お知らせ

  •  こちらのブログは2019年8月14日に終了しました。現在は引っ越しをし、こちらで活動しています。ブックマーク等の変更をお願いします。また、こちらのブログにコメントをされてもお返事しかねますので、コメントは新しい現在のブログにしていただきますように、お願いします。

« フルートって、楽器の中では高い方? それとも安い方? | トップページ | 昔の映画館じゃ立ち見は当たり前でした »

2018年1月27日 (土)

シズカが、ほんの少しだけ白くなりました

 年末のあたりからから「あれ?」と思うようになったのは、シズカの左体側の上部と、尾びれの一部が、ほんのりと白くなってきた事です。

 点々があるわけでもなく、雲状のモノが付着しているわけでもないので、おそらくは白カビが生えたのだと思います。

 カビなんてモノは常に水槽内にいます。一種の常在菌と言って良いと思います。ではなぜ、シズカにはカビが生え、他の子には生えていないのかと言えば、単純にシズカの体力が落ちているからでしょう。

 治療法はいくつかあります。

 1)まずは綿棒等で物理的にカビを削ぎ落とす。
 2)塩水につける。一週間ほど隔離。
 3)カビによく効く抗生物質を水に溶かす。一週間ほど隔離。

 ざっと考えるだけで3つのやり方がありますが、いずれもシズカにとっては、メガトン級のストレスになります。病気よりも病気治療の方で具合が悪くなりそう…。

 それにカビは水槽内に常在しているので、治療で体力を落としてしまうと、再罹患するので、よっぽどひどい状態にならない限りは、自然治癒に期待するのが一番かなって考えました。

 と言う訳で、しばらく様子を見ることにしました。ほんのりと白いのが、はっきりと白くなってきて、自然治癒の望みが無くなったら、やむを得ないので、まずは隔離し、いずれかの方法で人工的に治療をすることにしました。

 なので、シズカには「このまま白いと、入院させるよ」と言い聞かせて、年を越しました。

 で、現在のシズカの状況ですが、だいぶ白いのが薄くなりました。完治はしていませんが、良い方向に向かっていると思います。早期に治療して、ストレスを与えて、体力を落とす事を避けたのが良い方向に向かったのだと思います。

 もちろん、シズカ自身も頑張ったと思います。「入院させるよ」と言った言葉が通じたかどうかは分かりませんが、あの日以来、シズカは好きではない水草を食べるようになりました。シズカは肉食で、肉系のエサとタニシばかりを食べ、植物性のエサや水草はクチにしない(金魚のくせに)偏食な子だったのですが、あの日以来、意地になったかのように水草をガシガシ食べるようになりました。

 水草をガシガシ食べて、真緑色のフンをプリプリとしています。それに伴って、ほんのり白くなったカラダが、以前の赤色を取り戻しつつあります。

 偏食はイカンね。肉ばかり食べてちゃダメだね。きちんと野菜も食べなきゃダメなんだな。日頃から水草を中心に食べている、草食系のヤヨイなんて、カラダは大きいけれど、決して太っていないからね。そこへ行くと、肉食系のシズカは、パンパンに太っているわけです。

 今の時期、例年なら、金魚たちの食も細くなり、水草なんて一向に減らなくなるのですが、今年はシズカがガシガシ水草を食べているので、真夏と同じペースで水草が減っているのです。

 まあ、シズカが食べているガボンバという水草は、安価な水草なので、いくら食べても財布が痛むことはないので、たくさん食べてくれても全然平気なんです。それで病気が治るなら、こんなに良いことはありません。

 偏食はいけません。

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

« フルートって、楽器の中では高い方? それとも安い方? | トップページ | 昔の映画館じゃ立ち見は当たり前でした »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« フルートって、楽器の中では高い方? それとも安い方? | トップページ | 昔の映画館じゃ立ち見は当たり前でした »

フォト
無料ブログはココログ