

 でもほんと、寒い地方になぜ人は住み続けているんだろう。私には分かりません(おそらく、寒い地方に暮らす人々は、私に分かってもらおうなんて思いもしないでしょうが…)。

 ああ、常春の国、マリネラに移住したい…。

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

« メダカの食べ方にも個性が出ます | トップページ | コペルニクスだよ、こりゃきっと »

ダイエット&エッセイ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« メダカの食べ方にも個性が出ます | トップページ | コペルニクスだよ、こりゃきっと »

フォト

↓参加しています

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2017 すとん