ひとこと

  •  記録的な大雪が関東地方に降りました。翌日は、物音一つしない静寂な朝を迎えました。いつもなら日の出の頃から、鳥たちのさえずりでうるさくなるのですが、雪と寒さのせいでしょうか、鳥の声が全く聞こえませんでした。なんか、不思議な感じです。
2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合は必ず“名前”の欄にハンドルネームをご記入ください。ココログ的には、コメントの際の名前の記入は任意となっていますが、このブログでは必須としますので、ご了解ください。また、その時に使用されるハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« お正月休み中ですが… | トップページ | やっぱり“ん”の発音は難しい »

2018年1月 9日 (火)

いつも言われている事が出来ません

 さて、ブログを再開します。今年もよろしくお願いします。

 声楽のレッスンに行ってきました。これからアップする記事は、年末のレッスンの様子です。

 実は、ブログもすでに休止し、年末も年末、かなり押し迫った時期にレッスンに行ってきました…と言うのも、12月の後半は、先生のコンサートがあり、先生ご自身が自分のコンサートの準備に忙しくて、ちょっとレッスンが入らなくて、そんな時期になってしまったからです。

 ま、現役の歌手の方に習っている以上、それはやむをえない事です。

 ハミングの練習から始めました。今回、注意されたのは、細かくギアチェンジをしていきましょうという事です。大きく、ガチャンガチャンとギアチェンジをして発音していくと、声が大きく変わってしまうので、声が大きく変わらないように、細かくギアを入れ替えながら、上手に声をシフトしながら発声していくというやり方です。

 分かっちゃいるけれど、ついつい細かくギアチェンジをしていくのは面倒だから、そこをサボってしまうと、駄目なんだな。

 発声練習です。ひたすら、腹筋&腹圧の運動です。とにかく、腹筋運動を止めない。常に腹部は動かし続けます。腹部の動きを止めて固めてしまうと、声から柔軟性が失われてしまうので、発声している間は、常に腹部は動き続けていられるようにコントロールをしていきます。

 また、毎度の事ですが、ノドは鳴らさないで歌いましょうと言われましたし、音量も今の半分ぐらいで十分だから、響きをマシマシで歌うようにしましょうと言われました。中低音は、響きマシマシで行けるのですが、高音になるに従って、響きが少なくなり、ノドが鳴ってしまうようで、先生曰く「高音になればなるほど、響きを増やさないと行けないのに、やっている事は逆なんだよなあ…」と呆れられています。残念です。

 なぜそうなってしまうのかと言えば…いつもの事だけれど、腹筋が弱いからです。高音を出すには、息の圧力が必要になります。本来は、その圧も腹筋で作らないといけないのですが、私の腹筋ではそれに必要なだけの圧を作りきれず、無意識にノドも協力して、圧力を作ってしまい、それでノドが鳴ってしまうのだそうです。

 大切な事は、ノドで圧を作らない事。そのためには、しっかりノドを開いたままにしておく事、そして、維持するためにも、腹圧が必要なのです。“開いたノド+腹圧”で、楽に高音発声できるようになるって寸法なのです。そしてそれは、ノド声からの開放も意味します。

 結局、言われる事はいつも同じで、出来ないこともいつも同じなわけです。実に残念です。

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。
にほんブログ村 クラシックブログ 声楽へ
にほんブログ村

« お正月休み中ですが… | トップページ | やっぱり“ん”の発音は難しい »

声楽のレッスン&活動記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« お正月休み中ですが… | トップページ | やっぱり“ん”の発音は難しい »

フォト

↓参加しています

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2017 すとん