ひとこと

  •  モリカケ問題で辟易としている所に、最近ではセクハラ疑惑ってヤツで、マスコミ報道は大賑わいです。マスコミがそんな事を報道している間に、北朝鮮と韓国は仲良くし、中国と北朝鮮が接近し、日本は日本でアメリカとの関係確認をし…今、世界は動いている真っ最中じゃん。一歩間違えると国が滅びるかもしれない国難ってヤツじゃないの? そんな緊張しまくっている国際情勢から、なぜマスコミは我々日本人の目を背けさせるような事ばかり報道しているんだろ? 今、日本がヤバイって事を、どうしても隠したい人たちがマスコミにいるって事なの? ねえ、どうなの? 今、報道されるべきは、些末な国内問題じゃなくて、歴史的変動を迎えている国際問題でしょ? そんな事ばかり繰り返しているから、拉致問題一つ解決できないんだよ。
2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合は必ず“名前”の欄にハンドルネームをご記入ください。ココログ的には、コメントの際の名前の記入は任意となっていますが、このブログでは必須としますので、ご了解ください。また、その時に使用されるハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« 出ない音は出ないのだから、無理はしない | トップページ | ドイツの白ワインは甘口なんです »

2017年12月14日 (木)

カタカナで歌っているように聞こえる

 さらに声楽のレッスンは続きます。

 出来ないわけじゃないのだけれど、違和感とか苦手意識があるのが“っ”です。いわゆく『促音』ってヤツです。この音は、一種の休符のようなもので“っ”ってのは、無音を発音していくわけです。

 これがなんとも違和感ばりばりなんですよね。歌い方としては“っ”の部分だけ息を止めればいいだけなんだけれど、どれくらい息を止めるべきなのか、息を止める速さ(ブレーキを踏み込む速さ)はどうするべきなのか、また“っ”の後の、息を吹き返す部分の速さ(アクセルを踏み込む速さ)はどうするべきなのか…なんか、あれこれあれこれ考えてしまうんです。

 この歌のケースではないのだけれど、特に困るのが“っ”に対して音符が割り振られているケースです。ほら、日本の歌って、音符一個にかなを一つずつ振っていくわけで、そうすると当然“っ”にも音符が一つ与えられるわけです。音符というのは、音程と長さを示すわけで、まあ長さとともかく、無音である“っ”に対して、どう音程を表現するべきか、本当に悩む私なんです。

 とにかく、子音や母音の発音にこだわっていたら「死んだ男の残したものは」は終わりにはなりませんでした。次回のレッスンまで、たっぷりと歌い込んできて、歌いづらい母音の連なりをチェックしておくように言われました。次回のレッスンでは、歌いづらい箇所を中心にレッスンする事になりました。

 で、次回も「死んだ男の残したものは」を歌うわけですが、その次の曲として「ワルツ」を提案しましたが、先生に却下されました。いい曲なんだけれど、教材としては学ぶような箇所がないので、リハーサル準備のためのレッスンならともかく、テクニック習得のためのレッスンの課題曲としてはふさわしくないという理由で、却下なのです。

 ちょっぴり残念です。

 ちなみに「ワルツ」ってこんな感じの曲です。

 歌っているのはソプラノの八木香那永氏です。この「ワルツ」という曲は、武満のソングの中では、なかなか取り上げられない曲なんです…が、いい曲だと思うのです。まあ、歌詞の内容は、とてもとても重いけれど…ね。妻に先立たれた夫の歌…なんだよね。八木氏は、キリスト教会でのコンサートを中心に活躍している歌手さんで、こういう曲を歌わせたら、なかなか良いですね。私もきちんと勉強してみたかった曲です。

 で、最後はドナウディ作曲の「Amorosi miei giorni/私の愛の日々」です。

 まず全体に“甘さ”が足りないそうです。“甘さ”とは、音をつなげていく事です。息をつなげるだけでなく、音程もつないでいきます。スーパーレガート+ポルタメントが“甘さ”になっていきます。甘さを表現する手段の一つとして、クチをあまり動かさずに歌っていくやり方があります。もちろん、音程が跳躍していく箇所では甘さの出しようがありませんが、音程がなだらかに動いていく箇所や、コブシをまわしていく箇所では、思いっきり甘く歌うのが吉なのです。

 ところが私ときたら、常にハキハキと歌っていて、甘さのかけらもない…のだそうです。悪い表現をすると…

「イタリア語ではなくカタカナで歌っているように聞こえる」

 ガーン! 確かに私はイタリア語は話せないけれど、カタカナでは歌っていないつもりだったのですが…いやあ、カタカナ歌唱に聞こえていたんですね。すごーいショックです。

 カタカナに聞こえないようにするためにも、甘く甘く歌うべきなのです。

 “che un suo sguardo”の箇所の“sguardo”の“sguar-”と“-do”の間にある十六分音符をしっかり歌う事。ついつい、ここをいい加減に歌ってしまうので、後々、リズムがずれて、ビートを外してしまうのです。地味だけれど、大切なポイントです。

 “il mio tesoro”の部分は、どう歌いたいのか。自分の意思を固めておかないと…。実はこの箇所、前回のレッスンでは、あまりにルーズに歌いすぎるので、もっと楽譜に忠実に歌いましょうと言われて、しっかり練習してきたので、割りと楽譜通りに歌えるようにしてきたのですが、今度は「ここだけ楽譜通りで、なんかオカシイ」と言われました。

 おそらくは、全体のバランスの問題なんでしょうが、自分の感性に任せて歌うと「崩しすぎ」と言われ、楽譜通りに歌うと「なんかオカシイ」と言われます。要は、先生がなんとおっしゃろうと、自分の歌い方を通していく事が大切なのかもしれません。自分が無いのがダメなんだろうと思います。

 もっとも、本音で言えば、私はこの箇所、もっともっと崩して歌いたい人なんだけれど、現実問題として、息が足りなくて、思いっきり崩しきれていないのです。そういう中途半端な崩し方が良くないのかな…って思ってます。まあ、息と感情のせめぎあい…なんですね。しっかり歌い込んでいかないといけないだろうなあ…。

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。
にほんブログ村 クラシックブログ 声楽へ
にほんブログ村

« 出ない音は出ないのだから、無理はしない | トップページ | ドイツの白ワインは甘口なんです »

声楽のレッスン&活動記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 出ない音は出ないのだから、無理はしない | トップページ | ドイツの白ワインは甘口なんです »

フォト

↓参加しています

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2017 すとん