ひとこと

  •  記録的な大雪が関東地方に降りました。翌日は、物音一つしない静寂な朝を迎えました。いつもなら日の出の頃から、鳥たちのさえずりでうるさくなるのですが、雪と寒さのせいでしょうか、鳥の声が全く聞こえませんでした。なんか、不思議な感じです。
2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合は必ず“名前”の欄にハンドルネームをご記入ください。ココログ的には、コメントの際の名前の記入は任意となっていますが、このブログでは必須としますので、ご了解ください。また、その時に使用されるハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« 今年も早めだけれど、落ち穂拾いをしちゃいます[2017年12月の落ち穂拾い] | トップページ | 今年[2017年]見たDVD »

2017年12月26日 (火)

今年[2017年]聞いたCD

 毎年アップしているこの記事。今年もアップしちゃいます。

 さて、きちんと記録を取り始めた2010年からの購入CD枚数を上げてみると…

2010年が120枚。
2011年が70枚。
2012年が85枚。
2013年が41枚。
2014年が66枚。
2015年が26枚。
2016年が27枚。

 昨年までは、こんな感じでした。で、今年は何枚かと言うと…なんと、たったの16枚。いや、実際は、オペラのCDなどは、たいてい2~3枚組なので、リアルな枚数で言えば、25枚になるので、正確には16組と言うべきなんだろうけれど、まあ16枚と呼ばせてください。、

 いやあ、減りましたねえ…。まあ、最近は音楽を漁るにしても、以前のように必ずCDを購入して…ではなく、ひとまずはYouTubeを漁ってみて、気に入ればiTunesからダウンロードをして購入しちゃうので、実際のCDを購入しなくなってしまったわけです。実際、ダウンロードをしている曲は、それなりの数をダウンロードしていますが、それでも、全面的にダウンロードに移行せず、未だにモツモツとCDを買っているのは…私が昭和なオジサンだからです。やっぱり、昭和な人間はリアルなブツが欲しいんだよね。

 書籍の方は、ほぼ完全に紙の本から電子書籍に移行したのに、音楽の方は未だにブツにこだわりが残っている私なのです。

【オペラ全曲】

01)マリエッラ・デヴィア「ドニゼッティ作曲:歌劇『シャモニーのリンダ』」

02)ミッシェル・ピクマル指揮「オネゲル作曲:交響的詩篇『ダヴィデ王』」

03)ジョン・プリチャード指揮「モーツァルト作曲:歌劇『イドメネオ』」

04)ニコラス・アーノンクール指揮「モーツァルト作曲:歌劇『イドメネオ』」

 モーツァルトのオペラ『イドメネオ』が二種類ありますが、これは中身がちょっと違います。04)のアーノンクールのモノは、最近の録音で、使用された楽譜も学術的にきちんと校訂されたものだし、まあ今時の普通の(しかも上質な)演奏です。一方、03)のプリチャードのモノは、いわゆる旧盤と呼ばれるモノラル録音のヤツで、これは今ではほとんど演奏されなくなった伝統的な楽譜を使用して演奏されています。

 04)は03)と較べると、演奏される曲数が少なくなっていて、その分、ストーリーがスッキリしていて見やすいです。モーツァルトの頃はまだ存在していたカストラートという、男声アルトが歌う役(具体的に言えば、イダマンテ)をテノール(若き日のパヴァロッティです)が歌っています。個人的には、04)の学術的に正しいバージョンよりも、03)の伝統的なバージョンの方が私は好きですが…もう、こっちのバージョンで演奏される事はないでしょうから、今となっては貴重な録音だと思います。

【オペラアリア集】

05)ロックウェル・ブレイク「ロッシーニ・テナー」

06)グレゴリー・クンデ「イン・ラブ・アンド・ウォー ~テノールによるロッシーニ~」

07)村上敏明「Spirto gentil 優しい魂よ」

 05)と06)はロッシーニのテノール用オペラアリア集です。今年の前半は、なんか妙にロッシーニにこだわっていて、ちょっと自学自習をしていたので、それで購入しました。ロッシーニのオペラアリアは、有名な曲は少ないのですが、良い曲はたくさんあるんですよ。

【歌曲集】

08)トスティ歌曲全集第1巻(5枚組)

09)エマヌエーレ・ダグアンノ「ベッリーニ,ドニゼッティ&ロッシーニ歌曲集」

10)上原正敏「赤い靴~『大人のための童謡曲集』より」

11)プラシド・ドミンゴ「レオンカヴァッロ作曲:テノールと管弦楽のための交響詩『5月の夜』」

12)石丸幹二「武満徹のうた」

13)林美智子「地球はマルイぜ 武満徹:SONGS」

14)保多由子「見えないこども」

 08)は、トスティの歌曲を発表順に並べた全曲集の第一巻です。若き日のトスティの作品が収められています。これが最新盤であって、まだ続きは出ていません。これが発売されてから1年ほど経ちますので、そろそろ第二巻が発売されても良い頃なのですが…首を長くして待っています。

 10)はいわゆる童謡集ですが、おしゃれで夜っぽいアレンジがしてあって、良いですよ。この中の数曲は、私も歌ってみたいです。そのためには、まずは、楽譜を入手しないといけませんね。

 11)は交響詩と銘打っていますが、実態はオーケストラ付きの歌曲です。滅多に聞くことができない珍品です。

 12)~14)は、いずれも武満徹のソングを歌ったCDです。いずれも素晴らしいですよ。特に13)は全曲集ですから、何か一枚…と思うなら、これがベストだなって思います。

【その他】

15)ポール・マッカートニー「Flowers In The Dirt (2CD)」

16)村上敏明「情熱のカンツォーネ」

 15)も16)もポピュラーアルバムです。15)は旧盤をリマスターして再発売したものです。リマスターには興味ありませんが“おまけ音源”がたっぷり付いてきたので買っちゃいました。私“おまけ”に弱いんです。16)の村上氏は、歌い飛ばし系のテノールさんで、実にかっこいい声&歌い方の歌手さんです。まあ、テノールと言えども、色々なスタイルがあって、ちょっと前までの私なら、こういうかっこいい系のテノールさんが大好きでしたが、最近の私はテノールの趣味も変わったみたいで、かっこいいだけでは何か不足を感じるようになりました。贅沢ですね。別に村上氏の歌はサイコーなのに、それに不満を感じる私は、ちょっとこじらせているのかもしれません。

 さて最近は、CDの収納場所にも困るようになったので、購入枚数が減ってきた事は、私的にはとてもうれしい事です。それに音楽を聞くだけなら、もうすでに持っているCDもたくさんあるから、残りの人生は、それらを繰り返し聞くだけでも十分なんだよな…なんて事も考えてしまう昨日今日の私でした。来年も、ちょっとしかCDを買わないように心がけていきましょう。

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。
にほんブログ村 音楽ブログ 大人の音楽活動へ
にほんブログ村

« 今年も早めだけれど、落ち穂拾いをしちゃいます[2017年12月の落ち穂拾い] | トップページ | 今年[2017年]見たDVD »

その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 今年も早めだけれど、落ち穂拾いをしちゃいます[2017年12月の落ち穂拾い] | トップページ | 今年[2017年]見たDVD »

フォト

↓参加しています

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2017 すとん