ひとこと

  •  結局、選手は使い捨てなのか…と言われても仕方ないのが、先日福岡県で行われた「プリンセス駅伝 in 宗像・福津」でのスタッフの対応です。岩谷産業の選手が、足を骨折して、途中から四つ這いになって、膝を血だらけにしながらたすきをつないだ…って奴で、一部では美談になってますし、あれで感動した人も大勢いるようですが、私はあれはとんでもない話だと思ってます。選手は右脛骨を骨折して立てなくなって、それで四つ這いだそうですが、脛骨ってスネの骨で太い骨です。これが折れた段階でレースは棄権でしょ? 実際、レースの様子を見ていた監督は、すぐに棄権を申し出たそうだけれど、それが途中でうやむやになってしまって現場の審判に届かず、結局、レースは続行されたそうです。おかしくねえ? 監督の申し出がうやむやになってしまう運営って、絶対におかしいよね。それって監督がいる理由がないよね。だいたい、選手が自分から棄権することはないし、たとえ監督の意思が確認できなくても、足の骨折って四つ這いでしか前進できない選手がいた段階で、その場でドクターストップでいいじゃないの? それとも駅伝のレースって、ドクター無しで運営しているわけ? 駅伝じゃあ、そんなに選手の安全って軽いんだなって思いました。才能ある選手は、駅伝には近寄っちゃダメだよ。潰されてお終いになりかねないわな。
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合は必ず“名前”の欄にハンドルネームをご記入ください。ココログ的には、コメントの際の名前の記入は任意となっていますが、このブログでは必須としますので、ご了解ください。また、その時に使用されるハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« 二重唱なら二部合唱の楽譜が使える? | トップページ | キング先生に習っていた期間よりも、今のY先生に習っている期間の方が長くなりました »

2018年1月23日 (火)

カラオケのいわゆる“デンモク”について思うこと

 今回の記事は、単なる愚痴です。

 実は先日、カラオケに行きました。本当に久しぶりでした。

 昔はよくカラオケに行ってたんです。あの頃のカラオケは、エイトトラックと呼ばれるカセットテープで…と言うのは、昔すぎる話ですね。

 あの頃のカラオケって、レーザーディスクと呼ばれる直径が30cmもある大きなCDのようなディスクを入れ替えして…も、だいぶ古い話ですね。

 通信カラオケが流行りだした頃は、電話帳のような分厚い書物がたいてい常備されていて、その書物の中に歌える歌が、歌手別だったり、曲名順だったりして掲載されていたので、それで自分の歌いたい歌を探して、その曲のコード番号をリモコンで入力して歌う…という話をしても、今の若い人たちは付いてこれないかな?

 とにかく、今はそんな分厚い書物なんて、カラオケルームには置いて無くて、その代わりに、いわゆる“デンモク”が置いてあります。

 まあ、本来ならば“カラオケリモコン”って呼ぶべきなんだろうけれど、もはやデンモクは一般名詞扱いでも良いんじゃないかって事で、あの機械の事を、ひとまず“デンモク”と呼びます。本当は、デンモク以外にもキョクナビというカラオケリモコンがあるようですが、カップ麺の事をカップヌードルと呼んでみたり、ステープルの事をホッチキスと呼んでみたり、セロハンテープの事をセロテープと呼んでみたりってのと同様で、一番普及している商品名がその類似商品も含めての一般名詞として使われちゃうって事で、カラオケリモコンの事をデンモクって呼んでおきます。

 で、デンモクの話です。

 いやあ、便利になりました。あの、分厚くて、ちょっぴり小汚い本をひっくり返さなくても、自分が歌いたい歌を瞬時に検索かけて、簡単に予約できるわけで、スゴイですね。まあ、21世紀だからね、それくらい出来て当然なのかもしれない。

 でも、オジサンは一言言いたい。

 なぜ、日本語入力をする時に、五十音表から入力しないといけないの? それも左右が反転した、とっても使いづらい五十音表から入力しないといけないわけ?

 五十音表って、縦書きでしょ? 日本語では縦書きってのは、右から始まって、改行ごとに左にズレていくんだよ。つまり「あいうえお」は、右端に縦に並んでいないといけない。その左隣りが「かきくけこ」なんだよね。

 でも、デンモクだと、左右反転しているので、一番左端に「あいうえお」があって、そこから右へ右へと改行していくわけです。

 このシステムを開発した人は、日本の縦書き文化について、知らない外国人なんじゃないの? ほんと、使いづらいです。まあ、横書きにしなかった分だけ、マシとも言えますが。

 もっとも、それ以前に、五十音表から日本語を入力するのって、面倒じゃない? 今の人たちは、20世紀の人と違って、ネット環境には慣れているんだから、普通にソフトキーボードからローマ字入力できれば、もっと便利でしょ? と思って、アルファベット入力画面に切り替えたら…なんと、ABC順の横書きで、アルファベットが羅列されていました。それを見ながらアルファベットを入力していくんだよ。

 一体、どこのボンクラが、こんなシステムを設計したんだい! オジサン、びっくりだよ。

 五十音表から日本語を入力するのも、面倒だけれど、単にABC順に並んだアルファベットから入力するのは、もっともっと、さらにさらに面倒です。

 なんかなー。

 日本語のかな入力は、左右さえしっかりしていれば、五十音表からの入力もアリだとは思うものの、アルファベットを入力するなら、キーボードの順に並んでいて欲しいものです。日本語に縦書き文化があるように、アルファベットの文化圏にはタイプライターの文化があるわけだから、そういう既存の文化を無視したシステム作りってのは、ほんと、不勉強としか言えないよなあ。

 カラオケは楽しいものの、ほんと、デンモクは使いづらいです。でもまあ、曲名とか歌手名ぐらいしか入れないし、ある程度入れると、予測変換じゃないけれど、候補が出てくるので、たいていは2~3文字も入力すれば、後は候補から選ぶだけだから、文字入力がアホでも、そんなに使用に困るわけじゃないのだけれど。

 だから、愚痴なんだけれど、やっぱり、おかしいものはおかしいと言いたいのが、オジサンなんです。

 しかし、デンモクのシステム設計者は、日本語の縦書き文化も理解しなけれど、ヨーロッパ語圏のタイプライター文化も理解しないわけで、いったいどこの国の連中がシステム開発に携わったのかって話です。ぷんぷん。

蛇足 それにしてもデンモクって、デカくてゴツいですね。これで頭をぶん殴られたら…頭が割れて死んでしまうかもしれません。お相撲さんだから、死なずに済んだんだろうなあ…って思いました。

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。
にほんブログ村 音楽ブログ 大人の音楽活動へ
にほんブログ村

« 二重唱なら二部合唱の楽譜が使える? | トップページ | キング先生に習っていた期間よりも、今のY先生に習っている期間の方が長くなりました »

音楽一般」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 二重唱なら二部合唱の楽譜が使える? | トップページ | キング先生に習っていた期間よりも、今のY先生に習っている期間の方が長くなりました »

フォト

↓参加しています

  • 人気blogランキングへ にほんブログ村 クラシックブログへ

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2017 すとん