ひとこと

  •  私が愛用していた龍角散の細粒が、どうやら随分前に販売中止になっていたようです。今飲んでいるヤツが無くなったら、もうお終いです。ああ、残念。次は、粉末の龍角散にしようか、それも龍角散ダイレクトにするか悩み中…。自宅では粉末を飲んでますが、細粒は主に職場で飲んでいます。職場だと、お手軽に飲めるのが大切だからなあ…。どっちにしようかな…。
2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合は必ず“名前”の欄にハンドルネームをご記入ください。ココログ的には、コメントの際の名前の記入は任意となっていますが、このブログでは必須としますので、ご了解ください。また、その時に使用されるハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« たかが発声、されど発声 | トップページ | 童謡や唱歌などを歌う会がありますが… »

2018年1月17日 (水)

やたらと歌うのが、テクニック的に難しい曲(涙)

 声楽のレッスンの続きです。

 武満の「小さな部屋で」です。なんと申し上げましょうか…とにかく、難しい曲です。何が難しいのかと言うと、まずリズムが難しいのです。

 基本的には4ビートの音楽なのですが、1ビートを2分割していくリズムと3分割していくリズムが混在している上に、3分割の方は、いわゆる三連符で表記されているわけだけれど、じゃあ本当に三連符なのかと言うと、ガチガチの三連符ではなく、むしろ2分割されるはずのモノが、単にスウィングしているだけなんじゃないかって、私は思いました。さらに、アウフタクトは多用されていて、まるでジャズのメロディーみたいなんです。そのジャズっぽいメロディーの中に、時折、ガチガチのクラシックっぽいフレーズが入ってくるわけで、そこが難しいと言うか、実に楽譜どおりだと歌いづらいって感じがします。

 おまけにテンポチェンジも細かく指定してあって、その指定通りにバカ正直に歌おうとすると…何かドツボにはまってしまって、抜けられなくなってしまいます。

 実際、プロの方々の音源を聞いても、楽譜通りのリズムやテンポで歌っている人は…少ないよなあ。

 難しいのはリズムやテンポだけでなく、メロディに臨時記号が多用されています。これは細かく細かく何度も何度もメロディーが転調しているわけで、調性感がややもすると不安定で、気を抜くと、和音が分からなくなって、歌っているメロディーがすっ飛んでしまいます。

 メロディーが現代音楽の上に、リズム&和音的に難しく、簡単に手に負えないのに、先生は「この曲は、声の色の変化が大切なので、歌詞に合わせて、声の色を意識的に変えて歌いましょう」などど注文してくるわけです。

 ううむ、テクニック的にかなり難しい曲です。正直、今の私には、難しくて、手に余っています。まあ、それだけ学ぶモノが多い曲であるとも言えます。いやあ、ほんとに大変なんですって。

 で「声の色を変えるには、軟口蓋をうまく操作すると効果的だよ…」なんて言われると、ああ、ここでも軟口蓋か…って思うわけだったりします。色々、難しいなあ。

 さて、次はドナウディ作曲「Amorosi miei giorni/私の愛の日々」です。

 とにかく、スーパーレガートに歌わないといけません。この曲には、何箇所かフェルマーターがあって、その都度、そのフェルマーターの箇所をどう歌うかを決めてきたわけですが、その中の数カ所のフェルマーターの箇所の歌い方を(今更だけれど)変えることにしました。なので、この曲は、今回で終わりになる予定でしたが、修正した歌い方を練習してきて、次回もう一回って話になりました。ま、より良く歌えるなら、それに越したことはないです。

 「小さな部屋で」は声の色を使い分けるために、軟口蓋は上げたり下げたり忙しいのですが、「私の愛の日々」は、原則的に軟口蓋は上げっぱなしで歌います。考える事は、ずっと上げっぱなしだと疲れてしまうので、どこで軟口蓋を下げて休めるか…って事を考えて歌うことです。だから軟口蓋を上げる事を意識するのではなく、どこなら軟口蓋を休める事ができるかを考えて歌う歌なのです。

 さて「私の愛の日々」はまだ次回も歌いますが、次の歌を決めてしまおうという事になりました。私的には、もう少しドナウディを歌いたい気分だし、有名な曲は学んでおきたいという気持ちもあったので「Vaghissima sembiata/かぎりなく美しい絵姿」はどうですか?と提案したら、それはいいですね、あっさり承認されてしまいました。

 なんでも、ドナウディは発声に良いのだそうです。じゃあ、決まりだね。

 例によって、この曲を知らない人のために音源を貼っておきます。

 良い歌でしょ? 歌っているのは…ヴァレリー・ミラノフというテノールさんなんだけれど…よく知らないや。歌っている人が誰であれ、良い歌は良い歌なんだけれど、この歌をYouTubeでググると、プロ・アマ問わず、韓国人歌手ばっかり出てきて、ビックリ! 韓国じゃ、この曲、大流行なの? それとも彼らの心の琴線に触れる曲なの? なぜなぜなーぜ? 画面がハングルだらけになって、なんか居心地悪いです…。

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。
にほんブログ村 クラシックブログ 声楽へ
にほんブログ村

« たかが発声、されど発声 | トップページ | 童謡や唱歌などを歌う会がありますが… »

声楽のレッスン&活動記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« たかが発声、されど発声 | トップページ | 童謡や唱歌などを歌う会がありますが… »

フォト

↓参加しています

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2017 すとん