ひとこと

  •  本日、都会を歩いていたら、向こうから来た人とすれ違う時に、すごく汚らしいモノを見るようなガンを飛ばされた。で、その悪意を感じたので、相手を確認したら、タレントさんのような若くて美人さんだっただけに、なんかショック。ま、私は確かに美しい生物ではないけれど、そういう悪意を不躾にぶつけてくるのは、いくらなんでもヒドイと思いました。心が折れた、なんか立ち直れない(涙)。
2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合は必ず“名前”の欄にハンドルネームをご記入ください。ココログ的には、コメントの際の名前の記入は任意となっていますが、このブログでは必須としますので、ご了解ください。また、その時に使用されるハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« やっぱり“ん”の発音は難しい | トップページ | 水蒸気関係と私 »

2018年1月11日 (木)

演歌っぽく跳んではいけません

 さらに声楽のレッスンの続きです。

 今回で、武満徹作曲「死んだ男の残したものは」は終わりって事にしました。で、次は何を歌うか?…ですが、次は武満の「小さな部屋で」にしました。

 どんな歌か?って思うでしょうから、音源を貼っておきます。

 歌っているのは、ソプラノの岩下晶子さんです。「小さな部屋で」は武満のソングの中でも、地味なんでしょうね。YouTubeを見ても、なかなか良い音源は見つかりません。岩下さんも悪くないのだけれど、実は私の趣味とはちょっと違うんだよね。でも、他の音源は、私の趣味とはだいぶ違うわけで“だいぶ違う”のと“ちょっと違う”では“ちょっと違う”のをチョイスせざるをえないわけです。

 この曲は、モロに現代音楽なので、和音もメロディもかなり変です(笑)。音取りが大変そう…。頑張ろっと。

 次は、ドナウディ作曲の「Amorosi miei giorni/私の愛の日々」です。この曲の最高音は高いGで、歌詞は“Sguar-do”の“Sguar”です。ここだけは閉じた声で魅力的に歌います。難しいね。先生から「開いた声」とか「閉じた声」とか言われても、私自身何となくの感覚でやっちゃっているのが、ダメなんだろうな。もっと理知的に理解し、能動的に自分のカラダをコントロールして歌わないといけないのだろうけれど…まだまだ、何となくしか分かっていないようです。

 とにかく、歌は基本的に開いた声で歌い、決めの箇所だけ、閉じた声で歌うってのは、どうやら基本のようです…と、書いているけれど、現時点ではよく分かっていない私です。

 出だしの“Amorosi”の“A-mo”の1オクターブの跳躍を、演歌っぽく跳ばないようにと、何度も注意されました(が、何度も演歌っぽく跳んでしまいました)。

 演歌っぽく跳ぶ…と言うのは、跳躍する際に微妙にコブシが廻ってタメが生じてしまう事です。クラシックぽく跳ぶためには、タメずにスパンと跳ばないといけません。例えて言うならば、仮面ライダーのような、トランポリンアクションで跳ぶのではなく、スパイダーマンのように、ワイヤーアクションで跳ぶのが理想なのです。つまり、高く跳ぶために反動をつけて一度身を屈めるのはダメで、高く飛びたければ、高いところにフックをかけてそこから引っ張り上げるのが吉なわけです。

 具体的に言えば、低い音から始めて、高い音に移る時にノドを下に引っ張って高音を出すのではなく、直前の低い音を高いポジションで(頑張って歌って)次の高い音を本来のポジションで歌う…というやり方が良いわけです。うむ、難しい。

 とりあえず、これで「Amorosi miei giorni/私の愛の日々」を終わり…にしてもよかったのですが、次回ももう一度歌う事になりました。と言うのも、武満の方を新曲にするので、二曲同時に新曲…というのは厳しいだろうと言うことで、次回は武満だけを新曲にして、ドナウディは継続して、次回、新曲に替える事にしました。

 さて、「Amorosi miei giorni/私の愛の日々」の次は、誰のどんな歌曲を歌いましょうか?

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。
にほんブログ村 クラシックブログ 声楽へ
にほんブログ村

« やっぱり“ん”の発音は難しい | トップページ | 水蒸気関係と私 »

声楽のレッスン&活動記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« やっぱり“ん”の発音は難しい | トップページ | 水蒸気関係と私 »

フォト

↓参加しています

  • 人気blogランキングへ にほんブログ村 クラシックブログへ

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2017 すとん