ひとこと

  •  平昌オリンピックが2月8日から25日の日程で行われています。で、その最中の2月15日から17日の3日間がソルラル(春節・旧正月)になります。韓国人はお正月を、我々日本人とは異なり、中国人たちと同日程のソルラルで祝います。ソルラル中は2/3以上の韓国人が故郷に帰省するそうです。つまり、この時期、韓国では民族大移動が行われるわけです。当然、交通機関は麻痺状態です。お店の大半が休業なんだそうです。なんで、そんな時期にオリンピックを開催しているんでしょ? 日本風に言えば、オリンピックを年始年末休みに行うようなものです。オリンピックを見に行った多くの外国人たちが、ソルラルの事を知らずに、泣きをみているそうです。可哀想に…。
2018年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合は必ず“名前”の欄にハンドルネームをご記入ください。ココログ的には、コメントの際の名前の記入は任意となっていますが、このブログでは必須としますので、ご了解ください。また、その時に使用されるハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« 力の入れすぎは、全てをぶっ壊す | トップページ | ドナウディは続くよ、まだしばらくは »

2018年1月31日 (水)

やっぱりやっぱり…日本語で歌うのは、ちょー難しい(汗)

 声楽のレッスンの続きです。歌の練習に入りました。まずは、武満徹作曲の「小さな部屋で」です。

 いやあ、難しい。ほんとにこの曲、楽譜通りに歌うのは難しいです。先生からは、楽譜に忠実に歌うことに集中をしすぎて、日本語の歌詞なのに、歌が多少不自由になっていると言われました。

 日本語の歌は、話し言葉の延長のように自然な歌いクチで聞こえないといけない…わけで、楽譜が見えるような歌い方は、あまり感心できないようです。もちろん、楽譜通りに歌うのが第一義だけれど、そのために日本語として不自然に聞こえては、何にもならないのです。

 つまり、楽譜通りに歌うのだけれど、楽譜から離れて歌う事が大切なんです(って、分かる?)。だからと言って、まるっきり話し言葉で歌うわけでもありません。あくまでも、クラシック声楽として(私は)歌うわけですから、そこはポピュラー音楽的なアプローチは禁物であります。

 まずはレガートに歌うことに注意してみました。母音だけで、楽譜通りに歌ってみる。何度か繰り返して、それが何とかなるようになったら、母音の邪魔をしないように、子音を入れてみる。その際に、日本語(ひらがなとか漢字)を見て歌うよりも、ローマ字を見て歌ってみるのが良いのだそうです。なぜ、ローマ字を見て歌うのかと言えば、その方が、子音や母音を意識して歌えるからです。ひらがなや漢字を見て歌うと、子音や母音の発音がついついなおざりになりがちだからです。

 確かに私の場合、ローマ字を見て歌った方が、しっかりと子音が発音できるし、母音も滑らかに歌えます。歌ってみるまでは「なぜ、ローマ字?」と思っていましたが、いやいや、ローマ字歌唱って大切ですね。

 そうやって、ローマ字歌唱をしながらも、日本語としての不自然さを排除しつつ歌っていくのです。いやあ、日本語の歌曲って…難しいわ。

 それと再度言われたのは、絶対にノドを鳴らして歌ってはいけない…って事です。私はついついノドを鳴らして歌ってしまうのですが、しゃべっている時にノドを鳴らして喋る人は…いないわけです。まあ、義太夫でも唸っていれば話は別でしょうが、まあ、普通の人は、そんな喋り方はしないわけで…そう言われてみれば、確かに私の歌い方って、義太夫とか詩吟とか…西洋音楽と言うよりも、無意識に純邦楽っぽいやり方をしちゃっているのかもしれません。

 いやあ、DNAのなせる業…なのかな? カッコよくはないですね。

 あと、フレーズを歌い終えたら、その都度、必ず歌い直すように言われました。で、その際は、必ず音を上から取り直すことを忘れずに…です。

 高い音は息の支えが大切ですが、低い音もしっかり息の支えがないと、音程がすっ飛んでしまいます。楽に歌える中音域はともかく、低い音も高い音も、しっかり息で音程を支えないといけないわけです。

 とにかく、今回で「小さな部屋で」は終了。次回からは「歌うだけ」にチャレンジをし、それでひとまず武満は終了にします。武満が終わったら、次は…ベッリーニの『6つのアリエッタ』を学ぶ事にしました。何曲かは原調で学びましたが、今回は歌曲集として6曲全部をやります。ただし…原調ではなく、中声用の全音版で、です。

 つまり、高い音にチャレンジをするのではなく、私にあれこれテクニカルに歌う事を学んでもらおうという事らしいです。まずは中声用の楽譜で一通り学んでおけば、必要な時に、それを原調に上げて学び直せば良い…って事らしいです。

 確かに、以前、原調で学んだ「Malinconia, Ninfa gentile/マリンコニーア」も「Ma rendi pur contento/喜ばせてあげて」も「Vanne, o rosa fortunata/お行き、幸せなバラよ」も、きちんと歌えたわけではありません。そういう意味でも、今一度、中声用でしっかりと学んでおいた方が良いかもしれません…が、たぶん今の私なら、原調でも歌えそうな気がするんだけどなあ…、あの頃とは違うんだけれどなあ…って、思わないでもありませんが、先生には先生なりの意図があって、中声用の楽譜で『6つのアリエッタ』を学ばせようと決めたのだから、それに従う事にしました。

 まあ、私の歌の実力的なモノは、私自身よりも先生の方がきちんと把握しているだろうから、先生のご指導に従って学んで行くのが、一番間違いないのです。

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。
にほんブログ村 クラシックブログ 声楽へ
にほんブログ村

« 力の入れすぎは、全てをぶっ壊す | トップページ | ドナウディは続くよ、まだしばらくは »

声楽のレッスン&活動記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 力の入れすぎは、全てをぶっ壊す | トップページ | ドナウディは続くよ、まだしばらくは »

フォト

↓参加しています

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2017 すとん